石坂浩二

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 
石坂浩二 おすすめDVD 石坂浩二 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
魔王

(購入者の評価)
智くんファンの私ですが、魔王は今一歩はいりこめないドラマでした。演出の問題かな?うすっぺらな演出だった気がします……

が!!しかし!!最終回ラスト30分だけは前言撤回です!!引き込まれて引き込まれて!!涙の嵐です(嵐って言いたいだけ)お二人の迫真の演技から目が離せませんでした。

なのでラスト30分だけのためにこのDVDを買っちゃいます


氷壁

(購入者の評価)
近くのレンタルショップを何軒も探したのですが見付からずネットレンタルでみて、すごく良かったのでDVDを購入しました。
とにかく山の迫力のある映像とリベラの透明感のある音楽も良いのですが、それに負けないくらい主演の玉木宏さんがすばらしいです。あまりにも美しいシーンの連続で見入ってしまいました。のだめの千秋以上に男らしくて美しい玉木さんが堪能できます。共演の役者さんたちもすてきなので、玉木ファンには絶対おすすめ!必見です。
お話はなんの知識もなくてみるほうが楽しめると思います。初めてみた時は、次はどうなるんだろうと毎回ドキドキでした。映画のような美しいシーンがいっぱいのこんな良い作品が多くの人に見られていないのはとても残念です。ぜひ再放送してほしいです。


白い巨塔 DVD-BOX 第一部

(購入者の評価)
やはり主演の唐沢寿明の演技力が光るドラマでした。江口洋介や石坂浩二・伊武雅人・西田敏行など脇を固めるメンバーも豪華で久々に硬派なドラマであった。ただ大阪が舞台となっている為か、西田敏行とその取り巻きが下手な関西弁を操っていたが、その部分は拘る必要がなかったのではないかという印象を受けた。
それぞれの個性が丁寧に描かれていたことが、よりドラマに深みを持たせたのではないか。
唐沢が江口より真実を告白され涙ながらに漏らす「怖くはない。ただ無念だ。」の一言はとても重みのある台詞で見ている方も涙が出て来た。


金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX

(購入者の評価)
1977年から1979年の間に若き俳優、石坂浩二が金田一耕助を演じた4作品が入っています、(悪魔の手まり歌)(獄門島)(女王蜂)(病院坂の首くくりの家)、その4作品中、女優の佐久間良子が2作品、同じく女優の岸恵子が3作品に出演をし、実に素晴らしい演技をしています、そして、注目なのが、若き美人女優の大原麗子が石坂浩二と共演をした(獄門島)、特典映像の中の石坂浩二へのインタビューが行われた時は2人は夫婦でした、当時は美男美女と夫婦誕生という事で大変に話題となりましたが、当時の貴重な夫婦生活の様子なども語られていて、大満足なDVDボックスだったのですが、唯一、残念だったのは、その中に1976年公開作品の(犬神家の一族)が入っていなかった事ですね、こちらも鑑賞をしましたが、やはり、名作、こちらもぜひ、どうぞ。

白い巨塔 DVD-BOX 第二部

(購入者の評価)
財前五郎の愛人ケイ子役は黒木瞳より妻役をやった若村麻由美の方がよかったのでは…

古畑任三郎FINAL DVD-BOX

(購入者の評価)
第一夜 「今、蘇る死」は、数ある古畑任三郎シリーズ作品の中で屈指の傑作だと思う。よく練って脚本を書いている。犯人の動機はどうであれ、殺人を仕向けた、まさに完全犯罪と思わせる。最後の古畑と容疑者とのやり取り(会話)もいい。河野圭太の演出の上手さも光る。

第二夜 「フェアな殺人者」 イチローはイチローを演じていればいいから演技ではない。イチローの感心するところは、撮影に入る前に、すべての台詞を暗記しNGをまったく出さなかったらしい。内容はどうってことがないが、三谷脚本にしては最後の締めが甘いと思う。イチローがボールにサインをし、古畑にサインボールを投げて、「値打ちがでますよ。」とイチローの台詞がある。古畑がそのサインボールを受け取ってエンディングロールになるが、私なら、

