唐沢寿明

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
唐沢寿明 おすすめDVD 唐沢寿明 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻

(購入者の評価)
映像化不可能といわしめたコミックの実写化ですが、本当に見事な作品でした。
現在、未来と70年当時の世界を表現した原作があまりにもリアルであり、素晴しいので製作サイドは随分頭を痛めたことと思いますが、セットの細部にわたるディテールへのこだわりやコミックのキャラに似た演技人のキャスティングに成功したことで虚構の世界をリアルなまでに、観客を大事件の目撃者として惹きこんでくれます。
また、長編コミックなので1部でどこまで描けるのか不安でしたが、中途半端に終わらず、見事に締めくくられていて納得のいくものでした。これで安心して2部を観る事ができます。
もちろんとにかく次が観たくてがまんできすにこのナビゲートDVDで欲求不満を緩和するわけですが、主演の唐沢さんの持ち前のキャラで癒しながらなんとか来年まで待とうと思います。


ラヂオの時間 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
まず三谷作品が好きか嫌いかは別としても、喜劇映画と認識していれば、見て損をしたと思う方は少ないのではないでしょうか。

言い方が正しいかはわかりませんが、ネタ振りの部分がかなりあります。
起承転結…と持って行くためには非常に重要な部分ですが、ここを綿密に計算しているので、オチの面白さが倍増していると思います。

そして三谷作品に多く見られる特徴、というか素晴らしい点はただ笑わせるだけでは無く、泣き笑いのような感情を覚える事です。

思い切り笑えるんだけど、少し感動もあって観てよかったなぁ、と感じます。

役者さんの演技の上手さは当然ありますが、恐らく演者がかわっても、それこそ無名の役者さんが全て演じても、この作品は面白いと思います。

それだけこの脚本は素晴らしいです。


白い巨塔 DVD-BOX 第一部

(購入者の評価)
やはり主演の唐沢寿明の演技力が光るドラマでした。江口洋介や石坂浩二・伊武雅人・西田敏行など脇を固めるメンバーも豪華で久々に硬派なドラマであった。ただ大阪が舞台となっている為か、西田敏行とその取り巻きが下手な関西弁を操っていたが、その部分は拘る必要がなかったのではないかという印象を受けた。
それぞれの個性が丁寧に描かれていたことが、よりドラマに深みを持たせたのではないか。
唐沢が江口より真実を告白され涙ながらに漏らす「怖くはない。ただ無念だ。」の一言はとても重みのある台詞で見ている方も涙が出て来た。


白い巨塔 DVD-BOX 第二部

(購入者の評価)
財前五郎の愛人ケイ子役は黒木瞳より妻役をやった若村麻由美の方がよかったのでは…

嗤う伊右衛門

(購入者の評価)
四谷怪談を詳しく知らず、京極夏彦の本も数冊読んだだけで原作を読んだ事もなく、監督が蜷川さんだと言う予備知識もなく観た感想としては「ん?どうした?」と場面が替わる毎に思い、色々考えて観ないといけない映画だと思いました。映像は繊細さと妖艶さを現したんでしょうね。感が鈍いのか意味が解らなかった所もあり、言葉も小説で読むのは大丈夫なのですが、不慣れな言葉を早口で言われると…聞くのが難しかったです。他の方も書かれてて安心したのですが、所々胸を出す事がそんなに重要だったんですか?安い映画みたいで嫌です。原作を読みたいと思います。

NINAGAWA×SHAKESPEARE V DVD BOX

みんなのいえ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
三谷幸喜さん監督作品!!
いや?いいです。やっぱり。クスクス笑っちゃいます。
ある夫婦が家を建てるまでの苦悩と感動....そして笑い。

若者視点だと、本当に最初は田中邦衛さんにイライラしちゃうんですよ?頑固オヤジめ!。
唐沢さんにも、エラそうに!!まったく!!!とか感情移入しちゃうんです。

そう、ココリコの田中さんと八木亜希子さんの夫婦を一生懸命応援してしまうんです。
もしかしたら、家を建てるという映画の中での話だけでなく、お芝居をするという点でも2人が初心者で弱い立場にいるからかもしれませんが、ココリコ田中さん!八木さん!がんばれ!と思ってしまいます。

そして、ほのぼのしながらもテンポがあるので楽しく、クスクス笑ってしまいます。


天保十二年のシェイクスピア

(購入者の評価)
このDVDの良さは、あまきもの! 処女の唇いとあまき!

