石丸謙二郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
石丸謙二郎 おすすめDVD 石丸謙二郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
劇場版 仮面ライダー電王 俺,誕生!ファイナル・カット

(購入者の評価)
2007年1月。俺、参上!
この一言のせいで、まだ、オンエアが始まったばかりなのに、
「劇場版も初日に見に行こう」と固く心に誓ったのでした(笑)

生まれて初めて、「仮面ライダー」の映画を見ました。
今までの仮面ライダー劇場版がどのようなものか全く知りません。
だから、このリンクが異例なのかも知りませんでした。
でも、私は毎週のオンエアと続いているのがとても楽しかったです。
オンエア(クライマックスフォーム編・含)と劇場版合わせて、壮大な映画を見ている気分になりましたから。
ゼロノス、牙王、ジーク良太郎、デンライナーの空中戦、モモタロスたちの実体化、
そして、電王4フォームそろい踏み。
あり得ないと思っていた4フォームが並んだとき、鳥肌が立ちました。
なんて電王が好きなんだろう、私。と、つくづく思いました(^^)

単に、「電王」のセリフ合わせかもしれませんが、”ファイナルカット”と銘を打つからにはかなり手を加えたんだろうなとは思いました。
そうですね、小ネタが増えてます(^^)
ちょこちょこと、「ああ、こういうつながりだったんだ」と納得させられます。

そして、”ファイナルバージョン”を見るならメイキングDVD「デンライナーの車窓から」も見ていただきたいと思います。
「仮面ライダー電王」は”野上良太郎”を演じた「佐藤健」なくしてはあり得なかったのだと、
スーツアクターさんも声優陣も、プロデューサーも、脚本家も、制作スタッフも「安心して」
「野上良太郎」を任せてたということがよく分かります。
彼は素晴らしいです。

面白くて、楽しくて、きちんと正義があって、少しほろりとさせる。
「電王」のこの劇場版は、
「映画って面白いね」「面白かったら、2回でも3回でも、劇場に足を運べばいいんだ」
って思い出させてくれた作品になりました。
劇場版は2回見に行きました。クライマックス刑事は3回(^^;

だって、面白いんだもん。この一言です。


氷壁

(購入者の評価)
近くのレンタルショップを何軒も探したのですが見付からずネットレンタルでみて、すごく良かったのでDVDを購入しました。
とにかく山の迫力のある映像とリベラの透明感のある音楽も良いのですが、それに負けないくらい主演の玉木宏さんがすばらしいです。あまりにも美しいシーンの連続で見入ってしまいました。のだめの千秋以上に男らしくて美しい玉木さんが堪能できます。共演の役者さんたちもすてきなので、玉木ファンには絶対おすすめ!必見です。
お話はなんの知識もなくてみるほうが楽しめると思います。初めてみた時は、次はどうなるんだろうと毎回ドキドキでした。映画のような美しいシーンがいっぱいのこんな良い作品が多くの人に見られていないのはとても残念です。ぜひ再放送してほしいです。


Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション

(購入者の評価)
とある用件で、この作品を偶然見る機会があったので、
通常ならあまり見ないジャンルの作品でしたが、
思わぬ掘り出し物もあるかもしれないと思い鑑賞しました。
(使い古されたテーマであるなら、それ故に普遍性があるのかもとか・・・)

まず、伊東美咲は女優やめたほうがいいと思います。
TV女優程度ならコメディ路線(etc電車男)なんかもありでしょうけど、
スクリーンで、あの演技とかありえないです。
もし、あれを狙ってやってるなら、監督は廃業してください。

モデルになったというサーファーの方のことは良く知りませんが、
主人公(?)も何が言いたいのか、やりたいのかよくわからないいまま
単なるわがままと自分勝手な生き方をまるでそれが
「これが、最後まで夢を貫く生き方なんだ!」みたいに
自己満しているところに、私はまったく共感も理解も出来ませんでした。

○○さんなんて、登場事態も唐突でしたが、
何の脈絡も伏線も無く死んでしまったのには、驚くというよりあきれてしまいました。
大人の事情等で大幅なカットでもされていたんでしょうか?
誰にでも起こりうる「死」というテーマを扱うには、あまりにもお粗末な作りでした。
テーマ自体がもっと違うところにあったのでしょうか・・・?

