伊藤淳史

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
伊藤淳史 おすすめDVD 伊藤淳史 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
歓喜の歌

(購入者の評価)
「歓喜の歌」という映画ですから音楽物かと思いきや,原作は立川志の輔の創作落語で,基本的にはコメディ作品です。
歓喜の歌といえば,ベートーヴェンの交響曲第九番の最終楽章で合唱される,クラッシクファンでない方でも良くご存知のあの歌のことですね。
私は,高校時代から現在まで,通算5回テナーパートの一員としてステージで歌った経験がありますが,毎回1年近くの練習を経て本番を迎え,3楽章までは暗く重い旋律をオーケストラの後ろで聞き,バリトンソロの“オーフロイデ”で導火線に火がつき,そして迎える歓喜の大合唱で感動はピークに達し,終演後はメンバーたちと手を取り合って涙した,それぞれの演奏会の記憶があります。
そんな“歓喜の歌”を題材にした作品ですからどんな内容でも見ないわけには参りません。
本作は,文化会館のダブルブッキング事件から巻き起こる騒動を,12月30日,31日の二日間の出来事に凝縮させ,要所に笑いどころを散りばめながら,最後にホロリと泣かせるというハートフルな作品に仕上げています。
本作で取り上げられる事件は当事者たちにとっては大変なことではありますが,人の生死に関わるような深刻なものではありませんから,しっかりと笑いの部分を堪能できますし,いろいろなトラブルを最終的には味方につけて,ラストの合唱の素晴らしさを際立たせた良作だと思います。

念のために申し上げておきますが,お役人の全部が飯塚主任(小林薫)のような方ではありませんし,本気で“おらが町の文化振興”に取り組む会館の主事さんもたくさん居られます。
文化会館の業務には,貸館業務と地域の文化振興業務があり,本作では前者を扱って笑わせていますが,大切なのは文化を育てる後者の方で,今回のトラブルを解決した背景には後者の調整能力が役立っています。

ところで,同じ原作をドラマ化した番組が,9月8日テレビ朝日系の全国ネットで放送されます。こちらのダメ公務員は佐野亮介主任(大泉洋)で,ママさんコーラスと市政20周年記念報告会をダブルブッキングしたという設定です。
映画が勝つか,ドラマが勝つか楽しみではありますね。


ロス:タイム:ライフ Life in additionaltime

(購入者の評価)
何から何まで意図が見え見えで、1ミリたりとも心を動かされなくなったテレビドラマの世界を根本的に変えたかもしれない画期的なシリーズが「ロス:タイム:ライフ」だ。多くの伝説的なドラマがオンエア中よりもむしろその後でジワジワとウォッチャーの心を侵食していくように、本作品もこれからの歴史(あくまでテレビドラマの将来があれば、の話だが)がその偉業を証明していくだろう。

このテレビ版のパイロット版ともいうべきショートをかつて筧昌也監督(ドラマシリーズの原案、ディレクター)は2作品製作しており、それらは彼自身のサッカー好きという嗜好性を超えて、愛国心を失ったといわれて久しい日本人がなぜかスポーツの祭典の時だけ必ずコブシを振り上げ、かつ声を張り上げて応援してしまうあの空気感、そしてそれを会場ではなくテレビ画面というフィルターを通して享受するときに目撃する“実況=特殊な演出スタイル”からドラマ性を抽出したところにこそ、ひとつの映像革命が秘められていた。ドラマ版でもその勢いはとどまるところを知らない。

果たして「人間ドラマ」を「サッカーの試合」と比したときに、そこにアドバンテージは得られるのだろうか。フィクションがその力を思い切り失っている時代に、筧昌也は今一度フィクションの力に賭けてみようとしている。それもわかりやすいほどの単純明快なドラマを、あえて違った次元の光源でもって照射することによって。

お勧めは「カメラマン編」「幼なじみ編」「部長編」「ひきこもり編」。担当演出家によってアプローチの違いはあるが、この2本のクオリティは出色だった。これまでのテレビドラマの感触を越える繊細さと、ロスタイムに降り立つべき神様による、アッと言うような魔法に満ちていた。


海猿 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
青春ドラマの王道を行く作品。笑いもあるが、内容は奥深い。

