鹿賀丈史

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
鹿賀丈史 おすすめDVD 鹿賀丈史 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

(購入者の評価)
いやいや?!これはすごかった!自分は漫画も何も見てなくてこの映画を見ました^^これは自分の中では邦画史上最高のサスペンスでしょうw玄人さんもこうゆう天才VS天才ってゆうの好きだろな?wwでも素人さんでも十分楽しめる作品!年齢問わず万人にうける作品でしょう!中には否定する人もいるでしょうがほんの一部ですw今までの俺のレビューを見て納得された方や参考にできた方!!絶対見て?!!サスペンス好きなら絶対面白いですよ?!!
★最後に一言★後編ではデスノートが二つになるのでちょいとややこしくなるかもw


振り返れば奴がいる DVD-BOX

(購入者の評価)
見所は何といっても織田さん演じる司馬先生の一挙手一投足。
これでもかというほどの悪党でありながら彼なりの医師としての信念を持っている。
私は「清く正しく美しく」の石川先生よりも人間味が感じられて好きです。
医療もののドラマが好きな方には是非見てほしいと思います。

千堂さんはきれいですし、松下さんもかわいらしいです。


有閑倶楽部 DVD-BOX

(購入者の評価)
赤西くん好きなので見てました。
確かに、仁くんやその他出演者のファン以外の方には受け入れられにくいかもしれませんね…
脚本が悪いとかではないですけど、原作のよさを活かしきっていたか、と聞かれると…って感じです。
ま、漫画という非現実的世界を、現実世界でドラマとして製作しようとするのは、そんな簡単なものじゃないですし、どこかは妥協しなくてはいけませんね。

わたしとしては、ほとんど演技していない(様に見える)、素の仁くんぽっさが逆に可愛くて気に入ってますが(笑)
ノリコ役の香椎さんもおかっぱ頭が似合ってて、なかなかよかったなと思います。
まあ、一番よかったのは田口くんですけど(笑)
彼ほどグランマニエがはまる人はいないんじゃないですかね。
KAT-TUNが好きなので、赤西くん田口くん共演は嬉しかったですし。

内容はコスプレからプチホラー、誘拐事件に爆弾事件、裏口入学などいろいろあって楽しかったですよ。
確かに赤西くんやその他出演者がお好きな方には素敵なドラマだったと思いますが、万人受けするかどうかというと…なので、★4つで。
でも6人の絆は羨ましくもあり、微笑ましいです。
わたしも有閑倶楽部の一員になりたい!とか思っちゃいますね(笑)


DEATH NOTE デスノート the Last name

(購入者の評価)
原作とは違ったラストですが、
あっさり死んでしまった原作よりも
むしろLらしくてイイような気がしました。
たぶん原作者了解済みだとは思いますが。
なかなか、イイ出来でおもしろかったです。


DEATH NOTE デスノート

(購入者の評価)
うまくまとめた感があっておもしろかったですね。
元FBIだったはずの南空ナオミの拳銃の射撃姿勢が
ギャング調のナナメ撃ちなのがちょっと・・・ですけどね。
FBIの訓練は射撃姿勢に厳しいんですよ。


燃ゆるとき

(購入者の評価)
アメリカに進出してカップラーメンを製造販売している企業が、事業の存続を賭けた建て直しを図るために一人の男を日本から呼び寄せた。彼は日本同様「会社は家族」を貫く。少しづつ現地の従業員の心を掴んでいき、上向いてきたところに、とんでもない落とし穴があった。日本戻される。3年後またもやアメリカで火種が勃発。再び呼び戻された男は、今度も「会社は家族」と説いてゆく。見終わって、会社とは何なのだろう、と思わずにはいられなかった。かつて理想に燃えて企業を起こした人たちは、金銭的成功だけではなかったはず。机上の計算で、簡単に売ったり切ったりする経営が横行している中で一服の清涼剤のようなストーリーであった。原作者の高杉良氏の今の経営者に対する問いかけではあるまいか。

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
特撮やスケールにコダわる必要なんてなかったと思う。(実際は大した事なかったけど…)
皆さんも、日本映画にそんなの期待してないでしょ?
要は脚本よ!
この映画、テーマは「より良い未来にしよう」らしいんだけど、
それを押しまくってるのがよくない。
皆の演技を臭くさせてた。
特に嶋大輔!
彼のナヨナヨした演技が、この映画を失墜させたと言っても過言ではない。
「オリジナルを越えよう!」と、気負い漲る駄作です。





NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版【第壱集】

(購入者の評価)
幕末から維新の歴史を知りたいという一般の人にとっては、本やドキュメンタリーを含めて、今手に入るもっとも最適なテキストではないかと思う。これが総集編になると、薩摩藩士たちの様々な苦悩や情熱が伝わってこないので、やはりこの全巻セットを鑑賞することをお勧めする。

