石井竜也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
石井竜也 おすすめDVD 石井竜也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
a K2C ENTERTAINMENT DVD BOX 米盛II

(購入者の評価)
未発表映像が今回全くありません。前回のレアな映像が貴重でしたので、さらに貴重な映像を期待してたんですがそれもなかったです。ヴィーナスやシュールダンスのプロモなんかも期待はしてたんですが永遠に未収録となってしまいました…。

a K2C ENTERTAINMENT DVD-BOX 米盛1 (完全限定生産)

(購入者の評価)
ビデオで全巻お持ちの方は観るべきところはボーナスディスク一枚だけでしょう。
正直本編はビデオと音質画質ともにさほど向上してるとは思えません。
ただビデオテープは現在ではかなり劣化していると思いますのでコレクションとしては購入すべきかと。
つまり観ないで保存用ですね。
実際にこのDVDを毎日みまくってます!って方はほとんどいらっしゃらないと想像します。多分そういう方はビデオ発売時にやってらっしゃって今はそんな時間のない方々ではないかと。
私も一回ずつしか観てません。
かなりのファンの方が映像の鑑賞のためというより所持していることでの満足感を得るための商品、という位置付けではないでしょうか?

私は来年でる後半部も買いますが。ファンですから。


古畑任三郎FINAL DVD-BOX

(購入者の評価)
第一夜 「今、蘇る死」は、数ある古畑任三郎シリーズ作品の中で屈指の傑作だと思う。よく練って脚本を書いている。犯人の動機はどうであれ、殺人を仕向けた、まさに完全犯罪と思わせる。最後の古畑と容疑者とのやり取り(会話)もいい。河野圭太の演出の上手さも光る。

第二夜 「フェアな殺人者」 イチローはイチローを演じていればいいから演技ではない。イチローの感心するところは、撮影に入る前に、すべての台詞を暗記しNGをまったく出さなかったらしい。内容はどうってことがないが、三谷脚本にしては最後の締めが甘いと思う。イチローがボールにサインをし、古畑にサインボールを投げて、「値打ちがでますよ。」とイチローの台詞がある。古畑がそのサインボールを受け取ってエンディングロールになるが、私なら、

 古畑「人を殺したサインボールなんて、値打ちなんてでませんよ。」の台詞で、サインボールを受け取らず、地面に置いた方がいい。(サインボールをアップにして。)なぜなら、イチローほどの野球選手が殺人を犯した、過ちを犯したということの重大さでエンディングロールにしたほうが、視聴者の印象に残るからだ。

第三夜 「ラストダンス」 これは物語の前半で、大野もみじが、かえでを殺したことが(入れ代わっている事)バレてしまったから。視聴者を騙せなかった、欺けなかったことで佳作。拳銃の入手方法もありえない。三谷なら、実は双子ではなく三つ子だったとか、あるいはかえでが、もみじを殺していた、本当は入れ代わってなかった。となれば、まだ面白かったのに。


藤原竜也×白石加代子 身毒丸 復活 特別版

(購入者の評価)
再演、復活。いままでの身毒丸とは違いますね。すごいよ藤原竜也!。

ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】

(購入者の評価)
 この現代に、このような作品があり、販売されているとは、絶句。
地球温暖化等の問題をはらみ、自然の地球への警鐘を未だ自然豊かなオーストラリアの地で、叙情豊かに唱ってくるものかと、見てみたら、滑稽そのもので、私は購入して、後悔した。
 吉野公佳さんが気の毒に思えた。
 彼女は美しかったが、その美しさも十分の一も表現されてなかった感がする。


TATSUYA ISHII CONCERT TOUR 2008 PENDULUM

(購入者の評価)
もうかっこよすぎ!!
米米クラブを復活され、すっかり心も開放され理想的な石井竜也がここにいる!!
石井竜也集大成のような「旅の途中で」を聞いているとうれしくって…最高だ!
なによりこのDVDだけでしか見ることができない1曲も盛り込まれている
これを見ないで何を見る!!


a K2C ENTERTAINMENT DVD BOX 米盛III

(購入者の評価)
米米クラブ知らなかった人!めげずに今からでも間に合います!
生まれてきてこれを見なかった人はかわいそうだ…
脳みそ3%にして、今を楽しもう!!
これを見るとあなたは幸せになります
体感してみてください♪


