伊東四朗

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 
伊東四朗 おすすめDVD 伊東四朗 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX

(購入者の評価)
この作品の良いところは明治維新を描いた作品の中でもキャストが若く明治という時代の醍醐味が飛び抜けて描かれているという点です。この時代の醍醐味は刀、西洋式短銃、そして青春です。この美しさは伊達政宗や源平の合戦では描けない。時代背景が素晴らしくドラマティックで偉業を成し遂げた偉人が多くそのどれもが魅力的であるそれが明治の醍醐味。例え高杉晋作や坂本龍馬を描いてもこのキャストならヒットしたでしょう。歴史的な価値観から見ると新撰組は白虎隊と同じく悲運の組織であります。百姓の出身でありながら武士の世界で生き上からの圧力と志士たちとの激闘の毎日、長く続くはずのない時代を懸命に生き抜く新撰組。近藤勇や土方歳三は戦場で何を見たのか。青春を感じたい方にはぜひおすすめな商品です。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX

(購入者の評価)
民放でコメディーで描くなら許せるが、大河でこれは、新撰組を馬鹿にしているしか言いようがない!!
いくら今が旬の三谷氏脚本でも、これは絶対に許せない!せめて司馬遼太郎先生原作でキャストも香取慎吾ではなく、もっと実力のある俳優でやるべきだった・・・北条時宗と言い、宮本武蔵と言い、源義経と言い期待していたのに主役が駄目駄目ですべて台無しだった・・・この時の大河ドラマは腐っている!腐っているぞNHKー??!!!!


笑学六年生~SIX GRADE ONLY~

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)

(購入者の評価)
国分太一の無骨な演技がいい。こんな人が本当にいたらいいのになーと思った。元プロ野球選手のぶっきらぼうな感じもよかった。

熱烈的中華飯店 DVD-BOX

(購入者の評価)
 『王様のレストラン』の影響を受けた、中華レストランの「再建もの」変形群像ドラマ。ただの中華レストランではなく、豪華客船の中にある一流中華レストランが舞台となり、香港〜横浜間の航海中に、下積みや見習いコック、ずぶの素人など「一流」とはほど遠いメンバーたちが、毎回悪戦苦闘して、何とか「一流」の名に恥じない料理を作りあげていく。主演は『王様』の三条政子こと鈴木京香で、思わぬボケぶりを発揮していて楽しい。
 第一回に登場する「黄金炒飯」は、料理好きなら誰でも挑戦したくなるのではないだろうか?また『王様』と同様、このドラマも音楽が秀逸で、グルメ番組で中華料理を取り上げる際には時々『熱烈』のテーマ曲が流れている。肩の力を抜いて見られるエンターテイメント。
 


伊東四郎生誕?!七十周年記念「社長放浪記」

(購入者の評価)
 伊東四朗生誕70年を祝う記念の舞台。三谷幸喜作で、三宅裕司演出・出演の超豪華版に仕上がっています。脅威的なのは、御年70歳にて全編出ずっぱりの伊東さんでしょう。これほど、動ける70歳はいないです。もう、国宝と言っても過言はない!
 共演は中村メイ子・藤沢恵麻・佐藤B作・山口良一・東貴博・伊東孝明(伊東四朗さんの息子)・河本千明(SET期待の女優)のメンバーの中で、特筆すべきなのは、藤沢恵麻でしょう。彼女自体の演技はさほど期待は出来ないが、でも、素の魅力と言ったほうが適切だと思いますが、”天然ぼけ”に説得力あるので、松原千恵子から沢口靖子へ受け継がれている”天然ボケ”女優の系図を是非受け継いでほしい(誤解されるかも知れませんので、付け足しますが、これはほめ言葉です)。


