加藤晴彦

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 
加藤晴彦 おすすめDVD 加藤晴彦 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
神様、もう少しだけ

(購入者の評価)
元々は金城武のファンで見ていた作品でしたが、どんどんフカキョンとのシーンに釘付けでした。いつでも見れる様にと思いDVD購入しました。何度見ても飽きない至極の作品です。余談ですがどうして海外の俳優さんはキスシーンが上手なんでしょう…演技に見えないとてもリアリティを感じるのは私だけでしょうか?とにかくお勧めして間違いない作品です。

整形美人。DVD-BOX

(購入者の評価)
ブスが何を言っても、負け犬の遠吠えぐらいにしか思ってくれない。そこで主人公は前向きに美容整形で人生をリセットすることを決心する。脚本の吉田が久本雅美をイメージして書いたという、米倉にブスな言動をさせるシーンは結構笑える。が美人にブスの心情を訴えさせる部分にこのドラマの本質がある。

ブスである自分にくじけることなく、常に自分と向き合って生きてきた主人公の心情に切なくなる。彼女の叫びはつらい思いを抱えながら前向きに20数年生きてきた者の叫びである。

誰でも人生というドラマの主役。主役が輝くがどうかは美人がブスかという外見で決まるのではなく、いかに自分という主役を演じきるかということ。

自分の気持ちを本気で伝える米倉に椎名の気持ちも傾いていく。小西の妹キャラも萌える(?)。加藤も結構男前の役かな。平均視聴率が約11%で失敗作なのかもしれないが、このドラマの米倉は女性らしさもわりと表現されており好きだ。だだ11話を引っ張るには少々きついものがあったのも確かで、整形で好きな人を騙すことに悩むくだりなど、中だるみな印象もある。

DVDの構成はかなり貧粗。1巻から3巻まで3話づつ入っているだけ、各話ごとのチャプターもないのでネクストボタンを押すと次話の頭に移動する。4巻は2話収録であまったスペースに米倉のファッションチェックと題して北陽の二人の喋りと「はねる」のドラマ初出演の感想?と予告編。というわけでドラマ自体は星3つだが、ひとつ評価を落とした。

龍が如く 劇場版 通常版

(購入者の評価)
真島さんは激似
それ以外はほぼノーコメント
桐生はもっとゴツいとは思いましたが…
伊達さんは不満でした
サンドイッチマンの富澤のほうが似てます
がゲームではそれほどでもなかった真島さんがいい味だしてまして
真島さんが好きになりました
評価3は全部真島票です




(購入者の評価)
今村理恵さんがきれいです。
こんなに美しく、どきどきするストリップは、なかなかありません。

名作といわれる「傷だらけの天使」第3話(中山麻理)は、超えています。

モデルS 内容A 特記事項無(初ヌード) 総合A (星5つ)

彼女たちの時代(1)

(購入者の評価)
目的や方向性などがいまいちで冗長気味なんですけど段々面白くなっていきます。
全編通して話が重いんですよねぇ。特に椎名さんの状況、人間開発室って…。


深津絵里さんはさすがです、上手い。あとパンツルックのイメージが強い彼女ですが珍しくスカート姿が多いです(笑)

BSBの楽曲も合ってると思います。


口裂け女 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
演技が酷い。虐待のシーンがB級以下。子供の口をなんの意味もなく切り裂くシーンが残酷。
本当にみて全然得のない映画。


回路

(購入者の評価)
 「リング」の時は、テレビのブラウン管に幽霊がでてきたのがコワかったが、今回は、なんとインターネットエクスプローラに幽霊が登場する。ブラウン管は、アナログなんで、霊の波動が電波と干渉して幽霊が出現するというのもいいけれど、今回は、さすがにJAVAとかFlashとかの世界でどうやって幽霊がでてくるのだろうかと考えてしまった。そのあと考えたのは、PCの中から出てくるのではなくて、それを見ている人の頭に幽霊が入れば、PCだろうがなんだろうが関係なくなるからいいのかな、と思ったが、その場合は、「Print Screen」キーを押しても出てこない。

 映像はかなり気色悪い。PCのカタカタする動きをうまく利用してコワーい演出をしている。ストーリーはよくわからなかったけれど、映像だけでも面白いと思う。
 小雪が若くてかわいい。小雪みたいな人が、大学のコンピュータ室で学生の相談に乗っているなんて、幽霊を見るよりもはるかに確率の低いシチュエーションだ。



天城越え

ココリコミラクルタイプ 恋のとんこつ味 <低価格版>

(購入者の評価)
テレビ放映では、一回の放送につきせいぜい日本ほどしかないコントが、とにかく延々とみれます。質の高いコントですから、もう、満腹って感じになります。
だったらレンタルでも、と思ったあなた。しかし、待ってくださいよ。この「恋のとんこつ味」レンタル版にはないスペシャルでは、なかなかの質量のドラマ「二重生活」を見ることができます。コントではとことん笑わせてくれるメンバーたちが、本気でお芝居をしているのです。無論笑いもありますが。
そして、なんといっても、いつもは声だけのミラクルさん(ピエール瀧さん)もご登場です。ともかく、買ってください。見てください。笑いのある生活は最高ですよ。


アナザヘブン〜eclipse〜(1)

(購入者の評価)
この作品は次はどうなるのかと毎回ドキドキします。現代の日本を舞台に、主人公たちと一緒に冒険しているような気分になり、自分もこんな風に現代の日本を舞台に、冒険をしてみたいと思わさせられます。次々となぞが現れるストーリー展開もいいですし、話の進み方にスピード感があって見てて飽きません。私の大好きなドラマです。

神様、もう少しだけ 第2巻

Love Story(3)

神様、もう少しだけ 第3巻

神様、もう少しだけ 第1巻

Love Story(1)

