加東大介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
加東大介 おすすめDVD 加東大介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
七人の侍

(購入者の評価)
映像の素晴らしさもさることながら、三時間半という長さを
全く感じさせないのは、きちんと練られた脚本の構成力に
よるものだろう。冒頭から話運びがスムーズで、登場人物はひとりひとり
深く掘り下げられ、随所でユーモアやペーソスを挟みながら、
一気に決戦まで持っていく。各自の台詞やエピソードに
一切の無駄が無い完璧さ。面白過ぎて何度観ても飽きない。
観てない人は是非観て欲しい!


用心棒<普及版>

(購入者の評価)
海外では“荒野の用心棒”や“ラスト・マン・スタンディング”と、二度もリメイクされている、“七人の侍”と並ぶ黒澤時代劇の最高峰。 “隠し砦の三悪人”や“椿三十郎”が国内で再映画化されているのにこの作品は何故―?と思っていたのですが、今回見直してみて、誰もやりたがらないのがわかるような気がしました。 すごすぎるのです。 まず開幕一秒目からの佐藤勝さんの音楽をどうするのか? あの超ユニークかつ“三十朗そのもの”といった感じのテーマ曲を外して、今風の別曲に差し替えることなど考えられませんし、かといってこの曲をそのまま使ってしまったのでは再映画化の意味がありません。 さらに三十朗が馬の目宿に入ってきた時の有名な“手首をくわえた犬”の場面―、最新のCG技術を駆使すればあれ以上のものが創れるーなどという愚かなことを考える人がこの世にいるでしょうか? この様に最初の5分から、小細工を使ったリメイクを許さないような造りになっているのだからいやはやすごい、の一言です。 

度肝抜かれる三船の太刀技、パワー溢れる大出入りのシーン、個性豊かな脇役たち、大笑いしてしまうユーモアセンス、手に汗握る最後の対決―などなど、まさに娯楽映画の醍醐味を凝縮したような作品ですね。 再映画化などしなくともこれで充分です。 何度でも観ましょう。あんまり面白いのでくどくどコメントする気になれません。  


私は貝になりたい <1959年度作品>

(購入者の評価)
本作は1959年の映画版です。
1年前の1958年にテレビで放送され多くの支持を得たことから映画化されました。
テレビは、当時前半の30分はVTRを使用し、後半は生放送されていた時期です。
ですから、テレビドラマ版は完全な形で現存するものは無いそうです。

翌年に作られた映画は、テレビを見ることが出来なかった家庭も多く
かなりの観客動員数を記録しています。
その後にテレビで何度も再放送されましたので、後の印象としてこちらの作品がメジャーになりました。

映画のキャストはフランキー堺さん以外はテレビとは異なりますが、
当時、多くの人達が再び映画館で涙を流しました。

平和な散髪屋の店主を営んでいた主人は、
近所でも評判の家族を愛する優しい父親だった。
しかし、戦争は彼に赤紙(召集令状)を届ける。
終戦間際、彼は兵役に就き捕虜処刑を命じられる。
気後れしたので、銃剣で少し傷を負わせただけなのに...。

「人間なんて厭だ。牛か馬の方が良い・・・」
「・・・いや牛や馬ならまた人間にひどい目にあわされる・・・」
「どうしても生まれ代わらなければならないのなら、いっそ深い海の底の貝にでも」
「貝だったら、深い海の底の岩にへばりついているから、何の心配もありません。
・・・・・どうしても生まれ代わらなければならないのなら、私は貝になりたい」

テレビ放映、そして本作、後に所ジョージのテレビ版、
中居正広の近々公開版へと繋がる。
この作品は主演する役者さんの熱演が見事で、フランキー堺さんも所ジョージさんも素晴らしかった。
きっと、中居正広さん最高の演技を見られるものと思います。