まんが道 Vol.2 青春編

(購入者の評価)
幸田姉妹の妹(真弓)役に若かりし頃の森高千里の清楚な姿が見られます。
ONエア当時はお姉さん役(節子)の高木美保しか印象になかったのですが、再放送、CS放送などで意識して鑑賞してます。
もちろん、エアチェック済みでしたが、今回DVD化ということなのでコレクションしました。
主人公=才野茂(長江健次)の初恋の相手って設定で、初々しい森高千里さんが見れるだけでサイコーです。


NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE プレミアム・エディション

(購入者の評価)
伊東四朗氏が「大人でも楽しく観られるスゴイ作品なんだよ?」
と、公開時にTVで言っていたので、観たかったのです。
気楽に観れていいな?とも思って。

その言葉に嘘はなく、大変楽しくワクワクしながら観られました。
笑える所もたくさんあるし。
ケンイチ君のよく通る声と可愛さが良かった。
ちょっと下手でも、押さえる所は押さえた良い演技を見せてくれたと思う。

香取君とゴリの仕事も完璧で素晴らしかった。

また敵の思いもよく伝わり、納得いく話の展開でした。
子供や人に対する、素敵なメッセージも込められた良作。
子供に良い作品ですわ。

ただラストが少し静かすぎた。臭いというか。
また戦いのシーンは小細工が多すぎてリアルさに欠ける。
その点で星1つ減らしました。

最後にハットリくんの歌「や?まをこ?え?♪」と共に香取忍者が暴れる(?)やんちゃな
雰囲気のエンディングがあって、やっとしっくり終れたという気になり安心できました。

最近の子供向け映画としては
「チャーリーとチョコレート工場」<「NIN×NIN」<「ロボッツ」
です。個人的に。


いい加減にしてみました

(購入者の評価)
 伝説化したコント番組「いい加減にします」から生まれた伊東四朗&三宅裕司の息の合ったコントライブの待望のDVD化!(悲しいかな)常套句になってしまうが、今のバラエティでは絶対出来ない、作り込まれた”笑い”何度見ても笑ってしまいます。
 ちなみに、伊東四朗演ずる無責任且つ無節操な判事が出てくる「法廷」や何気ない仕種や台詞が歌になってしまう「泥棒」が私のお勧めです。
笑いすぎには要注意!!


おしん 完全版 少女編

(購入者の評価)
飽食の時代。
人は如何生きるか。
貴重な教訓満載。
学ぶ事の重要性。
人の道の在り方。

新たな国難の時代。

おしんを学校教育、新入社員教育に取り入れては。
国会議員教育には、必須とすべきでしょう。。。

剣客商売の小林綾子さんも素敵です。。。


予備校ブギ DVD-BOX

(購入者の評価)
「ママハハ・ブギ」からのリンクがたくさんあって、とても楽しめます!

緒形直人さん、織田裕二さん、的場浩司さんの予備校生コンビをはじめ、「逆ねるとん」の古本新之輔さんの名司会に、白川由美さんの「茂ちゃ?ん」や吉田先生のスローガンは永久不滅。

また会話がテロップになったり、キャストの皆さんがカメラ目線で台詞を言ってくれたり、演出がとにかく凝っていて視聴者を楽しませる工夫が散りばめられています。

プロデューサーの八木さんや伊藤さん、そして演出の遠藤さんは台詞に頻繁に登場しますし、プリプリ、サザン、森高千里、ウインクなど当時のヒット曲も多彩で出演者の皆さんもよく歌っています!

その他のみどころはやっぱり薫と真弓。
感慨深いです、この二人。
織田裕二さんと深津絵里さんの若さ弾けるお芝居は
個人的にはかなりツボ。
二人でツイスターゲームとかしてます(笑)

今ではもう、聞くことが出来ないようなレアな会話や
超強引な伝説のキスシーン
更に抱っこして放り投げるなどある意味必見です!!
深津絵里さんは、既に芸名で映画などには出演されてましたが、これがドラマ初デビュー作。

