伊藤雄之助

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
伊藤雄之助 おすすめDVD 伊藤雄之助 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ビルマの竪琴

(購入者の評価)
なんという映画こんなに綺麗な反戦映画は見たことありません 印象的だったのは海を歩くシー
ン綺麗な海、しかし顔をあげると大量な屍があったこのシーンの怖さ男が手で顔を覆うあのシ
ーン戦争の恐ろしさ無益さを描けている ラストの素晴らしさ日本映画史に残る名作です


生きる

(購入者の評価)
この映画を観てとても複雑な心持ちになりました。

主人公の部下である市役所の人々は、主人公の仕事にかけた意気込みに感動しながら、結局その後何一つ変わっていない。これは自分のことだと思いました。本を読んだり人の生き様を観て「私もこういう生き方をしよう」と思いながら、真剣になりきれていない。どこか現状に甘んじている。結局まだ私は「生きて」いないんだ、そう思わされました。

でも、暗い気持ちにはなりません。音楽、映像、出演者の演技に温かみがあるからでしょうか。

観ていて悲しいけれども嬉しく、しんどいけれども楽しく、辛いけれども希望がある、矛盾しているのですがそれらが全て絶妙のバランスで表現されている映画だと思います。


しとやかな獣

(購入者の評価)
ネット上でもチラホラ指摘されてるけど、森田芳光の「家族ゲーム」はこれの影響下にあるようだ。特に由紀さおりと山岡久乃のキャラクターはかなり照応できる。
曇天を効果的に使っているところが、私好み。


橋のない川 第一部

(購入者の評価)
モスクワ国際映画祭ソ連映画人連盟賞を獲得している、ネオリアリズム映画です。部落という理不尽な差別がテーマです。人間は性格、行動、能力で判断されるべきなのに非常に悲しいと言いますか、差別をされる側から描かれているので、その苦しさがダイレクトに伝わってくる社会派映画です。第一部と二部に分かれていますが、見るのであれば当然のことながら両方見た方がいいです。戦時中の神として存在した天皇の病と死ということを、通して部落も天皇さえも同じ人間という比喩に使われていますが、やや天皇が美化されており、どうなのでしょう、、もう少しその比喩を強くした方が良かったような気もします。ただ時代も時代で、その天皇の比喩を強くしたら上映されなかったかもしれません。僕としては最後の政治的な事実のナレーションはないほうが、もっと感情に訴えかける事ができたのではないか?もっと主人公を絞りその主人公の心情にフォーカスした方が、見る側の心を動かすことが出来たのではないか?感情移入ができたのではないか?と個人的には思います。ネオリアリズムなので全体を描くという手法なのでしょうけれど。。。

恋山彦

(購入者の評価)
吉川英治原作の映画化、阪東妻三郎主演で撮ったマキノ雅弘監督が、自身でリメイク。「おもしろい!」「カッコいい!」
痛快時代劇を音楽も盛り上げる。


楢山節考

楢山節考

(購入者の評価)
深沢七郎の原作本を元に、今村昌平監督作品と木下惠介監督作品とが存在しています。但し、この2作品はかなり監督の狙い等が異なり心象が大きく異なりますので、ぜひ両作品を比べて見て頂きたいとも思いますし、またそれだけの価値もあろうかと思います。ここでは、敢えて片方しか見ないであろう方へのご参考になれば、、と思い、所感を記載してみました。●人間の本性・業・性(さが・せい)、過去の貧しい凄惨な農村の実態を本音で見つめたい場合&考えたい場合;⇒何と言っても今村昌平監督作品となります。当時の貧しすぎる奥深い農村は、余りにもリアルであり、緒形拳、坂本スミ子らの演技も光る!!但し、時に性(せい)を少々これでもか的に、あるいは少し動物・昆虫に置き換えコミカルに描き過ぎているのが悔やまれる。ところで、本の原作に感動して、親が子供と一緒に この今村昌平監督作品を見たりすると、大慌てするシーンが続出しますので要注意!これは大人が見る作品と割り切るほうが良いでしょう。逆に、子供に当り障りの無い作品として見せたい場合は、木下惠介監督となります。但し、先に本の原作を読ませておかないと、木下惠介監督はイマイチ深い理解が得られないような気もします。木下惠介監督は、はっきり言ってとてもマイルドなのです。歌舞伎的な流れの中で、背景画像も幻想的で、柔らかい御伽噺的な形、いつも根底に流れるエグイものには触れないでおこうとする優しさ(?)、、。最後に近いシーンで、同じ村のせがれが親を谷に落とした後、原本には無い、せがれも谷に落とされる一種の勧善懲悪的な付加内容には少々苦笑してしまいましたが、、。書いているうちに、今村昌平監督作品の良さの方が目立つ記載になってしまった感がありますが、ご参考にしてください。

