金子昇

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 
金子昇 おすすめDVD 金子昇 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ITバブルと寝た女たち

(購入者の評価)
全然面白くないかも!?2006年1月のライブドアショックをそのまんまドラマにしているのですが、何か凝ったディティールがあるわけでもなく、先がわかってしまうだけでにかなり「痛い」映画ではありますね・・・。1月16日の強制捜査をドキュメントでやったほうがよっぽど面白かったかも。エロっ気狙いと言っても(15才未満禁の割には)中途半端。

メノット 遺言 覗かれた別荘 (特別完全版)

(購入者の評価)
もともとの「メノット遺言覗かれた別荘」はメノット(劇場版)の映像と未公開映像を国分佐智子(老けたメイク)の語りで繋げたスピンオフ作品だった。
正直藤本綾の未公開シーン欲しさだけだったが、本当の意味での未公開映像はとても少なく期待はずれだった。
今回、さらに未公開映像20分の盗撮部分追加とあるので、彼女のファンとしてはもう動いてる彼女の映像は全部欲しいので購入した。
しかし、またも裏切られてしまった。未公開部分はスピンオフ部分とは関係なく別アングルで撮ったものを本編にも使った部分と合わせて特別映像として収納されているだけ(実際に未公開が20分ではないと思う)。なんか、AVの別アングル収録を思い出してしまった。
星1つ分は、藤本綾のオナニーシーンが、本編では胸を手で隠しているのだが、最後に手をはずした1秒程度が見られること。でも、「絶対このあとの映像もあるはず」っていう状態でブッツリ切られている。そのあとは撮影後の部分だからと言うなら、メイキングにしても良かったのではないか?これでは「特別完全版」とは言えない。


メノット

(購入者の評価)
さすがはフェ●チオ写真が流出した藤本綾だけに、だいたんなエッチシーンが多い作品でした。

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディション

(購入者の評価)
金子監督の『GMK』もそうでしたが、この時期のゴジラは監督による『私物化』が酷く
進んでいるような気がします。平成VSシリーズに比べて金子・手塚両監督の作品は昭和回顧
進みすぎていて、大森監督みたいに、ストーリに矛盾がありながらもゴジラの新しい可能性をみせずに、敢えて無視しているような気がします。手塚監督は『メカギラス』でVSシリーズの呪縛を断ち切りつつあったのにこれは凄く残念です。僕は専門学生のときにこれを見ましたが、昭和・平成VSシリーズのゴジラのようにゴジラ自体が強くなく、ひたすら、自分の創造したメカゴジラに華を持たせようとする姿勢がアリアリと見えました。でも、大島先生の音楽とモスラの造形は素晴らしかったです


ドリフト6-Z- デラックス版

(購入者の評価)
一言でいうとクルマが題材の映画を撮るのにクルマのこと全く理解していない人間が作っている印象。

操作、音、走行シーン、シチュエーション設定が非現実的で、クルマの走行、バトルの緊迫感など子供だましの稚拙な演出。

かつての首都高トライアルなど、可能な限りリアルに走りを見せたものだが。。。

なぜこれほどまでの駄作が6話までシリーズ化するのか?
なぜドリフトというタイトルなのか?

ここまで全てにおいて「ありえない」と思うできの悪いVシネもないだろう。
おそらくはレンタルで見た人間も、数百円が惜しくなるような近年まれに見ぬ<超>駄作。


てるてるあした DVD-BOX

(購入者の評価)
黒川さんの喜怒哀楽にあふれた様々な表情を見ることができました。

黒川さんのファンの方は購入しても損することはないと思います。

テーマ曲も良かったですね。
テーマ曲を歌うグループがドラマに出演したりもしたんですよ。そのさいに黒川さんがテーマ曲を歌うシーンがあったのですが、これがとても可愛くて、今でも印象に残っています。


菊亭 八百善の人びと-全集-

(購入者の評価)
老舗の江戸料理屋「菊亭八百善」の若女将になってしまった女性の奮闘記。ちゃきちゃきで気が強く、芯の通った魅力的な夏川結衣さんが見られます。吹越満さんとの夫婦がまたいい具合。格闘シーンをはじめ、ちょっとしんみりとしたシーン、どれもいいです。(このお二人はNHKの高村薫さん原作のドラマでも夫婦役をやってましたが、あの時の夏川さんはすでに死体・・・・・・回想シーンもありましたが) 金子昇さんのすがすがしい職人姿も印象的、杉浦直樹さんをはじめ、渋い役者さんたちが脇を固めており安心して見られました。宮尾登美子さん原作のNHKのドラマはよいものが多いと思います。原作にけっこう脚色がほどこされ、ドラマチックに仕立てられているのですが。「蔵」などもおすすめです。