「深度40m、ボンベ残圧30キロが1個のみで二人が取り残された。ひとりの片道分だけの量だ。おまえたちならどうする。」何度も源教官から訓練生に出される質問。
1回目の質問、だれも無言で時間切れ。
2回目の質問、優等生の三島は「強い方(生き残る可能性の高い方)が戻ります。」と答える。
対する仙崎は一言も発せず。
3回目の質問、今度は仙崎だけに。仙崎は「二人とも生き残る方法を考えます。」と答える。

源教官は、現役時代に同じ経験に会い(バディ=ペアを組む相手 が沈没船に挟まれて身動きとれず)、残圧ゼロ近くまで粘ったが救出できず、急速浮上で潜水病になり二度と潜れぬ体になった。

訓練の最終日、水深40mで三島、仙崎は潮流の急変で流され、海底で三島は岩に足を挟まれる。仙崎は残圧ゼロを超えてもがんばる。源教官は自己判断で危険な捜索を訓練生にやらせ、ぎりぎりで二人を救助する。
査問委員会にかけられる源教官。訓練生の機転で「これも訓練」という 「大岡裁き」がとおり不問となる。

仙崎と源教官をここまで走らせた(強行させた)理由は、ともに過去に対する償い(二人ともバディーを死なせている)の気持ちである。
仙崎の行動は英雄的だが、二人とも死んでいた可能性が高いし、源教官の判断も、ひとつ間違えば二次遭難者を出していた。
とても第三者がとやかく言える問題ではない。(規則上の判定はさておき)道義上は、そのとき現場にいた者の判断が正解である。


海猿

(購入者の評価)
潜水士にかける情熱と、仲間同士の絆と、加藤あいの二の腕の細さに感動しました。


電車男 DVD-BOX

(購入者の評価)
一話から最終回までずっと入り込んでみれました。トレンディドラマとは対極にありながらそれでいて愛の本質を見事に描かれたドラマです。キーワードは「電車とエルメス恋の行方」と「ネット住人との友情」でしたがオタクもそうでない人もともに楽しめる作りだったと思います。
まず描写の細かさに感心しました。電車男はじめ他のネット住人の部屋(グッズや本やポスター)が実にリアル。でもわざとらしくなく住人の素の人となりが伺えました。
住人の中でも好きだったのは阪神男と小栗旬演じるAA男、それに最初の頃はアラシと呼ばれていたバスケ男です。
阪神男は心から電車を応援していました。「おれたちは電話線一本でつながっているんじゃない!心でつながっているんだ」や電車が恋成就した時の「春がきーたぁ♪…」は忘れられぬ名シーンです。阪神男みたいに部屋もちらかっててかなりおせっかいだけど人のことで熱くなれるのって素晴らしい。AA男はいつも電車が窮地に立たされると文字で絵をつくり励ましてくれるクールガイです。そんなAA男が電車とエルメスの恋に自分の元彼女と再会する運命も託し成就した時はこっちまでうれしくなりました。バスケ男は最初複雑骨折でバスケができなくなりヤケになって電車の掲示板をアラしてましたが電車の一途な思いが届き、チームは解雇されたけどリハビリしながらまたバスケを再開しました。電車がバスケ男を変えたといってよいでしょう。他にも個性ある住人たちに支えられ電車が生まれて初めて女性に告白しエルメスのもらい泣き、キスが美しかった最終回はまさに「キター!」の心境でした。
イケメン俳優による恋愛模様を描いたドラマもよいけど身近にいそうな等身大の男たちが恋に挑むドラマもすっごく素敵な感じしました。


鉄塔武蔵野線

(購入者の評価)
小さいから、ずっと見上げていた鉄塔。よく、お父さんと見上げた鉄塔。
形も二種類、男に見えるオトコ鉄塔と女の人のようなオンナ鉄塔。

僕は、この町の鉄塔をずっと見上げながら大人になるんだと思ってた…。
そんな夏休みのある日、小6の見晴(海猿でも好演してた伊藤淳史くんの子役最後位の時期)は
鉄塔の下に武蔵野線【71】と表記してあるのを見つける。

