蟹江敬三

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
蟹江敬三 おすすめDVD 蟹江敬三 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
SWEET SEASON(4枚組BOX)

(購入者の評価)
放送当時、毎週欠かさず見てました! でも、周りの友達は誰も見てなかったなぁ。。。 それほどヒットしていた感じもなかったのですが、私は相当はまってました。
そのときはそこまでうれていたわけではなかった松嶋菜々子や矢田亜希子が出ています。そして松嶋菜々子の相手役が椎名桔平と、なかなか豪華なキャストですよね。
ドロドロしがちな不倫モノが多い中、このドラマは椎名桔平が演じた役がすごく素敵な人だったので、そこまでのドロドロではなく逆に切ない恋愛モノになってました。
そしてこのドラマを盛り上げたのは、サザンの主題歌と横浜の街。そして登場人物の心理描写を情景などでうまく表現していたと思います。
もう10年位前のドラマですが、今でも色々なシーンを覚えてます。相当はまってたんだなぁ。


NHK土曜ドラマ トップセールス DVD-BOX

(購入者の評価)
「フルスイング」や「ハゲタカ」といった良質のドラマを
放送してきたNHK土曜ドラマシリーズとしてはいまひとつの出来栄え。

女性営業職が珍しい時代に、自動車販売業界で成功する女性という
コンセプトは実にNHKらしくていいのですが、
ビルドゥングス・ロマンに不可欠な主人公の魅力に欠けています。
(脚本の描く主人公が、です。夏川さんは私の大好きな女優さんです)
彼女がいかに能力を発揮して、成功していったかではなく、
ゲスト出演者との関わりという人間ドラマに摩り替えて
毎回ごまかしているような印象を受けました。
何より残念なのは、取って付けたような時代背景の紹介です。
視聴者は、激動の時代を駆け抜けた一女性の姿を観たいのであって、
昭和史や自動車販売史を勉強したいのではありません。
「この年、……がありました」というふうに「説明する」のではなく、
その時代をどう生きたかを具体的に「描く」のがドラマではないでしょうか?

色々な点で不満の残る、残念な出来栄えでした。


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

(購入者の評価)
大泉さんが好きでレンタルで借りて見て号泣
で、気になって調べてみたら製品版には特典映像があるというのでワクテカしながら注文しました。
本日届いて、内容見て・・・ガッカリしました・・・
撮影秘話@久本雅美×大泉洋
何故ほとんど出演していない人間と撮影秘話なのか?
何故それを遥かに出番の多い大泉洋×広末涼子の前に持ってくるのか?
そして極めつけが大泉洋×久本姉妹 座談会・・・ふざけるな!
こんな下品な芸人たちの顔が見たくて、わざわざDVDを買ったんじゃない
本編の美しい物語が台無しです
このDVD作られた方は某団体(あんなもの宗教とは認めません)と大変親しいようですね
本編には星5つ、特典でマイナス3つ

最後に、洋ちゃんは某団体に染まらない事を心より願っております


ヤンキー母校に帰る

(購入者の評価)
櫻井くんは最近好きになったばっかりで、このドラマは見逃していました。
やっとDVD購入!!
そして見たら・・・・素晴らしいです。本当に演技が上手いんだなぁ?と思いました。
爪を剥いだ時の真剣演技は、今でも忘れられません。
コレを見て、櫻井君の事が本当に好きなんだな、と確信しました。


いちげんさん ICHIGENSAN

天城越え

(購入者の評価)
待望のDVD化です。二宮くんの初出演ドラマになります。
松本清張原作だけあり、ぐいぐい物語りに引き込まれて見れます。原作も読みましたが、原作よりもドラマのほうが数倍好きです。原作よりも、ハナと多吉の関係がとても純粋。忘れかけていたピュアさがここにあります。
最後の最後まで展開がわからないし、田中美佐子さんの迫真の演技、それに答える二宮君のピュアで繊細な演技、癒し系演技の原点がここにあるきがします。
個人的には最後のシーン、長塚さんの演技にやられました。
何度見ても感動できる考えさせられる、大好きな作品です。



まんが道 Vol.1

(購入者の評価)
ドラマ・まんが道のDVD化! 長年待ってたので、とても嬉しい。予約してすぐに買いました。
1?2年前にNHKアーカイブで数年ぶりに観た時の感動、今年1月にCSで放送された時に観て、また感動。今回のDVDでまたまた感動?と言いたいですが、ちょっと残念でした。
DVD化にあたり、なにも映像特典が無いのが残念。インナーに藤子A先生のインタビューがありましたが、映像特典で藤子A先生や主演の竹本さん・長江さんのインタビューとか入れて欲しかった。また、放送と一部楽曲が異なるとこもあるというのも残念。全部は分かりませんが、13話冒頭のBGMの歌、放送では竹本さんの歌でしたが、DVDでは知らない人の歌になってました。
DVD化は非常に嬉しいですが、なにか特典映像を付けて欲しかったことと、なるべく放送当時のままの楽曲にして欲しかったです。そうすると、値段が上がるかもしれませんが、それでもその方がいいです。


