加勢大周

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
加勢大周 おすすめDVD 加勢大周 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ZERO~就活篇・完全版~

人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX

(購入者の評価)
泣けるわ、このドラマはさ。特に第5話の誠が家出して、親父と母親の墓の前で抱き合う
シーンは涙ちょちょ切れになるよ、ほんと。

野島伸司作品らしいセンセーショナルな内容で放送当時は、もの凄い反響があったが
今みかえしてみても衝撃は全然色褪せないね。とにかく登場人物の多種さに驚く訳だが
これも現代社会の抱える闇をあわらしてるだけであって、みんな仮面をかぶって、どう
にか生きてるわけだということがよくわかる。そしてほんの些細な弱みで何かが狂っていく・・・。
最後まで救われないかな、と思わせといての最終回がまた泣けるよ、うん。


プラトニック・セックス <映画版>

(購入者の評価)
公開当時、そこそこのヒットをしたと記憶しているが、この重たいテーマをサラリとドライに仕上げた松浦監督は上手い。一般劇場で、フジテレビが製作する映画としては上出来だろう。でも、それでいいのか?という疑問も残る。オダギリジョーや阿部寛、田中要次、野波麻帆などの実力派俳優を揃えて、オーディションを勝ち抜いた加賀美早紀の一生懸命な芝居をフォローしているが、とにかくイメージ的というかゆるやかにコトが運ぶのだ。本当はこの世界(借金とかAVとか)ってもっとドロドロしたものだと思うのだが、ナベプロ総指揮では致し方ないところか。松浦監督は岩井俊二の大学の後輩であり、接点も多い。本作は違うが、篠田昇も撮影監督に就いているしね。その影響か、情緒的な部分が先行してしまい、痛みが伝わってこないのだ。まあ、若きカンニング竹山の演技は痛々しかったけれど(笑)。このホンを撮れるのはやはり石井隆くらいなのではないか。石井作品だったらもっと凄い表現で真に迫っていただろうなあ。まあ、R18だろうが(笑)。悪い出来ではないが、ヒットを優先させているのが気にかかるので星3つ。

実録・闇の帝王1

実録・鯨道3

くりぃむしちゅーのたりらりでイキます!! ベタドラマDVD2 サスペンスドラマはなんだかんだあっても結局ラストは崖 編

(購入者の評価)
ベタサスペンスドラマを見逃してしまい、このDVDが発売されるのを待っていました。

いやぁ面白かった。
「木曜ベタペンス劇場」もよかったんですが、
「がんばれ!ベターズ」がお気に入りです。

しかし、一人で見るのはきついですね。
私も最初は一人で見ていたのですが、思わず主人と二人で見てしまいました。




極道の山本じゃ!-伝説の親分編-

怨喰

(購入者の評価)
狂ったように飯を食べ、或いは泥を食べ……、巻き沿いになった連中の死に方が悲惨。だがそれでも“怨霊の復讐”はたいして怖くない。社会人の男性という立場から観れば、こんな怨霊より、むしろいつか迎えに行くはずだった妻子が餓死していたという事実の方が、遥かに恐怖なのではないか。その点から言えば、男が前妻と過ごした至福の時間、赤ん坊の可愛らしさなどをもっと描き、罪悪感を高めるべきだったと思う。(子役は寝顔も可愛かったけど、チラッとしか出ず)

ところで東原亜希は、某消費者金融のイメージキャラクターをしていたのに、こんな役(借金に追いつめられて餓死)なんか演じて問題なかったのだろうか。笑


実録・銀座警察 義侠 完結編

むこうぶち2

(購入者の評価)
第一話はブイシネ独特の雰囲気に対してギコチナさ感のあった主役の袴田氏であったが、2話目の今回は表情台詞等健闘。相手役の加勢氏の怪演も際立ち、ブイシネとして成立している。相変わらず麻雀シーンは某代打ちシリーズに比べて迫力に欠けるが、この辺りも袴田氏の好演が光る。高田氏は役者としては、まだまだ駆け出しなので目をツブルベシ。

探偵事務所5” Another Story 2nd SEASON File 6

極道の山本じゃ! 捨て身の極道編

友達の恋人(2)

友達の恋人(4)

プラトニック・セックス

(購入者の評価)
原作も少ししか頭に入ってませんが
映画はまったく別物ですね
TV版もけっこう違ったように記憶してますが
飯島愛本人が「(作品が)ひとりあるきしてるわあ〜」
と言ったと噂で耳にしましたがまさにそう(笑
現代っぽさを出したかったのか携帯でしか気持ちを出せない
恋人達に少し幻滅しました
オダギリジョーはけっこういい演技してます
クラブの細い同僚はGOでも出演してましたよね
窪塚洋介の影響受けてるのかな?
それが気になって気になって(笑)


友達の恋人(3)

実録・銀座警察

(購入者の評価)
終戦後の焼け野原になった銀座では、三国人が闊歩してやりたい放題やらかしていた。警察も手を出せない三国人から「警察に代わって秩序を守る」という役まわりを担う私設の警察は銀座警察と呼ばれるようになる。その実は任侠であり極道であり、警察に相談しても解決できない問題を暴力という手段で介入する集団へ変わっていく。当時銀座警察と呼ばれ現在も存在する極道組織もあるので気遣いも多く、実録ものとしたあたりで登場人物をヒーローに奉らなければいけなくなったためにマンガチックになってしまうのは例外に漏れず。元来最近作られるこういった昔の任侠モノは、リアリティ感がないものがほとんどで苦手です。会話も頻繁にいちいち説明口調で、登場人物をいちいち祭り上げるというのも性に合わない。映像も徹底的にレトロにこだわってくれたらそれなりに見えたとは思います。無理やり最後まで見ましたが、心に残りませんでした。1973年の「実録・私設銀座警察」は見たことないのですが、終戦後のヤボったい任侠というのは「実録・私設銀座警察」の方が良く描かれているように書かれていたので、一度見てみたい。

首領への道・白虎会見参

(購入者の評価)
「首領への道」では親分の桜井鉄太郎を日本一の首領にさせるべく、最も切れ者で冷静で冷酷で冷たい目を持つ越智俊英。本作では白虎会幹部の越智俊英が桜井鉄太郎に出会うまでのエピソードが描かれています。「首領への道」のいちばん好きな役が越智俊英なだけに楽しみにしていましたが、若い越智俊英の冷たい目には、まだ人間味というものが帯びていたようです。白竜という役者は「首領への道」を見るまではその味をわからなかったのが、見てからは大ファンになり本作品も白竜主演というだけでなかなか楽しめました。

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら〜[4

ADブギ DVD-BOX

(購入者の評価)
未だに感性に合わない。
と、いうのは、自分が主人公と似たような立場になってないからかも知れない。
もしかしたら、自分がその立場になればわかるかも知れない。
しかし、浅香さんの代表作として買ったが、何かのネットでみたら「この当時の浅香さんは迷いに迷った時期だったのかも」とあった。
私の思い過ごしかも知れないが、表情にもそれが表れているような気がした。
後年、かせさんと浅香さんは舞台で共演するが、そのときはすでにお二人とも大人の演技だった。
星を3つにしたのは、浅香さんの代表作品の一つだからだ。


>> つづきをみる

ライバル―加勢大周写真集

加勢大周もびっくり!芸名・ペンネーム秘話―珍名・奇名のエピソード集 (ワニ文庫)

加勢大周 大周クンみたいなセーター

シャイなあんちくしょう―加勢大周写真集

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4