亀梨和也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 
亀梨和也 おすすめDVD 亀梨和也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)

(購入者の評価)
黒崎がIT社長になって英語を話すところがかっこよく、また見たかったので、購入を決めました。桂木が、シェークスピアのセリフを喋るところは間延びして、いらない、ドラマ最終回のほうが、はらはらドキドキした。御木本を追い詰めていないのは、続きを作るなら、ゼヒ氷柱とキスを。


1ポンドの福音 DVD-BOX

(購入者の評価)
亀梨君はこれまでも舞台でボクシングに関わっては来ましたが、今回ドラマ出演と言うことで、初めてボクシングの基礎から手を抜かずにキッチリ体験し挑んだことを、メイキング映像で知ることが出来ます。そんな亀梨君を通して、ボクシングというスポーツが、物凄くハードでストイックな競技なんだと言うこと、そしてよほど好きでなければ出来ないスポーツなんだと言うことを初めて知り、それまでのイメージが一変しました。そんな亀梨君演じる耕作は、ボクシングしているとき以外は子どものように無邪気で一直線で、「自分の恋を実らすため」に周りの人を巻き込んでしまいますが、心根が優しいから、そんな耕作を周りの人も放っておけない・・・そんな温かさと、やっぱり自分はボクシングが大好きなんだ!と知り、ジムの会長の期待から逃げずに戦いに挑んでいく耕作の格好良さ、その両方が楽しめる作品になってると思います。
今、何が好きか分からない!どんな仕事がしたいか分からない!そんな若者が増えていると聞きます。そんな人達に「まずは、好きになれること探してごらん!そこが原点なんだ!」と言うことに気付かせてくれる、背中を押してくれるような作品です。
お子さんにも安心して見せられる作品だと思うので、是非ご家族でご覧下さい。


映画 クロサギ (スタンダード・エディション)

(購入者の評価)
詐欺師が詐欺師を騙すという知的トリックは相変わらず面白かったですが、映画版はTVに比べて主人公の周辺の人間関係や過去のエピソードのフォローなど色々なことを盛り込みすぎて消化不良気味で個々には面白いところはあっても全体としては焦点が絞りきれず、迫力に欠けていると思ったのが正直な感想。詐欺師が詐欺師を騙すという部分にもっと焦点を当てきった方がすっきりとはしました。

プロポーズ大作戦 スペシャル (2枚組)

(購入者の評価)
「プロポーズ大作戦」は、このスペシャルでのエンディングを前提に作られていた、
そう確信させるにふさわしい、素晴らしいまとめ方。大きな指輪の伏線なども、
きっちり活かしたストーリー展開。話のまとめ方としては満点だと思います。
すばらしい脚本ですね。

あえて、私の好みを言えば、実際のプロポーズの瞬間は、個々の想像に任せて頂く方が、
かえってラブストーリーとしての緊張感と高揚感は得られるかもしれない、
などと思いました。切なさ・危うさがどこかに残っている方が、私としては好みなんです。

或いは、せっかくプロポーズの瞬間までみせるのなら、その後本当に大変な、
結婚してからどんなふうに二人が幸せをつかむのか、
そこまで見せてくれるほうが、私などは嬉しいと思ってしまった次第です。


有閑倶楽部 DVD-BOX

(購入者の評価)
赤西くん好きなので見てました。
確かに、仁くんやその他出演者のファン以外の方には受け入れられにくいかもしれませんね…
脚本が悪いとかではないですけど、原作のよさを活かしきっていたか、と聞かれると…って感じです。
ま、漫画という非現実的世界を、現実世界でドラマとして製作しようとするのは、そんな簡単なものじゃないですし、どこかは妥協しなくてはいけませんね。

わたしとしては、ほとんど演技していない(様に見える)、素の仁くんぽっさが逆に可愛くて気に入ってますが(笑)
ノリコ役の香椎さんもおかっぱ頭が似合ってて、なかなかよかったなと思います。
まあ、一番よかったのは田口くんですけど(笑)
彼ほどグランマニエがはまる人はいないんじゃないですかね。
KAT-TUNが好きなので、赤西くん田口くん共演は嬉しかったですし。