大追跡 GREAT CHASE DVD-BOX

(購入者の評価)
加山雄三さん史上一番かっこいいドラマじゃないでしょうか?後のあぶない刑事への道筋をつけた作品でしょう。

NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版【第壱集】

(購入者の評価)
幕末から維新の歴史を知りたいという一般の人にとっては、本やドキュメンタリーを含めて、今手に入るもっとも最適なテキストではないかと思う。これが総集編になると、薩摩藩士たちの様々な苦悩や情熱が伝わってこないので、やはりこの全巻セットを鑑賞することをお勧めする。

後世の人には推し量りがたい西郷隆盛の人徳と魅力はもちろん、その弱き部分も正直に描かれている。また、過小評価されてしまう事の多い、大久保利通の魅力と特質も十分に描写されている。大久保利通の光と影を知りたければ、本DVDがもっともふさわしい。

第一巻は、西郷吉之助の島流しにおける愛加那とのメロドラマ的描写と、イギリス艦隊へのスイカ売りの場面を除けば、冗長な部分がほとんどない、硬派なドラマとなっている。これが第二巻になると、維新の志士たちの家庭描写にも重きを置いた構成になっていく。

幕府を倒し、新生日本を創りあげるための、薩摩藩士の凄まじい情熱が、演じる俳優達に見事に乗り移っている。現代の日本の状況を鑑みるに、かっては異国と対等に渡り合える、「智仁勇」に優れたサムライが存在したのだと、思うたびに涙を禁じえない。

12回目での「日本を立て直すためには、まず既存の権力にとりいるしかない」と、刀を畳に突き立てて決意する壮絶な大久保の描写がいい。17回目では寺田屋での同士討ちにおける、大山綱良の返り血を浴び刀を捨てた上での決死の説得が印象に残る。18回目では、したたかな公家を取り込む大久保の策士ぶりと忍耐力が印象的。26回目では倒幕に至るまでの大久保、岩倉の様々な策謀、陰謀が興味深い。27回目でようやく王政復古の大号令が発せられ名目上、徳川幕府が御役御免となる。

放送時の第一部の最後が、この第一巻に収められていないのを不思議に思うかもしれないが、王政復古以降は、大久保による新国家建設の過程に入るので、実はちょうど良い区分となっている。


風の果て

(購入者の評価)
待っていたDVD化ですが、全8話、364 分をDVD2枚組みで出すとは…。

同じNHKでも、シルクロードは445 分で5枚組み、
プラネットアースは、236 分で4枚組みなのに!
せめて3枚組みで作ってほしかったなぁ?。

正直、どんな画質になるのか不安で買うのを躊躇している状態です。


NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版【第弐集】

(購入者の評価)
放送当時の平均視聴率はたしか大河ドラマ史上下から3?4番目だったそうなのですが、私は毎回楽しみにしていました。 こうしてDVD全集が出るところを見ると、わりと根強いファンがいたんだな、と嬉しくなってしまいます。 時代の流れで仕方がないことなのでしょうが、なんとなくトレンディ系の味付けも入れなければならない昨今の大河にはない独自の重厚さがこの頃はまだあったと思います。 それはやはり主役の西田敏行と加賀丈史の演技力に負うところが大きいと思います。 西田さんはつけ眉毛と着物の下に肉襦袢(?)か何かを入れて体を膨らませているのがちょっと笑えるのですが、大久保役の加賀さんは本物(の写真)にかなり近い容貌でかっこよかったと思います。

前半も勿論面白いのですが、私は第二部―明治政府篇に興奮しました。 特に西郷と大久保が対峙する“両雄対決”の回、西南戦争のあたりは感動しました。 西郷はわりと自分の進退はもう時の流れにまかせきっていて何の迷いもないようでしたが、いまだ国家として生まれたばかりの日本をしょって立たねばならない大久保の苦衷(同郷の薩摩人からは裏切り者とののしられ、政府内の国家方針もバラバラ)とそれを受けて立つ毅然とした態度には目を見張るものがあり、それを表現できる演技力が加賀さんには確かにありました。 さらに西郷と征韓論でもめる前に、自分の息子たちに遺した手紙の内容は見事なもので、男ならこう生きたいものだなーと、当時しみじみ感動したことをよく覚えています。 現在放映中の“篤姫”を二倍楽しむためにももう一度見ておきたい作品ですね。 


