金子賢

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
金子賢 おすすめDVD 金子賢 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ごくせん Vol.1

(購入者の評価)
ごくせんシリーズは一通り見ましたけど、やっぱ初代が一番最高ですね!!

頭脳明晰・運動神経抜群のカリスマ慎の坊、大食漢で愛嬌たっぷりのクマ、
母親思いでイカつい金髪のうっちーといい愛すべきキャラが勢揃い。
男として憧れる奴らばかりです!!
そんな奴らがボロボロになりながらも青春を謳歌しまくる姿は見ていて清々しい。

何といっても、イカつい3D率いるおさげ&ジャージ姿のヤンクミがこの作品の肝ですね。
生徒がボロボロにされている時に、「あたしの教え子に手ぇ出すんじゃねぇ!!」という啖呵と
共に颯爽と表れる姿はホレボレとするばかり!!
その強さもチンピラの集団を腕一本でノシてしまう位です。

ヤンクミと不良五人組の友情がいつまでも続くことを祈るばかりですね。


ごくせん Vol.2

(購入者の評価)
第4話は野田&藤山先生が、メイン!!野田の起こしたトラブルのため、皆が英語の勉強して30点以上取るシーンは良かったです!!(熊が出題ミスで28点+3点?で31点?になったシーンは少しベタ気味だけど悪くなかった。)

第5話は熊井がメイン!!ここで男らしさを見せます!!でも第5話は、一番見せておきたいシーンなのではないかと思います。喧嘩と暴力は違います。1対1で素手でやるならまだしも、1人相手に複数で寄ってたかってリンチにしたり、棒等を使うのは卑怯者のやることです!!この5話を見て人間としてのの思いやりや常識を現実でも守ってくれることを切に願います。

第6話は熊井&南+結城役のウエンツがメイン(ゲスト)。結城がどう虐めに対して自分が勇気出して踏み出すか(ギャグではないです・・)、これが大きくメインになるのではないかと思いますね。ここで南と熊井を絡めた点は良かったと思います。(昨年に結城をいじめてた他クラスの奴とつるんでたという設定より)。

感想としては特に、第5話&第6話は現実でもこういったことが起こらないようにと視聴者に訴えたかったシーンなのではないかと思いますね。虐め&暴力は現実でもありますが、自分がしたことは自分に倍にして跳ね返ってきます。自分がされて嫌なことは人にもしないということを分かってくれることを切に願います。


ごくせんスペシャル 「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」

(購入者の評価)
放送していた頃は欠かさず観ていた大好きなドラマです。
この卒業式スペシャルも含め、思い切って第1シリーズ全部購入して改めて観ましたが
やっぱり最高です!買ってよかったと思いました♪
ヤンクミの演技はもちろん、松本潤さんたち生徒ひとりひとりの演技が素晴らしくて
何度観ても飽きないし、分かってても泣いちゃいます。。。
ただこの卒業式は第1シリーズを全てチェックしてから観ることがおススメです。
最後の感動が全然違うと思うので。
また、今売れっ子俳優さんの松山ケンイチさんも3D生徒役でチラッと出てます。

知ってる方は改めて、まだ観たことない方は是非観てみてください。
きっと大好きなドラマになると思います。


ごくせん Vol.4

(購入者の評価)
2005年、亀梨和也・赤西仁等が生徒役で出演し、
高視聴率を叩き出した『ごくせん』。
しかし、2005年のドラマは2002年放送された
この第1シリーズの人気があったからこそである。

主演は勿論のこと、仲間由紀恵。
生徒のリーダー的存在・沢田慎を演じるのは、嵐・松本潤。
他、生徒役として、小栗旬、石垣佑磨、脇知弘など。
脇を固めるのは、
『トリック』で仲間と共演した、生瀬勝久や
中澤裕子、伊東美咲、田山涼成ら個性派なメンバー。
忘れてはいけないのは、
主人公・ヤンクミの祖父を演じる、ベテラン宇津井健。

威勢のいい啖呵、生徒想いの熱く優しい心、
信じるものにまっすぐで、少し間抜けなとこもある。
そんなヤンクミを仲間由紀恵が気持ちよく見事に演じている。

また、
ヤンクミの正体にいち早く気付き、
影ながら彼女を支え、仲間をとことん信じ、
妹のためならなんでもする。
そんなクールだけど、実は誰よりも素直で優しい、
成績優秀な沢田慎を松本潤が細かな視線の動きや表情で、
魅力溢れるキャラクターに仕上げている。

心にまっすぐ響くメッセージが
このドラマの見所。
無鉄砲で無茶なことばかりしてるヤンクミだけど、
生徒に対する思いはすごく強くて、優しい。
だからこそ、涙がこぼれます。

最終話の体育館でのシーンは、
出演者達の演技に圧巻です。
とくに、
生徒へ最後のメッセージを送る
ヤンクミこと仲間由紀恵と、
最後ヤンクミが自分たちのもとを去ろうとして、
擦れ違う瞬間に涙を流す
沢田慎こと松本潤の演技は見応えあり!!

