イッセー尾形

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
イッセー尾形 おすすめDVD イッセー尾形 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
シティボーイズの「灰とダイヤモンド」 ~新老人の集い~

太陽

(購入者の評価)
日本人でない脚本家であり監督であったから撮り得た作品であるとの思いを強く持ちました。終戦直前の、複雑といった安直な言葉では片付けられない状況と、その渦中にあった昭和天皇の姿を描き、という要約が意味を為さない、切迫した気持ちにさせられました。イッセイ尾形の昭和天皇は、いろいろ考えた挙句の結果なのでしょうが、様々な絵の具を混ぜ合わせても結局は黒になるのと同じような、ある意味澄んだ演技であったように思います。ただ、個人的な感想かもしれませんが、ここで見られる昭和天皇の、たとえば仕草なんかは、多くの人に馴染みのある晩年のものであって、終戦時の古いフィルムのなかでの姿とすこし違っているように思いました。

トニー滝谷 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
雨です、、なぜか自然に、、この映画を、、、部屋の大きな窓を開けて、、窓の近くで観ました。

今日はとても湿度が高く、でも涼しく、でも、涼しい中にも夏へ向かう力というか優しさがあり、
大粒の雨が沢山降っていて、雨音が庭の木やデッキにあたる音が、この映画のように心地良かったからです。
まるで、映画の空気感に包まれたような静かな優しい一日でした。

坂本龍一のピアノも今日の雨音に合い、ほんとに、映画の中に入ってしまったような感覚でした。
別にキリスト教徒ではありませんが、、ピアノ曲が、何故かアベマリアと聞こえます。
不思議な充実した一日をありがとう。

雨はまだ、やさしく、降り続けています。

今日の雨は、きっと育みの雨ですね、、、きっと、、、
トニー滝谷とあの女性も愛情を育みあうのでしょう。


イッセー尾形ベストコレクション2005 コンプリートBOX

(購入者の評価)
2005年はいつになく多作だったそうです。
DVDに収録されている内何作かは、ライブで見ました。でも、改めてみると意外にも気づかなかったポイントがあったりして!

やはりライブでは、生の迫力がありますが、DVDではよりじっくり見ることが出来る点が良いところです。イッセー尾形ファンはやはり必帯です。
そうでない方はこれを見て、一度イッセー尾形体験をどうぞ!

(V)o\o(V)


イッセー尾形 The best of best collection ’89~’93 DVD BOX2

太陽 (レンタル専用版)

イッセー尾形 一人芝居 2006春 クエストホール

(購入者の評価)
カメラアングルがあっちこっちに行き過ぎて個人的にすこし不愉快な感じがしました。カメラを固定せずに右にいったり、左にいったりするのはカメラマンのこだわりなのでしょうか?けど「それがいい」という人もいると思うので一概にダメとは言えませんが・・・
それ以外は満足です。ネタは流石としか言いようのない出来。ベタかもしれませんが「肉屋」は相当ツボでした。
値段も2100円と買いやすい値段なのでファンじゃない人も「とりあえず」でどうでしょうか?


イッセー尾形と永作博美のくらげが眠るまで -犬-

(購入者の評価)
イッセー尾形といえばひとり芝居! というイメージが強いですが、この作品は2人芝居。特に舞台とは一味違ったものになっています。永作さんとのかけあいも、長年コンビを組んでるかのように息のあった楽しい作品に仕上がっています。まだ、見ていない人は一度お試しを

イッセー尾形と永作博美のくらげが眠るまで -トラ豆-

(購入者の評価)
このシリーズの「犬」を観て、不思議にホッとする幸せを感じたので、今度は「トラ豆」を観てみました。木皿泉さんの世界をイッセー尾形さんと永作博美さんが見事なコメディーとして演じています。永作博子さんも可愛いのでが、一緒に演じているイッセー尾形さんの人間味ある演技に可愛さを感じる不思議でそしてコミカルで、でも特別ではない隣にいそうな夫婦の日常が描かれているドラマです。因みに、アマゾンに載っている解説は「犬」の方の解説です。「トラ豆」には「トラ豆」(夫婦でカバンを間違って持ち合ってしまい・・・)、「チェロ?孤独について?」(永作がイッセーのチェロを勝手に人にあげてしまっい・・・)、「ベタベタ・ハーフ」(社内報に夫婦の馴れ初めを描くことになった為・・・)、「ハルが来た」(永作博子さんが姪っ子役で高校生役をやってます。)、「封印」(妻が家事をやり続ける理由とは・・・)、「香子の縁談」(永作博子さんが振袖を着てお見合いへ・・・その時夫は・・)の6つのドラマが入っています。ちょっと覗いてみるとはまっちゃうかも。