(購入者の評価)
大好きなドラマです。
このディスク(1)には、映像特典(豊川さんや中山美穂さんのインタビューや、タイトルバックの撮影風景)が収録されています。
TVで全部みたけど、映像特典が欲しくて買っちゃいました。


ココリコミラクルタイプ 恋のしょうゆ味 <低価格版>

Love Story(2)

???2001年にTBS系列にて放映された、北川悦吏子脚本による恋愛ドラマ。スランプに陥り、もう2年間も新作を発表していない恋愛小説家の永瀬康(豊川悦司)と、その担当者となった契約編集者の須藤美咲(中山美穂)を軸に、香取慎吾、優香、加藤晴彦、畑野浩子らが絡んでの物語が展開する。
???タイトルを堂々とシンプルに「LOVE STORY」としてしまうだけあって、どのような恋愛小説を書くべきかという問題をとおして「恋愛」そのものに対する考察が全編を貫く。しかも本作ではアナクロニズムと現代的(モダニズムというと語弊があるので)な軽い恋愛観を対比させつつも、あくまでアナクロなものを重視している点に恋愛ドラマの女王としての北川悦吏子の意気込みを感じることができる。(田中 元)


Love Story(5)

???2001年にTBS系列にて放映された、北川悦吏子脚本による恋愛ドラマ。スランプに陥り、もう2年間も新作を発表していない恋愛小説家の永瀬康(豊川悦司)と、その担当者となった契約編集者の須藤美咲(中山美穂)を軸に、香取慎吾、優香、加藤晴彦、畑野浩子らが絡んでの物語が展開する。
???タイトルを堂々とシンプルに「LOVE STORY」としてしまうだけあって、どのような恋愛小説を書くべきかという問題をとおして「恋愛」そのものに対する考察が全編を貫く。しかも本作ではアナクロニズムと現代的(モダニズムというと語弊があるので)な軽い恋愛観を対比させつつも、あくまでアナクロなものを重視している点に恋愛ドラマの女王としての北川悦吏子の意気込みを感じることができる。(田中 元)


AIKI

(購入者の評価)
本作は日活90周年記念作品である。思い返せばその10年前、同社80周年記念作として華々しく公開された「落陽」が「デビルマン」もびっくりの大怪作であったことを思えば、奇跡のような出来栄えではないか!テーマは重い。交通事故で障害者となった主人公が、ドン底から立ち直るまでの過程では、糞尿処理から性の問題までが赤裸々に語られる。R18ではないため、ともさかりえと加藤晴彦のラブシーンはかなりつらいものがあったが、ここを除けば良くできた作品だと思う。合気柔術はまさに「剛を柔で制す」典型だ。だから車椅子でも十分成し得る。これが作り話ではないことは、エンドクレジットやメイキングで実在の人物を紹介することで証明されている。加藤晴彦は苦労して自由の利かない演技をマスターしており、ウソっぽくない。またともさかのやさぐれぶりや石橋凌のカッコ良さも観ていてスカッとする。感涙よりも気持ち良い拍手で終われる作風もよい。カメオの佐野史郎の登場の仕方も爆笑だった。おすすめです。

回路 デラックス版

(購入者の評価)
ハリウッドでリメイクが決定した 和製ホラー パソコンからゆっくりと侵食される世界
街から一人また一人と静かに消えていく人々 やがてそこに人は居なり混沌とした世界へと
変わって言った ホラーと言われているが 監督はスリラーで勝負したかったんだと思います
平和な日常が色を変え消えていく 内容は賛否評論ありますが かなり優れた哲学的ホラーに
なっていると思います 飛行機が爆発したり 街が崩壊していくさまは日本映画にしてはかなり凄いものでした
ハリウッド版にも期待大


>> つづきをみる

馬と遊び、馬に学ぶ KIDS BY HORSE

500513―加藤晴彦ヴィジュアルブック (ロマンアルバム)

電脳文化と漢字のゆくえ―岐路に立つ日本語

(購入者の評価)
文字鏡研究会、「言語、認識、表現」研究会、Muleのメンバを入れてもらえれば、違う視点を提供できたかもしれない。

漢字については本場の中国に先んじて文字鏡研究会が標準化と電子辞書作りに貢献してきたし、中国の標準化委員会に対しても情報提供してきた。

そういった日本の優位な立場をもっと認識して、すでに岐路を曲がっていることを著者らが認識してもらえると嬉しかった。

国立言語研究所の外来語のカタカナ表記の読替も、機械翻訳ソフトのプログラマ達からの提案であることを知る人は少ないかもしれない。

ちいさなことの積み上げが文化を創っていくのだと思う。



加藤晴彦オレのセーターBOOK (レディブティックシリーズ (1345))

加藤晴彦PERSONAL BOOK晴れ (デラックス近代映画)

「天城越え」と加藤泰

フレンズ

(購入者の評価)
さっぱりと、自分に正直に生きている晴彦さんは、同じワルガキ(うわっ言葉ワルっ!)でも近頃犯罪を犯す子供と比べ(ちゃいけないんだけど・笑)、何だか微笑ましいカンジがしてスカッとしました。ていうか、全部読み終わって励まされました。どんな状況にあっても「自分」は持っていないといけないんだな、と。私も一応漫画家だから、それだけで偏見的な目で見られることもあります。スランプもパニックも起こります。でも、自分の作品を本当に楽しんでくれる読者や、応援してくれる周りの人たちの支えがいつも心の中にあるからまだまだ頑張れるゼっていう面も多いんですよね。この本の後半は特に、そういう意味でとても共感できる部分が多かったです。
いい本に出会えて嬉しかったです。晴彦サン!これからも自分らしく頑張ってってくださいね!(^0^)/


加藤晴彦カレンダー 2003

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4