橋のない川 第二部

(購入者の評価)
第一部の方が評価が高いのが一般的ですが、僕は第二部の方が人間模様が混沌としてきて好きです。下記第一部と同じレビューです。
モスクワ国際映画祭ソ連映画人連盟賞を獲得している、ネオリアリズム映画です。部落という理不尽な差別がテーマです。人間は性格、行動、能力で判断されるべきなのに非常に悲しいと言いますか、差別をされる側から描かれているので、その苦しさがダイレクトに伝わってくる社会派映画です。第一部と二部に分かれていますが、見るのであれば当然のことながら両方見た方がいいです。戦時中の神として存在した天皇の病と死ということを、通して部落も天皇さえも同じ人間という比喩に使われていますが、やや天皇が美化されており、どうなのでしょう、、もう少しその比喩を強くした方が良かったような気もします。ただ時代も時代で、その天皇の比喩を強くしたら上映されなかったかもしれません。僕としては最後の政治的な事実のナレーションはないほうが、もっと感情に訴えかける事ができたのではないか?もっと主人公を絞りその主人公の心情にフォーカスした方が、見る側の心を動かすことが出来たのではないか?感情移入ができたのではないか?と個人的には思います。ネオリアリズムなので全体を描くという手法なのでしょうけれど。。。


忍びの者

(購入者の評価)
 この映画はアクロバット的な忍者映画の先駆となった映画だと思う。この後、映画やTVにこのような忍者が登場したのではなかろうか。それまで独立プロで主に活動してきた山本薩夫監督に大映の永田社長自ら映画製作を依頼してきたという。現代劇と思っていたら、雷蔵主演の時代劇をということで、当初は当惑したらしい。その当時、たまたま「赤旗」に連載中の村山知義の原作があって、この企画を提案したという。永田社長は尾上松之助の忍術映画のイメージで興味薄だったそうだが、監督は「科学的な忍者映画」と売り込んだという。赤旗の件も地方紙といって曖昧にしたとか。それよりも村山知義という名が効いたそうだ。
 さて、中身は階級闘争を時代劇に移したような山本監督ならではのものだが、アクションが多く充分に楽しめる。忍者の首領役の伊藤雄之助が何と言っても出色で凄い。また信長は徹底した悪役なのも面白い。演じているのは若山富三郎だが、大映時代は城健三朗という芸名であった。
 なお、山本監督の雷蔵評は京都の時代劇スター独特の雰囲気はなく、つねに前進的な考え方の持ち主として高く評価していた。


眠狂四郎 女地獄

五瓣の椿

(購入者の評価)
若い娘の役だし、実際岩下も若いのだが、なぜかふてぶてしく感じられてしまう。「鬼畜」「極妻」系の片鱗が垣間見える。
全体の四分の3ぐらいまではよくできているのに、最後急に心変わりするところが、不自然な感じがする。もっうまく着地できてれば傑作になったのに。惜しい。


にっぽん泥棒物語

(購入者の評価)
 この映画は山本薩夫監督のもっとも成功した喜劇だと思う。言いたいことと笑いのツボがうまく噛み合った映画ではなかろうか。日本では落語系の人情話のような喜劇はあるが、こういう社会風刺ものはあまりない。そういう意味で珍しい部類に入るのかもしれない。
 これは1961年発表の「松川事件」のための取材で知り合った元・泥棒の話があまりに面白いので、映画にしたものだそうだ。東映製作ということで、事件の名も杉山事件になっているし、被告人の名前も変えられている。「松川事件」で主役を務めた小沢弘治が同じ役で登場しているのも注目していいと思う。「松川事件」と合わせて観るのもまた面白いと思う。


恋山彦

(購入者の評価)
吉川英治原作の映画化、阪東妻三郎主演で撮ったマキノ雅弘監督が、自身でリメイク。「おもしろい!」「カッコいい!」
痛快時代劇を音楽も盛り上げる。


肉弾

(購入者の評価)
戦争という非常事態の中での諦観とユーモア。私の知る限りでは邦画の喜劇映画のベスト。

「粘土のお面」より かあちゃん

楢山節考

(購入者の評価)
原作者深沢七郎が書いた「楢山節考」は「アンチ・ヒューマニズム」の話です。

「年老いた親を山奥に捨てる」そんな現代では考えられない恐ろしい行為が、原作の舞台である貧しい村では当然のごとくに行われています。
むしろそれをしない事のほうが恥ずかしいのではないかと言う気配すら感じられます。
「年老いた者は厄介者だから捨てる。」それがこの村の常識であり、それをおかしいと感ずる者のほうが異常とされているのです。

そんな恐ろしい話を「ヒューマニズム」と「メロドラマ」を尤も得意とする木下恵介が映画にしました。

そこは映像の天才木下恵介監督、原作の味を出すため全編に歌舞伎の様式を取り入れています。
所々ではいる義太夫。そして場面転換で使われる引き抜きの幕。
おかげでまるで古老が語る昔話のような味わいが出た映画となりました。

けれども、どんなに原作の味わいを出そうとしても「根っこ」は木下恵介。
この映画の本質はやはり「メロドラマ」であり「ヒューマニズム」を基調としているのです。
結局は親子の情愛の話になってしまっています。