予備校で女子高生相手に暴れまくるシーンは迫力あり。
男女6人揃ったエピソードはとても印象的で、また共演して欲しいです。


終戦60年ドラマスペシャル 日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ

(購入者の評価)
こういう形で少しでも杉原千畝さんの名が知られるのは嬉しいことです。
同じ日本人でも大多数の方が知らないと思うので…
当時の杉原さんが置かれた状況は今の時代に生きる私たちには文献やこういう作品などでしか計り知ることは出来ませんが言葉では言い表せないほど大変な状態だったと思います。
余談ですが岐阜県の八百津町という所に「人道の丘」という杉原千畝さんの功績を讃え作られた公園があります。そこに杉原千畝記念館がありますので興味をもたれた方は是非訪ねてみて下さい。


会社物語

(購入者の評価)
この作品がDVDになんないんですか?
映画館で見て、最後には号泣してました。
あまり明るい、華やかな映画ではないが、
ハナ肇さんはじめクレイジーキャッツの面々の
演奏シーン、しみじみと心深くしみ込んでくる
台詞一言一言がわすれられません。
市川準監督作品中、最高だと思いますが。。。


いい加減にしてみました2

(購入者の評価)
 伊東四朗&三宅裕司の名コンビに小倉久寛が加わり、新機軸としてコントとコントの合間に楽屋トークが挟まったため、前作より笑味度UP!の超豪華版です。
 04年から始まった”伊東四朗一座”も今年は2年ぶりの復活です。公演を観に行かれる方はこのDVDでさらっておいて、観に行くなんておつな観方じゃないですか?


おしん 完全版 青春編 - 山形・東京

???1983年度のNHK朝の連続テレビ小説として放送され、日本中の涙を搾り取るほどの爆発的人気を得た、橋田壽賀子脚本による国民的ドラマ。近代から現代という動乱の時代を生き抜くおしんの一代記を力強く描ききる。
???第2巻となるこの「青春編」では、おしんは16歳に成長、キャストも少女時代の小林綾子から、メインとなる田中裕子にバトンタッチ。「少女編」の後半で打ち解けていった米問屋の加賀屋での奉公を続けているおしん。彼女のいくつかの別れ、そして夫となる男性との出会いが展開していく。
???本作は海外でも放送されたことで各国でも大好評だったようで、ある時期などは中東を旅行する日本人は誰彼構わず現地の人々に「おしん!」と声をかけられるほどだったという。(田中 元)


ミンボーの女

(購入者の評価)
映画として最後までテンポよく飽きませんでした。俳優陣は、伊丹監督作品ではお馴染みの面々ですが、この映画ではこの映画の役をきっちりとこなしていて、役者としての力量の高さを感じさせます。そして、暴力団の実態、対応方法、これは、娯楽作品というより、実際に役立ちます。現実の暴力団の云いそうなこと、論理、手法、これらの描写に関してはとてもリアルで、暴力団対策マニュアルとして十分に実用に耐えると確信します。勇気のマニュアルです。

その場しのぎの男たち

(購入者の評価)


史実をここまでのコメディーに仕立て上げる手練れを、
この現代日本で三谷幸喜以外に見出せるだろうか?

教科書でしか知らない人物が、しょーもないところまで
生きた日本人として蘇るさまは見事であるし
それ以上に喜劇作品として見ても申し分ない点は
ただただ見事である。

私は初演も観た一人であるが、贅沢を言えば
伊藤四郎版も観直したいものだ。


零のかなたへ~THE WINDS OF GOD~プレミアム・エディション

(購入者の評価)
今井雅之さんが精力的に活動する舞台作のテレビドラマ版です。
お笑い芸人の域に止まらず、ますます演技が冴え渡る山口智充、
丸坊主で真剣に役を演じきる森田剛、見ていて清々しい気持ちになります。
特攻を最後の戦術として尊い命を犠牲に祖国・家族を守ろうとしていた時代。
全編に流れる「尊い命の尊厳」を出演者の皆さんが迫真の演技でテレビドラマを超えた
作品に仕上げています。
最近、今井雅之さんが主演する映画が再び撮られて舞台と共に順に全国展開されていますが、
本作も是非見てください。
収録されているメイキングを見れば、出演者の皆さんが役柄に集中する姿も見ることが出来ます。
戦後60年、改めて悲劇の戦争を忘れてはいけないと感じることが出来る作品です。
子供達にも見てほしいですね。


