海東健

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
海東健 おすすめDVD 海東健 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

(購入者の評価)
めっちゃ良いです!! これは海猿ファンにはたまらない作品です!! 特典のDVDなど購入した人だけの特典があります ちなみに,特典DVDには キャストインタビューや撮影方法・本物の巡視船の紹介・海上保安庁の施設紹介などが収録されています こちらも130分ほど収録されているので,みる価値はあります 購入しようか迷ってる人は是非買ってみてください

海猿 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
青春ドラマの王道を行く作品。笑いもあるが、内容は奥深い。

「深度40m、ボンベ残圧30キロが1個のみで二人が取り残された。ひとりの片道分だけの量だ。おまえたちならどうする。」何度も源教官から訓練生に出される質問。
1回目の質問、だれも無言で時間切れ。
2回目の質問、優等生の三島は「強い方(生き残る可能性の高い方)が戻ります。」と答える。
対する仙崎は一言も発せず。
3回目の質問、今度は仙崎だけに。仙崎は「二人とも生き残る方法を考えます。」と答える。

源教官は、現役時代に同じ経験に会い(バディ=ペアを組む相手 が沈没船に挟まれて身動きとれず)、残圧ゼロ近くまで粘ったが救出できず、急速浮上で潜水病になり二度と潜れぬ体になった。

訓練の最終日、水深40mで三島、仙崎は潮流の急変で流され、海底で三島は岩に足を挟まれる。仙崎は残圧ゼロを超えてもがんばる。源教官は自己判断で危険な捜索を訓練生にやらせ、ぎりぎりで二人を救助する。
査問委員会にかけられる源教官。訓練生の機転で「これも訓練」という 「大岡裁き」がとおり不問となる。

仙崎と源教官をここまで走らせた(強行させた)理由は、ともに過去に対する償い(二人ともバディーを死なせている)の気持ちである。
仙崎の行動は英雄的だが、二人とも死んでいた可能性が高いし、源教官の判断も、ひとつ間違えば二次遭難者を出していた。
とても第三者がとやかく言える問題ではない。(規則上の判定はさておき)道義上は、そのとき現場にいた者の判断が正解である。


海猿

(購入者の評価)
潜水士にかける情熱と、仲間同士の絆と、加藤あいの二の腕の細さに感動しました。


チェリーパイ

(購入者の評価)
もっとキャストのセリフが多ければ良かった。
北川景子さんがすごくかわいかったです。
北川景子さんファンなら必見です!
映像もかわいかったです。
私的には江口のりこさんが演じているキャラが個性的ですごく好きです。
チェリーパイを作るシーンが多くて画面からも甘?い匂いが匂ってきそうでした。
なんだかホッとできる映画でした。
暇つぶしにちょうどいいです。



海猿 プレミアムDVD-BOX

(購入者の評価)
海上保安官の潜水士という人命救助のエキスパート

その潜水士になるまでの熱血青春ストーリー

自分の命もいつなんどき失うかも分からない
人命救助という崇高だが命懸けの危険な仕事。

その人命救助の潜水士になるまでの厳しい訓練と鬼教官。ライバル。
体育会系のノリと、徐々に結束を強めていく掛け替えのない仲間、そして恋愛。

海上保安官や水難事故のリアリズムを随所に取り入れ、
熱血青春ストーリーの王道を行く筋書きで、
伊藤英明や伊藤淳史、加藤あいの演技も冴えており、
とても素直でストレートに気持ちが良く、観ている者に力を与えてくれる。

海中では、必ず二人一組でタッグを組む。それをバディと呼ぶ。
バディと海中で事故に遭い、海上に戻る酸素が一人分しかない、そんな時どうする?

過酷な状況での究極の選択肢を迫られる。厳しい職業、海上保安官。
そんな海上保安官の熱き男達ににスポットを当てた、青春映画の良作である。


恋愛偏差値 VC6 第三章「彼女の嫌いな彼女」

霊感バスガイド事件簿 DVD-BOX

(購入者の評価)
DVD見ました。このドラマは基本ホラーなんですけど、すずめバス本社内でのほのぼのとした空気が、すごくギャップを感じるのであまり構えないで見れるドラマでしたね。ホラー嫌いの人以外にはおすすめです。むしろホラー嫌いの人もこれで慣れてみては?またいつか霊感バスガイド事件簿2みたいなのがあればいいなとおもいます。

Xenos(クセノス) DVD-BOX

(購入者の評価)
エロティックサスペンスの巨匠、村生ミオの作品を
ドラマ化したということで内容自体は悪くはない!
さらに海外ドラマの24やプリズン・ブレイクのような
疾走感、躍動感を感じさせてもらえる。
しかも深夜ドラマということでエロチックなシーンも多数あり男性視聴者はニンマリ。(笑)
最近の日本ドラマはあんまり面白い作品がなかったが、この作品だけは別!
DVD?BOXを買って損はしないと思う。

しかし最後の終わり方は何とかならないものだろうか・・・。
中盤から終盤までの流れは素晴らしいのにちょっと最後は呆気ない。
妙な謎も残るばかりで是非、続編を作ってほしい!!