その公開を記念して初DVDとして発売される本作、見事に作品に仕上がってますよ。


西鶴一代女

(購入者の評価)
井原西鶴の好色一代女が原作で、ヴェネツィア国際映画祭国際賞、BBC「21世紀に残したい映画100本」に選出されています。黒澤監督が「羅生門」で賞を取ったのに触発され、製作したそうですが、完璧主義故に製作陣とも大変なバトルがあったそうで、そのかいあっての栄誉でしょうね。まるで江戸時代に撮ったのか!と思える映像がとにかく素敵です。凄いです。セットも美術もライティングもカメラワークも江戸時代です。ストーリーはこんな不幸なことがあっていいのか!というような悪循環ストーリーで、主人公のお春が可哀想すぎます。封権男性社会だからでしょうけれど、、。美しすぎて純愛に走ってしまったがために、どんどんと身を崩して行ってしまう、、そして、老いて行ってしまう切ない物語です。最後に殿様になった子供から一緒に暮らすことを提案されるけれど、身を持ち崩しすぎて、それもかなわぬものとなってしまう。。。ああ、可哀想。お春が花魁になって、越後から来た偽金持ちに、金を渡そうとしてお春に断られるシーン、金をばらまくシーンは、おそらく「千と千尋の神隠し」にも影響を与えていると思います。そして、余談ですがものすごく若く柔らかく癖のない三船敏郎が出てます。

陸軍中野学校

(購入者の評価)
増村保造監督といえば、良くも悪くも男女の狂おしいまでの熱情を描くことにその手腕を発揮する監督。 そういう意味ではこの“陸軍中野学校”はまさに毛色の変わった異色作です。 とは言え、さすがは撮影所全盛期にみっちり技術を身に付けた監督さんだけあって、(会社からのお仕着せ仕事とはいえ)娯楽映画として決して出来は悪くありません。 当時、全盛期を過ぎたとは言え、スパイ映画は007ものを筆頭に結構はやっていたはずです。 “中野学校“は007流の軽快で陽性なスパイものに対抗して、とことん暗い非情なスパイの世界を描いています。 全編を通して漂う不気味な暗さはやはり増村流。

恋愛ものではないとは言え、やはり男女の関係が最大の見せ場になっていて、ここでも監督は本来得意でない題材の中に、自分の手腕を発揮できる場面を巧みに盛り込んでいると思います。 まだ二十代の小川真由美さんは、翳のある独特な美しさを発揮していて、この作品のヒロインとしてはぴったりです。 ひょんなことからスパイの世界に引っ張り込まれてしまった主人公が、自分の恋人と諜報合戦を繰り広げる羽目に陥ると言う脚本は見事でした。 あまり評判はよくないようですが、続編も見たいものだ、という気にさせられる出来栄えの映画だと思います。


用心棒

(購入者の評価)
文句なしの黒澤明監督の代表作☆白黒なのに(だから?)躍動感が凄いっ★初めてみたのは1990年くらいでしたが正直いって期待はしていませんでした。古い名作は時間の経過で色あせている作品が多かったからですが「用心棒」は違った!その後黒澤監督の「羅生門」や「七人の侍」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」等全てみましたがこれだけ古い映画でこれほどおもしろい映画に出会った事は今だかつてないです!
正直スターウォーズもEP1?3を見てしまうとEP4?6は少し昔の作品といった感じが残りますが今「用心棒」や「羅生門」を作ったところでオリジナルにかなう作品を作れるのは奇跡に近いです(>_<)(08年版柊三十朗やブルースウィリス主演ラストマンスタンディング等失敗作も多いです)
もはや義務教育で見せるべき!今時の小学生に見せても多分喜んでみるのではないでしょうか?
カラーになってからの黒澤作品はちょっとビミョーな作品もありますが最近のコッポラやスコセッシもビミョーな作品結構あるので年をとるとおもしろい作品ではなく自分の撮りたい作品をとるようになるのかもです。


放浪記

(購入者の評価)
中島みゆきの作った歌を歌うときの研ナオコのようなキャラを、凄いブスづくりで好演してます。大家になってからの林芙美子は、当時そんなに特殊メイクの技術はなかったろうけど、リアルに老けて見えます。
公開当時この演技は評判いまいちだったらしいですが、いとしのデコちゃんがあんな姿を、って引いた人が多かったんだろうなあ。今こそ堪能できる名演技。

文士連中の乾いた付き合い方もリアル。


天狗飛脚

羅生門 デラックス版

(購入者の評価)
芥川龍之介の「羅生門」と「藪の中」を合わせて、そこに黒澤監督の脚本で最後に救われる物語となった。両原作とも人間の根源を見せつけられるような作品であり、自分の心が試されるのだが、黒澤監督は芥川の原作に打ち勝っている。この脚本だからこそ、人間はそんなに悪ではない、というメッセージがあるからこそ、本作品が名作とされるのであろう。
映画の手法などで語られることが多い作品であるが、物語の充実が一番優れているのである。


