加藤和樹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
加藤和樹 おすすめDVD 加藤和樹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇 Final Vol.2

《a》symmetry-アシンメトリー スペシャルDVD

カフェ代官山 ~Sweet Boys~

(購入者の評価)
色々ありえなさすぎですが、飲食店で踊ってはいけません!
埃がたつじゃないですか。
あと、新人なのに勝手に注文を受けたり、それに対してお咎めなしだったり・・
なんだか色々常識を疑います。

あとラスト。
「は?」って感じなんですが、あのまま解釈して良いのかしら?

でもファンディスクとしては良いんじゃないでしょうか。
馬場君大好きです。



髪がかり

仮面ライダー THE NEXT

(購入者の評価)
「仮面ライダー」という題材だけで充分に作品が成り立ちますので、「ホラー」の部分は不要です。それに映画のファースト・カットって大切なところと思っていましたけど、この作品て・・・?妹の姿シーンは最後まで見せずにいた方が良かったんじゃないかな。編集カット(当然、ファーストシーンも)したら、約20分短縮出来て、テンポ良く、アクションシーンも活きてきました。それに最後の、妹と兄のシーンは、昔みた「ミカドロイド」をなんとなく思い出しました。どうしてかな?

斎藤工が魅せる!究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

(購入者の評価)
斎藤工さんが好きで購入しました。
秋公開の『春琴抄』のメイキングです。

基本インタビューが多く,映画について真剣に語る工さんが大半をしめます。

他は映画のシーンがうつったり,撮影に取り組む工さん,映画の撮影の合間の工さんが見れます。相手役の女優さんの長澤奈央さんの短いインタビューもありました。

結構真剣なDVDです。
私は斎藤工さんの映画の『スキトモ』のメイキングも持っているのですが,同じメイキングでも,こちらの方が真剣というか・・・そんなに楽しんで何度も見るDVDではないと思いました。

斎藤工さんは着物姿が多く,とっても綺麗でした。斎藤工さんがこの映画に対する,とっても真摯な気持ちが分かります。早く映画が見たくなりました!

ただ,映画が映画だけに本当に真面目と言うか重いので(何と表現したらいいか分からないですが),斎藤さんファンの私でも何度も見ようとは思えず・・・。

お値段は手頃だし,斎藤さんがとっても美しかったので星は4つです。


仮面ライダー THE NEXT コレクターズエディション

(購入者の評価)
FIRSTともども、購入して鑑賞しました。
こちらも、満足です!

本郷猛の人間像が、優柔不断を通り越し、頼りなく見えるのがどうかと思いましたが(苦笑)
誠実で、ビミョーに対人関係に自信をもてないのは元からとして、改造人間になったからこそ「人との接触を怖がっている」という感じの表現でしょうか。
そして弱者を救うヒーローでない、強大な組織からの孤独な逃亡者・・・という位置付けが新鮮でした。
おそらく彼と同じ基本性能を持つホッパー型改造人間達に囲まれ、逃げ回り・・・
そして明らかに彼よりも新型で高性能な改造人間達に追い詰められます。
サイクロン号は、ほぼ逃走用マシンとして使われてますし(笑)

一方、同じ逃亡者である一文字隼人は刹那的に世の中を楽しんでいるのでしょうか?
リジェクションのない本郷は未来を考え、考えるが故に迷い、慎重に行動する。
リジェクションに苦しむ一文字には「今」しかなく、迷いなく一瞬に全てをかけて行動する。
その違いは元の性格が大きそうでもあります。
が、その描き方には非常に好感を持ちました。

そして「改造人間の力」に酔った傲慢な風見志郎。
そのままでいられたら、ショッカーにとっては実に好都合だったんでしょうねぇ。
最後の戦いは、風見から本郷が知らされ、本郷が飛び出しました。
風見は一文字にそれを止めるよう頼みましたが、一文字はともに戦う道を選び・・
そして風見も行動を共にします。
3人ライダーのキメシーンは、オジサンには震えがきます(笑)

が、その最後の戦いの主役は、最後に現れた風見です。
ホラー仕立てでも話は不可解ではなく、論理的に説明がつくSFベースと考えるべきですね。
途中でそれがつながり、風見の改造人間観が揺らぎ始めるという、重要なキーです。
そして最後のシーンで、仮面を脱いだ風見が、再び仮面をかぶる・・・
「仮面ライダー」の名をこう解釈したことに、深い感銘を覚えます。
素晴らしい話の構成だと、私は手放しで絶賛します。

ただ、私はこのコレクターズエディションの価格の点で不満がありまして・・・
本当は星5でなく4.6くらいの評点にしたかったんですけどね(笑)
実質、一文字の最後の言葉が加わっただけの価値ですし。
ただ、その最後の言葉の重みは・・・ン千円の価値があるのか?
人間の散り際における最高のセリフとは思いますけど(苦笑)


劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE ディレクターズ・カット版

(購入者の評価)
 ストーリーは支離滅裂。天道の俺様ぶりもいまひとつ。
監督のやる気の無さがヒシヒシと感じられ、悲しい。


加藤和樹 55mm

(購入者の評価)
30分という短さの中で、どれだけ加藤和樹さんを堪能できるかな??
とあまり期待せずに(期待したら、外れた時がっかりするから)買った1枚。

途中まで見てのたうち回った後、永久保存にしようと決めました!!!

