板尾創路

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
板尾創路 おすすめDVD 板尾創路 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

(購入者の評価)
劇場で見て良かったのでDVDも購入。
ストーリーは期待していなかったのですが、
見ていくうちに結末が気になり。。。
けっこうハマって見てました。
弱い3枚目の隼人くんも
劇中の春馬くんのヴォーカルも良かったです!


被取締役 新入社員

一杯いきますか!!幸せのレモンサワー

(購入者の評価)
ギャオで一話を見ました!!
平泉成ってこんな演技もできるんですねぇ?。
意外で超面白かった!
さすがの矢作も、平泉のマジ演技に我慢できなくてブッ!!
噴出すのも分かるッ。
カツノも狙ってるけど、嶋さんは笑いを狙ってるんです!!


水野キングダム II

スカイフィッシュの捕まえ方 ~板尾創路編~

(購入者の評価)
板尾さん独自の演技だけは好きだけど、ひとつのお笑い作品として見ると内容はありきたりだと思いました。所々でクスっと来るぐらいで。架空の物事に真面目にちゃんとしたナレーションを入れたり、民放の情報番組なんかでよくあるスタジオのやりとりだったり。細かいネーミングなんかは狙ってるな、と感じてしまい笑えませんでした。板尾さんの作品が見たいです。

一杯いきますか!!ある意味、不器用です。

(購入者の評価)
“魚みたいな顔して、ブス帰れぇ?!!!”(超笑)
GyaO(ギャオ)で本編の一話を見ました!!!
超おもしろそ?!
石原まこちん原作ものでいえば「THE3名様」が、お気に入りで
結構ハマりましたが、「一杯いきますか!!」もハマりそう?!
発売日が待ち遠しい!!


ダイナマイト関西 ~全日本大喜利王決定トーナメント大会~

(購入者の評価)
このダイナマイト関西は本当にステキなイベントです。
斬新な部分を挙げるとキリがないですが、とかく正当な評価や
結果が出ないお笑いという世界に於いて白黒がこの上なくハッキリ
つくというのが素晴らしい。

このDVDに収録されている大阪府立体育館大会に関して言えば、
出場するメンツが非常に豪華。
しかしそれ以上に、この日は主催者でもあるバッファロー吾郎
竹若さんの調子が神がかり的!
板尾さんとの一戦は永久保存版でしょう。

判定に関しては賛否両論あるみたいですが、会場の受けや笑いの
量だけでなく技術点みたいなものも評価するプロ的な採点で、
個人的には不満はないです。


週刊真木よう子 おんな任侠筋子肌

大日本人 初回限定盤

(購入者の評価)
アイデアは好きですが、
映像美特になし、カット割りなどが
陳腐で魅せ方がつまらないです。
強いて言えば、
20分頃の大佐藤がバイクに乗って
走ってる場面が
まあまあいいと思いました。


空中庭園 通常版

(購入者の評価)
『空中庭園』は、ただの映画じゃなかったです。色んな意味で物語は書きませんが、面白いと思います。原作を読んだことはないので軽はずみな発言になりますが物語だけを追いたいなら(本)を読んで下さい。なぜなら、この映画はビジュアルも楽しむものだからです。多分(笑)。よーく注意して見て欲しい『円』について、もっと言うと『Φ』について。そこに凄く『意味』も込められています。と思います。面白いと思います。繋がります。

GROW 愚郎

(購入者の評価)
俳優の榊英雄初監督作品です。伝説の不良3人組が寺島進・菅田俊・木下ほうかとなれば3人の演技を見ているだけで楽しめそうか。そう気軽に思って見ました。始まりのイジメのシーンはコメディタッチな部分を控えめにしているだけあって、リアルに気分が悪くなり最後にイジメグループをギタギタにしてくれないかと真剣に思いました。すぐに伝説の不良の正体がわかって先が読めてきましたが、それでも最後まで飽きさせない。競争競技に出る前に足を怪我するパターンなんてありきたりだけど、そのベタなとこも演出でしっかりカバーしてくれているところが非常にGOODです。得点映像の榊英雄監督のコメンタリーはいいですね。明るく軽い調子で説明してくれて、助監督のフォローを包み隠さずしっかり語るとこなんて好感もてます。期待の新人監督です。

