要潤

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
要潤 おすすめDVD 要潤 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ゲームセンターCX DVD-BOX5

(購入者の評価)
BOX1?4を持っています。
発売前なので付けている評価は、今までの1?4の総合個人評価ということで・・・

・よゐこの有野さんのゲームプレイを見る
・AD、カメラマン等スタッフまで登場する
・町の駄菓子屋や古き良きゲームセンターの訪問
そんなCSの番組です。

・ファミコン時代のゲームが好きだった
・友人・家族のプレイを見てるだけで楽しかった
そんな人に最適なDVDだと思います。

私の周りの友人(30代)も紹介したらハマりました。
DVDを買った人、レンタルで借りた人、買った友人から借りた人等々・・・
比較的Nintendo DSをやっている人がハマり度が高い感じです。

ただ、番組にスタッフが出るのは許せない という方には向いていません。
また、ゲームのテクニカルなスーパープレイを求める方にも向いていません。
(意図しないスーパープレイ等はありますが・・・)

毎回大ボリュームですが、自分の時間が無い(忙しくて疲れている)ときにこそ、DVD観ようという気持ちではなく、とりあえず流しておくか程度の気持ちで起動しておくと、自分は心が落ち着いたりします。

あくまで「まったりと友人のプレイを見ながら喜怒哀楽を感じたい」
そんな方へのクリスマスプレゼントと思います。


キミ犯人じゃないよね? DVD-BOX

(購入者の評価)
最初は特に期待も大きくなく、なんとなく録画していただけでした。
その録画も忙しさで見ることが出来ず溜まる一方で、「見ようか」「削除してしまおうか」悩みました。
でもせっかく録画したのだから一話だけでも・・・と思って見てみたら非常に面白い!
とにかく一人一人のキャラが良いし、ストーリーもテンポが良く、
細かい細かいギャグがちりばめられていて、ついつい細かい所まで見て笑ってしまう。
回を重ねるごとに、俳優さん達の息もぴったり合い、ギャグも更に細かく磨きがかかっていました。
貫地谷しほりさん&要潤さんはもちろんですが、渡辺いっけいさん・金剛地武志さんなど
脇を固める俳優さん達もとても素晴らしく本当に最高でした。

ずっと引っ張ってきた主人公の過去の記憶・・・少しシリアスな感じをどうまとめるのかが
気になっていましたが、最終回はそれがとても素敵なストーリーでまとめられていました。
主人公達の過去の接点や、驚くべき「姉妹のお買い物」も面白く、気持ちの良いラストでした。
ドラマのDVDは滅多に購入しないのですが、「キミ犯」は購入します!
価格もリーズナブルなので、見逃した方にもオススメです。


親孝行プレイ 第1巻

たったひとつの恋 DVD-BOX

(購入者の評価)
初めて買ったDVDBOXです!ストーリーは若干古い感じですが、亀梨君と綾瀬はるかさんの初々しい感じと綺麗な台詞。横浜が背景ですが、凄くロマンチックです。最後の方は微妙ですが、個人的には続編をやっていただきたい!是非二人の結婚が見たいです!泣きたいとき、恋がしたいななんて思っているとき、とにかく切なくなりたいときは見てほしい。今やKAT-TUNファンです

親孝行プレイ 第4巻

親孝行プレイ 第3巻

親孝行プレイ 第5巻

親孝行プレイ 第2巻

フレンチの国の王子様

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

(購入者の評価)
冒頭から「えっ」と笑ってしまいました。
地味にという言葉がいいのかわかりませんが、おもしろいです。


みなさんが書いているように非常にゆるい脱力系コメディです。
好き嫌いはハッキリ別れるかと思います。
洋画のようなスピード感ある映画が好きな人には合わないと思います。


ありえない世界炸裂なんですが、うんうんと見てしまいました。
君犯人じゃないよね?で男前だけのイメージをぬぐい捨てた要潤さん。この時点でかなり脱却してます。要さんのシーンが一番笑いました。

