片岡鶴太郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
片岡鶴太郎 おすすめDVD 片岡鶴太郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
有閑倶楽部 DVD-BOX

(購入者の評価)
赤西くん好きなので見てました。
確かに、仁くんやその他出演者のファン以外の方には受け入れられにくいかもしれませんね…
脚本が悪いとかではないですけど、原作のよさを活かしきっていたか、と聞かれると…って感じです。
ま、漫画という非現実的世界を、現実世界でドラマとして製作しようとするのは、そんな簡単なものじゃないですし、どこかは妥協しなくてはいけませんね。

わたしとしては、ほとんど演技していない(様に見える)、素の仁くんぽっさが逆に可愛くて気に入ってますが(笑)
ノリコ役の香椎さんもおかっぱ頭が似合ってて、なかなかよかったなと思います。
まあ、一番よかったのは田口くんですけど(笑)
彼ほどグランマニエがはまる人はいないんじゃないですかね。
KAT-TUNが好きなので、赤西くん田口くん共演は嬉しかったですし。

内容はコスプレからプチホラー、誘拐事件に爆弾事件、裏口入学などいろいろあって楽しかったですよ。
確かに赤西くんやその他出演者がお好きな方には素敵なドラマだったと思いますが、万人受けするかどうかというと…なので、★4つで。
でも6人の絆は羨ましくもあり、微笑ましいです。
わたしも有閑倶楽部の一員になりたい!とか思っちゃいますね(笑)


オトコマエ! DVD-BOX

男女7人夏物語 DVD-BOX

(購入者の評価)
このドラマは懐かしい。さんま、しのぶのコンビで最高にいい味出してます。下町が舞台にたっているのですが、古さを感じさせません。やはり大竹しのぶさんの演技が一番光る感じがしました。この時代はいい時代だったのだなとつくづく感じさせられました。

奇兵隊

(購入者の評価)
もう何度見た事でしょうか

仲間を何人引きずりこんだでしょうか(笑)

時代劇好きな人間は是非見るのをお薦めします。


座頭市(デジタルリマスター版)

(購入者の評価)
「16年ぶりに劇場用映画として復活した」市は、ずいぶん善人になってしまったような……。
16年以上前のしたたかな悪(ワル)の市の方が、私には感情移入しやすい。
昔を知らないファンに、これが「座頭市」の強さだ!と知らしめるには十分な勝新の迫力ではある。
これを観て、勝新の市に惹かれた方は、ぜひ昔の作品も観てほしい。


男女7人秋物語 DVD-BOX

(購入者の評価)
しばらく見てないけど必ず見たくなって、ずーっと前のビデオを引っ張り出して見てました。DVDになったの知らなかった(^^;)必ず見たくなるドラマ。やっぱり特別だと思います。リアルタイムで見てたとはいえ、年を重ねてみるとやっぱり今のドラマにはない深い気持ちとか感じます。さんまさんとしのぶさんはやっぱり最高の相手です。個人的には「秋」ですっごくいいオトコになったさだちゃん。男の友情を感じます。一枝さんと美樹さんのラストも最高!愛だけじゃなくて友情もいいんだな?。

トキオ 父への伝言

(購入者の評価)

 原作から入って、ものすごく感動しました。親子というものを改めて考えさせられる。そんなドラマです。

 TVもは見たり見なかったりだったので、DVDを購入しましたが、国分君の演技はいいですねぇ。もちろん病院の場面では歳が合ってないなぁという印象は否めませんが、25年前の場面はもう適役というしかないでしょう。
 ☆一つ減の理由は、他の方も仰ってますが、ラストのシーンは原作になるべく沿った形にして欲しかった。東名高速での撮影は難しいかもしれないけど、あの場面を映像で見たかったというのが正直な感想です。


オレたちひょうきん族 THE DVD (1983-1984)

(購入者の評価)
放送されていたときと同じような構成になっているので
構成云々については別に必要ないと思う。
この番組を知っている人たちにとっては、おもちゃ箱の
ようなもの。
知らない世代にはがらくたと映るかもしれない。
ただ、あの「たけし」が、あの「さんま」が当時は
体当たりで演技してたということ。
今更ながら、改めて脱帽。