 古畑「人を殺したサインボールなんて、値打ちなんてでませんよ。」の台詞で、サインボールを受け取らず、地面に置いた方がいい。(サインボールをアップにして。)なぜなら、イチローほどの野球選手が殺人を犯した、過ちを犯したということの重大さでエンディングロールにしたほうが、視聴者の印象に残るからだ。

第三夜 「ラストダンス」 これは物語の前半で、大野もみじが、かえでを殺したことが(入れ代わっている事)バレてしまったから。視聴者を騙せなかった、欺けなかったことで佳作。拳銃の入手方法もありえない。三谷なら、実は双子ではなく三つ子だったとか、あるいはかえでが、もみじを殺していた、本当は入れ代わってなかった。となれば、まだ面白かったのに。


ビルマの竪琴

(購入者の評価)
この映画は、私が小学生の頃見ました。その時、あまりのお互いの思いやりの強さに感動しました。

私が覚えている場面は、ルビーが土の中から出てきて、現地の人から魂だと言われ、涙を流して決心すれシーン。私も小さいながら涙しました。どうしても見てみたいと思って、買ってしまいました。

昔と変わらず映像が綺麗で見やすいです。是非、買うことをオススメします。
俳優さん達が若いですよね。


公式長編記録映画 日本万国博

(購入者の評価)
記憶はおぼろげだけど、入場切符や迷子バッチは手元にあるから行った事は確かだ…どちらかというと僕は遠足で行った万博公園、デートで行ったエキスポランドの方が馴染みがあるのだが。しかし普段は流行に乗らない僕の親でさえ二回も会場に足を運ばせた、さすが日本で開催された戦後最初の世界的文化イベント。実際月の石を見たかどうかは覚えていないけど、一種独特な会場の雰囲気、夜空に立つエキスポタワー、太陽の塔の内部、そしてイラスト標識は辛うじて覚えています。このDVDは真面目な内容ですが、元々僕はドキュメンタリーが好きなので観る事により仮想の懐かしさ、ノスタルジックに浸ることができました。

犬神家の一族

(購入者の評価)
名作、金田一耕助シリーズの中の1本、1976年公開作品、俳優の石坂浩二が主演をしたシリーズ中では、これは一番、最初となるのでしょうか、戦争で顔を負傷し、恐ろしいマスクを装着した人物の登場で大変に話題となりましたね、一代で多大な財を成した犬神家の当主の遺言は一人の美しい娘が、それぞれの姉妹の3人の息子の中の1人と結婚すれば、その総てを娘に与えるという驚愕の内容だった、そして、そこから世にも恐ろしい連続殺人事件が起こる、驚愕の遺言を残した当主の世にも恐ろしい真意とは、、、といった内容、死んだ人間の業の深さが残された血族をも狂気の渦にたたき落とす、観ていて引き込まれました、実に真実味を感じられたのは、人間の業や性の深さはひとは違えど、その本質はどれも同じだからかも知れませんね、これはお勧めです。

県庁の星 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
始まってものの数分でわかるストーリー。
絵に描いたような踏ん反り返った官僚の描き方。

監督の思想、学歴コンプレックスが作品から臭います。

まぁ、キャストの話題性と宣伝効果のみでヒットした凡百大衆映画の一つ。


おはん

映画女優

日本沈没 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
リメイクされた「日本沈没」・・・日本映画史に残るパニック・スペクタクル巨編!と期待しつつ鑑賞・・・う?ん面白くない・・・途中で居眠りしてしまった。日本が沈没するってゆう未曾有の危機に瀕しているのに、随所に恋愛うんぬんを挿入されてもねぇ、緊迫感もなにもあったもんじゃない。これじゃ退屈すぎて居眠りも仕方ないです。そうゆうワケで最後まで観てないんで、そのあとはよくわからないけど、とにかくつまらなかった映画で、これじゃ酷評も当たり前。

犬神家の一族 通常版

(購入者の評価)
現代の俳優陣の質の低下を露呈させてしまった作品、というのが感想。これが現状かと思うと悲しくなる…。オリジナルという比べられる作品が存在するのは酷だけど、しかも皮肉にもオリジナルとほぼ同じ脚本や構図で。同じように撮れば撮る程、やたら俳優の質の悪さだけが際立ってくる。市川流、現代日本映画俳優への警鐘にすら思えてくる始末…。