スジナシ 2

(購入者の評価)
 いわゆるエチュードをテレビでしているのですが、鶴瓶と俳優さんとのセリフ、展開が
とても面白いと思います。まさに戦いです。今回は、俳優陣にイッセー尾形さんなど面白い
人がでてきて番組としても場慣れしてきてます。

 毎回レビューとしてVTRをみて振り返るのですが、それがまた突っ込みどころ満載で
面白い。下手な劇団みるよりよっぽど面白いです。

 注意としては、コントではないこと。ドラマであるということの認識が必要です。


イッセー尾形 The best of best collection ’89~’93 DVD BOX1

(購入者の評価)
ちょうどバブルの絶頂期から崩壊期に収録された
このイッセー尾形のスケッチの数々は、当時の時代の
空気の記録としても貴重であり、また、時代を超えて、
「人間ってこうだよな」
と思わせる、「誰も描かなかった物語」としても、
独特であり、非常に興味深い映像になっています。

「地下鉄」の、満員電車の中の人間の心理や、
「スケベ教師」の、不祥事を起こし問題になっている、まさにその最中の緊迫感、
「移住作家」の、無頼を気取る作家の孤独、
「駐車場」の、アイデンティティーの崩壊、
「勧誘」「聞いてねぇな、お前」の、一見まっすぐで、実はゆがみきった主人公など、

物語のパターンにおさまらないドラマの数々は、
普段、通り過ぎてしまうけど、そこにはこんなドラマがある、
あるいは、あったらいいな、あったりして、という、
まさに想像力の究極を見せてくれます。

これよりさらに前の、「半分ハンガー」「車内暴力追放キャンペーン」「一億円」
なども、映像化を希望します。


劇場スジナシ東京公演

(購入者の評価)
地方でやっていた出演者が設定だけ与えられて芝居をするという「スジナシ」という番組がジワジワと人気を博し、ついには東京公演をするのだが、その東京公演の模様がDVD化されたものです。
いままでにDVD化されていたTV版のスジナシは全部観ていたので雰囲気はわかっていましたが、はたして舞台でどのようにおこなわれるのかと楽しみにしていました。
観終わると想像以上の舞台になっており、凄く面白かったです。
イッセー尾形、成瀬勝久、広末涼子がゲストとして出てくるのですが、3人3様の役者っぷりが実に楽しめます。そして鶴瓶さんの柔軟な受けの芝居がまた面白いです。
一度目は楽しんでみて、二回目は役者がどんなこと考えてるかを想像しながら楽しむことができると思います。
スジナシをぜひ関東近辺でも放送して欲しいです。役者の役者としての創造性を垣間見れるスジナシはぜひ多くの人に見てもらいたいです。


小松政夫×イッセー尾形のびーめん生活

(購入者の評価)
とにかく、凄い!ですよ。'お笑い'や'演芸'という枠では収まらないし、誰が見ても面白いと思います。我が家では家族で繰り返し見てますが、それぞれツボが違うようです。絶対!おススメ!です。


ヤンヤン 夏の想い出

(購入者の評価)
この映画は、とても優しい。
観終わると、とても癒される。

この映画は裁くことをしない。
出てくる人それぞれいろんなことがあるものの良いとも悪いとも裁かない。
ただ、相手を認めて、許してあげる。
大きく緩やかな河の流れのような感じなのです。
なので、自分もその河の流れに乗った感じで、観終わると自分も癒される。

