筧利夫

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
筧利夫 おすすめDVD 筧利夫 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
茄子 アンダルシアの夏

(購入者の評価)
黒田硫黄の漫画「茄子」収録の「アンダルシアの夏」を、スタジオジブリのベテランアニメーター・高坂希太郎氏が映画化。

主人公ペペはロードレーサー。グラン・ツールの一つ、ブエルタ・ア・エスパーニャのステージレースで生まれ故郷の小さな村を走る。そしてレースと同時刻には兄アンヘルの結婚式が行われるが、新婦カルメンはかつてペペの恋人だった・・・。

高坂氏の自転車好きは一部で有名だが、その甲斐あってステージレースシーンはなかなかよく描けている。
レーサー達は実在の人物をモデルにしている人が多く、お好きな方ならニヤリとするだろう。

だが、この原作の面白さはそれだけではない。
アンヘルの叔父や友人エルナンデスといった、人生の厚みを感じさせる登場人物達。彼らとの何気ないシーンの中に人生の機微が感じられる。
とりわけペペ、アンヘル、カルメンの3人がテーブルに着いて無言で見つめ合うわずか1Pのシーンにはその要素が凝縮されている。
それこそがこの物語の魅力だと思う。
そんな物語がスペインの広陵とした風景の中で語られる。文字通り風を感じることのできる希有な作品だ。

その魅力をこの映画に感じ取ることは正直できなかった。それが残念でならない。

ただ、チャレンジする意欲は買いたい。
高坂氏の今後に期待する。


なお、原作の続編「スーツケースの渡り鳥」も同じスタッフですでにアニメ化されているらしいが、こちらは未見なので機会を得て観てみたいと思う。


やまとなでしこ DVD-BOX

(購入者の評価)
いやー、圧巻です。
ひとつのストーリーを見たら全部見たくなる人も多いことと・・・
各ストーリー共に登場人物の心のうちが切なく描き出され、見た後に必ず余韻が残る。
刺身の醤油の量の話から喧嘩に発展した場面、お父さんを見送った後
「王子様はあなたじゃない」と言った時の桜子(松嶋さん)の欧介(堤さん)を見つめる表情、
東十条(東さん)に住んでたアパートがばれてしまった時の欧介の誤解を解くセリフ
(あまりに感動してちょっと語り尽くせないほどです!)・・・
印象深い場面が焼きついてます。
人と人の出会いって、確かに、自分では普段大切なものだとかあまり考えないじゃないですか。
価値をどこに置くのかも人により違いますし。引っかかりそうでそうならない
人間関係って結構あるものですが、その時点で自分では何も気づいていない。
絶対結びつくことはありえないような人が、実は心の一番深いところでは互いに惹かれている。
どこの時点でそうなるのか・・・
ストーリーはこのタイミングを絶妙に図っています。
桜子と欧介の気持ちの「押し」と「引き」がまたいいです。
他の人も述べているように、ドラマとしては最高傑作といって間違いないでしょう。

「状況」としてはありえないドラマですが、主人公たちの「心理」は実にありえる!
見たら絶対、あなたは自分に置き換えているはずです。

そろえておいて損はないです。


Dr.コトー診療所2006 スペシャルエディション DVD BOX

(購入者の評価)
 最初のシリーズはコトー本人の問題を中心に描き、一応の決着がつき島に定住した。
2004からは星野一家や原親子へと話は移り、コトーが彼らにどう関わるかを描いた。
 2006もそのスタンスは続き、周囲の人間の抱える問題に医者として、どう関わるかが
描かれていた。医者としてどうあるべきかを探しながら。そのテーマをまじめに扱うが
故にストーリーやシーンが暗い印象だが、それだけ真剣に取り組んでいる証拠。普段、
人間の生死とか、家族の絆を考える時間の少ない現代人にとって、考える機会を与えて
くれる重要なドラマだと思う。
 扱う問題がとても大きく、それを真摯な態度で描こうとしてる作品だから時間がかかる。
今回の作品が物足りなかったという意味ではない。是非、続編でさらに描いていって欲しい。


 


Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション DVD-BOX

(購入者の評価)
決して恵まれた健康状態ではない。乗り物には弱い。吐く。なんというだらしない人なのか。当然、ひょろとしてこんな人が先生なのか。しかも、この島の先生の前歴は、失敗の連続。しかもその責任をとらずに逃げてしまった。コトーのいいところは、全部責任を持ってことにあたっているところである。しかも物語の中の話が盛りだくさんである。1時間枠に、一つのエピソードの他に、あれも、これも、と次々と入ってくる。当初面食らっていたのだが、さすが最終話のあたり、そう誰もが持っている負の要素の話。新聞記者が真実だけれどもその書き方が、人殺し。という四面楚歌状態に、そこでもひとひねりを加えている。その記者にケガを負わせてみようかと。等々、まさにエンターテイメントの作品。医療に携わる方を始め、病気とは、医療とは、人間とは、とお考えの方は是非是非見られると良い作品。秀作作品!!!

