金城武

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 
金城武 おすすめDVD 金城武 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
Sweet Rain 死神の精度 コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
死神が仕事をする時は雨がふる‥

過去・現在・未来を経て一人の人間の一生の美しさに、いろいろなコトを考えさせられます☆


Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
金城武が好きで劇場版で見たかったのですが忙しくて見れなかった映画。
DVDで発売されたので購入してみました。
主人公は金城武と小西真奈美かな?
死神役の金城武は対象者(1話目では小西真奈美)に対して「実行」「見送り」を判定する
役です。
1話目の小西真奈美は日々会社のクレーム対応に追われるOL役、彼女の愛した人は何故か
自分を置いて死んでいくという。
そんな小西に接触を試み、「実行」と「対応」の判定どちらにするかを選ぶ立場の金城。
彼が死神として現れる時は何故か必ず雨....
※注意:恋愛物ではありません。

うまく言えないけど生きてるって素晴らしい。
そんな感じを覚えさせる映画でした。
小説版を読んでいないので何も言えませんがこの映画をみた人がそれぞれ何かを感じてもらう映画なんだと思いました。


STARDUST REVUE LIVE TOUR“31”

LOVERS

(購入者の評価)
一言でこの映画を言うなれば
素晴らしい

欧米にはないアジア独特の表現力
チャン・チィーはあまり好きではないがこの人は根っからの女優気質のある人なんでしょうね
踊りをやっていたのも何かの縁なんでしょうか
うまくこの女優の味を出した映画だと思います
金城さんもいい演技していますよね
身のこなしがうまいです
でもしゃべりがあまりうまくないというところは吹き替えで良かったと思います

ストーリーは良くある3角関係の恋愛ばなしですが俳優の表情や動きが見事でその駆け引きがうまく表現されアクションもアジア独特のチャン監督独特の方法で表してあり最初から最後まであきずにハラハラ、ドキドキして見れました
数ある映画の中で1度は見てもらいたい映画だと思います


恋する惑星

(購入者の評価)
このリマスター盤は確実に「買い」です!
目茶苦茶綺麗です!
まるで違う映画を観ているような感覚を味わえます。映像に負けず劣らず、音質も素晴らしく向上。
つまり「恋する惑星」を初めて観たときのワクワク感を、また味わえるのです。
クリストファードイルのカメラは、まるで動く写真集の如く、俳優たちは実在の人物のように自由奔放。
このDVDは堪らないブツと言えるでしょう!


傷だらけの男たち

(購入者の評価)
お気に入りの映画ベスト10には入る「インファナル・アフェア」の監督アンドリュー・ラウ、俳優トニー・レオン最新作。日本人俳優・金城武も出演している。

恋人が自殺したことによるショックからアルコール依存症になり、警察を辞職して私立探偵になったポン。そんな彼に事件を依頼してきたのは、警察の時に上司だったヘイの妻スクツァン。彼女の父が何者かに殺されたというのだ。捜査するポン。そして彼の前に浮かび上がる容疑者・・・それはヘイだった。

「インファナル・アフェア」には及ばないが、本作も男クサい熱い映画。題名の通り、傷だらけの男たちが見せる人間ドラマは、切なくて感動する。この映画でもトニー・レオンの演技はすばらしい。すばらしすぎる。

見せ方がもう少しうまければ、この映画も星5個だった。この映画の大事なポイントは 1・・・スクツァンの父を殺したのは誰か 2・・・何故スクツァンの父を殺したのか この2つである。しかし、ポイント1は実は映画の最初の方でわかってしまうのだ。この2つのポイントをラストにまとめれば最高だった。まさに劇的と呼べるラストになったに違いない。

「インファナル・アフェア」とはまた違った人間ドラマを見せてくれたアンドリュー・ラウ監督はすごい人だ。これからも彼の作品に期待したい。この「傷だらけの男たち」もすばらしい作品なので、是非見てもらいたい。




