石倉三郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
石倉三郎 おすすめDVD 石倉三郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
座頭市 <北野武監督作品>

(購入者の評価)
前作を知らない世代が「座頭市」に対してなんの予備知識もなく見た感想です。
北野作品は独特のシュールさが好きでだいたい拝見させていただいているのですが今作品はいわゆる人助けのまじめな部分とコントっぽい笑いで間を取る部分がとてもバランスよく組み合わさっていたとおもいます、
棒切れでたたかれる場面は何度見ても笑えてしまいます、、
斬り合いのシーンはとても迫力があります、血しぶきが鮮やかで衝撃的でした。
映画というと自分は伏線がとても気になるのですが本作品ではそのあたりもうまく織り交ぜられており最後まで楽しめました。
タップについて賛否両論があるようですが、これは『北野武』にしかできなかったことだと思いますし実際(おそらく)はじめての試みだったとおもいますので私的にはとても良かったです。
侍として能ある鷹は爪を隠すという言葉を思い出します。


人情しぐれ町 DVD-BOX

ピュア・ラブ 4

(購入者の評価)
白血病に侵される小学校の先生 麻生木里子(小田茜)と、禅寺の修行僧・陽春(猪野学)のプラトニックでピュアなラヴストーリー。
part1、part2、part3までのシリーズがあり、この作品はpart1の34〜44話で最終巻にあたります。

白血球が増え始め、思わしくない木里子の身体。
父親は骨髄バンクへの申し込みをすすめるが、移植が恐い木里子は決心がつかずにいた。

そんな中、陽春はある決断をする...。

現代ではあまり見られないような、古風でピュアな二人の関わり合いが新鮮に感じられます。
お互い「好きだ」「愛してる」という言葉を出すことはないのですが、それでも何気ない会話や表情で惹かれ合っているということが分かります。

雲水役の猪野学さんが本職のお坊さんではないかと思うくらい似合っていて、彼の言動や物腰のきりりとしたところも見ていて気持ちがいいです。
また、ティン・ホイッスルの美しい音色がこのドラマをより一層引き立たせてくれます。

ピュア・ラブ 1

(購入者の評価)
女優:小田茜さんが好きで観始めたこのドラマ!!
思いっきりはまりました。 木里子と陽春の出会いを見て
母親に「このドラマは流行るわよ。」っと宣言しました。
ものすごくお勧めします!!!!  
二人の切なくも静かな愛が観ている人をとても切なくさせ、応援させてしまうドラマです。 はつ恋を思い出して見ませんか!

私は、初めて木里子が龍雲寺に陽春を尋ねていき、ふたりで庭にいるシーンが
とても好きです。まるで、ふたりの恋のかたちが集約しているようで。

刑事の現場 DVD-BOX

(購入者の評価)
楽しい。 この二人の新旧の入れ替わりのようなドラマを大変興味深く思う。

森山未來という役者はあんまり知らなかったけど、いっぺんに好きになってしまった。

ここにでてる役者は、みんなすばらしいと思う。


ピュア・ラブ 3

(購入者の評価)
今までにこれほど魂を揺さぶられるドラマに出会ったでしょうか?
キャストひとりひとりにドラマがあり、時には泣いて、時には笑って・・・そうこうして観ているうちに、「ピュアラブ」シリーズのとりこになっていました。
あの感動をずっと手元に置いておきたくて、DVD購入を決めました。

まだ観た事のない方、是非手に取って見てください。さまざまな事を考えさせられる作品です。

ピュア・ラブ 2

(購入者の評価)
なかなか 2のみでは 1〜4を通して観ないと語れない。
でも あえて言うなら病気に向かっていかなければならない 苦しい状態の中 家族が、そして何よりも ときめき出した恋が 心の支えになっていく 

病気、恋に木里子が 一生懸命に向かい合おうとする姿がとてもいじらしく 応援したくなります。

どんどん ピュアラブの世界に引き込まれていく

いつまでもピュアな気持ちを 持ち続けていないとね。。。

哀しい気分でジョーク

(購入者の評価)
いや〜泣いたなぁ。
大人になって見ると、最初見た時よりも泣けたなぁ。
たけしも良いけど、柳沢慎吾とか石倉三郎がまたいいんだよなぁ。


丹波哲郎のミステリー劇場

あの日の僕をさがして

(購入者の評価)
安曇野の美しい風景の中で撮影された恋愛ドラマです。当時美人であり演技派女優でも有名だった仙道敦子さんが主役です。最後は大鶴さんと結婚する役だったのですが、途中で織田さんとの狭間で揺れ動く役を演じています。押しも押されもしない秀作の一つです。

