ジャン・レノ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
ジャン・レノ おすすめDVD ジャン・レノ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
 主人公のレオンは、どちらかと言えば殺し屋というより傭兵っぽい。

 殺風景な部屋。
ストイックな生活。
そんな殺伐とした殺し屋が、ふとした事から12歳の女の子の
命を助けた。

「大人になっても人生はつらい?」と問い掛ける少女に、
すこし考えて「つらいさ」と答える。
こんな掛け合いを、良いなーと思って観ていた。

 ルパンの「カリオストロの城」をフランス人が実写化したら
こんなかんじになるんだろうなー、などと思った。

 しかし、ほのぼのタッチは長くは続かない。
ラストは大量虐殺シーンとなる。
破滅と言うか、退廃と言うか、残虐と言うか。

 このまがまがしさ。
やっぱり日本人とは感性が違うんだなー
私にはちょっとムリだわ(^^;


フライボーイズ プレミアム・エディション

(購入者の評価)
複葉機大好き。爆撃機なんか最高。
でもストーリーはあまりに凡庸。勝って、負けて、勝ってのパターン。
ストーリーが絵に負けている。


二キータ

(購入者の評価)
映画は1990年2月21日リリース。ベッソンはDVDのインタビューで、「『ニキータ』は僕にとって、自分を壊して飛び出した作品。僕の作品は『ニキータ』以前と『ニキータ』以後で分けられる」と語っている。ここでの主演アンヌ・パリローはベッソンの当時の妻だがこの作品が完成するころには離婚していた。そういう意味でもベッソンのターニング・ポイントと言える作品だ。

アンヌ・パリローが、政府に隷属的に雇われる暗殺者を演じているわけだが、この作品の根本に流れるのはジャン・ユーグ・アングラードとの愛だ。この恋人役の台詞が僕にはリュック・ベッソン自身と重なってしまう。特にラストはその深い愛情溢れるシーンにしびれる。アンヌ・パリローもベッソンからの言葉を聞いているような表情をしているように感じるのは僕だけだろうか。

『ニキータ』以後のベッソンはハリウッドで『レオン』を撮り、以後の活躍は皆さんご存じの通りだが過去との決別を宣言するようなこのラヴ・ストーリーにとても惹き付けられる。


ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
つまらん


小説を読んだ人でこの作品を面白いと思った人はいないと思う。
原作が非常に面白いだけに、この作品の仕上がりは非常に残念。

時間の問題からか、原作の面白さ、謎、旨味、雰囲気を表現しきれていない。

またキャスティングも微妙、妙に豪華だけど主演のトム・ハンクスとかは明らかにミスキャスティング


映画単体で評価するとしても★2以上はあげたくない。そんなヒドい作品。


ミッション:インポッシブル

(購入者の評価)
久し振りにMIを観賞したが、再び熱くなった。
トム・クルーズの格好良さと演技力は素晴らしい。
また、最後の戦闘シーンは高速列車とヘリを使って、トンネルの中で繰り広げられるなど、再びドキドキ感が甦った。
本作品は最高のエンターテイメント名作の一つである。


人生は、奇跡の詩

(購入者の評価)
 
 これも楽しい映画の1つ、恋愛物?でもあり。
 イタリアって、心が広くて楽しい国民性?
 本作を視て、イタリアも良いなあと思った次第。
 笑って視ていられる映画って良い、ちょい哀しい部分も
あったりするけれど、全体的には楽しい。
 シニカルな中にも先ず楽しさだろか。
 


グラン・ブルー アルティメット・エディション

(購入者の評価)
06年の「スーパーマン」
07年の「ブレードランナー」「未知との遭遇」に続いて現在廃盤中のこの作品を出してほしい。
日本で70MMプリントで上映したのに直ぐ打ち切りになった約120分の「国際版」
エンディングと音楽が変更された「アメリカ版」
単館でヒットした「完全版」
製作10周年に日本で公開されたもの、たぶん「カンヌ版」にVHSで発売されたメイキングを付けて真のアルティメットとしての発売を願う。