GODZILLA FINAL BOX

(購入者の評価)
 みなさんゴジラヘッドについて語られている方が多いので、ここではあえて自分的にこれはやめて欲しかったという部分を書きます。
 それはずばり、デジパックです。確かに30枚もあるBOX、紙製のデジパックでコンパクトに収納する方が場所も取らない、コストもかからないの一石二鳥、三鳥だとは思うのですが、どうも気に入りません。なぜなら、2?3回出し入れしただけですぐに傷だらけになってしまうからです。自分でもびっくりしました。大切に扱っていたはずなのに…!っていう感じです。
 まぁゴジラ全作がそろうので、買って損が無いでしょうが、このデジパックとやら、これだけが気に入りません。


釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった

(購入者の評価)
釣りバカ日誌もマンネリ化してきたなあと思っていたらこの作品で考え変わりました。釣りバカ日誌は全作品見ていますが,これが最高傑作と私は思います。

まずオープニングの社歌がいい!映画館で見たらそりゃーもうすごく元気が出ました。
伊藤美咲が光ってます。
それにストーリーも意外性があってなかなか。

それに比べて,最新作の瀬戸内海が舞台の作品,あれはひどかった。瀬戸内のいい風景もうまくとれないし,マドンナ役の壇れいもまだまだ。

釣りバカ見るなら16です。


松本清張・最終章 わるいやつら DVD-BOX

(購入者の評価)
題材や、キャストはいいので、もう少し引いた感じで、演出してほしかったです。キャラが漫画のキャラのように、作りこまれてるので、リアリティーがない。シリアスなシーンでも、なんか笑ってしまったりしてしまった。でも、最後まで、見る価値はあると思います。実際、自分は原作を読んだことなかったので、最後まで、楽しめました。デスノートの映画版みた時と同じ感じを受けました。まあ、豪華な昼メロといったところでしょうか。その豪華さに大甘で、星四つです。

釣りバカ日誌 16 浜崎は今日もダメだった♪♪

(購入者の評価)
見るたびに幸せな気分にしてくれるシリーズです。今回は、佐世保が舞台です。鈴木建設社歌で始まる第16作は相当な気合が入ってるな、と当初思わせられたのですが、どうもその後ノリが良くないと思っていたところ、しっかりと用意していてくれました。これは言えません。思い出しただけで、笑いを堪えるのに苦労します。ストーリーとしてどうか?という疑問もありますが、観客の予想を完全に裏切って(超えて)くれました。強引ですが、強力な笑いの一手と申し上げておきましょう。(判りにくい説明で申し訳ないですが)どうぞ、釣りバカファンの方、ご覧ください。

嬢王 DVD-BOX

(購入者の評価)
支離滅裂ストーリーながら、やみつきになる面白さ。
おどろおどろしい夜の世界。
そこで愛だ家族だ誠意だを説く現代ドンキホーテ。
虚業を否定し、実業を語る、図太さ。

役者達も曲者揃いの面白さ。
ビジュアルも満喫。
ストーリー展開も山アリ谷あり、ドンデン連発、楽しめます。

日本的和の精神が、勘違い資本主義に快勝する快作。
一見の価値大。


ドラゴンフライ

(購入者の評価)
とても面白かったです。リアリティありましたし、予想外にほしのあきの演技はなかなかでした。しかし、やはり横山めぐみと国分佐智子の迫力の演技は凄かったです。正直、コメディチックな作品なのかと思っていたのですが、かなりシビアな作品で、自分的には大満足でした。

I’LL/CKBC #2「少年達が空を見上げた日 Primitive Rude Flowers」

(購入者の評価)
声優がよかった。

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 通常版

(購入者の評価)
色々言いたいことがあるが、いい点・悪い点を羅列。
いい点:クロ高の実写化。原作付きの物としてのクオリティは及第点。
製作者がクロ高好きなのは感じられる。爆笑ではないがジワジワと笑える。
悪い点:1.キャラについて:林田がモヒカンじゃない。脇役でモヒカンの奴がいるのに。
これは他の方も書いている。しかしながら、私がもっとも言いたいのはこちら。
「林田が大してバカじゃない」引き算ができない。そういう問題じゃねえ!
これは痛い・・・この時点で、クロ高のパワーは半減。
そしてフレディが日本人。破壊力が激減、ものすごくチープになった。
2.地球防衛軍あたりからダレる。同監督のババアゾーンみたいに、ショートストーリーで
最後まで行ってほしかった。
3.製作者がクロ高好きなのは感じられる。が、観点がずれている感じ。
4.本編よりオーディオコメンタリーのほうが面白い。
(本編は一回見たのみ、オーディオはダラダラと何度も見ている)
5.OPを初見したとき「ごく普通のヤンキー高校」。やはりこの時点で映像化に無理が
あった、と言わざるをえない。
6.大好きなキャラ、山口ノボルの登場が唐突。かつ扱いが中途半端。