無花果の顔

(購入者の評価)
桃井姉さんらしく所々にセンスが光ります。
彼女が監督すると何気ない普通のホームドラマが1ランクも2ランクも上がりますね。
まあ出演している彼女は桃井以外の何ものでも無いけれど古い家のお風ろ場や(今どき薪)
食器などに洋風の香りがしてホントにステキです。(外人が農家に住んでいる感じ)
帰ってきたと思ったらポックリ逝ってしまった旦那を口では文句を言いながら心底愛していて、
何時までも現実を見つめられずに段々壊れていきます。
それに無口な娘が(花子)琴線に触れるようにかかわってきますが、と言って桃井さんは変わらずにバイト先の店主のプロポーズを受け、昔住んでたような古い家に引っ越してきます。
愛した旦那と暮らした時の庭に生えていた無花果の木を担いで…。
そしてその根元に旦那の使っていた箸やドカ靴を埋め、その土の山を抱きしめるのでした。
淡々としたドラマですが見る価値はあります。


協奏曲(2)

協奏曲(4)

協奏曲(1)

協奏曲(3)

オトコの居場所・第6巻

???1994年7〜9月にTBS系日曜劇場で放映。女性が強くなり、男性の地位が脅かされ始めた当時の空気を目一杯詰め込んだ、コミカルな企業ホームドラマだ。
???ビール会社で営業畑一筋に働いてきた体育会系の男・河上(三浦友和)が、急に女ばかりの秘書課の課長に抜擢される。秘書課はベテラン秘書(白川由美)の下、優秀な女性社員がしのぎを削る大奥のようなところ。女同士の難しい人間関係に振り回される河上は、家に帰れば妻(秋野暢子)とその母、娘ら女性ばかりに囲まれマスオさん状態で、息のつけない日々…。
???誠実で男っぽいゆえ、女たちにふりまわされる中年サラリーマンを三浦友和が好演。企業内の描き方や騒動もなかなかリアリティがあり、おもしろく見られる。一筋縄ではいかない登場人物ばかりで、そのキャラの描き分けがドラマを程好く深いものにしている。三浦演じる河上の唯一の味方・社長の運転手役を演じた石倉三郎の好演も目立つ。(茂木直美)


オトコの居場所・第4巻

???1994年7〜9月にTBS系日曜劇場で放映。女性が強くなり、男性の地位が脅かされ始めた当時の空気を目一杯詰め込んだ、コミカルな企業ホームドラマだ。
???ビール会社で営業畑一筋に働いてきた体育会系の男・河上(三浦友和)が、急に女ばかりの秘書課の課長に抜擢される。秘書課はベテラン秘書(白川由美)の下、優秀な女性社員がしのぎを削る大奥のようなところ。女同士の難しい人間関係に振り回される河上は、家に帰れば妻(秋野暢子)とその母、娘ら女性ばかりに囲まれマスオさん状態で、息のつけない日々…。
???誠実で男っぽいゆえ、女たちにふりまわされる中年サラリーマンを三浦友和が好演。企業内の描き方や騒動もなかなかリアリティがあり、おもしろく見られる。一筋縄ではいかない登場人物ばかりで、そのキャラの描き分けがドラマを程好く深いものにしている。三浦演じる河上の唯一の味方・社長の運転手役を演じた石倉三郎の好演も目立つ。(茂木直美)


オトコの居場所・第5巻

???1994年7〜9月にTBS系日曜劇場で放映。女性が強くなり、男性の地位が脅かされ始めた当時の空気を目一杯詰め込んだ、コミカルな企業ホームドラマだ。
???ビール会社で営業畑一筋に働いてきた体育会系の男・河上(三浦友和)が、急に女ばかりの秘書課の課長に抜擢される。秘書課はベテラン秘書(白川由美)の下、優秀な女性社員がしのぎを削る大奥のようなところ。女同士の難しい人間関係に振り回される河上は、家に帰れば妻(秋野暢子)とその母、娘ら女性ばかりに囲まれマスオさん状態で、息のつけない日々…。
???誠実で男っぽいゆえ、女たちにふりまわされる中年サラリーマンを三浦友和が好演。企業内の描き方や騒動もなかなかリアリティがあり、おもしろく見られる。一筋縄ではいかない登場人物ばかりで、そのキャラの描き分けがドラマを程好く深いものにしている。三浦演じる河上の唯一の味方・社長の運転手役を演じた石倉三郎の好演も目立つ。(茂木直美)