3時間もある大作ではありますが、映像も綺麗だし、オススメです♪


自由な女神たち

イッセー尾形 DVD-BOX1

(購入者の評価)
イッセーさんだと思いました。ただ僕は結構本を書いてる身なんであれなのかも知れないけど、ネタの先が半分以上読めました。もっと面白くできるものもいくつかあると思います。僕の主観ですが、演技として考えた時に 表情の豊かさ、ネタの斬新さ、あとキャラクターの動きのしなやかさ という点で劇団一人さんの方が演じ手として優れているんじゃないかなって思ってしまいました。上手い言葉が見付かりませんが、才能という点では劇団一人さんが上かと。多分イッセーさんのネタを劇団一人さんがやった方が僕は笑えると思いました。笑えればいいってもんでもないですけど劇団一人さんはただ笑いを取るって域は完全に脱していてその人物を演じているので ピンのコントはやっぱり劇団一人さんが一番かなぁ
あ、僕が言った才能っていうのは主に声と顔と愛嬌って事ですね まぁでも一人芝居の第一人者だし 見る価値ありますよ


ヤンヤン 夏の想い出

(購入者の評価)
この映画の冒頭は結婚式のシーンから始まり、ラストは葬式で終わります。
その間、主人公のヤンヤンを含めた家族の話が濃密に展開されていきます。何故、「濃密」なのかと言うと、家族一人一人の物語が独立して進んでゆくからです。父親のNJの「個人的な体験」を始め、家族の「それぞれ」の葛藤や苦悩が次第に浮き彫りになっていきます。
その中で一番印象に残るのがヤンヤンとお姉さんのティンティンの挿話です。父親がかつての恋人の元へ逃避し、母親は精神的な苛立ちから新興宗教に走っていきますが、子供の二人は純粋に現実と戦って成長している様に私は見えます。
昏睡状態に陥ったお婆さんに話し掛けるティンティンの姿は悲痛でした。今にも発狂しそうな位、苦しんでいる様に感じられます。
楊徳昌(エドワード・ヤン)監督はこれまでに現代の閉塞した状況で傷ついていく若者の姿を的確に描いてきましたが、
この作品でもそういった若い世代に対する視線が同じ様に思えました。
監督は、虚無しか生み出せない現代社会への憤りをギリギリにまで抑えているのかも知れません。
そういった意味でも歴史に残すべき傑作だと思います。


ヤンヤン 夏の想い出

(購入者の評価)
3時間の長さが少し気になりましたが、全体的に丁寧につくられてますし、どきっとするセリフが随所にあるので考えながら見ているとそれほど気になるほどではありません。

人生とはとかくやるせないものですが、この映画を見ていると肯定的に考えられてくるので不思議に救われます。とにかくよく考えられたセリフが素敵です。おもわず、うむむと唸ることが多かったです。

イッセー尾形 一人芝居 草月ホール 2005

(購入者の評価)
イッセー尾形さんのお芝居は、10年ほど観させていただいてます。
このDVDの作品は、劇場でも観ていますが、ディスクを購入してから、もう5回は繰り返し観ています。

観始めると、グイッ!と引き込まれてしまい、ついつい前のめり状態に…
スケールの大きさとお芝居の緻密さが共存している事に、ただただ感服するばかりです。

この中の、特に好きな作品を挙げようと思いましたが、至難の業で諦めました。どれも大好き!素晴らしい!です。

「ひとり酒」と「指導員」は、むか?しの作品の再演ですが、こうやってDVDになって手元にある事が心から嬉しい。
「ピザ屋」は衝撃!の面白さで、その後大人気になり、何度か再演されていると思いますが、この時が初演でした。
その他の作品は、こんなに面白いのに、東京では再演されていないと思います。この回かぎりにしてしまうのは、本当に惜しい…です。ひとみちゃんは、シリーズ化されて今や第5弾?、チェロのお姉さんはもう1人いるのですが、両方を観ると、また一段とグイッ!ときますネ…

公演の時のままの順番で、その日の全部の作品を観られるのは、やっぱり良い!です。DVDでも、どうしても最初から最後まで通して観てしまいます。


イッセー尾形 寄席山藤亭

>> つづきをみる

Uk.asagan―永作博美写真集

(購入者の評価)
かわいくて、ある意味カッコいい女性芸能人の見本なのでしょうね。悪い話を聞かない、女性にも人気がある。

内容はシースルーキャミで白ビキニが透けてたり、アニマル柄ビキニがレースに透けてたり。黒のガーターストッキングやら。

ヒップのアップはお尻の割れ目少し見えてるし。というかプールでは下着無しで浸かってヒップ・・・。

お気に入りは白黒で残念なのですが、白のハイレグ水着です。薄い生地のように見えるし、これで水に入って欲しかった。少しモリマン気味に見えるのは気のせいか?