内容はコスプレからプチホラー、誘拐事件に爆弾事件、裏口入学などいろいろあって楽しかったですよ。
確かに赤西くんやその他出演者がお好きな方には素敵なドラマだったと思いますが、万人受けするかどうかというと…なので、★4つで。
でも6人の絆は羨ましくもあり、微笑ましいです。
わたしも有閑倶楽部の一員になりたい!とか思っちゃいますね(笑)


TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(スタンダード・ジャケット)

(購入者の評価)
1年前のLIVEと、内容的には殆ど同じに思えた。
会場が東京ドームとなると、やる事はみんな同じになっちゃうのかね?


KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face"

(購入者の評価)
構成に抑揚が無く、見ていて眠くなった。
やっとこさ最後まで見たが、ハッキリ言って駄作。
デビュー前の、ビジュアル的に凝った会場、衣装作りはもうしないのか?
前回の海賊船をイメージしたコンセプトはとても良かったのに・・・
これから、こんなレベルの低いLIVEばかりになるのかと思うと、もう、うんざりだ。


お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!

(購入者の評価)
KAT-TUN大好きになってしまったので買ってみました。若々しくてみんな生き生きしていました。
特に赤西仁君のきらきらっぷりが半端ないです。本当にかっこよくて本当にたくさん笑っていて昔の仁君がたくさんみれます。
私は今の赤西君も大好きですが、こういう赤西君を知って余計大好きになりました。本当にかっこいいです。
いろんな人に見てほしいです(*^^*)!
KAT?TUN最高です♪


ごくせん 2005 DVD-BOX

(購入者の評価)
適度なギャグと豪華キャストに加え、コミカルに日本人が忘れかけている義理と人情の大切さ描いている。
仲間由紀恵の啖呵も最高。
また、適度に学園ものの単純なストーリーであるため、子供と一緒に観て楽しむことができる。


ごくせん Vol.1

(購入者の評価)
ごくせんシリーズは一通り見ましたけど、やっぱ初代が一番最高ですね!!

頭脳明晰・運動神経抜群のカリスマ慎の坊、大食漢で愛嬌たっぷりのクマ、
母親思いでイカつい金髪のうっちーといい愛すべきキャラが勢揃い。
男として憧れる奴らばかりです!!
そんな奴らがボロボロになりながらも青春を謳歌しまくる姿は見ていて清々しい。

何といっても、イカつい3D率いるおさげ&ジャージ姿のヤンクミがこの作品の肝ですね。
生徒がボロボロにされている時に、「あたしの教え子に手ぇ出すんじゃねぇ!!」という啖呵と
共に颯爽と表れる姿はホレボレとするばかり!!
その強さもチンピラの集団を腕一本でノシてしまう位です。

ヤンクミと不良五人組の友情がいつまでも続くことを祈るばかりですね。


DREAM BOYS

(購入者の評価)
ジャニーズの舞台を
ジャニーズのファンの人しか観てないのは勿体無い!
そう本気で思ってしまう1枚でした。
長く続くこのDREAM BOY(S)ですが、
やはり亀梨和也が座長を務めてからのこの数回は
常にパワーアップし続けています。
現在公演中の当舞台の再演もこのDVDを上回る出来なので、
このDVDを見て興味を持った方には
是非ナマのDREAM BOYSを堪能して頂きたいです!


クロサギ DVD-BOX

(購入者の評価)
とても面白い!
山下智久カッコイイ!
堀北真希カワイイ!