オトコの居場所・第2巻

???1994年7〜9月にTBS系日曜劇場で放映。女性が強くなり、男性の地位が脅かされ始めた当時の空気を目一杯詰め込んだ、コミカルな企業ホームドラマだ。
???ビール会社で営業畑一筋に働いてきた体育会系の男・河上(三浦友和)が、急に女ばかりの秘書課の課長に抜擢される。秘書課はベテラン秘書(白川由美)の下、優秀な女性社員がしのぎを削る大奥のようなところ。女同士の難しい人間関係に振り回される河上は、家に帰れば妻(秋野暢子)とその母、娘ら女性ばかりに囲まれマスオさん状態で、息のつけない日々…。
???誠実で男っぽいゆえ、女たちにふりまわされる中年サラリーマンを三浦友和が好演。企業内の描き方や騒動もなかなかリアリティがあり、おもしろく見られる。一筋縄ではいかない登場人物ばかりで、そのキャラの描き分けがドラマを程好く深いものにしている。三浦演じる河上の唯一の味方・社長の運転手役を演じた石倉三郎の好演も目立つ。(茂木直美)


オトコの居場所・第1巻

???1994年7〜9月にTBS系日曜劇場で放映。女性が強くなり、男性の地位が脅かされ始めた当時の空気を目一杯詰め込んだ、コミカルな企業ホームドラマだ。
???ビール会社で営業畑一筋に働いてきた体育会系の男・河上(三浦友和)が、急に女ばかりの秘書課の課長に抜擢される。秘書課はベテラン秘書(白川由美)の下、優秀な女性社員がしのぎを削る大奥のようなところ。女同士の難しい人間関係に振り回される河上は、家に帰れば妻(秋野暢子)とその母、娘ら女性ばかりに囲まれマスオさん状態で、息のつけない日々…。
???誠実で男っぽいゆえ、女たちにふりまわされる中年サラリーマンを三浦友和が好演。企業内の描き方や騒動もなかなかリアリティがあり、おもしろく見られる。一筋縄ではいかない登場人物ばかりで、そのキャラの描き分けがドラマを程好く深いものにしている。三浦演じる河上の唯一の味方・社長の運転手役を演じた石倉三郎の好演も目立つ。(茂木直美)


>> つづきをみる

旨い居酒屋メニュー (オレンジページブックス―男子厨房に入る)

(購入者の評価)
いまいち好みのものが載っていないし、
作りづらいものが多い。
残念ながら眺めるだけのレシピ本になっています。。。


定食屋の定番ごはん (オレンジページブックス―男子厨房に入る)

(購入者の評価)
定番中の定番。
日本人であれば(?)間違いなく食文化として
家庭にのぼる本当に普段食べて「美味しい」と思える
バランスの良い品の数々・・
世の男性陣には一通り網羅してもらいたい&
わたしは女性ですが「あれってどうやって作るんだ?」の
今更のシンプルなメニューに目から鱗なことも。

男性にこの本のレシピを毎日替えて出して貰ったら
自分で作る必要はまったくなくなりそう(笑)
これらさえ抑えておけば日本食を毎日バランス良く食べこなしていける!
無駄がないから余計に男のレシピなのかなぁ・・?

このシリーズ(男子厨房に入る)は全体的に好きです。
変な話、写真もキレイだし
女性向け(?)に普通に出てる「料理の基本」系の本より
わたしはこちらの方が好きです。


石倉三郎の料理事始め―男の自立は厨房にあり! (ポストサピオムック)

(購入者の評価)
 石倉三郎さんによる料理本ですが、内容はどこをとっても「男向け」。その割り切りがまたいいんですが。ただ味付けが石倉さん本人の好み丸出しで醤油味のオンパレード!それで星4つとなりました。
 文章はざっくばらんでレシピも簡単なので「これから一人暮らしをするけど料理なんてした事無い」という方や「酒の肴くらいは自分で作ってみるか」と思っている方には丁度よい本です。
 食べ物にまつわる話や、ある大物俳優との対談?も入っているので、かなり楽しめました。


今から始める男の料理―これ一冊あれば食べたいものが自分で作れる

気分はいつも暗いマックス―三郎のケンカ・エレジー

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4