陣内孝則

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
陣内孝則 おすすめDVD 陣内孝則 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
1リットルの涙 DVD-BOX

(購入者の評価)
出演者みんな演技の上手い人ばかりで、感情移入しちゃいました。しかも内容もすっごく悲しいけど、毎回自分を正してくれる。「こんなに今自分は幸せなのに、この今の健康な体を無駄にしてはいけない!」って。
麻生くんの存在も大きかった。この麻生君(錦戸亮)という存在のみ架空の人物とのことですが、実際の亜矢さんのお母さんの希望で、この人物が登場したとの事。涙を流す麻生君にはもらい泣きしちゃいます。沢尻さんも錦戸さんも綺麗に涙を流すんです(;;)
これは何回見ても心に響くないようでした。完全保存版でDVDを買って損はないです!!!


NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第弐集

NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第壱集

(購入者の評価)
待望の完全版。歴代大河ドラマの中でも抜群の面白さである。
鎌倉中期から戦国初期にかけては、映像作品で取り上げられることはほとんど無い。その意味でだけでも、このドラマと「花の乱」・「北条時宗」の3作品は評価されてしかるべきだが、特にこの「太平記」は純粋にドラマとして出色の出来。
まず霜月騒動から語り始め、そこから高氏の父・貞氏の苦衷へとつなげることで、舞台背景である歴史への理解と、足利家を中心とするドラマの展開を無理なく両立させ、足利高氏が主人公として舞台に立つ下地を実に自然に作り上げている。しかも、テンポが良い。第1回が75分の拡大版とはいえ、見る側を飽きさせないまま高氏の青年期までもっていってしまう。
そして出演者が凄い。得宗・高時を怪演した片岡鶴太郎、惚れ惚れする悪役ぶりの内管領・長崎円喜は故・フランキー堺、沈毅・温厚・峻厳と人格に厚みのある父・貞氏を演じた緒形拳、吉川英治が描いた「人間楠木」を演じるのは武田鉄矢、そして威風ある後醍醐帝を片岡仁左衛門。ほかにも出るわ出るわの豪華キャスト。
総集編で見たときの藤夜叉と石には首を傾げたが、やはり一話ずつ見ていくと納得できたのでこれも良し。
書きたい事は山ほどあるが、とにかく秀逸なドラマということ。
最後に、テーマ曲も名曲。見事に「テーマ」曲である


被取締役 新入社員

スマイル 聖夜の奇跡

(購入者の評価)
 古くは「ロッキー」「メジャーリーグ」、最近の邦画なら「シムソンズ」「キャプテン」「バッテリー」など、とにかくこの手の映画は多いです。「ベタな作品は単調で面白くない」と思っている人には見てほしい作品です。

 「ベタ」な作品は、「ベタ」だからこそ監督の腕が試されます。その点で言うと本作品はなかなか良かったと思います。試合のシーンは見ごたえがあったし、脚本もよかったです。試合シーンで少し疑問を持つようなところもありますが、それを差し引いてもいい作品だと思います。キャスティングもよかったし、本作品は2007年度で映画館で観た映画の中ではベスト5に入ります。

 「俳優が作った映画はどうせつまらない」、という人もいるでしょうが、とにかく一度見てください。きっと評価が変わると思います。


ハート DVD-BOX

(購入者の評価)
真夏のほんのひとときの中年と少女の絆。
探偵・サスペンス・笑い・涙あり、と幅広い層に受けいられるんじゃないでしょうか?
地元の横浜を舞台にしているということもあり、毎週楽しみに観ていました。
ラストのせつない二人の別れ(出発)はグッときたのを憶えています。
本田美奈子が出演している数少ないドラマのDVDということも見所だと思います。


フジテレビ開局50周年記念DVD ライスカレー

(購入者の評価)
当時の収録ビデオ(β)しかなく、何度も擦り切れるほど見ておりました。
私にとって、待望の逸品です。ありがとうございます。


ラスト・プレゼント 完全版

(購入者の評価)
最初はキャストに惹かれて見ただけでしたが、菅野ちゃんと剛くんの演技がホントに素敵で、見てるうちに自然と涙が出てきました。 …特に病院での2人のやりとりには涙が止まりませんでしたっ(←必見です!)
最初はさえない芸人、剛くもどんどん男らしく変わっていきます☆
自分が病気であろうが、夫の成功だけを常に考えている妻。ホントに素敵な夫婦です!!