不夜城

(購入者の評価)
新宿歌舞伎町。

海外マフィアが牛耳るこの街は、
日本であって日本でない場所。

劉健一はその中でも、特殊な存在。
日本人と中国人のハーフ。

日本人からも中国人からも拒絶され、
どの組織にも属さず、自分の勘だけを頼りに
綱渡りのように日々を生き抜いていた。

過去の事件が発端となり、
劉健一は歌舞伎町のマフィアグループ間の抗争に巻き込まれる。

その状況はあまりにも絶望的だ。

しかし、危機に直面するほど
圧倒的に輝く劉健一の魅力。

ただ生きるためだけに、もがき続ける劉健一の姿は
哀れだが、タフで、したたかで
最高にCOOLだ。

キーとなる一人の女、夏美。
行動を共にするうちに、明らかになっていく夏美の驚愕の過去。

劉健一は、彼女に自分の影をみる。

同じ傷をもった二人は、
極限状態の中、互いを激しく求めていく。


やがて、劉健一は
生き延びるために、究極の選択を迫られる。

そして、生き延びるために
劉健一が代償として捨てたものは
あまりにも大きい。


人生は取捨選択の連続だ。
程度の差こそあれ、
基本的に何かを犠牲にしなければ、
何かを得ることはできない。

皮肉なことに
やさしさや愛といった人間が人間であるための
最も大事な物を捨て去ることで
劉健一は生き残り、
歌舞伎町の中国マフィアのボスに君臨しつつあるところで
映画は終わる。

我々も、劉健一と同じように
(消去法さえ通用しない状態であっても)何かを選択し、
そして、掛け替えのない別の何かを
犠牲にしながら、生きている。


映画のエンディングで
劉健一が呟いた最後の一言が印象的だ。


「ところで、夏美って誰だ…」


我々も劉健一と同じように、
その犠牲に気付かないで
― あるいはその犠牲に気付かないふりをしながら ―
生きているのだ。


スペーストラベラーズ

(購入者の評価)
ありきたりな銀行強盗モノだが当初の予定とは程遠く全くグダグダな展開に。オタ色も強く、ちょっとヤリ放題し過ぎなノリなので好みは分かれると思う。

あー、こいつらおバカなことやってんなあ、って感じで見るのが良いです。

すみれさん前や舞台女優の現在も好きだけれど、この時期(ショート)の深津絵里は最強。 おそらく金城くんが主演なんだろうけどおいしいところどりで人一倍の演技力で頑張る深津ちゃんの主演といって良し。

ただ、投げっぱなしなままのネタや踊るシリーズでも賛否な泣かせますよ的なラストは正直いただけませんが。


君のいた永遠(とき) デラックス版

(購入者の評価)
金城の役どころに感情移入してしまう。
(主役の女性の性格には、ナルシスティック過ぎて鼻白むところがあるが。)

再会し、遠回しに関係をやり直そうとする金城の言葉に、知ってか知らずか、その想いを受け止めず曖昧に話を逸らし続ける女。
そのシーン丸ごと、あまりに酷似している自分の経験/記憶とシンクロして胸が痛む。
交わりこそすれ、何度も何度もすれ違い、永遠にひとつになることが無い関係というのは確かにある。
彼女を想い、屋上で空の写真を撮るという形で表現された、静かな彼の姿も痛々しくていい。

あまり過激なラブシーンをしない金城にしては珍しい、激情に駆られたラブシーンは、ファンなら必見。エロさというより、一途なひたむきさを感じさせるのは、やはり彼ならではかもしれない。その後「お互いに激しく求め合ったあれは何だったのか?」と、いうモヤモヤした感じも、「実際はそういうものだよね。」と、嫌にリアルに受け止めているのは私だけだろうか。

彼の成長した姿を演じる役者が、そこまで作り上げたドラマを一気に白けたものにさせるのが残念。もっと素敵な男性になっていないと説得力ないでしょう。
泣かせるはずのラストでの彼のお辞儀の不自然さで、これまでのムードがぶち壊し。
(その後の映像-ちょっと「ニュー・シネマ・パラダイス」を連想させる-で挽回するけど、クライマックスなんだから、一度落とす理由はないでしょうが。)

とにかく、なんだかんだ言っても、自分の中のナルシスティックで自虐的な記憶(苦笑)を何度でも刺激され、金城の魅力が心に焼き付く一本。


神様、もう少しだけ

(購入者の評価)
元々は金城武のファンで見ていた作品でしたが、どんどんフカキョンとのシーンに釘付けでした。いつでも見れる様にと思いDVD購入しました。何度見ても飽きない至極の作品です。余談ですがどうして海外の俳優さんはキスシーンが上手なんでしょう…演技に見えないとてもリアリティを感じるのは私だけでしょうか?とにかくお勧めして間違いない作品です。