スペーストラベラーズ

(購入者の評価)
ありきたりな銀行強盗モノだが当初の予定とは程遠く全くグダグダな展開に。オタ色も強く、ちょっとヤリ放題し過ぎなノリなので好みは分かれると思う。

あー、こいつらおバカなことやってんなあ、って感じで見るのが良いです。

すみれさん前や舞台女優の現在も好きだけれど、この時期(ショート)の深津絵里は最強。 おそらく金城くんが主演なんだろうけどおいしいところどりで人一倍の演技力で頑張る深津ちゃんの主演といって良し。

ただ、投げっぱなしなままのネタや踊るシリーズでも賛否な泣かせますよ的なラストは正直いただけませんが。


22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 プレミアム版 (初回限定生産2枚組)

(購入者の評価)
「映画とは想いの嵐だ。」と大林監督は語る。
「ではこれよりちょっと不思議な物語をいたしましょう。もちろん戯れにですが・・・」
という主人公のモノローグで始まるこの映画は、世界は滅びると信じて育った四十四才の男の、悲しい想い出と不思議な廻り合わせを描いている。
エンドロールまでは。
しかしその後の「僕がこの物語で最も望んだ場面をお見せしよう。」という可愛いシーンで(監督曰く「映画はハッピーエンドでなくっちゃね!」)幕を閉じ、観客は幸せな気分で劇場を後にする。
幸せな映画だ。
今回、DVDのプレミアムセットに付いて来たメイキングDVDには、その幸せのお裾分けに溢れていた。
普通映画の本編に、あくまでオマケとしてインタビューや裏話などが収録されている程度のものが「映像特典」という概念でいた。
この「22才の別れLycoris-葉見ず花見ず物語」のメイキングDVDはたっぷり2時間、普通は制作に携わった人たちだけの「宝物」が、惜しげもなく収録されていた。
紛れもなく「幸せな映画」であったのだ。
主人公のいちファンとして、至上の喜びである。
リコリス色の紙パッケージは、まるで古い文学全集の一冊のようで、これもまた嬉しい宝物になった。


22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 特別版

(購入者の評価)
この作品を観て「予定調和」と感じた人には、さして面白くもない作品だろう。しかし「これで良かったのか?」と感じる人には、とても切なくやるせない作品だ。また、筧氏の抑えた演技と新人のピュアな演技は見事なものであった。

「幻を追いかけすぎたのか。追わなかったから幻になってしまったのか。」という台詞がある。「追わなかったから幻になってしまった」のだということはわかっていたはずだ。なのになぜ、また同じことを繰り返すのか?

この作品は1時間34分の時点でほぼ終わっている。あとの残り20分以上は、大分県の観光案内と伊勢正三のPVのようなものだ。それがあまりにも長いので、最後にもう一ひねりあるのかと思っていたが・・・。

最後の別れは、表面上はあっさりしているが、本当に切ない。どうしてこういうことになってしまうのだろう。

愛した人との別れ、そしてその人の突然の死。それはもう二度とやり直すことのできない人生の痛み。それほどの痛みを味わっていながら、歳月を経てもなお、人は同じ過ちを繰り返すのだろうか・・・。


ドライブ デラックス版 初回限定パッケージ

(購入者の評価)
従来のサブ作品にみられたブラックユーモアが悪ノリな方向にいっちゃって少し残念です。特にラストのあたり。まぁでも、らしさはあったしキャストはサブ作品お馴染みのメンバーなのは良かったです。
パッケージやテロップかでは柴咲コウは一応、準主演みたいな感じになってますけどほとんど出てませんよ正直。柴咲コウ目当ての人は充分注意です。


やまとなでしこ vol.1

すけだち

茄子 アンダルシアの夏

(購入者の評価)
過酷なロードレースと共に走り抜けていくっていう感じの爽やかな作品。
ちょっと大人向けかなっ。
スペイン アンダルシアのヘビーな赤ワインと
あの茄子。
食べてみてぇ?なぁ?。


ルーキー! DVD-BOX

(購入者の評価)
現実にはいないだろうと思わせる今までにいないルーキー刑事さん。きっと、誰もが一人くらいこの愛田刑事みたいな刑事さん、人間性を持った人がいてほしいと思うはず。決してエリートじゃなく、大体刑事になったのにも特別夢があるわけじゃなく、最初は危ない捜査から極力避けようとしていましたが、持ち前の正義感と優しさで、『刑事』という仕事上の地位や欲望に浸らずに、ひたすら真っ直ぐに刑事としてというより人間として動き、成長していく愛田刑事。社会に出ると地位や出世など、本来貫くべきではないものもたくさんあるけれど、そんな中でただ純粋に正しいと信じた事を貫いてゆく姿、きっと感じるものがあるはず。また、熱いだけじゃなく、時には笑える場面もあったり、一緒に考えてしまうような場面や切なくなる場面もあったり。いろんな面で楽しめます。主人公・愛田誠刑事を演じる堂本光一さん、とってもカッコイイです☆ファンであっても、ファンでなくても楽しめる作品です!!