正直、完全に時間の無駄でした。

真矢みきさんは、本当に声の良く通る凛とした演技をなさる方ですが、
もう少し出る作品を選ぶべきでしょう。


Life天国で君に逢えたら メモリアル・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
何一つ感情移入できませんでした。
何か浅いのです。
前に飯島夏樹さんのドキュメンタリーやエッセイを見ていたからかもしれません。
その時に感じた自分のことよりも残される家族に対する深い愛情や父親、夫としての責任を感じ、最後まで将来を見ている姿に感動しました。
映画では、父親、夫としての部分がすごく薄くて、自分のことだけを考えている人に見えてしまいました。人間のもっと深いところを表現することのできる役者さんをそろえてほしかったです。残念です。


春の雪

(購入者の評価)
物語の進行がゆっくりめなので、とても長く感じてしまいましたが
映像の美しさで何とか乗り切れた作品。

清様のじれったい部分に若干イライラしましたが・・・。

竹内結子がものすごくキレイです。


世界の車窓から~イギリス鉄道の旅~

映画「旅の贈りもの 0:00発」

世界の車窓から~スイス鉄道の旅~

(購入者の評価)
スイスは鉄道網が発達しており、時間も正確で、分かり易い時刻表が駅で簡単に手に入ります。スイスパスなどの用途に応じた割引券が豊富で、ライゼゲペックという荷物託送システムもあり、九州ほどの大きさの国内を旅行するなら、鉄道を使わない手は無いといった具合なのです。
それだけに「スイス鉄道の旅」は、他の国での鉄道に比べてより身近な気がします。その意味で、ここに収められた映像は決して珍しいものではなく、むしろ物足りなささえ感じてしまいます。

東の玄関口チューリヒからソロトゥルンを経由して西端ジュネーブに向かうドイツ寄りのルートが選ばれているのは、あえて観光旅行では訪れにくいコースを主眼に置いたのかもしれません。スイス横断といってもせいぜい200数十キロの距離ですが、山あり湖ありで景色は次々に変化し、列車はのんびりと走ります。

ジュネーブからはルツェルンまでゴールデンパス・ルートで引き返すのですが、他のスイス4大鉄道とされる氷河急行、ベルニナ特急、ウィリアムテル特急のようなイタリア側のコースは、特典映像のゴルナーグラード・モンテローザ鉄道を除いて全く登場しません。トータル90分に満たない収録時間も考慮すると、もっと取材回数を増やして他のルートも網羅されていなければ満足出来ないと考える方も多いのではないでしょうか。

数多い登山鉄道の中からは、ブリエンツ・ロートホルン鉄道とユングフラウ鉄道(残念ながらこれも特典映像)が選ばれ、これは王道な感じがします。前者はディーゼル車に乗せられてしまう場合もあるのですが、ちゃんと昔ながらの蒸気機関車に乗ってアルプスの景観を楽しむことができます。

結局スイスのゆったりした美しさは、いつ見ても心癒されるものです。空撮を含め、5月という花の咲き誇る季節の天気の良い日に撮影されたのが良かったと思います。
付属のパンフレット裏にあるコースマップも可愛らしい。


映画「旅の贈りもの 0:00発」

(購入者の評価)
こころにさまざまな傷をもつ人たちが、地方の美しい風景や空気、人情や美味しい料理によって徐々に癒されていく話です。人生いろいろなことがありますので、そんなときは、昔の北前船のように、風がよくなるまで、風待ち港で数日でいいので、ゆっくりすることが大事。そういうことを教えてくれる話です。ふらっと国内を旅したくなりました。

F(エフ)

(購入者の評価)
この映画大好きで大好きでたまりません。
こんなマイナーな作品だけど通り過ぎず出会うことができて
ほんと良かった…って感謝したくなるくらい好きです。
数え切れない程観たけど全然飽きない。
でもやっぱマイナーでほとんどの人に知られてないのが悔しい…
キャストも素晴らしいし音楽も素晴らしい。

職場や友人など平凡なOL・ひかるの描き方もすごく共感できます。
夏の終りに特に観たくなる映画です。

世界の車窓から~オーストリア鉄道の旅~

(購入者の評価)
鉄道っていいなあ。そんな感じのDVDです。ウィーンから1時間の所にウィーンの森があります。バーデンというところで温泉保養地とベートーベンの生家があるところです。最初はここを訪れます。街中はトラム。郊外は電車の役割をはたすバーデン行電車。のどかな牧草地を通ります。ザルツブルクへはウィーンから3時間20分で車内の様子 車窓を交えながら進みます。ザルツカンマーグードへ行きます。ローカル線が良かった。いくつもの湖をぬいながらザンクトヴォルフガング・ハルシュタットなどを訪れます。サウンド・オブ・ミュージックを想いだし
「あ、ここ映画で出た。」など思いながら旅が出来ます。 初めての方や2度目以降の方みんな楽しめる作品です。
インスブルック・シャーフベルク鉄道・ツエルアムゼー・マイエンホーヘン・グラーツなどオーストリア中を網羅したいます。DVDのメニューには「冬のオーストリア」1996年冬撮影の特典映像や鉄道写真の紹介などありとても楽しめました。特に冬のオーストリアはすごいです。夏とはまるで違うのです。雪が積もり 寒々といていました。でも電車内は温かく ゆっくり時間が流れていて どこか癒しを感じました。ぜひ購入しましょう。石丸 謙次郎さんのナレーションもGOODです。


