菅田俊

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
菅田俊 おすすめDVD 菅田俊 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ダーク・ラブ~Rape~

(購入者の評価)
今回のヒロイン手島優さんは日テレジェニックに選ばれたと言うこともあってか、予測通り作品での、チ○ビの露出は皆無でした…でも作品に出演してる、女優陣では一番スタイルがいいかと思います。演技は今回の作品で言えば…5つ☆で評価するなら、3つってところでしょう!主役のダンカンの演技に強引なレ○プ犯を演じて欲しかったですね(笑)凶悪ではありましたが…おとなしさが物足りない感じがありました。作品での手島優さんはチ○ビの露出はありませんが、ダンカンとの絡みはそれなりに良い味を出してます。脇役の三浦敦子さんは見事に見せてくれてます。手島優さんは今後は女優として活動されるでしょうが、かつてのジェニックアイドルである藤本綾さんみたいにはなってほしくないものです…

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

(購入者の評価)
もう347件もカスタマー・レビューが投稿されていて、私自身公開時に映画館でも見たし、本DVDを発売当初から持っている者が今さら付け加えることはそうありませんが、少しばかりコメントさせてもらうと、本作は久しぶりに鑑賞しても感動する。トム・クルーズが「武士道」を読み込んだことに代表されるように、当時の日本人の生活、特に武士の大切にした精神的徳目についてよくリサーチされている。勝元が勇敢に突撃して散っていく様に対して、政府軍側が自然に敬意を捧げる場面、そして形見の刀を手にした明治天皇(若き日の明治天皇が登場する映画を私が目にしたのは本作が初めて)が日本人として忘れてはならないものに気づく場面は、展開がわかっていてもジーンとくる。外国人がサムライになって戦ったこと等ない訳だから、本作は日本史について外国人をミスリードすることを危惧する人が多いかもしれないが、日本を舞台にした作品でなくても史実どおりではないハリウッド作品はこれまでもいくらもあったのだから、本作も壮大なフィクションとして楽しめばよいと考える。

日本人俳優の健闘もさることながら、私が指摘したいのは、製作スタッフ面でも優秀な人たちが揃っていること。まず、音楽はハンス・ジマー。脚本/原案として「グラディエーター」も手がけたジョン・ローガン。矢を使った戦闘シーンで「ブレイブハート」を連想した人もいると思うが、その「ブレイブハート」の撮影を担当したジョン・トール、ASCと編集を担当したスティーブン・ローゼンブラム、A.C.E、ビクター・ドゥボイスが本作の製作陣に加わっている。これだけの製作スタッフが揃ったのだから、映画が面白くない訳がない。娯楽の王道を行く立派なハリウッド映画だと私は評価する。


キャプテン

(購入者の評価)
ここ最近、漫画の実写版が多く頭文字Dや逆境ナイン、最近ではシャカリキに20世紀少年とマニアックな原作ファンの多い作品が実写映画化されていますが、この作品もその一つで全ての作品に共通していることは、原作とは別に新たな気持ちで初めて見ることの出来る人でなければ楽しめないようなところです。
すなわち原作にとらわれているような心の狭い人には実写版を本当に楽しめないと言うことで、やはりマンガは漫画、アニメはアニメで実写は実写といった心の広い大人の心をもったファンでないと楽しめないと思うからです。
因みに、個人的には原作も読んでいますがこの作品を見たときに、実写的感動を受け、あえてDVD化されてからどうしても又見たくて、と言うより何時でも又見たいと思い購入を決めてしまいました。


魁!!男塾 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
主人公は桃だが、本当の主役とは秀麻呂のことだった!
脇役でしかなかった秀麻呂を敢えてクローズアップさせることによって、彼の成長を見守れると言う作品になっているのだった。
富樫の失恋もなんだかいい話だなと思えた。


魁!!男塾 プレミアム・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
画面から滲み出る予算足りてません臭と、無茶してます感溢れるスタントシーンといいB級臭さが最高であった。


金無いなら知恵を絞るといった工夫が凝らされた演出もあり飽きなかった。


特筆すべきは麿赤兒!平八塾長を見事に演じきっておられた。彼に怒鳴られたら身動きとれなくなるだろうな?と感じさせただけでも良し!体は小さいけど立派に塾長に見えました(笑

富樫の初恋シーンなど最初は「いるかこのシーン?」と思ったが最後はそのシーンがなぜか心に残るシーンになったのはなぜ?と思う不思議な映画でした。





となり町戦争

(購入者の評価)
 隣町どうしが戦争に!

 このあり得ない設定にどれだけリアリティを持たせてくれるのか、
楽しみにして見ました。

 まずは、偵察業務に命じられ混乱した主人公が町役場に出向き、
説明を求めるシーン。役人の女性のお役所的な対応はとってもグー!

 しかし、それだけ。
その後は淡々と進んでいく。
リアルな戦場シーンも巻き込まれた葛藤も無い。
主人公とヒロインのふれあいが描かれるだけ。
だから、ラストの主人公のセリフにも感動が無い。

 これでは「世にも奇妙な物語」の域を出ていない。
このクオリティーで映画にし、114分も引っぱられるとツライ。
今現在リアルに継続中のアジアやアフリカの内戦や貧困の記事を見て知っている
せいか、この作品の「おままごとの戦争ゴッコ」が心底腹立たしかった。

 しかし、江口洋介はオッサンになってもカッコイイな。
原田知世もイロっぽい演技ができるようになった。


女囚 07号玲奈

(購入者の評価)
楠城華子って方は芝居が下手すぎる。
この手のモノにありがちなエロとバイオレンス、だけで。
刑務所所長役の菅田俊さんが彼らしい芝居をしてる分マシって程度。

楠城華子さんは芝居する気ならもっと勉強しないとね。
Vシネ全盛時のVシネそのまま。


やくざに学ぶ経済戦術

(購入者の評価)
やくざに学ぶシリーズ第3弾。小沢仁志のナビゲーターで届ける実例@・実例A・実例B・番外編の4部仕立てとなっています。今回の見ものは実例@「A会B組系列K組東京事務所責任者T組長の交渉戦術」ただ1つでした。菅田俊のドスの利いたセリフと迫力には圧倒されます。値段が安いので買っても損はありませんでした。

昭和博徒外伝

GUN CRAZY Episode-1:復讐の荒野 デラックス版〈初回限定仕様〉

ニンゲン合格

(購入者の評価)
うん!これは!傑作です!
何が良いと言われましても…良いから良いんです!と答えるまでですね。
見れば良いか悪いかわかりますよ。
感覚的に好きです。映像も好きです。切なさも好きです。ちっちゃな笑いも好きです。傑作です!!!


「超」怖い話 TV完全版 DVD-BOX

(購入者の評価)
何となく部屋の電気を消して観てみたら。。。ホンとに怖い。恐ろしい。。。
ゾッとする。。。。
これ。ホンとにテレビで放送したのか?と疑問を持っちまったドラマ。。。
グロいし残酷だし。。。。一応最後救いがあったような気はするが。。。w
観終わってブルーな気持ちになっちまった。。。
んまあ、それだけ心に残ったドラマっちゅ?ことだな!(笑


勝手にしやがれ!! 強奪計画

アブナイ女

闘龍伝(2)

覇道 完結編

新書ワル2

野良犬

首領の女1

首領の女3

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4