『これをたどっていったら1号鉄塔まで行けるはず。1号ってどんな場所なんだろう!?』って
思いに取り付かれた彼は二歳下のアキラに『なぁ、行ってみたくないか?見てみようぜ!』てな事を
言って、この冒険に誘い出す。かくしてウォーキングロードムービーが始まる。のだが。
真夏の日差しを浴びて暑いし、鉄塔の立ってるような場所は色々と大変だし。

おまけに夕焼け日暮れて辺りが暗くなり出す。と、もう、そこは小学生心細くもなろうと言うもの。
お約束通り、2人はケンカして仲間割れ。さぁ、この先どうなってしまうのか?(カビラ慈英風に)。

見晴の鉄塔に対する思い入れ、描き方が、映像や音楽としっかり結び付き、
見終わった後かなりの余韻に浸れた。これからの見晴にエールを送りたいと思う。
【夏の庭】や【スタンド・バイ・ミー】に感動したあなたに。


西遊記 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
ドラマ版同様に微妙なんですけどふかっちゃん好きな方ならレンタル版には確かない音声コメンタリーを聞くだけでも購入価値はある。
通常版だけでもメイキングなどの映像特典も充分入っているので限定版をあえて買う必要はないと思います。人によっては要らないと思うかもしれないものばかりなので(笑)


世にも奇妙な物語~15周年の特別編~

(購入者の評価)
2006年3月に放映された「世にも奇妙な物語 15周年の特別編」。タモリの係わる番組はどれもとても長寿だ。それはやはり他の番組にないなにものかを常に持っているという証明でもある。

実際に作品を観ると、日本の若手放送作家には力がある人がたくさんいるな、と感じる。主たる4編はどれもいい。俳優もカメラ・ワークもいい。優れた脚本の持つスピード感を保ったままでイイ味出してる。僕も特に『奥さん屋』が良かった。いつまでも長寿を保って続けて欲しいシリーズです。


電車男DX ~最後の聖戦~

(購入者の評価)
本編の雰囲気を再度楽しめるのはよかったですが、話がばかばかしい。それが持ち味か!?と考えたけど、やはり納得できず。
しっかり練ったストーリーを見たかったです。


ロボコン

(購入者の評価)
なんだろw青春映画なんですがウォーターボーイズやスィングガールズのような大当たりの映画ではないんですがまあまあな感じかな^^;う?ん><コメント難しいな・・・。邦画特有のシーンとした箇所も結構あるので寝てしまう方もいるかもしれませんねwまあ?普通です!
自分的には最後大会でロボットを使って争うとこが惹かれたのと長澤まさみの可愛さがあったので星3.5!!
最後に一言!!やっぱ長澤まさみはこの頃が可愛い!


海猿 プレミアムDVD-BOX

(購入者の評価)
海上保安官の潜水士という人命救助のエキスパート

その潜水士になるまでの熱血青春ストーリー

自分の命もいつなんどき失うかも分からない
人命救助という崇高だが命懸けの危険な仕事。

その人命救助の潜水士になるまでの厳しい訓練と鬼教官。ライバル。
体育会系のノリと、徐々に結束を強めていく掛け替えのない仲間、そして恋愛。

海上保安官や水難事故のリアリズムを随所に取り入れ、
熱血青春ストーリーの王道を行く筋書きで、
伊藤英明や伊藤淳史、加藤あいの演技も冴えており、
とても素直でストレートに気持ちが良く、観ている者に力を与えてくれる。

海中では、必ず二人一組でタッグを組む。それをバディと呼ぶ。
バディと海中で事故に遭い、海上に戻る酸素が一人分しかない、そんな時どうする?

過酷な状況での究極の選択肢を迫られる。厳しい職業、海上保安官。
そんな海上保安官の熱き男達ににスポットを当てた、青春映画の良作である。


西遊記 59,000枚限定版(2枚組)

(購入者の評価)
俳優の演技は見ていて思わず目をそむけたくなる物でした。
特に香取慎吾
あれは演技と呼べる代物ではありませんね。
世界観に合っていない為かなり浮いて見えます。
あれくらいの演技なら私でもできるでしょう。
この映画に5をつける人がいる今、日本の将来が危ぶまれます。