また蒼井優さんの破天荒な役柄もピッタリです。ただはっちゃけてるだけじゃない、天性のもつ破天荒さ。

こんな映画もアリだな、と思わせてくれた作品です。


自転車の国の王子様~超初心者のための趣味ガイド~

三木聡監督 スペシャル・ツイン・パック

ヒミツの花園 DVD-BOX

(購入者の評価)
出演者目当てとか、コメディの好きとか理由はなんでも良いけれど、ちょっと、お高いし、DVD表紙のまんがチックさが、一瞬引けるけれど、特典は良いし、堺雅人ファンや要潤ファンなら、買って損はないかも、、、。なによりストーリーが面白いし、兄弟仲良く、個性豊か、、、。個人的に寺島進さん演じる田中一郎くんが、釈さん演じる月山夏世(つきやまかよ)を『がっさんなつよ』って、呼ぶ姿が、かなり笑える。回が進んでも、元恋人役の真矢みきさんに指摘されるまで、しばらく釈さんの役を『がっさん』と呼んでいるのが笑えます。

動物のお医者さん DVD-BOX

(購入者の評価)
やっぱりマンガから実写って難しいんですかねぇ?正直…要潤はビミョ?でしょ?(゜_゜)吉沢悠は頑張ってましたけどね(^o^)

書道の国の王子様~超初心者のための趣味ガイド~

UDON スタンダード・エディション

(購入者の評価)
 基本的には良い話だと思います。
ただ、うどんブームに乗る話と親父のうどんを再現する話、
ふたつのネタを同じ重みで入れ込んだため、全体的に浅い
話になってしまった。それが残念です。


あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ DVD-BOX(6枚組)

(購入者の評価)
放送時にも毎週楽しみに観ておりましたが、今回DVDでまとめて観て改めて感動しました。
出演者が地味(とも思いませんが)で、視聴率はいまひとつだったようですね。
私には、ここ最近の「アイドル役者」ありきのドラマより真に良質のドラマだったと思います。
そうかと言ってシリアスなだけでなく、笑えるシーンも程よく、
謎が少しずつ解明されていく過程も非常に面白かったです。
「大人の為のドラマ」だけでは勿体無い内容。
若い人にも是非観てもらいたいです。
最終回にしのぶが読む台本、及び演出に涙が止まりません。


細木数子の幸せのレシピ vol.1 初回限定版

(購入者の評価)
初めに言っておきますが、私は細木先生ご自身に関しては、全く興味がありません。
でも、番組内の料理コーナーは好きです。
理由は、比較的簡単に調理できるからです。
もちろん、たまに材料が豪華で真似できないレシピもあります。
でも、それはまたご愛敬ってことで。


細木数子の幸せのレシピ vol.1

(購入者の評価)
うちの娘・7歳女の子は少食で、味に敏感。母の私の考え事の中心は、「どうしたら彼女においしく食べてもらえる料理を作れるか」そして、このDVDを購入しました。
最初、見たときは、「そんなにかつおぶしのだしをとれば、なんだっておいしいよ。かけはなれてる?」というかんじでしたが、カレーライスの作り方を実践してみて・・・「おいしい」今までのカレーの何倍もおいしいよ!!! 子供も、「ママのカレーが、おいしくなった」と食べてくれるようになりました。
値段がもう少しリーゾナブルなら、続けて購入したいのですが・・・ちょっと高いかな?
 でも、お酒の使い方のテクとか、かなり参考になって、私の料理の腕も少し上がりました。投資しただけのことはありました。
 味に敏感な娘に感謝です。


終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓

(購入者の評価)
否定的なレビューも散見されるが、私にはこちらのほうが本当の戦時をリアルに再現しているように感じられた。
優しいおばさんが非情な悪魔へと変わっていく姿を描くことによって、極限状態における人間の残酷さを表現したという点において高く評価したい。

勘違いしている人もいるようだが、火垂るの墓の原作はアニメではなく小説である。
読んだ人にはわかると思うが、作者の野坂昭如は特に誰に感情移入することもなく、淡々と62年前の神戸を舞台とした物語を綴っているに過ぎない。
親戚のおばさんを憎く感じるのは清太と節子を中心に描いたアニメ版の演出によるところが大であり、冷静な想像力を持ってすればその言動は決して大きくは間違っていないことに気付くはずである。むしろアニメ版よりこちらのおばさんのほうがより徹底して冷酷であるが、二人の置かれた立場の違いを考えれば、その罪深さも愚かさも、生きるために盗みを働き、誤った判断から妹を死なせた清太と本質的には同じであるということが理解できると思う。