そして、芝居している当人同士も笑いをかみ殺して
演技しているというところが面白い。
アドリブも多いし。
今のお笑い系のように、他人にやらせて、それを周りで
見ていて一つの番組にしてしまうものとは明らかに違う。
私にとっては、貴重なおもちゃ箱、出たものはすべて
購入予定です。

オレたちひょうきん族 THE DVD 1985

(購入者の評価)
『ひょうきん族』を見るのは、約19年ぶりでしょうか。番組放送当時、私は幼稚園でした。それでも、毎週土曜日は『ひょうきん族』を見て大笑いしていた記憶があります。でも、思い切って買って良かったです!一緒に見ていた父や母も大笑いしていました。見て損はないですよ!お勧めです!

オレたちひょうきん族 THE DVD 1985~1989 FINAL

(購入者の評価)
この手の番組の宿命というべきか、番組内のオイシイ部分しかDVDで収録できないため、当時の面白さが半減されてしまっているのが残念・・・。

しかし懺悔室だけはいつ見ても面白い。日枝会長が出ていたのは私も驚きでした(笑)


免許がない!

(購入者の評価)
 女優の「私、トイレに行きたいんです。車で連れてって」この一言から、男41歳の名優が一大決心をして、免許を取るまでの過程を描いた作品。やはり、人間は一人では生きられないんですね。多くの女性が関わっています。女優、車高のギャルたち。合宿所のおばさん、お姉さん。また、男性は、多くのスタッフ。なんとか受からせたい。そんな思いからの援助、夜でも昼にしてしまうんですよね。まさに、映画だからできたことです。実際はそういうわけにもいきません。教官も、片岡を始め、セクシーギャルたち。こんな教習所だったら面白いのに。
 いずれにしても、飲酒運転の魔の手が迫る今日この頃です。酒は、悪魔と見抜くことが大切です。自分はそうなるかもしれないという、「かもしれない」運転、生活が大切だと思います。このぐらいは、「いいだろう」という、「だろう」運転は、もし、一歩間違えば大事故になる危険性が大きい。一生を台無しにする。本筋とはそれましたが、免許というのは、自分だけでとるものではない。みんなの協力があって初めて取れるんだということを再確認させてくれて、絶対無事故で行くのだという誓いの映画でもあります。


釣りバカ日誌 17

(購入者の評価)
今回は、石川県輪島が舞台になります。いつもの浜ちゃん、スーさんで、安心してみることができます。これだけ長く続いたシリーズになりますと、いつも通りのドラマこそが嬉しいですね。映画を見ている間は、日常を忘れるというのでしょうか、夢の中に入り込めますね。映画というものが、生活を豊かにしてくれるのを感じられます。良質な日本映画の喜劇。釣りバカファンの方はもちろん、どなたにもオススメです。

オレたちひょうきん族 THE DVD 1983~1984(II)