古畑任三郎 2nd season 2

(購入者の評価)
第4話では、木村拓哉の憎らしいキャラクターと見事なまでのテンポの良さで、三谷サスペンスの真骨頂が味わえます。
古畑全話の中で最も短く感じる1時間かも。

そして、個人的に古畑ベスト1なのが第6話です。
大小2つの映像トリックが融合され、最初見たときは愕然としました。
この驚きを皆さんぜひ味わってください。

愛という名のもとに DVD-BOX

(購入者の評価)
 Dr. コトーに抜かれるまでは、木曜フジのドラマ視聴率No.1 だった作品。友情を
暖め合った大学時代を終え、厳しい社会に入った若者たちのその後が描かれている。
困難を乗り越えるにはやはり、友情が必要だったという話。
 確かに青臭いと言う人が多いように、恥ずかしげもなく友情ドラマは展開される。
でも、それは心のどこかで、そうした友情は良いもので、それを持っていないが故
のひがみだとも思えてくる。
 主人公(鈴木保奈美)が「私はみんなが言うように強くない。本当は一人じゃ寂
しいの」と吐露したとき、仲間が現れ「俺たちがいるじゃないか」というような展
開に憧れているのかなと。
 現実、仲間のピンチには夜中でも何でも、必ず現れる仲間なんかいないかもしれ
ない。家族だってそうでない人たちも多いかも。そんな時にこれを見ると非現実的
な関係!と上辺では言っているが、心の中でうらやましく思う自分がいた。
 何度でも見てしまうのは、寂しいからなのかな?


トイ・ストーリー&トイ・ストーリー2

(購入者の評価)
発売のとき大分で買えなかったので

お持ちの方譲ってください

今は埼玉です

白い巨塔 8

利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第三巻

(購入者の評価)
一徹で融通が利かない武骨者の夫(しかも、アリエネーってくらい人格者で人望家!)と、聡明で不幸な生い立ちにもめげずにけなげに夫を支える妻(こちらも、アリエネーってくらい、絵に描いたような理想の妻!)が、二人で力を合わせて、信長や秀吉のビッグネームに早くから絡んで出世していくってストーリー自体もアリエネーって作品でした。

と言いつつ、実は、私、この作品は結構見てました。
もちろん、あのくだらないストーリーだけなら見てません。
私がこの番組を見続けた理由・・・、それこそが秀吉です。
香川照之さんが演じた秀吉は、私も今まで色々な人が演じた秀吉を見てきましたが、絶品中の絶品でしたね。

いるんですよ・・・、世の中にはこういう人が。
上司には、思いっきり媚びへつらいながらも、役職の上で、一旦、その上司に並んだなら途端に見下す・・・。
仕事は人一倍出来るのでしょうが、それ以上に、自分の功績は声高に主張する・・・。
元福岡ダイエーホークスのオーナー代行某氏などがその典型でしょうか。


未来の想い出 Last Christmas

(購入者の評価)
森田芳光監督の作品に関しては賛否両論あるだろうが、つまらないと思ったことはほとんどないな。常に最低限の水準はクリアしていると思う。この映画も、気楽にファンタジーとして見る分には十分にウェルメイドだと言える。
今見ると何となくバブルっぽい雰囲気なのも製作年を考えれば納得できるし、他の出演者はともかく工藤静香はかなり魅力的に撮られている。
確かに、森田監督の才気がどうのとか言う人には物足りない面もあるかもしれないが、個人的には結構楽しめた。


利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第七巻

(購入者の評価)
キャストがよかったので、軽い気持ちで見始めたのですが、前田利家が出世していく過程が、もの凄く面白いんです。松島奈々子の内助の功も、同じ女性として共感できました。夫婦愛って素晴らしいですね。歴史の勉強にもなりますよ。