野坂自身も実際には妹の食べる分まで自分のものにし、結果として妹を犠牲にして生き延びたという過去を背負っているわけで、その意味ではおばさんもまた原作者の分身であるといえる。あの時代を生き抜いた人々は兵士のみならず誰もが誰かの屍の上を踏んできたということを理解し、戦争を経験した人たちの死ぬまで癒されることのない悔恨と苦悩を斟酌するべきであると思う。

俳優たちの演技もすばらしい。特に主役の二人はアニメの声優とも声が似通っており、これだけ違和感を感じさせない演技ができるものかと素直に感嘆した。時代考証もかなり正確で、衣装や背景などにも細心の注意を払って製作されたことがよくわかる。

ただ明らかに反戦という主張が前面に出すぎており、すべての責任を政治や軍に押し付けるかのような言動や、これ見よがしのエンドロールなどはやや興ざめである。こうした頑張り過ぎは製作者の意図とは逆に観る側の感動や想像力をスポイルするのではないだろうか。よって評価はマイナス1点。


>> つづきをみる

ピューと吹くジャガー 15 (15) (ジャンプコミックス)

(購入者の評価)
レビューが悪いのは、オッサン率が高いから?
ちょっとマニアックなキモキャラが多いけど、そこが笑いどころでしょ。

私は好きです。ムガーとか。



KANAME’S CAFE―要潤フォト&プライベート

(購入者の評価)
「仮面ライダーアギト」G3ーXの撮影裏話や、恋の話、子供のころの写真、
たくさんのインタヴュー、得意料理のレシピなど、盛りだくさんの内容です。
もちろん、かっこいいフォトもいっぱいです。顔のアップは、たまらん〜!
現在放送中の昼ドラ「新・愛の嵐」に出演されています。


王子辞典 Prince Dictionary

(購入者の評価)
著者の好みが多分に入っている内容だと
思われます。
そのため、この人が王子なの?という人もいれば
どんぴしゃと思える人もいたりと、微妙な人選です。

特に、ドラマの役柄からの人選などが多いため、
時期を外して買った人間に取っては、
非常に古く感じてしまうところもあり、
雑誌のテーマを強引に一冊にまとめたと
思えなくもありません。

ただ、服飾史とかは興味深かったです。
非常に好みの分かれる本です。


学級崩壊・克服へのみちすじ―かわる教師、かえる教室〈第5巻〉中学校「人間不信の渦の中で信頼関係をとり戻す」

学級崩壊―かわる教師かえる教室 (第3巻)

抜群―要潤×金子昇写真集

(購入者の評価)
なぜこの二人!?という疑問はありますが、それはさておき
内容は 抜群 でした
インタビュー内容も良かったし、もちろん写真もヨダレものです

要君めあてで購入したのですが金子君の魅力にもとりつかれて
しまいました
どちらか片方のファンでも迷わず「買い!」です

next vol.1 INFOREST MOOK

(購入者の評価)
売り切れなのが残念! なくらい、内容のよい本です。
インタビューも写真も豊富。vol.2はぜひ、増版して欲しいですね。


同潤会基礎資料―近現代都市生活調査 (2第7巻)

教育原理要論 (1977年)

要 潤 2005年度 カレンダー

全国大学受験要覧〈昭和60年版〉 (1984年)

全国大学受験要覧〈平成8年版〉

全国大学受験要覧〈昭和57年版〉 (1981年)

全国大学受験要覧〈昭和61年版〉 (1985年)

全国大学受験要覧〈昭和56年版〉 (1980年)

全国大学受験要覧〈昭和58年版〉 (1982年)

全国短期大学受験要覧〈昭和58年版〉 (1982年)

国文法備要 (1936年)

全国短期大学受験要覧〈昭和60年版〉 (1984年)

全国大学受験要覧〈平成5年版〉

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4