(購入者の評価)
俺たちひょうきん族は俺の青春そのもの。

ラストラブ プレミアム・エディション

(購入者の評価)
本作の難点は脚本の弱さだろう。ユンソナや片岡鶴太郎、高島礼子といった役者陣が添え物としてしか扱われておらず、伊東美咲と田村正和の恋もちょっと煮詰め不足。でも4つ星なのは、何といってもビジュアルの凄味である。NYCと横浜というのは、ちょっといつもの組み合わせと違う。横浜の相対するイメージはLAであり、またNYCは東京だろう。でも、今回の取り合わせは結構ハマっていた。空の色合いが意外に似ているのである。また神奈川県庁の歴史とみなとみらいの新しさにマンハッタンの古い町並みとタイムワーナーセンターの新しさといった対比もきれいに決まっていた。NYCのロケはそれでも様々な制約があるだろうし、目新しい絵はなかったが、横浜界隈の風情は夜景も含めて斬新な撮り方で感心した。さすがに横浜に縁の深い松竹ならではの力技。みなとみらいスタジオ建設は頓挫しており、室内シーンなどは日活撮影所を使用しているが、できれば当地に伝統の松竹撮影所を復活させてほしいものである。横浜のG30(ゴミゼロ)運動のPRも充分あって、伊東美咲の勤務場所もゴミ関連のセクションなのだが、これまた最初のシーンしか生きず、中盤以降忘れ去られていたのが残念。ちなみに丸の内のコットンクラブでロケが行われたが、日本での親会社はブルーノートなので、どうせなら同系列の赤レンガ倉庫・モーションブルーヨコハマで演じてほしかった。またNYCのラストシーンはタイムワーナーセンター内でのロケ。ワーナーブラザーズの本社が入る高層ツインビルを使った映画はハリウッド作品を含めても非常に珍しかった。ホンはダメだが、NYC/横浜の質感は十二分に出ているので、カッコいい映画が好きな方にはお勧めである。

SADA

(購入者の評価)
 エロを期待しては、いけません。図書館の視聴覚資料として貸し出されているくらいですから。
 むしろ文学性に惹かれる、阿部定に結局殺害されてしまう亀造の口ずさむ中原中也の詩が、映画の随所に、しかも効果的に挿入されています。また事件自体を、猟奇的、好色的とはせずに、愛の結晶、とニヒリズムの混交として、描かれています。
 また最期の狂言回し役の台詞が心に今も残っています。
「当時の日本は貧しかった。しかしこの上なく美しくあった。だんだん世の中が醜く、穢れていってしまった」
 この映像作家が伝えたかったことでしょう。そして、黒木瞳がエロに崩れずに、凛としていて、可憐ながら逞しく美しい。…大衆受けはしないでしょうが、私はこの映画大好きです。


腕におぼえあり2 DVD-BOX

(購入者の評価)
謀反者の濡れ衣を晴らし無事に藩に戻った
主人公青江又八郎なのですが、
前作で繰り広げられた藩主毒殺の陰謀に関する、
証拠奪還の藩命を受け、再び江戸に向かいます。
証拠は片岡鶴太郎扮する、大富静馬が握っており
それを追う青江、また騒動を嗅ぎ付けた幕府の隠密も
動き出し、三つ巴の戦いとなります。
青江は藩命を受けつつも、生活のため前作同様
用心棒で生活費を稼ぎ、江戸の市井の人々と交流し、
そのドラマがえも言えぬ雰囲気を醸し出しています。
そこに加え大富静馬との死闘や隠密との戦い、黒木瞳扮する
女忍者との恋、用心棒仲間の細谷との友情など
時代劇という枠を超えた人間ドラマが展開されます。
老若男女すべての方に、心からお勧め致します。


異人たちとの夏

(購入者の評価)
最後でB級ホラーになってしまいました。
本当に残念です。
しかし、それ以外は片岡鶴太郎さん、風間杜夫さんはじめ出演者の好演技で一見の価値のある作品です。
アー最後がなかったら。
監督あんたはあほか。




オレたちひょうきん族 THE DVD (1981-1982)

(購入者の評価)
俺たちひょうきん族は俺の青春そのもの。

異人たちとの夏

(購入者の評価)
最初に、この映画お勧めです!
幼い時に亡くなった両親・・・そんな経験した人は少ないでしょうけsど、懐かしくセツナイ思い出・・・はありますょね?な?んか、こう微妙な線をなぞっている作品です。
これぞ山田太一ワールドと言えると思います!
また、若き日の、片岡鶴太郎・秋吉久美子(とくに眉毛)に注目です♪