何度見ても楽しめる作品です。
ぜひ、購入してみては?

ごくせん Vol.3

(購入者の評価)
伝説の第一シリーズごくせん!
沢田慎(松本潤)が本当にかっこいい!
決して他の生徒に比べると背も高くないのに誰よりもすさまじい存在感を放っている。
彼のキラキラした瞳とナイーブな演技に感動!

ヤンクミのキャラも最高だし、脇を固める俳優陣が面白すぎる。
生徒役の小栗旬らもいい演技をしている。
2005年の第2シリーズも面白かったが、この第一シリーズにはかなわないであろう。



キッズ・リターン

(購入者の評価)
すでにレビューで様々評価されているので、一つ気付いた点を伝えておきたいと思います。予告をみると、ラストシーンのシンジのあの有名な一言、終わっちまったのかなぁ…の後、いろいろな栄光、そして挫折や苦悩のシーンを流した後、マサルの馬鹿やろう、のシーンにつながる。
マサルの最後の一言は、はかなく絶望的なほどむなしいのだが、妙な力強さを感じるんだよなぁ…


傷だらけのラブソング DVD-BOX

(購入者の評価)
デビュー作だから出来た秀作だ!主題歌はもちろんだがぴったりとはまる劇中音楽、尾崎将也氏の優れた脚本に加えベテラン俳優陣が脇を固め、丁寧に各出演者の心情を描き出し共感させられる。特に高橋克典との絡みに珠玉のシーンが散りばめられている。(詳細は他のレビューを閲覧してね)
今や劇中通りスーパースターとなった彼女にそんな時間はもはや残されてはいない。やはり本業の歌手活動との両立は困難か。しつこいようだが、この作品を見せつけられた一ファンとしては、ちょっと淋しい気もする。それだけの秀作ですから、ぜひ観てみて下さい。いっそのことSさんには悪いけど歌手活動を一時休止してでも、 もっともっと歌以外の表現者中島美嘉を観てみたい。


Baby's Breath

(購入者の評価)
ヌードシーンはなく、セミヌードがほんの少しあるだけです。
バストトップは見えません。写真集「A」の付録DVDの乳スケが、お奨めです。


PRIDE 男祭り 2005 -ITADAKI-

(購入者の評価)
ミルコのコンディションがかなり悪かったそうで大変残念です。確かに、それほど動いていないのにスタミナ切れが早かったですね。様子もどこかおかしかったです。足も怪我していたらしいですが、それでもハント相手にあれだけ健闘したんですから、さすがはミルコと称えたいところです。終了間際の続きがかなり観たかったですね(笑)
ミルコのコンディションが良ければ凄まじい試合になっていたのではないでしょうか。

他には、小川と吉田が良かったですね。興味ない選手なんですが、今まで観た吉田の試合の中では一番光ってます。吉田を見直しました。小川病院送り(笑)

アローナは判定にだいぶ不服そうでしたが、やはりヴァンダレイが僅差で勝ちだと思いました。前回の完封負けを払拭する内容ではありませんでしたが。
1Rのヴァンダレイのアグレッシブさに、アローナは萎縮してしまったように感じました。その印象が強いです。押されたせいか、アローナの強烈なローがあまりでませんでした。
状況的にモチベーションの差はあったでしょうね。ヴァンダレイは、今回絶対の絶対に負けられない試合だったでしょう。慎重にパンチ連打を狙う地味なファイトスタイルですが、タフな精神力と肉体を持つ強いミドル級チャンピオンだと思います。

ズールにはもっとがんばって欲しかったですね。氷の皇帝の戦闘をもっと観たかったです。


ごくせん Vol.3

ごくせん Vol.2

(購入者の評価)
最近おもしろいことないなあなんて思っているあなた、ごくせん見て笑いませんか?しかも泣ける!!最近のドラマのベスト3に入ります。

ヤンクミかっこいーし、まつじゅん、かわいーし。まつじゅんの学生服姿、ちょー決まってる!あんな熱血先生や、まつじゅんみたいにかっこいい子がいたら、毎日学校行くのたのしーよねー。私も生徒になりたーい。と思わせるドラマです。

Days Vol.2

太陽にほえろ! 2001

(購入者の評価)
昔のシリーズとは、全く別もの。それを前提に観るべし。ま、七曲署の未来を描くことは、何も不自然なことではないし。どうせなら、舘ボスもいいけど、神田ボスでやってみたらどうですかね?