チャーミング小悪魔といったところでしょうか。

イッセー尾形の人生コーチング

(購入者の評価)
「イッセー尾形の作り方」と題するワークショップを通じた、自分探しの本と聴いて興味を持ち、手に取ってみました。
しかし、想像以上の深さとシンブルでわかりやすい考え方に驚かされました。

特に「他人になる方法」の章は参考になりました。

他人を真似すると違和感を覚える。でも、その他人にとっては、何十年も続けてきた自然なことであり無意識のうちに行われる。
このように他人にとっての自然は自分にとって不自然であり、歩き方一つとっても他人と自分は大きく異なる。
それを体感し、理解することで、自分に体する理解度も深まり、長所だけでなく、欠点も受け入れられるようになる。

こういう考え方が一つひとつできるようになることで、自分や他人の捉え方が変わり、社会や家庭で起こる困難なことや課題を受け入れられ、乗り越えることができるのではないかと勇気をもらいました。


イッセー尾形とステキな先生たち「毎日がライブ」

空の穴 (文春文庫)

イッセー尾形のナマ本〈巻4〉建築現場編 (小学館文庫)

イッセー尾形の都市生活カタログ〈PART2〉

イッセー尾形のよその国―I’m JAPONICUS,am I?

イッセー尾形の人生カタログ

(購入者の評価)
バリー・ユアグローの「一人の男が飛行機から飛び降りる」
という短編集がある。
夢のような、論理性の欠落した、しかし非常に面白い本だった。

イッセー尾形の描くショートストーリーは、当然、
人物のディテールに凝っている。
人生の、ごく一部分を切り取ったかのような描写は、
基本的にはリアリティ一点張りで、幻想性とは無縁のようだ。
しかし、読者として、突然、ある人物の置かれている状況、
感情に飛び込む事は、決して普通の事ではない。
そう考えると、ユアグローとはまた違った意味で、
夢を見ているような感覚を味わえる。

そう、初めてなのに、どこか懐かしいあの感覚。

イッセー尾形は、自らが語るところによると、
観察よりもむしろ想像力で作りこんでいくタイプだそうだ。
この短編集を読んで、とてもそれがよく分かった。

イッセー尾形の脳を探るように読める好著。

イッセー尾形のナマ本〈巻1〉深夜生活編 (小学館文庫)

(購入者の評価)
アッという間に読める。ある。たしかにこんな人生がある。全人類に読んでほしい。しかし、糸井重里氏の解説には疑問を持った。糸井氏はイッセー尾形氏の舞台を他の演劇とは違うモノと位置付け、観劇ではなく「ただ観察する」ことが礼儀だとしている。しかし僕は、この本を読んだ限りでは、他の演劇となんら違うモノではないと感じる。フツウに楽しみ、共感し、反発するのは軽率、無礼なことだろうか。

ヘイ、タクシー―イッセー尾形の都市生活カタログ (ハヤカワ文庫JA)

(購入者の評価)
芝居の脚本を読んだ事がない人、シェイクスピアより断然こっちを読んで!役者のはしくれである私が個人的に自分で演じてみたいのは「郵便簡易保険」「ポンちゃん」「幸せ家族」等の、わりとオフビートな作品。芝居の共演者がいないとお困りの方にオススメ、いっそひとり芝居やってみたら?

イッセー尾形のナマ本〈巻3〉幸せ家族編 (小学館文庫)

イッセー尾形のナマ本 (巻2) (小学館文庫)

(購入者の評価)
出てくるのは、みんな脂ぎったおじさんばかり。
普段見ていると、ねちっこくて特に大差なさそう
な人達だけど、実はみんなたくさんいろんなことを
考えて頑張っている。そんな一生懸命なおじさん達の
優しい一面が見れる作品です。
文章とともに、イラストもたくさん載っていて、
本当に中身の濃い一冊です。


イッセー尾形の遊泳生活

いつでもやりたい

正解ご無用

イッセー尾形の都市生活カタログ

いつか、スパゲティ

イッセー尾形 タンスの中身

月の砂

本人の希望

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4