三万両五十三次

(購入者の評価)
旅の道中、宿の夕餉の広間で大河内が剣舞を披露するシーンがある。「よ!瓢箪流!」と楽しい掛け声もあってその後が凄い。跳躍一番…、往年の大河内を彷彿させるその身のこなし!このシーンだけでも必見の価値あり。話が巧すぎるとか、いくら幕末とはいえ入り鉄砲に出女の代、まして武家の娘の一人旅などありえないとか野暮を云わずに、可笑しくたのしくハラハラドキドキの展開を味わう映画です。
加東大介が気持よさそうに盗賊を演じているし、ちょっとだけ出る沢村国太郎もいい。大河内と河津の
決闘シーンでぜーぜー息を切らすのは、この2年前公開の「羅生門」の影響かな。


社長太平記

(購入者の評価)
 戦争体験者が社会の中枢にいたころ、昭和の終わりか、せいぜい平成の初めごろまで、いわゆる「軍歌バー」が全国各地で散見されたが、当該の世代が一線から退き、この10数年で、ほとんど姿を消してしまった。

 観光地の大型温泉旅館が、全国の支部の持ち回りで開かれる「戦友会」や、その延長線上にある「社員慰安旅行」で支えられた時代は終わり、今や、女性同士や、家族単位へのサービスがその手の旅館の生き残り戦略の柱となった。

 この映画では、舞台となる「海軍キャバレー・大和」をはじめ、軍事演習まがいの消防訓練、待合での風景といった往時の風俗を通じ、戦前のにおいが、人とともに、戦後も長らく残っていたという当たり前のことが体感できる。

 江戸が明治元年で終わったのではないように、戦前も、実感としては昭和30、40年代までは、濃厚にあったのだということを思い出させて(気づかせて)くれるのだ。

 何よりも、満州帰りの森繁や、南方帰りの加東など、登場する俳優の多くが、激動の時代の修羅場をくぐった経験を持つだけに、演技の底に「本物」のすごみがにじみでている。これだけは今の俳優が演じても絶対に出せないオーラ。ぜひ「ALWAYS三丁目の夕日」と比べてみてほしい。

 蛇足ながら、電話交換手役の笹るみ子から、「景品ポイント」と交換で社内の機密を聞き出す社長の姿にさえ、情報戦で敗れた元海軍さんのルサンチマンが見て取れるというのは、うがちすぎだろうか。


ここに泉あり

(購入者の評価)
これは今の群馬交響楽団設立の経緯を描いた音楽映画。山田耕筰がカメオ出演しいるのが貴重な映画でもある。例によって今井監督は主演者たちを突き放して描いているが、最後まで希望を失わないという点では爽やかな印象を残す。一部「オーケストラの少女」を真似たところがあるという指摘はあるが、それはあまり些細な事柄かと私は思う。それよりも岸恵子のライバル役の草笛光子が登場するシーンが全くないことが重大である。どうやらTV放映の時に削除されて行方不明になったとのことだ。約30分の部分でどこからか出てくればいいと念じているのだが......。

喜劇・一発勝負

上州鴉

(購入者の評価)
旅籠の客に次々と朝餉が配膳され多彩な登場人物の殆どがさりげなく紹介されてゆく水際立った導入部…原作三村伸太郎(「人情紙風船」「血槍富士」等の脚本)、脚本新藤兼人。笑いも涙も剣戟も程よく按配されて役者も巧く、撮影も目に優しく快い。時代劇の一つのお手本みたいな映画です。旅籠前の往来に嘘がない(舗装路に山砂なんか撒いてない)。ご贔屓の大河内傳次郎はやや歳がいってるが流石の貫禄です。タイトルの本間謙太郎とは誰かと思ったら阪東好太郎でした。登場人物それぞれの人生模様が次第に収束して目出度しばかりではない終へ。
老目明し伍助の高松錦之助、貧しい老農民佐兵衛の葛木香一のような枯れた役者はもういないですね。老年でも妙にぎらぎらした俳優が多い昨今です。