沙粧妙子〜最後の事件〜第1巻

(購入者の評価)
当時、ジュディフォスター主演の「羊たちの沈黙」のヒットから”プロファイリング”を扱った”サイコ・サスペンス”が多数作られましたが、本作は、それらの日本で最初のドラマだったと思います。
現在はその猟奇的な内容から封印されているのかもしれませんが、浅野温子の迫真の演技と、良く出来た脚本による、その先の読めない凝った展開が、印象的でした。

また、共演の柳葉敏郎、佐野史郎、飯島直子、黒谷友香、ゲストの広末良子、香取慎吾、国生さゆり、まだ無名だった頃の反町隆史、神田うの、などの出演者も多彩で興味深いです。

また作品において、音楽も重要な要素で、毎回、強烈なインパクトのオープニング曲、音楽は、岩城太郎氏。
エンディング「レディ・ラック」は、あのロッドスチュワート!TVでは本人の映像も少し流れますが、毎回ドラマ終盤であの印象的なイントロがかかるのがカッコいい。
そのうえ挿入歌には、マドンナの「ラ・イスラ・ボニータ」を使用するというなんという豪華さ。
非常に内容の濃い、凝った作品でした。


剣客商売スペシャル BOX

ヨコハマBJブルース

(購入者の評価)
一部ではカルト的評価を受けているが、やはりマイナーなのはそれなりの理由があって、[判る人には判る]的な舌ったらずな説明不足の描写にストーリー、キャラクター。
主役が気持ち良くなる為だけに作られた映画。


日経スペシャル ガイアの夜明け ~伝統を守れ~

鬼畜

(購入者の評価)
 私もこの映画を初めて見たのは小学生のときのテレビ放映でした。

 当時は、「ひょっとしたら僕もこんな感じで捨てられるのでは?」と、真剣にハラハラ&ドキドキしながら見ていました。最後に、大竹しのぶの婦警さんに助けられたときは、涙を誘うとかそんな感情は全くなく、すごくホッとしたのを覚えています。見終わった後、自分の服のラベルが切られていないかを確認して「よかった…」と、安堵したものです。
 
 そんなトラウマがあるせいか、大人になってから本当は涙を誘う感動作であることを知って、期待して観たのですが、思った以上の感動はありませんでした。歳を取って感受性が鈍くなったのかもしれません。

 とはいえ、昔見たときの感情がよみがえり、大変興味深く観賞することができました。
 


必殺4 恨みはらします

(購入者の評価)
必殺仕事人の中でこれほどまでにゲストが輝いた作品があるだろうか?
あまりの活躍ぶりに本家の仕事人たちもオロオロ(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)オロオロ(笑)
そして深作欣二監督ならではの「派手さ」「豪華さ」「人間味」。
この三位一体が素晴らしいハーモニーを醸し出している「必殺4 恨みはらします」
そのタイトル通りの凄い恨み(爆)
人間の想像力の偉大さを感じる今日この頃です。

まず「仕事人 VS 仕事人」がいい。
役者で言えば「濃いぃ千葉ちゃん VS 普通にみえる藤田さん」(笑)
さらに七五三?花嫁?宝塚?を彷彿とさせる奥田右京介に真田広之!
しかもそれが「特別出演」の枠という驚愕の事実。
だって一番目立ってるし(笑)

そんな彼らに白塗りJACも加わり、そりゃ仕事人もタジタジです。
なのに殺陣は本物!真田広之(ノ≧▽≦)ノ
オ■マ(?)がラストで江戸っ子に急変し暴れ放題やりたい放題!怖いものなし!!最高です。
それでいて物語の統一感が素晴らしい。
深作監督に敬意を払いたくなる逸品です。


日経スペシャル ガイアの夜明け ~新潮流をつかむ~

MAZE

もっとしなやかに もっとしたたかに

(購入者の評価)
「ニューファミリー」の崩壊を描いた、という評が多いようだが、違うのではないだろうか。藤田はそれを否定も肯定もしていない。ただ風俗として、そういう現実として描いているだけである。

この映画に出てくるのは、主人公の姉夫婦以外は、親や大人になりきれない人間か、でなければ子供ばかりである。蒸発はするわ、売春はするわ、ボンクラもいいところである。しかし、そんな彼らでも、やることはいつの時代とも変わらない。男と女は惹かれあい、ともに暮らし、人は生まれ、そして死ぬ。藤田が描きたいのはその普遍的な事実である。その厳粛、その不可解、その倦怠、そのかけがえのなさ、である。

それは日本映画の伝統的なホームドラマが描いてきたものである。一見すると、崩壊した景色のように見えても、その底には、伝統的な家族像から受け継がれてきた何かが地下水のように流れている。だから、これは、正統的ではないにせよ、歴としたホームドラマなのだ。


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4