河童 デジタルリマスター

(購入者の評価)
泣いて泣いて、泣きまくった作品。繊細なのに力強いストーリーです。

父に子にと受け継がれる絆、河童と少年との交流…。

一見の価値アリですよ☆音楽にも注目して下さい♪


HISTORY RICISM

(購入者の評価)
デビューシングルI・CAN・BEのPVは、日本青年館のライブの模様。
衣装もセットも今とは全然違う貧乏くささ。明らかに安物のサテン
の衣装で踊るシューク。
でも、売れるためにという理由でも決して手放さなかった個性が、
手作りで自分たちのステージを作り上げているエナジーがビンビン
伝わってくる。
今の米米しか知らない人は、必見です。

後年メジャーになるにつれて華やかでお金を掛けた魅せるPVになって
いって、それはそれで面白いんだけど。
昔の方が格好良かったなあ、と思いつつ見ながら一緒に踊ってます。


K2C ENTERTAINMENT THE LAST SYMPOSIUM

(購入者の評価)
「このままじゃあ、帰れないよな?」から始まるラスト。音楽DVDを見て、涙が浮かんだのは生まれて初めてです。これほどまでのバンドが何故、世界に打って出ようとしなかったのか。何度見ても、笑えて踊れて歌えて、そして泣ける作品です。

ISHYST

SPACE HAWAIIAN FILMS

(購入者の評価)
米米時代から「宇宙」づいている石井竜也、やってくれました。ホテルのホールという少し特異な空間でのコンサート、やっぱり音の響き方なんかが他のライブビデオと違うような気が(気のせいかも?)。

衣装は白を基調にして「スペース・カウボーイ」といった雰囲気、セクシーです。ただ純粋に楽しめる、体が自然に踊りだす選曲もお薦め。見たあと、心地よい疲労感(こんなこと言っていいんだろうか?)が残ります。ライブのあとに収録されているおまけ映像もお得感倍増!

ZERO CITY ~HAL~

(購入者の評価)
このツアーはZERO CITYとして2ツアー行われたうちの
1ツアー目です。
近未来の地球、国ではなく民族や思想で作られた共同体「ZERO」を
中心に展開していきます。
自由な思想の元集まったZEROの民(ステージ上のメンバー)は
共同体の勃興を感じさせる、華やかでありながら無駄の無い衣装。
楽曲も明るく、「踊れる」曲が殆どです。

毎度の事ながら、石井氏のステージは本当に楽しいです。
また、このZERO CITYは「戦争」が真のテーマだと言えます。
民族や宗教による争いの耐えない時代。
正しいのか、間違ってるのか、それならどうしたら良いのか。
「違う」ということだけで否定することはおろかな事だと
訴えかけてきます。

色々と考えさせられる内容で、オススメです。

DRAGASIAN FILMS

(購入者の評価)
チェン・ミンさんが参加したDRAGASIAツアー。全体を彼女の二胡が貫くことによって「アジア」感がズン、と伝わってきます。今まで知っていた曲もこの二胡の音色が加わることによってがらりと姿を変える。特にエンジェルショータイムの「手紙」、最高です(照明も実にうつくしい)。

衣装は全てチャイナ。またロングチャイナの似合うこと似合うこと!!登場シーンもいろいろあるライブの中で一番カッコイイかもしれません(でもそこでふざけちゃうのが玉に瑕^_^;)。
石井竜也のライブビデオ、どれを買うか迷ったならこの一枚!だと私は思います。

SKETCH

(購入者の評価)
セットも全く派手でなく、歌を聴かせたいという真摯な気持ちが表れているステージです。ダンサーもきらびやかな衣装もないけれど、年を重ねるごとに、しなやかに強くなっていった石井さんの「男」としての優しさが感じられます。「未完成の自画像」おすすめです。

石井竜也 : DRAGON SPILITS Vol.1

石井竜也 : Dragon Spirit Vol.2

PREGASIA

(購入者の評価)
ディスコでの収録、出演者の派手さ、それに彼自身の派手さ、それら全てがぎゅっと詰まった「ギラギラ」感がみどころ。これほどシルバーフォックスのコートが似合う男性を他に見つけることが出来ません。演出はいつもと同じ保母浩章氏(「TRICK」「早乙女タイフーン」など)。石井竜也らしさが存分に味わえるのではないでしょうか?

途中に出てくる彼(彼女?)たちもいい味出してます!
ダンサーのマリーザ、宏太郎それぞれめちゃめちゃかっこいいです!