ストレートニュース Vol.2

(購入者の評価)
 こんなに面白い作品は近年見なかった。コミカルな面白さではなく、シリアスな面白さである。笑うような面白さではなく、話の展開、最後の大どんでん返し・・・ストーリーが良く出来ている。この作品の脚本を書いたのはあの「パパはニュースキャスター」(`88年?・田村正和主演)「子供が寝たあとで」(`92年・柴田恭平、三浦洋一主演)を書いた伴一彦氏である。あの人はコミカルな作品が得意と思っていたが、こういったシリアスな作品もウマイ人だったのである。意外な驚きだった。とにかく話が面白い。しかもこれ、いま現実的にありえない話ではないから恐ろしい(実際有ると思って良いだろう)・・・

ストレートニュース Vol.3

(購入者の評価)
 シリアスなサスペンスドラマとして最高だ。笑いなどは殆ど無いが、話がとても良く出来ている、近年の日本のテレビドラマの中にあってはとても良く出来た作品。絶対お奨めだ。今の日本の社会の悪といったものの、それが実に現実的に、知ってる人は知ってる、普通の人達は想像もできないようなこと、しかし知ってる人は知ってる、「現実に有り得る話」だ。だから余計にリアル感が有る。これは架空の話ではない。現実に有りうる話だということを念頭に見てほしい。


ストレートニュース Vol.4

(購入者の評価)
 こんなに面白い作品は久々だ。
 コミカルな面白さではなく、シリアスな面白さである。笑うような面白さではなく、話の展開、最後の大どんでん返し・・・ストーリーが良く出来ている。この作品の脚本を書いたのはあの「パパはニュースキャスター」(`88年?・田村正和主演)「子供が寝たあとで」(`92年・柴田恭平、三浦洋一主演)を書いた伴一彦氏である。あの人はコミカルな作品が得意と思っていたが、こういったシリアスな作品もウマイ人だったのである。意外な驚きだった。とにかく話が面白い。しかもこれ、ありえない話ではないから恐ろしい(実際有ると思って良いだろう)・・・



ストレートニュース Vol.1

(購入者の評価)
 こんなに面白い作品は近年見なかった。コミカルな面白さではなく、シリアスな面白さである。笑うような面白さではなく、話の展開、最後の大どんでん返し・・・ストーリーが良く出来ている。この作品の脚本を書いたのはあの「パパはニュースキャスター」(`88年?・田村正和主演)「子供が寝たあとで」(`92年・柴田恭平、三浦洋一主演)を書いた伴一彦氏である。あの人はコミカルな作品が得意と思っていたが、こういったシリアスな作品もウマイ人だったのである。意外な驚きだった。とにかく話が面白い。しかもこれ、ありえない話ではないから恐ろしい(実際起こり得る)・・・

ストレートニュース Vol.5

(購入者の評価)
 シリアスなサスペンスドラマとして最高だ。笑いなどは殆ど無いが、話がとても良く出来ている、近年の日本のテレビドラマの中にあってはとても良く出来た作品。絶対お奨めだ。今の日本の社会の悪といったものの、それが実に現実的に、知ってる人は知ってる、普通の人達は想像もできないようなこと、しかし知ってる人は知ってる、「現実に有り得る話」だ。だから余計にリアル感が有る。これは架空の話ではない。現実に有りうる話だということを念頭に見てほしい。

東京物語(TV版)

(購入者の評価)
原節子さんが出演されていた「東京物語」とは時代の背景が変わってしまってますが、平成版らしさ・味のある作品に仕上がっています。涙なしでは見られません。

ごくせん Vol.1

(購入者の評価)
今の学校の先生ではめったにいないごくせん!!いつも熱くて、自分のことを犠牲にしてでも生徒のことを一番に考えてくれる、人間としての行き方を教えてくれる先生です。
私はこの番組にでてる成宮君のファンですが、彼はこの番組で俳優として大きく成長しました。成ちゃんの笑顔は最高です。
是非みてくださいなり★


>> つづきをみる

目からウロコ!これが増減資・組織再編の計算だ!―ESG法務研究会の斬新会社法道場!

世界のインテリジェンス―21世紀の情報戦争を読む

(購入者の評価)
 主要国の情報機関と情報活動をその歴史的背景を含めて概説してあるので、重宝する。無論紙幅には限りがあるが、本書によって世界の主要な情報機関は全てカバーされていると言っても過言ではない。読者は本書を読むことで、国家の情報活動はその国家のアイデンティティと不可分なものであることを理解できるとともに、各国の情報活動の特徴を比較することで、わが国の情報活動のあり方を考えるヒントを得ることができる。

 最大の難点は、国別に著者が異なり、質にバラつきがあること。ドイツ、ロシアの章は個人的に優れていると感じたが、フランスの章の出来はイマイチ。アメリカの章は、その重要性に比して分量が少なすぎる。ただ、本書はあくまでも概説書であり、概説書としてはかなりの水準に達していると言える。


目からウロコ!これが計算規則だ株主資本だ―ESG法務研究会の斬新会社法道場!

心理療法に生かすロールプレイング・マニュアル

(購入者の評価)
心理学の「クラシック」的な著作である。モレノの活躍した時代のロールプレイング、その後アドラー派が活用したロールプレイングがよくわかる。できれば、原書の巻末にある参考文献録も掲載されていればなぁと思う。読み物としてもおもしろい。読みやすい文である。

教師のためのロールプレイング入門 (〈生徒指導の基本実際〉シリーズ (11))

分析化学演習

分析化学演習 (1960年)

金子賢MEN’Sニット―クール&スタイリッシュな手編みニットがいっぱい! (レディブティックシリーズ (1467))

化学工学入門

化学工学入門 (1968年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4