スカイフィッシュの捕まえ方~国内編~

(購入者の評価)
スカイフィッシュという正体不明の生き物を捕まえる名人たちを紹介するというテイの
フェイクドキュメンタリー作品(バラエティ)。まず、地方のケーブルテレビみたいな、
敢えての“安い感じ”が絶妙で、雰囲気作りがよくできている。司会の人も非常に“ぽい”

内容は、スカイフィッシュの様々な“漁”の仕方を紹介していくというものだが、
くだらなさは勿論であるが、その漁法や説明に、微妙なリアリティを持っているのがよい。
例えば、「スカイフィッシュはうちらの地方では昔から“チューマン”という呼び名がある」
といった部分や、職人が使う、捕まえるための様々な専門器具“鬼もごし”“むかぎ”などの
ネーミングセンスである。
フジテレビの「ごっつええ感じ」で「ニッポンの匠を訪ねて」という名作コントがあったが、
それに近い。非常に最もらしいのだが、意味がわからないのである。そこが面白い。

能力が無い人間が、フェイクドキュメンタリーで“笑い”をやろうとすると、
アイドルが似てないモノマネを披露するように、所謂“さぶい=内輪ウケ”ことになってしまう
場合が多いのだが、この作品は非常によくできている。見る人を選ぶかもしれないが、
大笑いできることは間違いない。お笑いフリークにはたまらない作品といえるだろう。
・・・にしても、三本目の“油漁”はバカらしい(笑)


ナイン・ソウルズ

(購入者の評価)
個性というかそれぞれの持ち味がよく出ていた作品です。
みんな犯罪者なんだけどなんか憎めないと言うか。
本当はすごく優しい心を持っている人達でそれが故に犯してしまった罪みたいのを感じました。


オトシモノ

(購入者の評価)
ホラーをこの作品に求めた人には残念な結果だと思いますが、個人的には人間関係の描写や細かい表情の動きなどがよく表現されていて良かったと思います。
新しいホラーの境地?とでもいいますか…まぁ面白いんで見てみてはどうですかね。


空中庭園 特別初回限定版

(購入者の評価)
何事も包み隠さず打ち明けられる関係が本当に良い関係なのだろうか?
人間生きていれば人に言えない事、言いたくない事の一つや二つは絶対
にあるはずだし、秘密は秘密のままのほうが良い事も沢山あります。
この映画の中の家族も、「家族の中で秘密を作らない」という事をルー
ルにしておきながら、それぞれ秘密を持っていて、それが明らかになっ
ていくからこそ徐々に家族が崩壊していってしまいます。
今まで私の中で小泉今日子は所詮アイドルで役者としてはイマイチとい
う評価でしたが、この映画の中では物語の核となる母の役を見事に演じ
ていると思います。特にさっちゃんとミーナ先生の誕生日会での小泉今
日子のキレっぷりはまさに迫真の演技です。それだけでも観る価値有り。


水野キングダム

(購入者の評価)
番組を途中から見始めた人・放送を見ることができない環境の人にとって
コンパクトに番組を振り返ることができるとても嬉しい商品です。

視聴者からの投稿を即興でプレゼンする芸人さんを
質問攻めにするという構図は 「むちゃぶり!」に近い番組かもしれません。

プレゼンの矛盾点を指摘する一方で 一度ウケたことをまたフったり といった
お互い良く知る芸人さん同士が楽しんでる姿はお笑い好きなら楽しめると思います。

本作に収録されたものは 上手く切り抜けるパターンよりも
しどろもどろになってグダグダに終わるパターンが多いので
後者を楽しむ作品と考えるべきなのでしょう。

作り物のコントではなく、瞬発力の要求されるアドリブトークと妄想トークなので
繰り返し何度も見るというジャンルではないかもしれません。

しかし、
「本編131分+特典36分」とボリュームも悪くないですし、
一応未放送の素材も収録されているので放送を全て見ているファンでも見る価値はあります。
千原ジュニアさん、ケンコバさんなどが好きなファンはチェックしてみてください。


大日本人 通常盤

(購入者の評価)
ダウンタウン・松本人志による初監督作品。以前から「シネマ坊主」という映画評論本を出したりしていたが、ついに監督デビュー。彼の記念すべき第一作だ。物語は、大佐藤(松本人志)をインタビューしている設定で進行していく。実は大佐藤は"大日本人"と呼ばれるヒーローで、たびたび街に現れる"獣"と闘っていた・・とまあこんな感じだ。