そして後年撮られた今村昌平監督の「楢山節考」を見ると、それはある意味で正しかったんではないかと思います。
今村監督の「楢山節考」は原作に忠実でリアリズムに徹した名作だと思います。(今村監督の個性にピッタリであったと思います。)

しかし木下監督が「楢山節考」を撮った時代にこの映画を撮っていたら、正直観客は引いたと思います。
映画も所詮は商売。

木下版のように、親子の情愛を前面に出し、恐ろしい中にも後味は悪くないこの作品のほうが自分は好きですね。

老いた母親役の田中絹代の名演技は彼女の作品の中でも3本の指に入ると思います。


大忠臣蔵 上巻

(購入者の評価)
かっこいい、おらんが惚れのが解る、丹波哲郎の演技以外にも、作品も音楽も俳優たち全て見る価値あり。

岡本喜八 ~MODERNS~ DVD-BOX

(購入者の評価)
もうすこし違う趣旨でまとめて欲しかったと思いました。

内容は、出演者へのインタビューです。
中心は岸部さん、本田さん、嶋田さんの座談会みたいなもの。ここでは確かに日常の岡本監督との交流の中での意見は聞けますが、なにせ、本田さん以外は「大誘拐」からの方々で監督のキャリアからすると接点が短く、興味は半減します。
逆に、短いながらも仲代さん、小林さんの話のほうがすごく興味があったのは私だけでしょうか。
もう少し現場スタッフなどの意見や、または評論家の作品探求みたいなものがあっても良かったと思います。
次に「大誘拐」のメイキング。
これはレーザーディスクに付いていたものそのままらしいです。しかし内容は(私はレーザーディスクでこの映画は保有していないので)これこそ特典にふさわしいと思いました。少なくても近年の映画に関しては、このようなメイキングをつけるだけでもこのBOXの特典として充分ですし、上記の座談会が長すぎて資料的価値があまりないので、この「大誘拐」のメイキングに救われた気がしました。
あとは、もう1つのBOXに入っている作品の予告編集。このBOXの映画の予告編集ではありません。どうせならこのBOXの予告編もまとめて入れればいいと思う。
あとBOXの形状。
BOXは意外と硬い、しっかりしたものでDVDは単品発売のものと同じケースに入っているのでBOXの一方が各DVDの背表紙が見えるように切れているタイプのBOXです。ですから蓋がない感じもあります。発売時はそこに岡本監督のDVDBOXという紙が覆ってある。

以上、どうしてもこの特典DVDが欲しい、手元におきたいというものではないので、単品でもいいかも。しかし「大誘拐」のメイキングは面白いです。個人的には他の作品のメイキングに近いものがもう1つでも入っていたなら「断然買い」でしたが。


巨人と玩具

(購入者の評価)
ここにあるのは革命でもプロパガンダでもなく、ただ人間の本質への冷徹な視線のみだ。
ヌーベルバーグの影響をよく言われる増村だが、実際彼が師事したのはビスコンティやフェリーニで、この作品も含めその激しい社会派的眼差しは、むしろ彼の滞在したイタリアのネオ・レアリスモそれもロッセリーニに根ざすと、この彼の初期の作品を見て思うし、その庶民への歪んだ(あくまでインテリの眼差しで見つめる野添ひとみの虫歯だとか)エロティシズムもまたパゾリーニ的である。しかしこうして50年も前の映画を見つめる我々(というか我)の視線がスクリーンに見出すのは、とても追いつけないスピードで変化し続けた筈の現代史は50年位では何ひとつ変わってなかったという既視感(デジャブ)でしかないという冷徹な現実。勿論その感想がこの作品の価値或いは今という時の流れを貶める理由は何一つなく、寧ろ我々が彼(ら)の50年前発したメッセージを今も無前提に共有し続けられる事にちょっとした安堵すら覚える。
そして結末で、インテリの増村が嘗てたたき上げの溝口健二が田中絹代に抱いていたような菩薩像を「祇園の姉妹」の小野道子に演じさせた所には涙すら浮かぶ。
原作は勿論、晩年はカナダの山奥で釣り糸を垂れ、フランスの田舎町でグルメってた開高建☆


眠狂四郎女地獄

(購入者の評価)
「魔性の肌」では狂四郎さまの宗教観、
この「女地獄」では人生観をうかがえた。

グッと来たのは毒蛇に咬まれたお園さん。
女心が切なくてホロッとしちゃったわ!

今回の円月殺法。最初に刀を返す場面を、
サラッと撮影しているのが残念だった。

構えた!→ 刀を返した!→回し始めた!と、
ファンはあの「返し」にシビレているんです!

この世の見納めに、思い出に、名残になど、
楽しみなキメ台詞もなく、とても淋しかった。

もったいぶった、いつもの演出の方が、
気分が何倍も盛り上がると思いました・・☆


>> つづきをみる

大根役者・初代文句いうの助 (1968年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4