でべそ DE ストリップ

>> つづきをみる

片岡鶴太郎 2009年カレンダー

マザーツリー 母なる樹の物語

(購入者の評価)
前から、黒姫に住んでいるC.W.ニコルさんのことは気になっていました。
日本人ではないのに、日本の自然保護について精力的に活動しているし、
いつも鋭い意見を述べてくれます。本当に感謝・・。
その彼が、母国語ではなく、日本語でこの物語を書いたということで、
読んでみたら、夢中になって、鼻水や涙まで流して一気に読んでしまいました。
これほど本を読んで感動したのは久しぶりです。
500年も生きてきたミズナラの樹の周辺で起きたことを、童話や児童書の
ように読みやすく書いてありますが、それは、もともと、人間は自然と共存して
自然を敬って生活してきた、つまり自然への感謝があったはずなのに、日本が
明治期に入ってからの開発と富国強兵、殖産興業などにより、自然破壊もかえりみず、
何百年とかかる大事な森をだめにし、ダムだとか道路だとか、ただ人間だけの
ために、どれだけの犠牲を払ってきたか、なんだか、今問題になっている
地球温暖化の根源をあぶりだしているように思えました。
この本は、今の日本政府のやり方がどれだけ間違っているかを歴然と
教えてくれています。今、変えなくては、それこそ、日本だけではなく
地球の生態系、大事な自然をもっと犠牲にしてしまうでしょう。
私はこの本をより多くの人に読んでもらいたいです。とくに、官僚、政治家には
必携の本、ぜひ教科書にして無理にでも読ませたいです。
片岡鶴太郎さんの絵も、なかなかいいですよ。よく話に出てくるイワナの墨絵は
本当に、イワナの塩焼きが食べたくなりました・・。


鶴太郎流 墨彩画入門 (角川oneテーマ21)

(購入者の評価)
絵の描き方を教える形式をとった、片岡鶴太郎の反省を振り返った本。
絵を描くことを通じて広がった物事や出会い。
絵に限らず、趣味があると世界が広がり、人生が豊かになる。
何事においても“遅すぎる”ことはないと、彼が身をもって証明しているので説得力がある。
人生を豊かにするには、適度な摂生と努力が必要なのだと感じた。


鶴太郎のぬり絵―美しい墨彩画が手軽に描ける!四季の花と果物編

鶴太郎流墨彩画塾 (続) (NHK趣味悠々)

鶴太郎流墨彩画塾 (NHK趣味悠々)

(購入者の評価)
趣味悠々を見ながらこんな風に描けたらと、又書いたつもりになって見ています。しかしもっと具体的に筆の使い方や材料の選び方が書いてあるとより分かり易いと思います描けない人が何を知りたがっているかは理解できていないように思います。確かに鶴太郎の作品も良いのですが。

ことばの花束 金子みすゞのこころ (ことばの花束)

(購入者の評価)
6人の方が、金子みすゞという人、そしてその詩について解説しています。
みんなに共通して書かれていることは、金子みすゞは貴重なすばらしい生き方をした人だということ。
そしてその詩は、読む人の心に大きな感動を与え、生きることの原点に気づかせてくれるということです。
みんな、金子みすゞの詩に敬意を表しています。

金子みすゞは、ものを見る目がとても澄んでいたのだと思います。
そして、リズミカルで優しいことばで表現する能力が、非常に高かったのでしょう。

この本を読んで、金子みすゞの詩のすばらしさに改めて気づかされました。



自伝・描きかけの自画像 (ヒューマンBOOKS)

いのち (新風舎文庫)

鶴太郎流墨彩画を描く (NHK出版DVD+BOOK)

鶴太郎絵日記

いのち (新風舎文庫)

鶴太郎流墨彩画を描く (NHK出版DVD+BOOK)

片岡鶴太郎画集〈7〉花音色 (片岡鶴太郎画集 (7))

新鶴太郎流墨彩画塾 (NHK趣味悠々)

(購入者の評価)
前の分も買ってビデオも撮りました。今回も撮ってます(^^ゞ
すごく解りやすく、見てるだけでも和む ほんとにいい絵です。
鶴太郎さんの新たな一面が見られますよ。


癒しの禅語

ご縁をいただいて

般若心経を書く―筆に魂をこめて

片岡鶴太郎画集 12 (12)

游鯉龍門―片岡鶴太郎画集〈11〉 (片岡鶴太郎画集 (11))

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4