RONIN (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
ロバート・デ・ニーロ&ジャン・レノ主演のアクション映画。
映像はやや厳しい。
フィルムグレインは抑えめでノイジーに感じる事はありません。
とにかく問題なのは輪郭の甘さ。
アップのシーンではそれなりに耐えれますが、細かい箇所などは輪郭が甘いため破綻しがち。
スピードある箇所でも厳しい所が多い。
全体を通して解像度が足りないような印象を受けるように甘さの目立つ画質です。
他のBD作品と比べても並未満の厳しい映像。
2時間の作品をMEPG-2で1層に収めようとすれば厳しい画質になって当然です。
音は中々。
重低音が少し軽く迫力に欠けるのが気になりました。
高音の伸びはよく広がりはある程度感じられます。
サラウンド感はよくできており臨場感がある。
セリフ部分もクリアで不満はありません。
全体的に迫力不足な音ですが音質自体は悪くありません。
内容は王道的なアクション映画。
現実的な設定ながら、街中での銃撃戦などにも関わらず警察などとの争いがほとんどなかったりと、所々で首を傾げてしまうような箇所があります。
アクションシーン自体には激しい動きがある訳ではありませんが、カーチェイスが迫力満点でよく出来ている。
しかし、カーチェイスが長過ぎる。
あそこまで引っ張られると途中でダレてしまいます。
テンポも同様に一部ダレてしまう箇所がありました。
前半の期待感やラストのまとめ方などは好み。
いまいちパッとしないものの普通に楽しむ事はできました。
特典はHD画質で予告のみと寂しい作り。
20世紀フォックスの作品には多いですが、トップメニューがないのも不満。
画質が厳しいですので出演者のファン以外にはお薦めしにくいタイトルです。


グラン・ブルー<グレート・ブルー完全版>

(購入者の評価)
圧倒的な青い海の存在感。男の友情。かわいいイルカ。ここでは誰もロザンナ・アークエットをほめないけど、彼女の「デボラ・ウインガーを探して」は秀逸でした。

グラン・ブルー (グレート・ブルー完全版)

(購入者の評価)
友人がDVDを貸してくれたので、最初に鑑賞した年を思い出せない程久しぶりにグランブルーを観た。
映画は、映像美、気の利いた台詞、日常生活では味わえない空想が散りばめられた脚本、この3点のバランスがよければ良質な娯楽だと思っている。映画を「観た?っ」という気分になる。その点でこれは映画らしい映画。ジャックが海へ帰っていくエンディングシーンで映画を観終わった気分になる。
ジャックがジョアンナに手を差し出し、その後、ひもを手渡す。ジョアンナがひもを手放す前にジャックに言う台詞、"go and see my love." そして彼は海へ帰る。
良質な空想美で終わるんだなぁ。


ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

(購入者の評価)
私は通常版より本編が長い、このエクステンデッド版しか観ていないが、あの大作を実によくまとめたものだと感心した。逆に、どこをどうカットしたのか分からないが通常版だとやや物足りないないのではなかろうか。

ただしこれは、やはり原作を読んだ上で鑑賞に臨んだほうが良い作品だと思う。そのほうがより楽しめるだろう。ヒロインが「最後の晩餐」の絵を前にして初めて聖杯の意味を明かされる場面、巧妙な仕掛けのクリプテックス、その解除コードが解る瞬間、その後暗号を解いて教会に入る場面‥。そしてラスト。謎の終着点。これらの場面など、いかにも映像ならではの楽しさを与えてくれる。
また、トム・ハンクス演じる教授が最初に呼び出される場面、謎の僧侶の苦行シーン、またその彼が終わりのほうで倒れる場面、そして主人公二人の別れのシーン。これらは原作とは若干異なる場面なのだが、むしろ映画のほうがスッキリまとまっていて良かったと思う。