神様、もう少しだけ

(購入者の評価)
元々は金城武のファンで見ていた作品でしたが、どんどんフカキョンとのシーンに釘付けでした。いつでも見れる様にと思いDVD購入しました。何度見ても飽きない至極の作品です。余談ですがどうして海外の俳優さんはキスシーンが上手なんでしょう…演技に見えないとてもリアリティを感じるのは私だけでしょうか?とにかくお勧めして間違いない作品です。

リターナー ― デラックス・エディション

(購入者の評価)
パクリと言ってしまえばそれまでですが、色んな作品のカッコイイ所、面白い所を集約した作品です。
オマージュが嫌いな人は見ない方が良いかも。
ストーリーはありがちでありながら、やっぱり最後は泣かせてくれます。


ゴールデンボウル DVD-BOX(4枚組)

(購入者の評価)
野島作品のファンですが、その中でもなかり上位の作品です。

リアルタイムでは見られなかったので、かなり後になってDVDで見たのですが、感激!でした。

普通ならドラマは1度見ればそれで満足ですが、何度でも見たい!!
DVDを大切にします。


アンナ・マデリーナ

(購入者の評価)
ちょっとせつないけど心に残るいい映画でした。“×と0”のストーリーが好きです。

金城さん、「恋する惑星」や「天使の涙」とは違った純情キャラを好演。
ケリー・チャン、アーロン・コクもいい味出してました。
エリック・ツァン(大家)、ジャッキー・チュン(警官)、レスリー・チャン(編集長)、
そしてアニタ・ユン(レスリーの部下。彼女の控えめな役どころは初めて見ましたw)。
大物ばかりがチョロっとゲストで出ているのも見逃せません。

バッハの名曲、「アンナ・マデリーナ」・・・改めて素晴らしい曲だなぁと思いました。
ケリーが歌うエンディングの歌もいいですね。作曲があの河村隆一なのもポイント♪
ミニアルバム「人間失格」でも聴けるので、そちらもどうぞ!


天使の涙

(購入者の評価)
ウォンカーウァイ作品に、恋する惑星以上はない。
強いて二番目を挙げるなら、
この作品か、欲望の翼。

この人、売れてから完全にナルシストに走っている。
確かにアーティスティクな映像美はある。

しかし物語の構成や、過剰すぎる演出が、
2、3本彼の作品を見たら飽き飽きしてくる。

くどい。

カーウァイの作品には、北野武監督の一連の作品に見られるのと、
同種の不快感を感じられるだろう。


リターナー〈スタンダード・エディション〉

(購入者の評価)
日本のSFは世間的に見たら時代遅れで、まさかここまでやってくれるとは思いませんでした。金城武のファン、邦楽ファン、アクションファンの人達は是非みた方が良いです。ただ、ストーリーがよくSF映画にあるパターンなのでストーリー重視の人は少し不満が残るかもしれません。

ウィンター・ソング

(購入者の評価)
これは映画にする意味があるんだろうか・・・。どうせならミュージカルで、舞台でやった方が素敵だと思います。ふたりの過去の出来事と現在が交互に映し出されたり、突然、撮影シーンであろうミュージカル部分が映し出されたり、画面はやたら変わるのに状況は変わらない。何も進まず何も変わらず・・・結局何が言いたいんですか?ってゆうくらい得るものがありません。

ターンレフト・ターンライト 特別版

ゴールデンボウル Vol.3

(購入者の評価)
黒木瞳さんのファンなので、レンタル屋さんの黒木コーナーにあったので、なんとなく借りてみましたが、はまりました。音楽がいいし、金城武さんのファンにもなってしまいました。で、結局DVDも買ってしまいました。以来何度もみてます。最近ハッピーエンドの連ドラがすくないので、安心して楽しめる本作品は貴重だと思います。超おすすめ。

二千年の恋(4)

(購入者の評価)
リアルタイムでも見ていましたが久々にふと見たくなり
見てみました。
刑事役の宮沢さんは雰囲気があって本当にカッコいいし
素敵でした。理得(中山美穂)を尾行するうちに
好きになり危険な任務の前日に理得の家を訪れ最後ぼくと
貴方の間には彼(金城武)がいた。もしいなかったら
どうだったか。。。きっと出会うことはなかった
という台詞が凄く切なく素敵なシーンです。
金城武も理得と出会って考えが変わってゆく
所もなかなかでした
多分またいつか見たくなるドラマだと思います



>> つづきをみる

完全版 怪人二十面相・伝 (ふしぎ文学館)