ただひとつ、振り付けを覚えようとしてもこのDVDだけでマスターするのはほぼ不可能ですのであしからず。

Art Nude 1998

古畑任三郎FINAL 今、甦る死

(購入者の評価)
ファイナルの3作の中、一番完成度高いです。倒叙物を逆手にとったトリックには圧巻。
三谷さんは普段はおもしろいだけのおっさんだけど、やる時はホントやります。
過去の推理小説やらなんやらはお手の物だが(舞台も田舎)、それ以上に心理的なものを
よくわかってる。

ゲストとして石坂浩二さんも渋くて好いんだが、藤原竜也君は凄いね・・・彼は演技の天才だよ。彼の力でグッと面白くなってます。

あぁ後あいかわらず、うだつのあがらない今泉君も、キレ者西園寺君もきっちり登場します。
そして古畑ってキャラは魅力的だと再認識させられるね。まだまだ続けてほしいよ。


>> つづきをみる

森林物語 キノを探して

全米米 ーZENMAIMAIー

月刊石井竜也―WIDESHOW (Vol.12)

壮絶!マイク泥棒

子どもに伝えるイラク戦争

(購入者の評価)
ミュージシャンの石井竜也と、フォトジャーナリストの広河隆一の対談本である。

誰一人として望んでいないはずの戦争という人殺しの行為がなぜ続けられるのか。
復興支援というけれど、自分たちが壊したものの後片付けなんだから、それは支援なんかじゃなくて戦後補償だと広河は言う。まったくその通りである。

今、巷のニュースでは、当時米英軍が爆撃を仕掛けた大義名分としていた「イラクは45分で生物化学兵器が使用できる軍備がある」という情報が、実はガセだったことが露見して、どう申し開きをしていくのかこれから注目されていくようであるが、そうだったのかどうかとは別の次元で、人が人の命を絶つということが認められるシチュエーションなんてどこにあるんだろうか。そんなものが許容されるはずはなかろうと思えてならない。

100ページに満たない本だが、これからの子どもたちにどんな未来を用意してやればいいのか、ここからまじめに考えていきたい。

私のこだわり人物伝 2005年10-11月 (2005) (NHK知るを楽しむ/火)

(購入者の評価)
談志的手塚論。

立川談志がNHKに出ることは考えられなかった。
出ない。出さない。が過去の常識だったと思う。
後者は変わり、変わろうとしているからではないか。民放は逆立ちしても勝てない。
だが注目すべきは前者である。
単刀直入に「手塚さんなら」なのだと思う。
談志さんの氏に対する尊敬には共感するとともに驚いた。
交友があったということも知らなかっただけになお更である。
テレビで見たときにはチャンネルを止めずにはいられなかった。
談志さんがきっかけで後の岡本太郎さんの回も全て拝見し、DVDに記録した。
「報道ステーション」も見られなくなった。
番組HPに「談志さんの回を再放送してください」とメールしたがどうなのだろう。
この「作品」の完成度はNHKでしかできない。かなりの挑戦だったと見ていて分かる。
「こちらで回しますので談志さんの思うがままに・・・」
「俺はお前らのためにやるんじゃないぞ」
という光景が目に浮かぶ。
談志さんにとっては本作を「残せた」のは非常に大きいのではないか。
落語家だけに映像や間を楽しむべきなのだが本作でもテレビでは放送できなかった場面があり大いに楽しめる。「知るを楽しむ」は最高の番組となった。
私が多くを語るのは小賢しい。

本番組は、長年病気で膨大な時間テレビを見ていた私が
最高傑作と自身をもって見せたいほどのクオリティーである。
もっと売れてほしい。
民放は下らない犯罪を誤魔化していないで、残る作品を求めないといけない。言葉が使えないならどうやっても無理なのだ。
芸、決定的芸である。




PHOTO BOOK it

自分がブランドになる

(購入者の評価)
この本は、自分のブランドについて、中谷氏と石井氏が対談する
形式で進んでいきます。この話の中で、ものすごくカッコいいもの
ばかりではなくて、人間としての余裕や品について書かれている部分
が多いなという印象を受けました。
(写真はさすがに両名ともカッコよいです。)

僕が一番感心したのは、テーマ「場」について語られているところ

で、「場」がわかる人(場の雰囲気が読める人)は優しいという
表現を見た時です。

言葉レベルには落ちていなかったのですが、場の読めない人と
一緒にいた時に、「優しくないな〜」と感じていたことがあった
ので深く納得できました

この本を読んで、ブランドは、「余裕」なんだなと感じました。
余裕を生み出すために日々努力が必要だなと思いました

Mind Stair―石井竜也の世界

月刊石井竜也ワイドショー〈vol.10〉

読んではいけない読むなら覚悟せよ

月刊イシイ―WIDESHOW (Vol.1)

WOO!―TATUYA ISHII

RANDOM VOICE―TATUYA ISHII

BM―美術の杜 (02)

エレクトーン 2008年 05月号 [雑誌]

月刊イシイ―WIDESHOW (Vol.6)

Zero city

Dragomania

月刊石井竜也―WIDESHOW (Vol.11)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4