総じて「監督、頑張りましたね!」と私は褒め言葉をかけてあげたい。

最後にキリスト教に詳しい者として、一言。
この物議を醸し出した大作を映画化するにあたって、この監督の一番の功績は、あくまでミステリーの謎解きに焦点を置いた事かもしれない。
キリスト教徒がまともに受け止められないような、異教の女神礼讚伝説だの、ややこしいシンボルの深読みだの、カトリックに喧嘩を売っているとしか思えないような物語の作りだの‥。そういう過敏な所は、映画では触れられていない。原作では崇め奉っていた感のある、肝心の‘聖杯’さえ割とさらっと描いていて、むしろ好感が持てた。
原作はスピーディな展開が大変面白い物語だが、ある程度キリスト教の知識がある者にとっては、実に馬鹿げた話で鼻白んでしまう。
かえって映画のほうが万人向けで、私はよく出来ていると思う。


レオン 完全版

(購入者の評価)
これは、ずっと昔にも見たのですが、何年かしてまた見るとまた違った印象を受けます。
最後が少し悲しかったのでもしかしたら、完全版は違う展開かもと思って借りたんですが
そんなわけありませんよねw
人によっては、安っぽい恋愛?映画のように感じるかも知れませんが

私はこの映画が大好きです。


グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版

(購入者の評価)
あまりに 寂かに進行してゆく構成に、お金を幾ら注ぎ込むかを売りにしている ハリウッド映画に馴れてる人々には 物足りないだろう。

一ダイバーとして尊敬する“ジャック・マイヨール”の自伝的映画。
フリーダイビングという聞き慣れない世界だが、人間の自然界の限界への挑戦に畏怖すら感じる。
エベレスト無酸素登頂への挑戦よりも、氏の挑戦は無謀であり脅威だ。
(エベレストは今や攀り尽くされているが)
そんな内容を淡々と描くのは決して安直な表現力では成せない技だ。
大袈裟な脚色もできそうな内容なのに、あえてソレをせず
「命」 「死」 と云うキーワードを “深い藍”を表現する事で成功している。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
話題性もあり、当初はかなりの強気な価格設定でした、待っていて良かったです、主演のトム ハンクス、全盛期の頃の様なスマートさに驚きました、演技が実に自然、驚いたのは相手役に映画(アメリ)で一躍、注目を集めた女優オドレイ トトウが出演をしている事、パッケージを見るまで全く気づきませんでした、彼女の演技もなかなかです、キリストの血を受けたという聖杯が、実はキリストの娘の事を指す、魔女裁判は彼女を探し出し、殺す目的があった、キリストは死後、神格化されたのであって元は人間であった、教会がその事実を隠蔽している、など実に面白い題材が一杯、その事実を知り、かの天才レオナルド ダビンチが絵画にその事実を示したなど本当に興味深いです、熱心なカトリック信者の多いアメリカでこうした作品を映画化した事は驚きでしたが、観る価値はあると思いますよ、お勧めです。

ローラーボール デラックス版〈初回限定パッケージ〉

(購入者の評価)
ぶっちゃけ星二つが妥当でしょうけど【スリップノット】が出てるので星三つオマケ(^^)v

ロザンナのために

(購入者の評価)
いやー、まんまとやられてしまいました。 良い映画でした! ジャンレノが主演のちょっとコメディっぽい夫婦愛のお話。 イタリアの田舎の風景が妙に心地よく、久々に和やかなムードで鑑賞できました。たまにはこういうのもいいですね。

騙されたと思って一度ご覧あれ。
ラストは本当に騙されますので。


ミッション:インポッシブル スペシャル・コレクターズ・エディ

グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版

(購入者の評価)
…と叫びたいくらい素晴らしい…宝物のような映画です。フリーダイビングの競技者達を描いたお話なのですが、コバルトブルーの映像美は見てて切なくなります。ジャン・レノ、R・アークエットら名優の演技も凄いけれど、リュック・ベッソン監督自身の海への郷愁・恐怖がこの世界を作りあげているのだと思います。彼自身…ダイバーで、潜水事故に遭って二度と潜れない体になってること…ご存知ですか?そんな奴がメガホンを取り…己が崇拝する伝説のダイバー達の闘いや友情や愛を描く…これが面白くない訳がない!藍一色に染まる深海に人は勿論生きられない…でもいつかはそこに還りたい…そんな想いにさせられる傑作です!ダイビングやらない人も見るベシ!エリック・セラの透明な音楽も最高!97点!