砂浜のシーンは、きっと目を逸らしちゃうか、指の隙間からのぞいちゃうか(変態)、
もだえるか、恥ずかしさのあまりつい停止ボタン押して呼吸を静めるかのどれかだと思います。

凝視できません///!!

砂浜のシーンだけじゃなく、あらゆるところで脱がれていらっしゃるので、見ているこっちはもう
恥ずかしくて仕方がない訳でありますよ。(思わず敬語)

きっと見終わった後には自分自身の新しい扉を開いているんじゃないかな(和樹さんから逃れられないという)

でも、和樹さん自身が写真とったり、ムエタイに挑戦したりと、面白いシーンもたくさんあって、
個人的には大満足の一枚になりました。
欲を言えば、もう少し長くても良かったのに…くらいですv
もう、余すとこなく加藤和樹。
絶対おすすめのDVDです。


劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

(購入者の評価)
今までの仮面ライダーは、ただ怪人に地球がとられるとか人類の危機だとかそういう理由で戦ってきたように思います。
しかしカブト=天道の場合愛する人、ひよりを救うためだけに戦います。そのために加賀美まで騙したりして少し自己中な面も確かにあるとは思いますが、それなりの理由があるので僕は好きです。
さらにはZECT最強の戦士黄金のライダーに立ち向かいひよりのために未来を、そして世界を変える。これには正直感動しました。
わざわざZECTとネオZECTの間に割って入ったり、味方のふりをしながら加賀美をだましたのはこのためだったんだなぁっと。
個人的には非常に満足です。重たい話にはなってますが「愛」をテーマにしている以上仕方ないかと。特にラストの黄金のライダーとのバトルは必見です!!


劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE コレクターズパック

(購入者の評価)
あくまで劇場版。
本編と比べるのはどうかと思いますが。

パラレルワールドなんですよ。
基本的に。

どちらかというと本編に力を入れていますからね。


Kazuki Kato 1st Anniversary Special Live “GIG” 2007

(購入者の評価)
ライブツアー終了後に行われた一周年記念ライブのDVD化ということで。
率直な感想として、加藤さんの一年間分の成長がはっきりと感じ取れる作品になっていたと思います。
特にスローナンバーの声量・求心力には驚かされました。
DVDそのものの質も前回のものより向上していたと思います。

色々な曲調の楽曲があるなか、やはり声が出し切れていない部分も目に付きました。(それでもGIG 2006からの成長は凄かったですが)
18曲声を枯らさずに歌いきるのは大変かとは思いますが、今後は特にライブ後半のアップチューンナンバーの表現力向上に力を入れて、より完成された歌と姿を見せていただきたいと思いました。


地獄少女 DVD-BOX

(購入者の評価)
アニメで大好きな地獄少女がドラマになると知って楽しみにしてたんですが、残念ながら私の住んでいる地域での放送はなかったので、DVDを買いました。

アニメの出来が素晴らしいだけに、少々の不安はありましたが、観てビックリ!
アニメの世界観を非常に大切にしていると感じました。

キャストに関しては、様々な意見があるのは当然ですが、岩田さゆりさん、私はすごく良いとおもいました。

一目連も輪入道も、骨女も良かったです。

なにより、BOXの美しさとオマケのシールと小冊子がお気に入りです。
お部屋に飾ってます。

本当に買って良かったな、と思いました。


Kazuki Kato Live“GIG”2006

(購入者の評価)
見た瞬間からのめり込んでしまいました…
初ライブということで緊張してる様子が伝わってきましたが、それ以上に今までのミュージカルとは違う『アーティスト 加藤和樹』が全面に出ていて、言い知れぬかっこよさにゾクっとしました。(笑
ライブに行ったことの無いひと、加藤和樹をまだよく知らないひとはまず一度見てみてください。