名探偵コナンドラマスペシャル「工藤新一の復活!黒の組織との対決」【初回限定盤】

(購入者の評価)
実写版での名探偵コナンは、初めて
観ました。

主役の工藤新一(小栗旬)の演技はよかったと思うし、
宮野志保(香椎由宇)は、その雰囲気ぴったり
だったし・・・・・。
ただ、子役の子たちは、わざわざアニメの声優さんで
吹き替えなくても良かったのではないかと思います。
あまりにも不自然でした。また、どなたかも書かれて
いましたが、段ボール箱が死体の上に、あんなにぴっ
たりかぶせることが可能かどうかなど、トリックの疑
問も残りました。

ストーリー的にはおもしろさもあったのに、アニメを意識
しすぎて、何だかな?という気持ちも残りました。
「小栗旬」のファンなら、もっていてもいいと思いました
が。


不法滞在

殴者

(購入者の評価)
殴る、殴られる話とか全く苦手なので見れないかもって思ったのですが、見てるうちになんかなかなか良い本だなあと思い入り込んでいきました。シーンの進み具合がとても面白くて好きです。
あまり時代劇風ではなく、古く暗い感じもなく、でも悲しい時代で。
格闘シーンが多くありながら、映像も話もゆっくりと進んでいく感じで引き込まれ、そして映像のきれいさにとても見入ってしまいました。とても良かったです。


ロッカーズ 通常版

(購入者の評価)
ロックな映画としてもはや伝説の域に入っている傑作であるが、今思えばとにかく出演者が凄い。主演の中村俊介がちょっと精彩を欠いている以外、玉木宏、玉山鉄二、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史って、これ、もの凄い面子ではないか!みんなピン主演できる実力派ばかりであり、これでヘンな作品は作りようがないだろう。陣内監督は見せ場を作るのが上手いが、特に本作ではラストのライブシーンに痺れる。終わり方がちょっと納得いかないけれど、全編を貫くロック感で十分にカバーしていると思う。また佐藤浩市、中井貴一、小泉今日子、鈴木京香などカメオ出演の顔ぶれも凄い。それも一応作品に絡む登場の仕方をするので、単なる陣内監督ご祝儀出演ではない。タイトルクレジットも市川崑作品のロックバージョンみたいで、カッコよかった。基本的にはノリで引っ張る映画だが、脚本もきっちり書き込まれていて、映画的カタルシスも満点。やっぱり映画好きが作る映画は楽しい。福岡から天下取ったる!というパワーが感じられて気分も爽快。お勧めです!

座頭市(デジタルリマスター版)

(購入者の評価)
「16年ぶりに劇場用映画として復活した」市は、ずいぶん善人になってしまったような……。
16年以上前のしたたかな悪(ワル)の市の方が、私には感情移入しやすい。
昔を知らないファンに、これが「座頭市」の強さだ!と知らしめるには十分な勝新の迫力ではある。
これを観て、勝新の市に惹かれた方は、ぜひ昔の作品も観てほしい。