サラリーマン忠臣蔵 正・続篇

(購入者の評価)
歴代「社長シリーズ」のスピンオフムービーとしては最高傑作です。DVD廃盤になるには極めて惜しい作品。

喜劇 一発勝負

独立プロ名画特選 DVD-BOX 8 希望編

社長道中記

(購入者の評価)
昭和36年の作品だそうです。私自身はこの後の「社長漫遊記」の方が三木のり平の宴会芸の面白さにおいて遥かに勝っていると思いますが、この作品もなかなかのものです。新幹線はまだ開通していないので、一行の大阪への移動は「こだま」を使ってということになります。缶詰生産の会社というのも時代を反映しています。そして大阪でのライバル会社がインスタントラーメンで伸してきた会社というのも納得がいきます。話自体はいつものパターンです。ディテールについて述べさせていただきますと、まず美しい新珠美千代さんの姿がまぶしいですね。取引先を招いての招待旅行の舞台となる南紀白浜にはもうこの時期にゴルフ場ができていて、その後のサラリーマンの宴会旅行のパターンの原型が出来上がっていたというのも驚きでした。もっともこのパターンもいまや消滅してしまいましたが。最後に水上機で東京から白浜に久慈あさみさんが駆けつけるのは狭くなりつつある日本の象徴です。

社長洋行記 正・続篇

(購入者の評価)
実はまだ続編の方は見ていません。ということで正篇についてのレヴューですが、このシリーズの中ではじめて見た作品でした。公開は1962年です。国際収支の赤字や外貨の割り当てという会話が時代を反映しています。もうひとつの駅前シリーズは濃厚に戦前の影人間関係の絡みに残していた作品ですが、この作品は舞台が東京(そして香港)となっているせいでしょうか、からっとした笑いが最初から最後まで続きます。再認識したのは森繁の魅力です。恰幅もよく(登場人物の中では一番背も高いようです)、さまざまな服装のセンスもばっちり決まっており、中国語(広東語ではないようですが、そういえば旧満州出身の日本人で香港で北京語を操る人って80年代の半ばまでは時々見かけましたね)の会話のシーまで含めて、その多面的な魅力がスクリーンに全開されます。香港のロケはこの時代数々の東宝映画で行われているものです。いつもおなじみの啓徳飛行場、ambassador hotel,レパルス湾へのドライヴなどのシーンが満載です。珍しいのは、車を船に載せて九龍から香港島へフェリーで渡るシーンです。草笛光子はいつもおなじみの役割ですが、新珠美千代はこんな役も演じていたのですね。この作品の最大の中心人物は三木のり平です。背広を着た彼はすべてのシーンで会話と筋の潤滑油となっており、彼の存在がなければ、この作品は決してこのような味と軽さを持った喜劇としては成功することはなかったと思われます。途中から彼を消してしまったのは本作品の最大の失策ですね。

喜劇・一発勝負

(購入者の評価)
この映画には「男はつらいよ」の元ネタがたっぷりつまっている。長い間家を出ていたどら息子が帰ってくるという導入部から、主人公が聡明な妹に迷惑をかけたり、色んな騒動を撒き散らしたりするというスタイルはそっくり受け継がれている。無論、違う部分も多くあって、社会的成功を夢見て野心を剥き出しにするあたりなどだが、もうひとつ、出奔する際に既に子供がいた(生まれてはいないが)という設定も大きく異なる部分で、最後の最後でこの伏線が全く逆の作用を起こして映画を台無しにしてしまっている。ハナ肇が成功を収めたところで停止ボタンを押すのが賢明だ。ラストの5分がなければ星5つだった。眼鏡をかけた倍賞千恵子も可愛くて良かったのに。惜しいなぁ。

>> つづきをみる

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)

(購入者の評価)
恥ずかしながらつい最近この作品の存在を知って 読みました。「紙じゃねえか。紙じゃねえか。」・・ここはクライマックスでしょう。泣きました。  でもけっして「お涙ちょうだい物語」では無いのがこの本の魅力です。ユーモアたっぷりに描かれてます。その裏にある戦場の悲惨もサラリと描いてます。  とにかく各キャラクターの魅力にグイグイと引き込まれました。村田大尉、ニセ如月寛多、怪僧・・。  笑わせながら夢中で読ませて、読み終えてから戦争の狂気に怖気立つ・・・。 いままで読んだ戦記ものは全然違ってました。2回連続で読みました。   加東大介さんは黒澤監督の映画でよく見かけましたが、文才もある人だったとは・・。こういう素晴らしい小説とめぐり合えて幸せです。

南の島に雪が降る (ちくま文庫)

南の島に雪が降る (1961年)

南の島に雪が降る (旺文社文庫)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4