やまとなでしこ vol.2

やまとなでしこ vol.3

やまとなでしこ vol.4

Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 4

(購入者の評価)
 島に赴任してきた当初、コトーを温かく迎えてくれた人は、数人に過ぎなかった。島民との交流を通して次第に信頼を得ていくコトー。しかし、そんなコトーにも誰にも言えぬ過去があった。そして過去が暴かれコトーは絶体絶命のピンチに陥る。この続きは、感動の最終回で。
 前置きが長くなったが、最近のテレビ番組は安っぽい恋愛ドラマや、悪乗りした芸能人の目にあまる番組に心底辟易していた。しかし、この作品は沖縄の美しい背景を舞台に命の尊厳や、人との結びつきを問いかけてくる。本作品は、近年稀に見る名作と言っても決して過言ではない。人に押し付ける意思は全くないが、お金を出す価値は十分あると言える。


スタアの恋 DVD-BOX

(購入者の評価)
本当に贅沢なキャスティングです。サンマルコハムの皆さんは最高に息があってて、どれがセリフでどれがアドリブなのかがわかりませんでした。最高でした。見ていて、サンマルコハムの皆さんのシーンは、すごく楽しかった。
勿論、紀香さんは美しく、見とれてしまいました。みんなに愛されるスタアを見事に演じられてたと思います。
買ってから、時間が立ちますが、何回も見てます。


最後の恋、初めての恋

(購入者の評価)
つらい過去を背負った男が新しい恋に出会う、でも彼女には時間がなかった・・・。こう書くと何だまた難病悲恋ものかと思ってしまいがちですが、この映画はちょっと違うという印象でした。

ストーリー自体は特に目新しくもなく、展開もありきたりといえばそうなのですが、運命を受け入れる姉といきいきと未来に向けてかけていく妹の対比や、周囲の暖かい人たち、上海の街のさまざまな顔などがうまく描かれていて、主人公が生きる力を取り戻していくことに共感できます。

映像的にも、最初の上海の街の手振れて色あせたような感じなど主人公の心象風景として良く表現されてたと思うし、食事のシーンなど光が効果的に使われて暖かい雰囲気が良く出てました。

お涙頂戴の演出ではないけれど、やはり写真のシーンでは思わず涙が出ちゃいました。渡部さんはホントこういう顔は上手い。シュー・ジンレイさんも静かで暖かい表情が良かったです。

ラストシーンは明日を感じさせる映像と、小田和正さんの歌が素晴らしくて心打たれるものがありました。
「永遠」という言葉の意味を考えてみたくなる、派手ではないが心にしみる映画だと思います。

ドライブ (通常パッケージ)

(購入者の評価)
人それぞれ感じ方があっていいんじゃないでしょうか。
私はポストマンブルースを観て、今回このドライブを購入しました。
理由は1つ。堤真一と大杉漣が出演しているから・・・
私的にSABU監督+(堤真一+大杉漣)だけでOKって感じです(笑)
内容的には多少、ん・・・と感じる場面もありましたが、全体的に
みると面白かったかな。ポストマンブルースも良かったけど、この
ドライブも良いですよ。一度、SABU監督作品を観てみて下さい。


ドッジGO!GO!

(購入者の評価)
弱いドッチボールチームが、練習して上手になるという、
スポーツ映画です。
お話は、子供向けでかなりうまくいきすぎ!という
展開です。
しかし、上野洋子さんの音楽はとてもよかったです。
小学生の娘は、感動してみていました。


>> つづきをみる

ステージコレクション『ミス・サイゴン』特集 [ステージコレクション]

わしはおさるさん。

(購入者の評価)
この本を読めば、筧さんの豪快で繊細なところがちょっとわかります。バラエティー番組を見ると、驚くほど弾けている筧さんが、実はこんなにも繊細で、男らしくてかわいい大人の男性だとわかります。
踊る大捜査線の新城管理官がきっかけでファンになりましたが、この本を読んでからは新城さんより筧さんのファンになってしまいました。

2冊目もぜひ出して欲しいです。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4