世界の車窓から~オーストラリア鉄道の旅~

(購入者の評価)
映像がとにかく綺麗で自分が実際旅に出ているような気分になり穏やかな気分になれます。後ろで流れる音楽とナレーションがまたいいです。残念な点としては、特典映像のもう1つの車窓から、鉄道コレクションは映像だけでナレーションが入っていなかったので残念でした。

24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2003 ふたり~私たちが選んだ道

(購入者の評価)
始発駅からホームに並んでいたのに、電車のドアの横は車椅子スペースで座れない!「ちぇ」と思わず舌打ち。
近頃増えてきたノンステップバス。通路を確保するため座席は少なめ。雛壇のような後部座席からやっと出口にたどり着く。「だれだ、こんなの入れたのは」と心の中でつぶやく。
都会の動く歩道をふさぐお年寄りたち。「すいません。通りますから」と言葉は丁寧だが、無理やり押しのけていく自分がいる。つい数ヶ月前、膝を痛めて「この動く歩道」に散々お世話になったのに。

「歩けなくなる」「一生、車椅子の世話になる」今まで考えたこともなかった。
車椅子を意のままに扱えるようになるのは容易ではない。ひとりでは、ちょっとした坂も登れない。介護する人(この場合は奥さん)の肉体的、精神的苦労は想像を絶する。むろん、社会復帰にはまわりの人の理解と協力も欠かせない。

ドラマのモデルとなった鎌形夫妻の表情はとても穏やかなものだった。この平穏な生活に至るまで、どれほどの困難とその克服があったのか。

ひとりでも多くの人に見てほしい作品。
「バリアフリー」の重要性を認識してもらうために。
自分が交通事故の加害者にも、被害者にもならないために。


精霊流し

映画「旅の贈りもの 0:00発」

(購入者の評価)
こころにさまざまな傷をもつ人たちが、地方の美しい風景や空気、人情や美味しい料理によって徐々に癒されていく話です。人生いろいろなことがありますので、そんなときは、昔の北前船のように、風がよくなるまで、風待ち港で数日でいいので、ゆっくりすることが大事。そういうことを教えてくれる話です。ふらっと国内を旅したくなりました。

けっこう仮面 SURPRISE

(購入者の評価)
アクションが最高!色気もグッドで、けっこう仮面ファンの皆さんに、オススメ

世界の車窓から 世界一周鉄道の旅 3 ユーラシア大陸III

(購入者の評価)
この「ユーラシア大陸V」は、比較的馴染みのあるドイツから、あまり馴染みのない東欧(ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア)からアジアに近いトルコまで、いろんな文化を味わうことができます。フランス、イタリアなど有名なヨーロッパではなく、旅行でもあまり行けそうにない場所を旅することができて楽しめます。これが一番バラエティーに富んで良い車窓だと思います。

世界の車窓から 世界一周鉄道の旅 7 北アメリカ大陸

(購入者の評価)
DVD特典で入っているアラスカ鉄道
ナレーションのないBGVですが、これが素晴らしく良いです。
聞きなれたあの音楽にあわせて展開される大自然を走るアラスカ鉄道を見てると感動すら覚えます。
日本の鉄道では味わえない汽車旅を堪能できます。


けっこう仮面

(購入者の評価)
10年以上前にも青木クリスによる実写版『けっこう仮面』が三作品リリースされているが、この作品がそれらを上回っている点はない(淫語マニアを除く)。撮影や映像処理の技術は向上しているはずなのに、アクションシーンなどを見ても10年前のレベルを超えているように思えないし、脇役陣で脱ぐのは涼樹れんだけ(江口ナオでもなければもちろん久保恵子でもない)である。生徒へのおしおきもマニアックに走りすぎているきらいがあり、もっと単純なエロさを追求した方が良かったように思う。この作品でけっこう仮面に扮している斎藤志乃よりも青木クリスの方が私の好みだったこともあり、☆は2つとする。なお、特典映像はメイキングを少しだけ織り込んだ舞台挨拶シーンのみである。

世界の車窓から~アメリカ鉄道の旅~

(購入者の評価)
自動車社会のアメリカですが、鉄道で巡るアメリカもいいと思います。飛行機や自動車ではなく、あえて鉄道で旅するという気持ちがわかる景色がたくさんあります。私は、特に西海岸が好きなので、楽しく見させてもらいました。前シリーズは中央平原の広大さや東西の起伏がよくわかる路線でした。今回は南部を通っての横断です。綿花畑やセンターピボットの景色、南部独特の文化も音楽や映像で楽しめます。私は次、アメリカに旅行のときは、必ず鉄道の移動を入れようと思います。

>> つづきをみる

一試合完全燃焼!―アストロ球団キャラクター写真集

(購入者の評価)
「写真集」という言葉通りの一冊。
長年の原作ファンの方にはどうなのかは分かりませんが・・・
キャストの人も好き!と言う方には十分楽しめると思います。
名場面ばかりですから!!


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4