加藤茶

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 
加藤茶 おすすめDVD 加藤茶 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX (通常版)

(購入者の評価)
ワンパターンで単純。だから、今でも笑えるんです。
彼らが演じるのは徹底したバカ。でも、バカを演じられるのは、彼らが一流の役者だから。
一押しです。


君が教えてくれたこと

(購入者の評価)
 この作品は放映時も毎週欠かさず見ていましたが、アスペルガーや高機能といった言葉も知らず、自閉症という言葉を聞いたことがあるという程度でした。
 今は仕事の関係で自閉症スペクトラムの子供達と関わりあうことが多くなり、少しずつ勉強しています。
 改めてこの作品を見ることで、自閉症を再認識するとともに、この作品には多くの自閉症の子供達と触れ合う為のヒントが隠されている事に気づきました。私が、何人かの自閉症児にとって狭山さんのようなかかわり方ができるようさらに勉強していきたいと思います。
 それが、この作品が私に教え、励ましてくれること、です。
 


オトコの子育て DVD-BOX

鬼嫁日記~いい湯だな DVD-BOX

(購入者の評価)
 ストーリーの展開は前回と同じような感じですが、それでも面白いです。最近のコメディータッチのドラマの中でも上位に入るドラマだと思います。
 観月ありさ・ゴリの夫婦は前回同様とても良かったと思います。一馬の悪事がバレタ後のシーンは毎回面白かったです。腹を抱えて笑えるような時もありました。一馬の父親役の加藤茶も良かったです。ドリフでやっていた「ちょっとだけよ」の芸も飛び出してとても面白かったです。キャストは全員良かったのですが、なかでもゴリ・観月夫婦の子役の子が素晴らしく良かったと思います。「この子だけに限らず最近の子役のレベルは高いなー」と感心させられました。
 とても面白かったのですが、前回に比べて鬼嫁の周りの人達が鬼嫁に汚染されていく感じが前回よりも薄かった気がします。そのことだけが残念な点です。
 また夫婦役を誰か違う俳優にやらせてみても面白いのではないかと思いました。でも、「ゴリ・観月のコンビよりもこの役をこなせれる俳優がいるのかな」、とも思います


サイコメトラーEIJI2 Vol.1

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ おもしろビデオ Part 3

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ ~おもしろビデオPart 1

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ ~おもしろビデオPart 2

ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX

(購入者の評価)
1969年から1985月まで16年にわたって放送され、最高視聴率50.5%を記録した国民的番組「8時だョ!全員集合」。その中でもこのDVD-BOXは、80年代のドリフの黄金期の大がかりなセットを使ったコントを中心に収録されています。懐かしの「母ちゃんコント」「探検隊コント」「忍者コント」など名作コントがぎっしり。子供からお年寄りまで間口が広くわかりやすいお笑いです。幅広い世代が楽しめるDVDです。観客である小学生たちが大はしゃぎする声も聞こえて臨場感や生放送独特の緊張感もビシビシ伝わってくる。高視聴率も納得できます。粒ぞろいのコントたちは今観ても十分に笑えるものばかり。ドリフではおなじみのギャグなど現在のお笑いの源流はドリフにあると言っても過言ではないです。ザ・ドリフターズの爆笑コントは本気でお薦めです。ほかにもコント番組は数多いけどコントはドリフが一番面白いと断言できるほどこのDVDはお勧めです。やはり笑の本流はドリフにあると思いました。


芸能界麻雀最強王位決定戦 THE われめDEポン Vol.1

サイコメトラーEIJI2 Vol.3

サイコメトラーEIJI2 Vol.4

サイコメトラーEIJI2 Vol.2

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビおもし

芸能界麻雀最強王位決定戦 THE われめDEポン Vol.2

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビおもし

>> つづきをみる

庭園史をあるく―日本・ヨーロッパ編

(購入者の評価)
日本、ヨーロッパの庭園史における入門書、あるいは庭園史の流れを大まかに理解するには最高の本です。
庭園史の流れが理解できる他に、各時代、様式における有名な庭園の歴史や空間についても事細かに解説されており、庭園巡りのガイドとしても役立ちます。
最後に載っている、人名索引・植物索引・事項索引はこの本を事典代わりに利用でき、大変役立ちます。
図版はカラーでないのでやや分かりにくいところもありますが、全体像を把握するには十分です。