トイ・ストーリー

(購入者の評価)
 三連休の最終日に中途半端な仕事があった。あぁ面倒くさい。
 夜も随分と更けてから鑑賞しました。ストーリーそのものは、それほど精巧だったり、感動だったりするわけでもありません。”ありがち”なのです。しかし、それは大人の判断をして、3D映像の技術の進歩と、コメディーのセンスに私は取り付かれてしまいました。


利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第四巻

(購入者の評価)
本能寺の変とその前の経緯です。利家とまつの中でも、ここは別枠です。歴史的考察は置いといて、変事の反町さん演じる信長は素晴らしいです。この時、一人の人間として何を考え、思ったか。一夜にして天から窮地へ・・・それでもやはり死に際も信長らしく、人間五十年・・一度生を得て、滅せぬ者のあるべきか・・見事です!

明智光秀~神に愛されなかった男~

(購入者の評価)
TV放送を見て感動した方は買って損はないと思います。
特典映像のメイキングで不覚にも笑わされました(唐沢さん面白すぎ)。
★5つといきたい所ですが「信長様が安土の天守でピアノを弾きながらグラスにワイン」等、かなりフィクションの強い箇所がたくさん出てくるので、そういったものが許せない方にはお勧めできないと思います。


利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第六巻

ラブ コンプレックス(3)

(購入者の評価)
「踊る大捜査線」「ER」「料理の鉄人」はては寺山修司のイメージまで
様々な作品をオマージュして、ドラマの中に盛り込んである。
 コメディタッチで始まった作品だが、後半になるとどんどんシリアスに
なって登場人物のトラウマが浮き彫りになってくるという面も持ち合わせている。

 特に主演の唐沢寿明さんの怪演が光る作品。後半の壊れっぷりは彼でなくては表現できなかったと思う。
 演出面でも、かなり計算された秀作である。

>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.12 (2008 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

日本映画マガジン 6 (OAK MOOK 238)

日経エンタテインメント ! 2008年 09月号 [雑誌]

キネマ旬報 2008年 9/1号 [雑誌]

(購入者の評価)
キネマ旬報 2008年 9/1号 [雑誌]

「20世紀少年」のファンなので
浦沢直樹のロング・インタビューに釣られ買いました。
浦沢さんがこんなに長くしっかり語っているのは
初めて読んだんですがすごく満足。
映画の雑誌とはいえ漫画ファンにもおすすめです。
浦沢さんには、これからもいい作品を描いてほしいと思います。


ふたり (幻冬舎文庫)

(購入者の評価)
単行本が出て10年以上経つ。その後彼は日本を代表する名優に値する活躍を見せている。しかし俳優の半生記が必ずしも名著とは限らないなか、稀に見る存在だ。それは言葉が真っ直ぐで分かりやすい。私は最初に読んだ印象は顔の良い車寅次郎。要は放浪癖がある。また下町育ちの反映。読み直したら違う感想を持つかもしれない。
最近色々書かれてるので個人的には現時点の心情を書いて欲しい。
彼にはそれだけの才能がある。幻燈社さん、お願いします。


NINAGAWA×SHAKESPEARE V DVD BOX

ふたり

(購入者の評価)
単行本が出て10年以上経つ。その後彼は日本を代表する名優に値する活躍を見せている。しかし俳優の半生記が必ずしも名著とは限らないなか、稀に見る存在だ。それは言葉が真っ直ぐで分かりやすい。私は最初に読んだ印象は顔の良い車寅次郎。要は放浪癖がある。また下町育ちの反映。読み直したら違う感想を持つかもしれない。
最近色々書かれてるので個人的には現時点の心情を書いて欲しい。
彼にはそれだけの才能がある。幻燈社さん、お願いします。


acteur(アクチュール) No.5 (2007 MARCH) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

唐沢寿明全集

新感覚派カップル誕生―ふたりの愛のかたち

山口智子・唐沢寿明にみる 新しい恋のバイブル (「超」読解講座)

唐沢寿明 素顔のニット

唐沢寿明Men’s sweater―メンズニットベストコレクション

唐沢寿明 オフの日のセーター

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4