(購入者の評価)
 前々から読んでみたいと思っており、今冬に「K?20 怪人二十面相:伝」と
 して映画化されると聞いたので、読んでみることにしました。
 
 今作『完全版 怪人二十面相・伝』は、武井丈吉と遠藤平吉、この二人が怪人二
 十面相となり、東京の夜を騒がせていくまでの過程を描いた伝記風の小説になっ
 ており、以前新潮社から出版された『怪人二十面相・伝』を前編『サーカスの怪
 人』、『怪人二十面相・伝 青銅の魔人』を後編『青銅の魔人』としてまとめた
 ものとなっています。
 
 前編『サーカスの怪人』は、サーカスの天才武井丈吉が、怪盗になろうと決めた
 ものの何をしたらいいのかわからないと戸惑いながら、初代・二十面相になって
 いく過程をコミカルに描き、後編『青銅の魔人』は全体を通しての主人公・遠藤
 平吉が、戦後の混乱の中、様々な人々との出会いと自身の数奇な運命に翻弄されな
 がら、二代目・二十面相へとなっていく姿を描いています。
 
 感想としては一言、面白かったです。読み進めていくうちに怪人二十面相の舞台裏
 の姿、武井丈吉と遠藤平吉、この二人への愛着がふつふつと湧き、宿敵・明智小五
 郎との対決では、怪人二十面相側を応援したくなると思います。また、その明智で
 すが、性格が悪いと感想によく書かれていますが、明智はすぐに調子に乗るタイプ
 だと思っていたので、自分はあまり気になりませんでした。
 
 本作は、江戸川乱歩版「怪人二十面相」を読んでいない方でも十分に楽しめる作品
 だと思います。むしろ、読んでいない方の方が違和感なく読むことができるかもしれ
 ません。二人の二十面相の活躍を、是非お楽しみ下さい。


金城武写真集Chiba Takeshi Kaneshiro

金城武写真集 Returner MIYAMOTO

(購入者の評価)
監督とのインタビューで見せる、可愛い一面もハートを刺激します。
とにかくページを開けばすぐに武に会えるのが魅力。アップもあったりします。ただ、もっと現場で見せる素の武の写真も入れて欲しかったです。
無精ひげがあっても、汚くならない横顔にうっとり。


Made in heaven―金城武写真集

(購入者の評価)
日本語・中国語・英語が同時に表記されていて、おしゃれな本だとは思う。
でも、残念ながら、写真の金城武は奇抜な格好をしているのが多いと感じた。
彼自身の自然な姿を期待して購入したので、その点を残念に思う。


RYU KENICHI―金城武写真集

(購入者の評価)
映画のシーンを集めた写真集ですが、金城ファンじゃない人も彼の表情、特に「目の演技」に惹かれるでしょう。日本人の父と台湾人の母との間に生まれた彼ですが、身のこなしや表情、演技を見ているとアジア的でもあり、欧米的でもありとまさに「国際人」という感じです。

君のいた永遠(とき)―金城武写真集

(購入者の評価)
〜表紙の写真を見ていただければ、わかっていただけるともいますが、映画「心動」の雰囲気がダイレクトに伝わる写真集です。ギターを弾きながらチラチラとジジを見る写真もあります。映画では気がつかなかった、セットの小物や、出演者のファッションがしっかり確認できます。一番の収穫は大学の受験票と、東京で使っていたカメラの機種がわかったことです。あ〜〜と東京での撮影現場が特定したかったのですが、それはわかりませんでした。〜

CINEMA SQUARE vol.17 (17) (HINODE MOOK 78)

キネマ旬報 2008年 4/1号 [雑誌]

Returner リターナー

(購入者の評価)
 私は映画を見た後でこの本を読みました。監督ご自身が書かれているだけあって、映画ではわからない各人の心情や細かい設定(ミヤモトという名前の由来など)が語られており、読み応えがありました。映画には無いシーン(オイルリグ突入前の廃校でのやりとりなど)やセリフも追加されているので、かなりお得感もあります。ルビの不備が多く(例:廃棄(はいきょ)、忽然(こうぜん)、傑作(けんさく)など)少し読みづらかったので一点減点させてもらいましたが、既に映画を見た人にも充分に楽しめる作品になっていると思います。

Made in heaven special―金城武写真集

超・級・無・敵 香港電影王―金城武からブルース・リーまで香港シネマの魅力全開

恋する惑星 [ポスター]

(購入者の評価)
金城武が日本でメジャーになった映画。
劇中のフェイウォンの歌も大好き。


CatWalk Vol.1 (1) (WANIMAGAZINE MOOK 74)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4