リメイクはどう作っても色々言われる宿命だと思うけど。登場人物のあらゆる人達に命とハートがあり、無性に会いたくなるオリジナル・シリーズはやはり神憑り的だと再認識。


日本沈没 スペシャル・コレクターズ・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
本DVDは3枚組の豪華版である。「犬神家」のようにオリジナル版も入っているのかと思いきや、それもない。ということは圧倒的なボリュームのメイキングが観られるはずだ、と考えてこちらを購入した。結果は良かったと思う。何せ本編のみでは非常にお寒い作品だからだ。豊川悦司演じる科学者が言う沈没の「理論」は面白い。バクテリアが沈没を加速させるなんて、ストーリーとしてもワクワクさせるではないか。しかし、段々と話は腰砕けになっていき、最後は「アルマゲドン」ぽい締め方では観客は納得しないだろう。また総理大臣はじめ日本国民がのんびりしすぎである。少なくとも吉田日出子と大倉孝二のお好み焼きコンビは、どうしても「天国の本屋」をイメージしてしまうので、自分的にはマイナスポイントだった。特典はまずまず頑張っているレベルだが、ストーリーボードや脚本は重くなるだけなので、いらなかったかも。とっても楽しそうな現場であり、メイキングで見るのは良いが、同じ場面を本編で観るとつまらないのは何故だろう?いずれにしてももっとシリアスに演出したほうが良かったのではないか。星3つ。

細雪

(購入者の評価)
原作自体が確固たるストーリーがない作品ですので、映像はいい手段です。むしろ映像こそ、この作品の本質を余計な説明なしに見事に提示するものなのかもしれません。原作には相当忠実に作られています。ただし時間は一年という短い時間に凝縮されています。その中ですべての季節、桜と紅葉と雪が現れます。原作の最後のシーンでは、どうしても映画の結末としてはおさまりが悪かったのでしょう。結果として、原作には存在しない男女間の陰影のシーンがいくつか付け加えられています。この部分は余計な部分でしょう。そこまでして無理にストーリーの展開を作る必要はあったのでしょうか。もうひとつ、女優だけではなく男性陣(サリーとエモヤンをのぞくと)にも関西弁を母国語とするものはいないようで、関西弁の会話の部分は、どうしても力みすぎて硬さと動作のぎこちなさが残ります。そして忘れてはならないのは、全編を通して主役でもある着物です。さまざまな種類と色彩の着物が、それぞれのシーンのモティーフに合わせて登場し、私のような無知なものにも十分にその魅力を伝えてくれます。ヘンデルの音楽がバックに流れ、作品全体としては素晴らしい仕上がりです。もうこのような作品が作られることはないのでしょうか?

竹取物語

(購入者の評価)
日本人なら誰でも知っている『かぐや姫』の物語。
原作は、作者不詳の、日本で最初の物語文学『竹取物語(竹取翁の物語)』。
これを巨匠市川崑監督が、SF風にアレンジしました。
公開当時の広告の煽り文句は
『かぐや姫は宇宙人だった!?』
確かに、誰もが知ってる作品で、過去にも映画化されたような作品だけに、
違ったアプローチも不可欠だったのかも知れません。
当時としては、かなり手の込んだ特撮技術も盛り込まれた一大ファンタジーに仕上がりました。
平安の前期の世界観に、突如紛れ込む現代科学の生んだ映像に、
若干のミスマッチ感も感じつつ、新しい切り口に、新鮮さを充分感じました。
かぐや姫(加耶)を演じたのは、沢口靖子。和服が似合います。
かぐや姫との悲恋に身を焦がす大伴の大納言は、中井貴一。
結末は分かっているハズなのに、ついハッピーエンドを期待してしまうほど、切ないです。
海外のファンタジーもいいですが、
たまには、日本の御伽噺もいかがでしょうか。


県庁の星 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
既に指摘されているように、今どき「明らかな官製談合」「予算無視の箱ものつくり」はないでしょう。そういう意味では、「ちょっと時代に乗り遅れたかな(公開は2006年)」の感はありますね。
また、途中まで見れば、その後の展開がある程度読めるのも事実です。「県庁さん=野村 の改革」が通るほど、世の中(この場合は県庁の中)甘くないですよ。