“お茶”はなぜ女のものになったか―茶道から見る戦後の家族

(購入者の評価)
 本書は、キリスト教徒の女性文化人類学者が、1998〜99年に首都圏の5つの茶道グループの稽古に参加しつつ行なった現地調査にもとづいて、トロント大学に提出した博士論文を、2004年に和訳・改訂したものである。本書の関心は、明治時代まで主として男性によって担われてきた茶道が、20世紀、特に戦後になぜ女性のものとなったのか、という点にある。その解明のために、著者はまず<お茶>の中心としての点前の概念を定義し、それが鍛錬とパフォーマンスの両面を持つことを指摘し、またそのモチーフとして、季節感・慶弔といった明示的なものと伝統的権威という隠れたものがあることを指摘する。流派の内部構造についての記述も興味深い。その上で、戦後茶道の置かれた状況の説明として、文化ナショナリズムの風潮、「総合文化としての茶道」・「茶聖利休」言説の定着、(明治以降の西欧化の中での男性弟子の激減を補うための)「作法」としての女性茶道の発展と、1925〜50年生まれの「都市」の「主婦」による「家族の戦後体制」の確立が述べられる。この戦後に「花嫁修行としての茶道」観が定着するのである。こうした分析の上で、著者自身の参与観察とインタビューの成果が検討される。茶道修練者の最小単位である「社中」の比較検討によって、点前中心志向と「総合芸術」志向の選択が社中次第であること、それが彼女らの社会的・経済的背景と関連していることが明らかにされ、更に中高年既婚女性、中高年独身女性、男性、若い女性がそれぞれ異なる意味を茶道に帰しているさまが分析される。最終的に、戦後女性と茶道の関連は、主婦たちの社会的認知への願望と関係付けられる(やや月並みか?)。サンプルがどれだけ「典型的な」事例なのか、一般人との関係はどうか、という問題は残るものの、自己の参与観察に基づき、戦後社会と茶道との関連を探ろうとした点は興味深い。

加藤淡斎 茶花

放課後Study倶楽部 (TSUKASA COMICS)

サバイバル―現代カナダ文学入門

緑茶カテキンの凄い健康パワー―驚異的に免疫力を高め、現代病を撃退! (サラ・ブックス)

アメリカ黒人女性作家論

連邦主義の思想と構造―トルドーとカナダの民主主義 (カナダ社会科学叢書)

北の旅人―沖縄に魅せられた教師加藤三吾の生涯 (1982年)

現代日本における不安定就業労働者

国家と政治理論

食べるお茶が効く!―お茶をおいしく食べてぐんぐん元気になる (別冊すてきな奥さん)

(購入者の評価)
別冊すてきな奥さんとして、濃い内容がコンパクトにまとめられています。
・効用 ・レシピ ・レストラン
・阿波番茶と碁石茶の産地紹介
・東南アジアの食べるお茶
・茶にまつわる風習 など
PETボトル茶の普及で身近から遠ざかりつつある「茶葉」パワーを満喫できます。


日本帝国主義下の労働政策―全般的労働義務制の史的究明 (1970年)

茶〓辞典 (1971年)

現代日本における不安定就業労働者

現代日本農業の新展開―神谷慶治先生古稀記念論文集 (1976年)

現代市民社会と企業国家

1931年ドイツ金融恐慌

茶の科学 (1943年)

歴史の転換と民族問題―ナショナリズム・ルネサンスの時代

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4