河童 デジタルリマスター

(購入者の評価)
泣いて泣いて、泣きまくった作品。繊細なのに力強いストーリーです。

父に子にと受け継がれる絆、河童と少年との交流…。

一見の価値アリですよ☆音楽にも注目して下さい♪


カバチタレ! <完全版> DVD-BOX

(購入者の評価)
のドラマでDVD化してんのはこのカバチタレと恋ノチカラ位では。この二点もレンタルでもあまり見かけないんですけど。

きらきらひかる・彼女たちの時代・天気予報の恋人などDVDにしてほしいものですね。深津絵里ファンとしては。

あとカバチタレはDVD全6巻に対しビデオは全4巻と違っているのはどうかと思いますけど。


シャ乱Qの演歌の花道

(購入者の評価)
つんくってやっぱり作曲家として素晴らしいですね。
「虹色橋」は本当にいい曲で、ちょっと感動します。

コメディーとしてこの映画を豊かにしているのは何と
言っても陣内孝則と平幹二朗。

スター気取りの演歌歌手と大御所の作曲家。素晴らしい
役作りと迷いのない演技には本当に感服します。

滝田監督のキャリアの中でも3本の指に入る傑作だと
思います。





(購入者の評価)
実際に、花形敬氏の当時の動画を見たこともあり陣内ではちょっと物足りない感じがしました。

映画「修羅場の人間学」の花形役の山下真司の方がかなり似ていると思います。


バックダンサーズ!

「名探偵コナン」10周年記念ドラマスペシャル 工藤新一への挑戦状-さよならまでの序章-【通常盤】

(購入者の評価)
しかし、蘭、目黒警部はかなり似てない…小栗旬は工藤新一の動作や立ち方も勉強し…あの名物のリフティングまでこなしてた。陣内孝則の毛利は雰囲気は似てるけど口調とか…キャラあんなんだったっけ?みたいな…。第2弾には期待しますが…また蘭は黒川智花ですか…アニメ名探偵コナンの名に傷だけは付けないようにお願いします。黒の組織に佐々木蔵之介は…何故?謎。

フジ子・ヘミングの軌跡

(購入者の評価)
テレビでこの番組を見て、録画し、何回も見続けました。

夜中に何気なく見ていたNHKのテレビにフジ子さんのピアノを弾く姿を見て、彼女の奏でる音に硬直してしまいました。
そのときにメモを取るのを忘れて、何と言うピアニストかなど全然情報がないまま、月日が流れ、また、たまたま、再放送も見ることが出来ました。2回目ながら鳥肌が立ちました。

彼女の奏でる音は彼女の人生を語っていると思います。
菅野美穂演じるフジ子さんの姿は本当にすばらしいと思いました。それに、母親役の十珠幸代さんの演技も本当に最高でした。すごく名コンビだと思いました。

DVDを買った理由は単にビデオを消してしまったのです…しかし、DVDで2箇所ほど自分が気に入ってたシーンがカットされてしまっていたので、少しショックで評価を★4つにしてしまいました。しかし、本当にいい内容なので、是非見てください!

>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.8 (2007 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

ロッカーズ (竹書房文庫)

(購入者の評価)
この本は、結構のお気に入りです。まず、男達の青春!みんなでてくる人が個性があり 面白さはバツグン! ロックにかける熱いハートが読んでいて凄く伝わってくる!!ぜったい 読んだ方がいい!! Thats青春!!
最後のほうは感動!!


アメイジング・グレース

(購入者の評価)
この本を読むに至ったきっかけは、構成が田村章だったからだ。陣内孝則については、よくホームパーティーをしている「俳優」としてしか知らなかった。で、この本だ。

物語は、高2の陣内が、ギタリストを探す場面に始まり、バンドの出世と、メンバー間に流れる空気をうまく描いている。素直になれないもどかしさ、友情と裏切り。書き方も面白い。亡くなったメンバーのタニに語りかける形式なのだ。同じ、田村章構成の『バック・ビート』を読んだ時にも感じたが、ロックバンドというのはエピソードに事欠かないらしい。だから、読んでいても、飽きが全く来ない。(300Pちょっとあるにもかかわらずだ)期待に十分こたえる面白さで、文句なしの5点。
最後の2Pで書かれているのが、この話を映画にし!たい、ということなのだが、およそ5年の歳月を経て、この秋、『ロッカーズ』というタイトルの映画が公開された。

スマイル―聖夜の奇跡 (幻冬舎文庫 し 25-1)

(購入者の評価)
内容的には最高!!
あの、弱小チーム@「スマイラーズ」の
成長がとにかく良い!!
手軽に読みたいと思ったら@これ!!!!


スマイル―聖夜の奇跡

陣内孝則セーターズ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4