本作は公開されるまで、松本人志の希望で作品についての情報をまったく明かさなかった。こうされては、もう見るしかない。しかし、本作の内容はとにかく異質。予備知識ゼロの状態で見た方が確実に楽しめるに違いない。この点は大成功だったと思う。でも、いざフタを開けてみれば何て事ない映画。やりたい事がまったくわからない中途半端な出来だ。

まず、この「大日本人」をどのような映画にしたかったのかが定まっていないため、全編を通してグダグタ感が半端ない。アクション映画にしては地味(というより気持ち悪い)、コメディー映画にしてもあまり笑えない。どの方向から見ようとしても、すべてがあいまいなため見応えがない。

松っちゃんらしい笑えるシーンもいくつかあるが、物語が描かれる背景が地味にリアルなので、笑えるシーンも浮きまくり。街に現れる怪獣も、正直気持ち悪い。もしこの映画を完全なコメディー映画として作っていれば、こうはならなかったと思う。

そして、この映画最大の問題点はラストにある。監督・松本人志は、この「大日本人」を映画の最後ですべてぶち壊したのだ。見ればわかるがこれはヒドい。笑えるシーンにしたつもりだろうが、まったく笑えない。彼は何をしたかったのか?

コントとして見ればまだ楽しめるが、映画としては楽しめない(というより映画として成立していない)。「シネマ坊主」で散々映画を酷評していたが、こんな映画を作ってしまうんだから、酷評する権利はないのでは・・。松っちゃんの今後に期待したい。


着信アリFinal スペシャル・エディション【初回限定生産2枚組】

(購入者の評価)
ここ数年ブームの日本ホラー映画の独特の気味の悪さが多少薄れており
それほど怖くないところがどちらかというと子供や女性向きなのだろうか。

どちらかと言うと堀北真希と黒木メイサの美少女コンビの友情、
ジャン・グンソクとの愛情がメインという印象。

ただ幾つか怖かったシーンと言えば
死の着信を受けた者が、残酷に殺される様、
特にホテルの洗濯槽で女子高生がバラバラにされる殺され方や
着信転送されたいじめっ子の女子高生の殺され方が、バキバキという音だけで表現され怖さを強調する。

p.s
あと大量のメール送信でパソコンをダウンさせようとしていますが、
少なくとも電源が燃えたりする事はありません・・


ナニワ金融道 5

(購入者の評価)
この作品の最も山場、と言うか唯一の見せ所は、緒方拳と小松政夫の専門用語対決でしょう。
これぞ金融ドラマ(?)というところを見せてくれます。
難しい言葉が出るたびに高速テロップで説明してくれるのですが、簡単な言葉も親切に出してくれる割にはかなり高速で(笑)
若い中居君はもとより、普段ドラマなどでは関西弁を一切出さない堤真一がばりばり関西弁を使いこなしている、という希少さが楽しめます。
世の中は金、人を人とは思わないこと、なんていう世の中のどろどろをとことん楽しむ内容であり、正義感たっぷりの中居正広演じる主人公より帝国金融より赤信ファイナンスよりも、堤真一演じるはめられた肉欲棒太郎さんが一番いい人だったような気もします。。



着信アリFinal スタンダード・エディション

(購入者の評価)
1、2、Finalと全て観ました。 面白い、つまらないといった評価は個人のものですから、正直に言います。

「私は」つまらなかったです。

前作までの布石が全く利用されていない不快感。

メイサやいじめっ子らの大根っぷり。

韓国人役の語る内容の暑苦しさ。

友情を語りだした瞬間の安っぽさ。

メールでパソコンをフリーズさせるとかいうパソコンに詳しくない人間の発想。虫酸が走る励ましメール。

いじめっ子が次々に死んでいくシーンだけは面白かったです。

この作品は無かったことにして、次は本当に良い作品を作ってほしい。

作品の名前が売れ出したとたん、または名前がそもそも有名な作品の映像化が企画されたときに、売名・商業目的で下手くそなアイドルを起用したりするのは止めてほしい。
業界の裏事情でもあるのだろうが……

本好きの中学生が書いた脚本レベルと吐き捨てたいほどに残念。


>> つづきをみる

着信御礼!ケータイ大喜利

(購入者の評価)
自分はこの番組を楽しみに見ているので、イメージしやすく
オールカラーであることも驚きであった。

ただ、万人受けしないことは間違いなさそうだ(笑)