「スーパーの実態はこれほど酷くない」という指摘もごもっともです。でも、「食品偽装」がこれほどまで蔓延していることは、映画制作者も想像していなかったでしょう。ある意味、こちらは「事実は小説より奇なり」です。

この映画が言いたかったことは単に「県庁やスーパーの内情を暴露し、揶揄すること」ではありません。
野村は最初「昇進だけが目的」で、スーパーへの派遣研修も「そつなくこなして、キャリアアップして県庁に戻る」ことだけに専念しようとしていました。「弁当問題」で副支店長に文句を言ったのも、「自分に火の粉がふりかからない」ためのエゴでからです。
それが、プロジェクトから外され、政略結婚のフィアンセにも振られることで、初めて「自分が将棋のコマでしかなかったこと」に気づきます。

ここから彼の「本当の仕事=スーパーの改革」が始まるのですが、この映画の上手いところは、彼の「県庁でのキャリア=仕事力」が実に役立っているところです。むろん、彼ひとりではどうにもなりません。「裏店長」の二宮の助けがなければ、到底実現できなかった。
二宮が野村に協力したのは、「職場=自分の生活の糧 を守る」のが一番の理由ですが、「根は善人で熱血漢の野村」にほれたから。
二宮の目が、「軽蔑」から「尊敬」に変わっていることからもわかります。

登場人物が少々極端に描かれているのが難ですが、見終わって実にすがすがしい気分になれる映画です。
安易な「ハッピーエンド」にしなかったところも良かった。


角川映画クラシックスBOX〈70年代ミステリー編〉

(購入者の評価)
「母さん、僕の麦わら帽子どうしたでしょうね。」という台詞が印象的だった作品「人間の証明」。三船敏郎さんが特別出演。松田優作さん・鶴田浩二さん・ハナ肇さん・岡田茉莉子さん・岩城浩一さん・高沢純子さん・長門宏之さんらが出演していた。大規模なニューヨークでのカーチェイスの撮影はたいしたものだった。当時の角川書店は、「観てから読むか?読んでから観るか?」というコピーでPRしていた。
そして、出演とテーマ音楽を努めたジョー山中さんもよかった。


犬神家の一族(2006年版)

>> つづきをみる

ありがとうのてがみ

(購入者の評価)
書くことで自分の気持ちや相手への感謝、思いやりを伝えられる手紙。
手紙のやりとりのなかでお互いを思いやる暖かさ。
電話、Eメールで済ませてしまうことが多いこのごろ、手紙の良さを
改めて感じました。
晶さんの手紙の文章を読んでほんとうにそうだなぁと実感
したり、視点の暖かさや優しさに癒されたりします。
また日常生活の煩わしさに疲れたら読み返したいと思います。
2児の母として、「ぼくからのおねがい」の詩は、自分の子供達からの
メッセージのように受けとれ、涙がでました。きっと多くのお母さんも
同じ気持ちになるのではないかなと思います。


金田一です。

(購入者の評価)
テレビで見ている石坂浩二のイメージが変わった。あのニコニコ笑顔の司会ぶりも、もしかしたらこの人の役作りかもしれないと思わせるほどの役者魂を感じた。この本を読むと、役者という仕事がどういうものかがわかる。ほかの役者たちのエッセイも読みたくなる。驚いた。

じゅうたんはねこのもの (絵本ファンタジー―わーいいっしょ)

シネアスト 市川崑 (キネ旬ムック シネアスト) (キネ旬ムック シネアスト)

アトランティスが沈んだ日―地球学講義 (1979年)

ゆめを みた (絵本ファンタジー・わーいいっしょ)

天晴れカレーパン

石坂浩二のマザーグース

石坂浩二のサラダ図鑑

石坂浩二のおつまみ図鑑

コンビニおかずでキュイジーヌ―石坂流!くずしのお料理マジック (光文社女性ブックス VOL. 86)

石坂浩二のランチ図鑑

クリスマスの12にち (世界の絵本)

いそげ いそげ (絵本ファンタジー・わーいいっしょ)

石坂浩二作品集

石坂浩二のマザーグース (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)

石坂浩二兄さんのフェラーリずかん (1978年)

おちたのだあれ (絵本ファンタジー―わーいいっしょ)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4