チェリーパイ

恋愛偏差値 VC5 第三章「彼女の嫌いな彼女」

顔 DVD-BOX

(購入者の評価)
に惹かれて、買う前にレンタルで見てしまったが、繰り返し観たくなった。
警察物と言うと、刑事が1番スポットを浴びるが、この話しの主役は似顔絵捜査官。平野瑞穂(仲間由紀江)は、顔(似顔絵)から人の心を読み取る事が出来る能力があるが、過去にトラウマを持つ刑事、西島耕輔(オダギリジョー←かっこ良すぎ?!)に「貴方には、顔が無い」と言うシーンがグサッっと来る。。
PTSDを抱えた耕輔の悲しみと苦しみと怒り、それを理解してあげようとする瑞穂の苦悩と優しさ。
そんな瑞穂の優しさに、
耕輔が、段々と瑞穂に対して優しい表情になっていくのが印象的だった。
単なる警察ドラマでも、恋愛ドラマでも無く、人間ドラマが1話完結で繰り広げられている。
細かい部分までチェックすれば、「え?」と思う部分もあるけど(やたら、怪我の治りが早い。とか?)
次の展開が気になって、そんな事も忘れる。
横山秀夫は、自らバン記者だったので、こういう警察を舞台にした話しにはリアリティがあるし、(原作に西島刑事は登場しないけど)人の「切ない」ツボを押すのが、本当に上手いと思った。
個人的には、単発でも良いので「顔?その後?」が観たい。


手の上のシャボン玉

(購入者の評価)
この作品は家族愛をテーマとしているだけに、とても感動的な話でした。
娘役の石原さとみは美人であるだけでなく演技がうまく、まさに日本を代表する若手ナンバーワン女優ですね。


村の写真集

(購入者の評価)
徳島の美しい自然をバックに、父と息子がひとつの仕事を通して、地元の人たちと触れ合いながら心を通わせてゆく。フォ・ジェンチイ監督の「山の郵便配達」みたいですね。事実、父子がめぐる村の風景の美しさ、そこに暮らす人たちの笑顔のなんと優しいこと。ただ、この映画は息子だけでなく、娘との和解まで描いていて最後は「家族の物語」となっていましたけどね。

今年、1月にお亡くなりになってしまいましたが、戦争から帰らぬ息子を待ち続けるおばあちゃんを演じた桜むつ子さんには圧倒されました。「スゥイング・ガールズ」のとぼけたおばあちゃんも印象的だったけど、この映画では歯を抜いてまで役になりきって臨んだそうです。演技とは思えない笑顔がホントに素晴らしかった。もちろん、写真を撮ったあとに、必ず脱帽して「ありがとうございました」と頭を下げる藤竜也も写真家の誇りをにじませる名演でしたし、海東健も、父親に反発し、どこか侮蔑しながらも父親の素晴らしさを肌で理解する息子役がすごく似合っていました。

父親がリュックに入れた写真機を背に、山道を画面左から右へかくしゃくと歩く。後を、三脚などを入れた道具袋を肩に息子がやや遅れてついて行く。そして、父親ひとりだけ、息子だけになり、また寄り添って親子がというように、この固定画面を繰り返し印象的に使った演出が巧かった。
エンドクレジットと共に父親の撮った村人の笑顔や、美しい風景を繋ぐ演出も心憎いばかり。多少不要かなと思われるエピソードがあるものの、全編を通して丁寧に優しい思いを込めて撮ったという印象が伝わってきます。

恋愛偏差値 DVD3

(購入者の評価)
 単純に私は冴木行彦役の柏原崇ファンなので見ていたんですが、ミーハー心を除いたとしても面白いドラマでした。瑞子の年齢に近い私には恋に臆病になる気持ちも凄く判るし、千絵の時代も経ているのでとにかくまっしぐらになる気持ちも判る。でも実際に冴木みたいな人って居るのかな?と思いながらも、こんなエリートに接近されたらクラクラしそうですよね(笑)ドラマ中に出てくる『恋愛偏差値』の映画看板に書かれている【だから恋はやめられない】のフレーズ、結構好きです。私は第3章しか見てないので他のリレー部分が良く判らないのですが、是非また見てみたいと思います。

顔 Vol.2

顔 Vol.4

顔 Vol.1

顔 Vol.1

顔 Vol.4

顔 Vol.3

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4