後世の人には推し量りがたい西郷隆盛の人徳と魅力はもちろん、その弱き部分も正直に描かれている。また、過小評価されてしまう事の多い、大久保利通の魅力と特質も十分に描写されている。大久保利通の光と影を知りたければ、本DVDがもっともふさわしい。

第一巻は、西郷吉之助の島流しにおける愛加那とのメロドラマ的描写と、イギリス艦隊へのスイカ売りの場面を除けば、冗長な部分がほとんどない、硬派なドラマとなっている。これが第二巻になると、維新の志士たちの家庭描写にも重きを置いた構成になっていく。

幕府を倒し、新生日本を創りあげるための、薩摩藩士の凄まじい情熱が、演じる俳優達に見事に乗り移っている。現代の日本の状況を鑑みるに、かっては異国と対等に渡り合える、「智仁勇」に優れたサムライが存在したのだと、思うたびに涙を禁じえない。

12回目での「日本を立て直すためには、まず既存の権力にとりいるしかない」と、刀を畳に突き立てて決意する壮絶な大久保の描写がいい。17回目では寺田屋での同士討ちにおける、大山綱良の返り血を浴び刀を捨てた上での決死の説得が印象に残る。18回目では、したたかな公家を取り込む大久保の策士ぶりと忍耐力が印象的。26回目では倒幕に至るまでの大久保、岩倉の様々な策謀、陰謀が興味深い。27回目でようやく王政復古の大号令が発せられ名目上、徳川幕府が御役御免となる。

放送時の第一部の最後が、この第一巻に収められていないのを不思議に思うかもしれないが、王政復古以降は、大久保による新国家建設の過程に入るので、実はちょうど良い区分となっている。


リスペクト優作 松田優作 DVD-BOX 2007【初回限定生産】

(購入者の評価)
確かに松田優作はかっこいい。
でももうちょっと冷静になろうよ。

松田優作=優れた作品…とは違うんじゃない。
思考停止はまずいよ。

良いモノはイイ、悪いものは悪い。
冷静に判断しようよ。

彼が生きてたら今回のリリースに何て言うんだろ?


NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版【第弐集】

(購入者の評価)
放送当時の平均視聴率はたしか大河ドラマ史上下から3?4番目だったそうなのですが、私は毎回楽しみにしていました。 こうしてDVD全集が出るところを見ると、わりと根強いファンがいたんだな、と嬉しくなってしまいます。 時代の流れで仕方がないことなのでしょうが、なんとなくトレンディ系の味付けも入れなければならない昨今の大河にはない独自の重厚さがこの頃はまだあったと思います。 それはやはり主役の西田敏行と加賀丈史の演技力に負うところが大きいと思います。 西田さんはつけ眉毛と着物の下に肉襦袢(?)か何かを入れて体を膨らませているのがちょっと笑えるのですが、大久保役の加賀さんは本物(の写真)にかなり近い容貌でかっこよかったと思います。

前半も勿論面白いのですが、私は第二部―明治政府篇に興奮しました。 特に西郷と大久保が対峙する“両雄対決”の回、西南戦争のあたりは感動しました。 西郷はわりと自分の進退はもう時の流れにまかせきっていて何の迷いもないようでしたが、いまだ国家として生まれたばかりの日本をしょって立たねばならない大久保の苦衷(同郷の薩摩人からは裏切り者とののしられ、政府内の国家方針もバラバラ)とそれを受けて立つ毅然とした態度には目を見張るものがあり、それを表現できる演技力が加賀さんには確かにありました。 さらに西郷と征韓論でもめる前に、自分の息子たちに遺した手紙の内容は見事なもので、男ならこう生きたいものだなーと、当時しみじみ感動したことをよく覚えています。 現在放映中の“篤姫”を二倍楽しむためにももう一度見ておきたい作品ですね。 


悪霊島

(購入者の評価)
元ヒッピー青年がジョンレノン暗殺のニュースを聞き、自分がレノンを聞いていた時代に、瀬戸内海の小島で遭遇した事件を思い出すという設定。
ストーリーは非常に陰惨なのですが、なぜかそれ程おどろおどろしく描かれてなく、内容にしては映画がけっこうさらっとしています。
同じ金田一映画でも製作者が違うとかなり違う印象になるのだと感じます。
鹿賀さんの金田一耕介もよかったと思います。彼が金田一をこれしか演じなかったのは残念です。
あと、さすがの存在感を残した、佐分利信、妖艶さと鮮烈な印象を残した岩下志麻、可憐な岸本加代子、そしてヒッピー役の古尾谷雅人、や成金役の伊丹十三ほか
皆すごく上手かったと思います。