わたしたちの教科書 DVD-BOX ~ディレクターズカット完全版~

(購入者の評価)
改めて再認識しました。菅野美穂って演技上手いですね。
あと、中学生たちの演技も見ごたえがありました。
最初は冷たい人間だった珠子が、明日香との思い出を振り返る中で優しい心が充満していき、過去に明日香に対して冷たくしていた後悔の念と罪滅ぼしの意識で、真実を追究するために学校を訴えます。
見所はいじめ問題にどう取り組むかというプロセスなどではなく、人が色々な縁によって心が変わっていく様を見られる所ではないでしょうか?珠子の必死の訴えが、先生方を変え、生徒の心を変えていく様子は感動的で、何度でも見たくなります。
と同時にいじめというものの本質も鋭く突いていると思いました。
ドラマスタート時の珠子はいじめられる側にも問題があると発言しています。ところが、真剣にこの問題に取り組んだ結果、いじめられる側には理由がない事に、実は誰でも良いという事に気がつきます。
一つ残念なのはいじめの現場シーンがなかった事。そのためいじめの悲惨さや非道さが今一つ伝わってこなかった。このタイプのドラマなら社会への警鐘も一つの使命だと思うので、もう少し視聴者にいじめへの嫌悪感を植えつける作りにすべきではなかったかとも思います。


amoretto SPECIAL COLLECTORS EDITION

(購入者の評価)
ストーリーはドリカムのそっくりさんの音楽ユニット「amoretto」をドリカムのお二人が演じてます。
売れないながらもずっと信頼し合いながら過ごしてきた二人に訪れた転機に動く心情を切なく表現しています。

お二人は役者では無いので演技に関しては本職の方に及ばないのですが、ギター一本と美和ちゃんの歌だけのシンプルな演奏シーンはもの凄く心にしみます。

DIAMOND15に収録されててシングルカットもされてる「ラブレター」の世界観が映画で表現されます。
ラストにこの歌が挿入されてるのでが、切なく優しい歌詞と歌声が映像と調和してとても素敵です。

エンディングロールで流れるアニメーションには本編映像の続きのストーリーも表現されてます。
お見逃し無く!
とっても優しくて嬉しい気持ちになれますよ♪(^^)


西遊記DVD-BOX

(購入者の評価)
比べてしまうのは酷か。
バラエティ・コメディ色の強い全く別の西遊記として考えれば絶妙なキャスティングだと思います。その点では深津絵里の三蔵法師は大きい。『うぅっ…(泣)』が好きです。(仲間由紀恵キャラな気はしますが。)

ただ、寒いギャグが多いのと天丼に頼りすぎなのと毎回泣かせようとする脚本が多少気になりました。


カクト Special Limited Edition

(購入者の評価)
CGと音楽とカメラワークがマッチしていて、見ていてリズムを感じる。
今まで「点」でしかなかった登場人物が中盤から重なりだし、それが上手く交差して、
最後はまた「点」に戻っていくというありふれた映画の展開だが逆にその展開がきれいにハマって、中盤?後半の部分は見ていて時間を忘れる。

星5じゃない理由として、導入部分の携帯の会話が前半ではKEYになるのに、分かりにくいため。


地獄甲子園 熱闘 ! スーパートルネードBOX

(購入者の評価)
あくまで"漫☆画太郎の世界観を実写化"がテーマであり、普通の人向きじゃないですね。画太郎世界の醍醐味といえるあの豪快なひとコマの使いっぷりを独特な「間」で表現するなどには(ファン限定で)好感が持てます。そう思えばあれだけ引っ張った魔球がぜんぜん使われず、単にバットで殴りあいになるのもいかにも画太郎的。実際に画太郎氏は読みきりで作品のタイトルになっているキャラクターをひとコマしか使わないこともありました。同時収録の「ラーメン〜」を含め、その毒っぽさを飲み込めるならおすすめです。

神様からひと言

(購入者の評価)
決して派手な作品とは言えないが丁寧で質の高いドラマになっていると思う。キャスティングも絶妙でした。

カクト

映画「西遊記」Presents悟空“なまか”体操DVD限定版

(購入者の評価)
結局見てない…。
ファン心理で買ったはいいですが、結局まだ見ていなくて…。
小さなお子様と一緒に体を動かすのに最適。
夏休みお勧め商品のひとつだとは思います。


>> つづきをみる

キネマ旬報 2008年 10/1号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4