やさいのようせい N.Y.SALAD DVDBOX

(購入者の評価)
DVDで見ると画がとても綺麗でした。テレビで見るのとは全然違う感じがしました。ここ数年来のCGののっぺりした画と違って手書きの雰囲気の残る暖かい画でした。みんなで見るも良し、ただ、映像を流しておくだけでも良しという使い方ができそうです。1枚が30分そこそこなので、すぐに見終わってしまうのでディスク入れ替えが少し面倒です。昔、テープのビデオの時にあったオートチェンジャーが欲しい所です。

anego〔アネゴ〕 DVD-BOX

(購入者の評価)
はまりました…ストーリー最高!キャスティング最高!私も主人公と近いものがありまして…(顔とか仕事内容とか性格もあんなによくないですけど)共感できました!あとな赤西君!一気にファンになりました!疲れたときは見て癒されてます!絶対みるべきだし家宝にするべき!ただ噂で聞いたんですが2時間スペシャルがあったそうで…それはDVD化してないのでしょうか?気になる!見てないから是非見たい!誰か情報下さい(そんなこと書く所じゃないですよね…でもマジ探してます!!!)

たったひとつの恋 DVD-BOX

(購入者の評価)
初めて買ったDVDBOXです!ストーリーは若干古い感じですが、亀梨君と綾瀬はるかさんの初々しい感じと綺麗な台詞。横浜が背景ですが、凄くロマンチックです。最後の方は微妙ですが、個人的には続編をやっていただきたい!是非二人の結婚が見たいです!泣きたいとき、恋がしたいななんて思っているとき、とにかく切なくなりたいときは見てほしい。今やKAT-TUNファンです

ごくせんスペシャル 「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」

(購入者の評価)
放送していた頃は欠かさず観ていた大好きなドラマです。
この卒業式スペシャルも含め、思い切って第1シリーズ全部購入して改めて観ましたが
やっぱり最高です!買ってよかったと思いました♪
ヤンクミの演技はもちろん、松本潤さんたち生徒ひとりひとりの演技が素晴らしくて
何度観ても飽きないし、分かってても泣いちゃいます。。。
ただこの卒業式は第1シリーズを全てチェックしてから観ることがおススメです。
最後の感動が全然違うと思うので。
また、今売れっ子俳優さんの松山ケンイチさんも3D生徒役でチラッと出てます。

知ってる方は改めて、まだ観たことない方は是非観てみてください。
きっと大好きなドラマになると思います。


KAT-TUN Live 海賊帆

(購入者の評価)
今さらですが、海賊帆は私が見てきた彼らの中で一番のコンサートだったのではないかと思います。自分たちで構成を考え、"海賊"というテーマで挑んだこのコンサート。


今と比べるともちろん皆さんかなり若いですが、
個々の良い魅力が存分に引き出されているソロ曲。
もちろん、未だにCD化されていない持ち歌もがっつりと入っています。
衣装もとても凝っていて、何回見ても飽きません。飽きさせてくれません(笑)


DISC2ではインタビューもついていますし、そこではまたコンサートでは見られない
彼らの素なところが見れて良かったです。
ただ、難を言うならMCが入っていなかったことかな。
でもこの海賊帆はそこまでファンではないお友達に観せても、「このDVDが一番良かった!」と言ってくれます。
かく言う私も未だにこのDVDは観てしまうほどです。


KAT-TUNはテレビでも素敵ですが、やはり彼らが一番輝いて見えるのは
コンサートだと思います。
是非一度、観てみてください。


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX

(購入者の評価)
青春ッて素敵(*'∀`*)儚くて切なくて暖かい3人の友情。羨ましくて、美しくて泣けます!!山P演じる草野彰は弱くて強い純粋な高校生。萌萌です。

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(ブックタイプ・ジャケット)

(購入者の評価)
 去年、ヨドバシで見かけてポイント利用し買いました。所々トークが長いので、まあいいんですがそこは数回見たらそのうち飛ばしそうな感じなので要るような要らないようなって感じです。隠しトラックでHey!Say!7のもあります。興味ない人は飛ばすだろうな…。私は全然なので2回目見た時は飛ばしてしまいました。タモさんじゃないけど、「昭和生まれで悪かったなあーっ!(怒)」どうせ光GENJIの活躍も知らないコ達なんだろう…。世代だから得しました(個人的な事だけど)

 あとソロ&ユニットは見ごたえあり!でも過去のツアーDVDらと曲目結構かぶるので、そういうのはなくしてほしかったです。前出たの見なくなっちゃうし…。DVD全部持ってる私としては、過去のツアーDVDのソロ曲CD化を希望!!ファンもきっと望んでいると思います。嬉しかったのは、前でたDVDのボーナストラック?の「YOU」があったこと!!大好きな曲だからホント嬉しかったです!演出もスバラシイ★次回も期待したい。購入して解ったんですが最近のコンサートは3時間前後はしてるんですね。知らなかった…。実際行ったらあっという間だし?  