明智小五郎 対 怪人二十面相

(購入者の評価)
 田村正和対ビートたけし。怪人二十面相という古めかしい題材で作るうえでは、配役の話題性で盛り上げるしかなかったのか。しかし私には古畑任三郎対タケチャンマンに見えてしかたがなかった。たけしの二十面相にはビジュアル的にがっかりさせられた。脇役に注目してみると、西田敏行のマッドサイエンティストぶり、伊東四郎のちょっととぼけた刑事は楽しめた。ともすれば、バラエティー番組などでの姿が垣間見えて興ざめな豪華脇役陣の中にあって、山口祐一郎は、持ち前のなりきり精神(?)で真面目に明智のライバルを演じて見せた。 

 ストーリーについては戦時中からの明智と二十面相の因縁話というのが新しく感じられ面白いと思った(回想シーンのたけしと宮沢りえが良い)が、全体的にトリックは安易。ショボくてがっかり。
 いろいろ突っ込みどころはあるがラストはちょっと「おおっ」て感じでしたね。(あれはCGなの?)

 そして最後には明智小五郎に見えてきた田村正和。やはりかっこいい。
こういうドラマでいつも思うのだが、脇役をここまで豪華にする金があるならもっと質のいいものを作ってもらいたい。(黒木瞳もチョイ役)。 だから星ふたつ。

右門捕物帳 16

>> つづきをみる

この顔で悪いか! (SHUEISHA実用書編集)

この顔でよかった! (集英社be文庫)

歌った、踊った、喋った、泣いた、笑われた。―浅草で、渥美清、由利徹、三波伸介、伊東四朗、東八郎、萩本欽一、ビートたけし…が

(購入者の評価)
おもしろい!とにかく、おもしろい!

「芸人」に興味のある人間なら、絶対に愉快。

ぜひ、読む事を推薦。

なんか、「がんばろう」って気になるよ。


喜劇人に花束を (新潮文庫)

伊東四朗・小松政夫の笑って笑って60分 (ワニの豆本)

ボケてたまるか!

俺の三波伸介―もうひとつのてんぷく人生

伊東四朗・小松政夫の笑って!笑って!60分 (1977年)

親父熱愛(オヤジ・パッション) (Part2) (講談社文庫)

(購入者の評価)
この3人、スゴイ!
文化放送開局50周年記念出版

どんな小さなことにでも存在する「伊東四朗の生活と意見」。あなたはこの親父ぶりを果たして理解できるか?吉田照美のツッコミと水谷加奈のボケもますます冴えわたって、もう誰にも止められない……。リスナーの圧倒的支持にお応えして、文化放送ご自慢の大人気番組をまたまた活字化。

伊東四朗&小松政夫inエニシングゴーズ[DVD]

親父熱愛(オヤジ・パッション)〈PART1〉 (講談社文庫)

(購入者の評価)
ここ数年,このラジオ番組が聴けないエリアに住んでるので無念でしたが,このような本が出版されて,とてもうれしく思いました。読んでいても番組の楽しい感じが伝わってきます。

でも,番組を聴いたことない人にとっては,番組の面白さが伝わるかどうかというのは,若干疑問が残ります。とりわけ,水谷加奈アナの放送での面白さが,テキストでは十分には伝わってこないと思います。

ということで,番組を聴いたことある方には文句なく星5つでおすすめしますけど,聴いたことのない方には星3つということで,間をとって星4つということにいたしました。

伊東四朗・小松政夫の笑って!笑って!!60分〈part 2〉 (1980年)

エニシングゴーズ 伊東四朗&小松政夫[ビデオ]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4