本来☆二つだけど、悪い点4.と板尾兄さんの熱演により☆ひとつ追加しました。


I’LL/CKBC #1「十字路、いつかの景色 Standing Cross Road」

(購入者の評価)
茜の演技が気になりました。
声質は未だしも喋り方が妙にヤクザっぽく、台詞量が多くなると早口になってしまったり、小技が利かないので他のキャストが上手いだけに残念です。
最初柊の演技も合っていないように思えましたが、こちらは暫く聞いていると違和感が薄れてくるので流石です。
柊兄(野島健児)の声は少々軽く感じられましたが、茜以外は全体的に適当といった感じでほぼ不満無く受け入れられました。
演技、声共に柊父(岸野幸正)が1番良かったと思います。
絵に関しては、淡く柔らかい背景や逆にシャープな人物の色彩も落ち着いており、I'llの世界によく合っていると思います。
欲を言えばもう少し線が細かったり端々に動きのある方がいいと思う箇所が有りますが、変な濃さも無く満足です。
話も補欠合宿を軸に色々なエピソードを引っ張ってきた感じで、多少性急ですが原作を読んでいたので短い時間の中ではうまく纏まっていたのではないかと思います。


ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

約束

(購入者の評価)
観終わって、ああよかったと感じる後味のいい映画は数少ない。
この映画は、その数少ない実にさわやかな映画だ。
転校してきた美しい少女「小野妹子(ニックネーム)」をめぐるたわいないともいえる恋の物語だが、
それだけにすごく純粋で心あたたまる思いがする。
「うまい棒」という駄菓子がキーとなるアイテムで、駄菓子というのは
懐かしさをかきたて、少年少女時代のさまざまな思い出をよみがえらせるアイテムである。
私も5円や10円をもらって、アメちゃんとか買いに行った。
夏には15円で、どんぶり鉢いっぱいのかき氷が買えた。
ただしどんぶり鉢は家から持っていくのである。
小学校時代に打ち明けられず、片思いしていたKさんを思い出した。
またシモンズの「約束のコスモス」という歌を思い出した。
ラストのほうで、ああよかったとほっとします。


魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 初回限定版

(購入者の評価)
原作の雰囲気をそのままに、監督ならではのアレンジが程良くマッチしている。
登場人物も個性的で面白いし話の流れもスムーズ。
主人公の勘違い(良い意味で)には大笑い間違いなしです。
デストラーデ高校、バース高校、バナザード高校の連中も
出番があると良かった…ってそれはこの上映時間じゃ無理か。

特典ディスクも凝っていて面白い。
いろいろと秘密が明かされます。
メカ沢の缶ボックスもインテリアとしても楽しめる(?)。
茶筒代わりになってもガンダムの代わりにはなりませんのであしからず(笑)。


放郷物語 THROWS OUT MY HOMETOWN

(購入者の評価)
飯塚監督は87分という時間の中に色々なものを詰め込みすぎである。ひとつひとつはよいエピソードになる可能性があるのに、3つも4つも同時進行するから感情移入ができない。もとになる世界観は岩井俊二であることは明確だが、ここはひとつ徳永えりの心情に絞って作品化したほうがよかった。徳永えりは何となく希薄なキャラがわざわいして、ほとんどが助演としての位置づけであるが、本作では堂々のピン主演だ。一級の女優を得て岩井ワールドを踏襲するのだったら、「四月物語」路線のほうがきっと共感者も多かったと思うし、徳永の良さももっと活かせたはずだ。冒頭の引っ越しのシーンなどは引き込まれるのに、もったいないなあ。安藤希との関係性だとか、そういうところも膨らませないと、まったくよくわからない。大体、愛子の家族が1秒もでてこないのは不自然。また、奥貫薫という場面をさらえる女優も起用しているのに、あの生活感のなさは何だろう。モデルハウスのような家はさすがに白けた。観客の想像に委ねる作品もたくさんあるが、これは委ねすぎである。作品評価は星2つだが、大甘で徳永えりに初主演記念のプラス星2つ。

>> つづきをみる

中学生の古典―古典読解のコツがよくわかる (Aクラス選書)

金子昇魅せるカラダ改造術 (TJ mook)

最新の炭素材料実験技術(物性・材料評価編)

抜群―要潤×金子昇写真集

(購入者の評価)
なぜこの二人!?という疑問はありますが、それはさておき
内容は 抜群 でした
インタビュー内容も良かったし、もちろん写真もヨダレものです

要君めあてで購入したのですが金子君の魅力にもとりつかれて
しまいました
どちらか片方のファンでも迷わず「買い!」です

神奈川県横浜市金沢区を歩いてみよう!植物ウォッチング

next vol.1 INFOREST MOOK

(購入者の評価)
売り切れなのが残念! なくらい、内容のよい本です。
インタビューも写真も豊富。vol.2はぜひ、増版して欲しいですね。


金子昇写真本らいっ!

(購入者の評価)
俳優:金子昇としての表情ももちろんだけど、自宅でくつろぐ写真やリラックスしている写真、インタビューなどで素顔の金子さんを知るのに最適な一冊です。シャワーシーンや寝顔の写真などといった、普段見られない表情が楽しめる一冊になっております。

天鐘田中逸平先生追悼録 (1983年)

地域政策の計画と適用 (1974年)

定昇問題と賃金決定 (1983年)

青年運動 (1952年) (教育文庫)

基本電子工学 〓@77DE〈回路編〉 (1973年)

九月二十六日午後七時三分 停電

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4