DREAM BOY

(購入者の評価)
初めは買おうか買うまいか、大いに悩みましたが、他の方のレビューを見て決意しました
結果・・・大満足です
タッキーの本当の姿を改めて知り、感動!!まあ、これを買うまでにうすうす?感じ始めてはいたのですが
あれほど真面目で全力投球しているなんて・・・
タダの美形のナルシストのアイドルと決め付けていた、過去がもったいない?涙
一緒に見た友人も『あのようにして舞台は作られるんだ!!感動!!タッキーに負けた?』と熱くなりました、
亀ちゃんも今のあの活躍は当たり前だ!!と思わせる裏の姿でした
何事もタッキーに負けずに頑張ろうという気持ちにさせてくれる作品です


>> つづきをみる

POPEYE (ポパイ) 2008年 09月号 [雑誌]

KAT-TUN Photo&Episode Tough Guys (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
今回、このような書籍を始めて購入しました。
内容を読めないままの購入なので、
「失敗するかな??」と少々不安でしたが、
届いて読んでみると、写真が多く私的には
想像通りの内容で、とても満足しました。
最近の写真が多かったです。


KAT-TUN 写真集 「KAT-TUN 1st. in NEW YORK」

(購入者の評価)
とにかく仁亀ファンなら所持必須!!!
2人がまるで双子のようで、可愛くて!
なんとも形容しがたいですけど、
まず見て頂きたい。
KAT-TUNが好きじゃない人でも、
見たら本気でハマる1冊です★


Tarzan (ターザン) 2008年 7/23号 [雑誌]

(購入者の評価)
赤西仁くんの、表紙を見た途端即買いしました。表紙もいいけど、中身ももっとよかったです♪
保存版になること間違い無しです。


KAT-TUN カレンダー 2008.4→2009.3 Johnny's OFFICIAL EDITION CALENDAR

(購入者の評価)
まさに写真集といっても過言ではないほど。
メンバーが選んだスポットでの撮影をしており、
とても個性が出ています★

わたしが1番気に入ったのは亀梨くん!
彼の柔らかな表情と微笑みにやられました!
最近の彼からは年相応の表情が見られて、
今までのギラギラした感じが抜けていいなぁと思います。

上田くんの筋肉が見れるのもいいですねぇ!!

星4つにしたのは6人揃っての写真が
思ったより少なかったのと、
それからそれぞれのバカ笑いって位の笑顔がなかったこと。
もっと笑顔満載だったら良かったなぁ、と思いました。


R-KAT-TUN―『KAT-TUN』レポート

(購入者の評価)
R-KAT-TUN―『KAT-TUN』レポート読んでいて不愉快になりました。

KAT‐TUN赤西仁コンプリートお宝フォトファイル―Shine (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
どうしようか?とずっと迷ってて・・・でも買っちゃいました。
やっぱりかっこいいね!!お惚け、わがままなところも許せちゃう。
どんどんじんじんにはまっていきます。


ジャニーズJr. YEAR カレンダー 2006/4→2007/3

(購入者の評価)
I bought this 2 weeks ago, I can't believe it is still available here!! I wanted to buy it when it was release but I can't do that, and now I'm happy to have it finally, I'm totally satisfied no matter if I was able to use it as a calendar just the last week.
Even if you wil not be able to use it anymore, it is a most to all KAT-TUN and Johnny's Jr. fans, since it was the last KAT-TUN calendar as Jr. and of course Jin is on it, as well Jimmy Mackey, if you miss them then this will be perfect for you.
It has a "mini book" with stickers from many many Jr. and the Calendar pictures are really cute, you can see all the Johnnys cuteness trough the whole calendar!! ^o^
If you are fan of any "not that famous" Johnny [like the pretty and lovely Daisuke Ishigaki] you will love this.
Buy it!!