はたらきたい。

(購入者の評価)
就職する前の人よりも、就職した人が読んだほうがすんなり頭に入ると思う本です。

仕事がつらいけど、収入の面等でやめられないと感じている人に読んで欲しい本です。
例えば、新入社員、大手企業で「使われている」人たちとか。

「仕事とはそもそもつらいものだ。その対価として給料をもらう」
という概念の人は、あまりこの本はおススメしません。

確かに仕事とは、ほとんどがつらいものです(私もそうです)。
仕事を楽しくやろうというのは、あくまで理想論です。
本の内容も、そんな理想論を述べています。

私はそんな甘い理想論のほうが好きなので星5つです。


クイック・ジャパン77(Vol.77)

(購入者の評価)
他の記事も濃いんですが、Perfumeファン以外の方はすいません。
本誌以外で今回のアルバム「GAME」発表についての記事やインタビューがありますが、本誌の特集記事が一番「今そしてこれから」の彼女達について詳しく濃く掘り下げて取り上げています。
 
三人のソロインタビューを同じ時系列で上下三段配置で展開していくレイアウトにもびっくりしましたが、読み応え十分ですし、インタビュアーの切り込み具合も素晴らしいと思います。
また撮りおろしの写真はインタビュー時の彼女達の表情が伺える貴重なものだと思います。
他の雑誌では写真としての表情はあるけど、インタビューの現場を押さえたものではない気がするからです。
 
特筆すべきは、かしゆかのアルバム製作強いてはPerfumeという存在への関わり方についてヘビイな告白をしている点です。一見ネガティヴな内容ですが、一表現者としての真摯さがすごく伝わってきて、それが私自身の彼女達への更なる信頼感につながりました。
 
できたら、本誌ブログで展開している編集者場外対談も併せて読むと面白さ倍増です。


3月30日

(購入者の評価)
正直千原兄弟はトントン拍子で東京で売れっ子になってたと思っていたのですが、やはり苦悩や挫折など繰り返してきたんですね。そのことを文章にするのはきっといろんな思いがあったと思いますが、随分赤裸々に書いてあったような気がしました。あとこの本はどちらかというと移動中とかより夜中や静かな場所で読むことを勝手にオススメします。なんとなくですが…

板尾日記

(購入者の評価)
普段クールでなにを考えてるのか分からない板尾さんの考えや行動が伺えました。
そして奥さんをとても大事にしてるのが日記を通して伝わってきました。
奥さんの誕生日の7月4の日記がとても好きです。
板尾日記2も今月発売されるみたいなのでさっそく予約しました。読むのが楽しみです。


板尾日記3

(購入者の評価)
365日全て板尾創路。
毎日の出来事ほんの数行だけれども、ほのぼのする家族の話は読んで心がなごみます。
父・板尾創路となってよりパワーアップしてもらいたいです。


板尾日記 2

(購入者の評価)

個人的に板尾さんのシュールさが好きなので、とても満足でした。

内容は1月1日から始まって、365日の日記です。
しかし芸人さんの本だからといって、ボケているというわけではありませんので
芸人的なボケを期待して読むのは危険だと思います。

板尾さんの独特なシュールなセンスがたっぷり入っているので
板尾さんが好きな方はとても気に入ると思いますが、
読む人によって当たりハズレのある作品だと思います。

個人的にはとても好きです。
読んでいて3ページに一回は笑うっていう感じです。
表紙の乗馬をしている満面の笑顔も好きです(笑)



粋ポスターブック

(購入者の評価)
コミックヨシモトを見たことがない私にとっては、大満足の写真です。

テレビではクールな表情をみせることが多い板尾さんですが、笑顔がいきいきとしていて良いです。

アパート住まいで直接ポスターが貼れず、B2の巨大クリアファイルに入れ、立て掛けています。

写真集だったらよかったなという思いもありましたが、これはこれで楽しんでいます。いつでも癒されます。友も、部屋に来るなり、「板尾や!カッコイイ。」「どこで売ってたの?」と好評です。


海でのはなし。 フィルムブック

(購入者の評価)

映画『海でのはなし。』の、やさしいオフィシャルブックである。
内容としてはミニ写真集+監督雑感+オリジナル短編+
役者インタビュー+シナリオと何の変哲もないが
通して読むと、フィルムの雰囲気さながら
こちらもやさしい気持ちになれそうな気がする。


OK FRED vol.10

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4