GODZILLA

(購入者の評価)
日本のゴジラと思わずに観れば、
カメラアングル、
都会での大暴れ、
それらとても迫力のある映画ではないでしょうか。
今観てもCGもまずまずの出来。

ただ、せっかくの大人風味のお話なのに、どこかお子様的な甘さがあります。

それでもやはり他にあまりこのテの映画はありませんので、
その点でも貴重な映画です。
好きな方なら買って何回でも「観れる」のでは?

もしいつかブルーレイで発売されたら…
大画面の迫力を期待して観たい映画のひとつです。


ダ・ヴィンチ・コード (UMD Video)

(購入者の評価)
テーマが壮大すぎて、2時間そこらで凝縮するには、ちょっと難ありという印象です。キリスト教というものを深く理解してない私には、なお難解に感じました。原作を読めばもう少しこの作品の理解度も高まるとは思うのですが。

>> つづきをみる

グランブルー [ポスター]

商品は、すべてメーカーからの直送になります。ポスターは丸めて、専用の筒に入れて発送されます。また、ポスターを入れる額を別途販売しておりますが、お客様ご自身で額に入れる場合は、商品ごとに推奨の額のサイズを記載しています(WG、FSなど)ので、必ずそのサイズの額をお求め下さいますようお願い致します。額に入れた状態でのお届けをご希望の方は、メーカーでの手作業となります都合上ご注文から発送まで1週間ほどお時間をいただきます旨ご了承下さい。

ジャン・レノ

(購入者の評価)
フランス人ジャーナリストが、俳優ジャン・レノに数回にわたりインタビューしてまとめた内容。

ジャン・レノ・ファンならなおさら、ファンではなくても話に引き込まれる。
今や大スターの彼も中年を過ぎるまでほとんど無名、数々の困難の中でも俳優になるという強い志は捨てず、最後には家庭の崩壊と引き換えに「グラン・ブルー」で一躍有名に・・・。

映画の裏話も面白い。何より強い意志を持ち希望を捨てなかった彼に感動、また夢をかなえるのに、人生は思ったより長いということも知った。

レオン [ポスター]

(購入者の評価)
この物語は後から来ますね。(ネタバレありなんで、ご了承ください)
孤独だったレオンに孤独になってしまった一人の少女がやってくる。
少女のかわいさ無邪気さにレオンもだんだんと惹かれていく…。
最後なんでレオンが!?って思うんですがきっと、これはこれでハッピーエンドなんでしょうね。
血も涙も無い狩人が大切なものを見つけそのもののために死んでいく。
置いてかれたものは、嘆き苦しみ生きて行くのではなくまた新たなる強さを手にししっかりと自分の足で歩いていく…と。
本当にあってもおかしくない映画でした。
また、主演の二人も最高でした!!
いやはやかっこかわいいお二人でしたね♪


ニキータ [ポスター]

(購入者の評価)
泣き虫の殺し屋・ってコピーだけど、そんないうほど泣いてないぞ。
この頃のアンヌパリローはシャープでよかった。


レオン【P-895】[ポスター]

商品は、すべてメーカーからの直送になります。ポスターは丸めて、専用の筒に入れて発送されます。また、ポスターを入れる額を別途販売しておりますが、お客様ご自身で額に入れる場合は、商品ごとに推奨の額のサイズを記載しています(WG、FSなど)ので、必ずそのサイズの額をお求め下さいますようお願い致します。額に入れた状態でのお届けをご希望の方は、メーカーでの手作業となります都合上ご注文から発送まで1週間ほどお時間をいただきます旨ご了承下さい。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4