KAT‐TUN亀梨和也コンプリートお宝フォトファイル―Winning (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
経験を積み、段々成長する亀梨和也を裏から見る人の写した写真は、いいものばかりではない。
それでも、今の彼に致る努力を感じれます。
外見以外に惹かれた人は、手元に置いて損はない。むしろ、さらに好きになるかも?♪


FREECELL (KADOKAWA MOOK (No.269))

(購入者の評価)
私は写真については全然詳しくないので、
写真の出来についてのコメントは、参考にしないで下さい。

・最近色々とありましたが、個人的には、
 未だ最高に美しいと思う女優、香椎由宇さんが、
 相変わらず非常に美しく、これだけで満足できました!
(写真は8ページしかありませんが…。)

・亀梨さんのページは多いのですが、交互に写る女性が、
 目立ってしまって、また変わったメイクなので、
 亀梨さんがちょっと勿体ない気がします。

・浅野さんは自然体ないつものかんじをわざと崩したような、
 強いポーズの写真。
 個人的には自然体のほうがよかったような気もします。

しろうと考えかもしれませんが、
写真+インタビューの雑誌ならば「H」などが既に存在していて、
それとの差別化をどう図るのか?
今回はそれが見えませんでした。
今後の行方を見守りたいと思います。

今回は、個人的な趣味ですが、モデルに香椎由宇さんを選んで頂いて、
藤代冥砂さんもいつもの余りに淡泊すぎる撮り方をしないで、
普通きれいに撮ってくれたと思うので、その分で点を付けました。


KAT‐TUNお宝フォトBOOK‐BOMB!‐ (Reco books)

(購入者の評価)
各メンバーのこと、それぞれにちゃんと書いてあってヨカッタです。
写真も成長を追っているようで懐かしくもあり。
是非写真を楽しみにご覧下さい。


亀梨和也VS赤西仁―KAT-TUN06~07

KAT‐TUN 仁くん&亀梨くん (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
2人の今に至るまでが載っていたが、意外だった。読んでみて初めて知ったことも多かったが、良いことばかり書かれている気がした。それにしてもオリキというものの凄まじさを初めて知ったが、かなりドン引きしてしまった。写真ももっと良いのを載せてほしかったし、読み終わって満足とまではいかなかった。

日経 Health (ヘルス) 2008年 03月号 [雑誌]

オール・オブ亀梨和也―お宝データファイル

1ポンドの福音 (Vol.1) (ヤングサンデーコミックス)

(購入者の評価)
第1巻の初版が1989年、最終話が2007年。切れ切れに雑誌掲載され、無事つじつまを合わせて完結した作品である。「あしたのジョー」を意識した設定・場面が随所にみられる。登場人物も、つまりは矢吹丈と白木葉子が主人公のラブロマンであり、力石徹もホセ・メンドーサもみかけた。私が「あしたのジョー」を読んだのはずいぶん昔なのでもうあまり覚えていないが、詳しい人が探せば他にもいろいろみつかるだろう。ただし作品世界はまぎれもなく高橋留美子のものである。ボクシングにつきものの減量苦がギャグの主題になり、甘酸っぱい禁断の愛の物語がコメディの衣装をまとって心地よく進む。

設定に無理があり、ストーリーとしても先が見えてしまうため、作者にとってとりわけ優れた作品とはいえない。しかし、「めぞん一刻」の音無響子に憧れる世代よりもやや年若い男子(中高生くらいか)にとって、アンジェラのような存在は憧れの対象たりうるし、もはやどう見ても若くはない私にとっても、こうした予定調和の居心地の良さには捨てがたいものがある。

2008年1月にテレビドラマが始まることを今日知ったが、配役は私の印象とまったく異なる。原作とはだいぶん違った雰囲気の作品になるのではなかろうか。


KAT-TUN Dramatic Tune [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

日経エンタテインメント ! 2008年 02月号 [雑誌]

CM NOW (シーエム・ナウ) 2006年 03月号

Fine (ファイン) 2008年 06月号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4