ビートルズの楽曲を使ったという事でかなり制作費がかかってしまったというのですが、ビートルズの曲を使う事によって多くの人の心にあの時代がよみがえってくるのだと思います。
篠田監督、角川氏が青春を過ごしたあの時代へのオマージュなのかもしれません。


野獣死すべし

(購入者の評価)
 この映画は、松田優作をメジャー俳優にした映画です。この映画が一般公開された当時、松田優作は勢いがありました。
松田優作というと、肉体派俳優というイメージでしたが、この作品では気弱な人間・松田優作から始まります。知的な面を垣間見せながら、最終的には肉体派・松田優作を演出しています。社会的動物の人間の二面性を、気弱さと残虐さの二面から表現しています。東南アジアの取材で見たことを想起しながら人間の両面をセリフにしている松田優作の一人語りの場面は、説得力がありましたね。
ハリウッドスターになった矢先に他界した松田優作ですが、当時の遺作を見るとあらためてその偉大さを感じます。さらに、可憐な小林麻美を見ると、大学時代の僕の淡い想い出も甦ってきます。



松たか子主演『藏』

(購入者の評価)
単刀直入に言います。最初から最後まで、感動しまくります。迷っている方は、騙されたと思って買ってみて!!!。我が家では、「大地の子」と同じく、永久保存対象DVDです。

麻雀放浪記

(購入者の評価)
ずいぶん前に見た映画だが、衝撃を受けた映画の一本である。まっとうに生きている真面目な
ひとたちの映画とは言えないが、賭け事に文字通り命をかけている雰囲気が画面から伝わり、
ぞくぞくしたのだった。演技は若いけれども、真田広之はやはり新鮮でいい。鹿賀丈史は
こういう映画の汚れ役にどうしようもなくはまっている。この映画も見て損はない。


戦国自衛隊1549 DTS特別装備版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
なんでこんな内容にしたのかわからない作品! 当初は千葉真一の戦国自衛隊の続編になるはずだったのに脚本変更でこんな内容に。せっかく自衛隊が協力してくれたのに残念!

野獣死すべし

よみきかせ 日本昔ばなし vol.2

戦国自衛隊1549 & 戦国自衛隊 ツインパック (初回限定生産)

(購入者の評価)
このパックは購入することをおすすめする
商品です。旧作も1549も2つともおもしろかったです。
1549なんか戦闘シーンもリアルで迫力があってよかったです。
旧作も1549もおもしろいことで星5つ。


NHK大河ドラマ総集編 翔ぶが如く

(購入者の評価)
この大河ドラマは、私が今まで見てきた大河ドラマで一番感動したものだった。キャストが素晴しかったこともあるけれども(特に鹿賀丈史さんの大久保翁は素晴しかった!)、この個性のキッツイ時代を生きた人物を、個性バリバリの俳優が演じているところが魅力だったと思う。そして原作の司馬さんが言わんとしていた、「西郷と大久保は時代が変わって天敵になったのではない」といったメッセージが、ちゃんと伝えられていると思います。最後、大久保翁暗殺のシーンは涙なくしては見られません。幕末・明治維新というと、男性ばかりが目立つところがありますが、女性もしっかり描かれていて、好感が持てました。西郷の妻や大久保翁のとても面白い、機転のきく奥方、そして彼女たちの悲しみ。同じ女性として、もし波乱の人生を送る夫を持つことになったら、こんな風に生きれるだろうか、とよく思ったものです。

ドラマ自体は原作「翔ぶが如く」に忠実なわけではなく、他に「竜馬がゆく」なども読まないとわからないところが多いですが、残念なのは総集編ということで、幕末にはよくフォーカスが当っているものの、後の肝心な大久保・西郷の決裂、そして西南戦争あたりが端折られていてものすごく残念でした。このドラマだけはフルでDVDで見たい。今でもそう思っています。

戦国自衛隊1549 廉価(期間限定)

(購入者の評価)
下の方の言うとおり、武士が平和ボケしてます(笑)

あと、日本人は「銃」と「防弾」という物を勘違いしてる傾向にある。
それが映画にも反映されてる。
しかも演出がちょっと古い。
体中を撃たれてるのに、仲間に最後の言葉を言って静かに、ドラマチックに逝く。
逆に、そこを撃たれても死なんだろ、ってところに当たって即死。
多分、専門家とかの指導を受けなかったんだと思う、映画をつくるなら
そういう事にも金かけた方がいいかと。。。。

で、防弾ベストを着ければ「無敵」って演出もどうかと思う。

つーか設定が無理矢理って感じがしてならないんですが、
映画ってのは、現実では不可能な事を、あたかも現実でもできるかのような
設定でやるもんじゃないですか?
あんま時間かけてないだろうなーってのが丸見え。


>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.6 (2007 MAY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.4 (2007 JANUARY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4