ワンダフルワールド

地獄少女 第一章

???2006年11月〜2007年1月、日本テレビ系で放映された岩田さゆり主演のホラードラマ。本作は、異色なモチーフで人気を博した同名のアニメをドラマ化したもので、実写ならではのリアリティーが、物語をより見ごたえのあるものにしている。特に、岩田さゆりの日本的で憂いを帯びた容姿は“地獄少女”=閻魔あい役にふさわしく、美しくも不吉な漆黒の振袖がよく似合う。あいの使い魔“三藁”のうちの一人、骨女を演じる杉本彩の妖艶さも必見。また、ネットを心の拠りどころにしがちな現代人の風潮を巧みにとらえ、ホームページを介して“地獄”と交信できるという設定は、非常に興味深い。今も昔も変わらず、人の心に潜む闇の部分を刺激するストーリーは、いずれもテーマ性に富み、「怨みとは? 復讐とは何か?」を深く考えさせられる。(みきーる)

地獄少女 第二章

???2006年11月〜2007年1月、日本テレビ系で放映された岩田さゆり主演のホラードラマ。本作は、異色なモチーフで人気を博した同名のアニメをドラマ化したもので、実写ならではのリアリティーが、物語をより見ごたえのあるものにしている。特に、岩田さゆりの日本的で憂いを帯びた容姿は“地獄少女”=閻魔あい役にふさわしく、美しくも不吉な漆黒の振袖がよく似合う。あいの使い魔“三藁”のうちの一人、骨女を演じる杉本彩の妖艶さも必見。また、ネットを心の拠りどころにしがちな現代人の風潮を巧みにとらえ、ホームページを介して“地獄”と交信できるという設定は、非常に興味深い。今も昔も変わらず、人の心に潜む闇の部分を刺激するストーリーは、いずれもテーマ性に富み、「怨みとは? 復讐とは何か?」を深く考えさせられる。(みきーる)

地獄少女 第四章

???2006年11月〜2007年1月、日本テレビ系で放映された岩田さゆり主演のホラードラマ。本作は、異色なモチーフで人気を博した同名のアニメをドラマ化したもので、実写ならではのリアリティーが、物語をより見ごたえのあるものにしている。特に、岩田さゆりの日本的で憂いを帯びた容姿は“地獄少女”=閻魔あい役にふさわしく、美しくも不吉な漆黒の振袖がよく似合う。あいの使い魔“三藁”のうちの一人、骨女を演じる杉本彩の妖艶さも必見。また、ネットを心の拠りどころにしがちな現代人の風潮を巧みにとらえ、ホームページを介して“地獄”と交信できるという設定は、非常に興味深い。今も昔も変わらず、人の心に潜む闇の部分を刺激するストーリーは、いずれもテーマ性に富み、「怨みとは? 復讐とは何か?」を深く考えさせられる。(みきーる)

地獄少女 第三章

???2006年11月〜2007年1月、日本テレビ系で放映された岩田さゆり主演のホラードラマ。本作は、異色なモチーフで人気を博した同名のアニメをドラマ化したもので、実写ならではのリアリティーが、物語をより見ごたえのあるものにしている。特に、岩田さゆりの日本的で憂いを帯びた容姿は“地獄少女”=閻魔あい役にふさわしく、美しくも不吉な漆黒の振袖がよく似合う。あいの使い魔“三藁”のうちの一人、骨女を演じる杉本彩の妖艶さも必見。また、ネットを心の拠りどころにしがちな現代人の風潮を巧みにとらえ、ホームページを介して“地獄”と交信できるという設定は、非常に興味深い。今も昔も変わらず、人の心に潜む闇の部分を刺激するストーリーは、いずれもテーマ性に富み、「怨みとは? 復讐とは何か?」を深く考えさせられる。(みきーる)

>> つづきをみる

BEST ACTOR 3 (OAK MOOK 231)

鎌苅健太 ONLY CAST MAGAZINE 「KENTA STYLE」 (GLIDE MEDEIA MOOK 9)

(購入者の評価)
ケンケンの和装にギザ萌えです!!内容盛りだくさんでお得で最高。これで3ヶ月はがんばれるわ。一家に一冊、いや三冊。全員サービスDVD応募しました!!

仮面ライダー THE NEXT

(購入者の評価)
「仮面ライダー」という題材だけで充分に作品が成り立ちますので、「ホラー」の部分は不要です。それに映画のファースト・カットって大切なところと思っていましたけど、この作品て・・・?妹の姿シーンは最後まで見せずにいた方が良かったんじゃないかな。編集カット(当然、ファーストシーンも)したら、約20分短縮出来て、テンポ良く、アクションシーンも活きてきました。それに最後の、妹と兄のシーンは、昔みた「ミカドロイド」をなんとなく思い出しました。どうしてかな?

Cool-Up (クールアップ) 2008年 08月号 [雑誌]

CAST-PRIX PREMIUM Vol.7―2次元と3次元を繋ぐビジュアライズキャストマガジン (7) (JIVEムック)

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪 オフィシャルフォトブック

仮面ライダー THE NEXT コレクターズエディション

(購入者の評価)
FIRSTともども、購入して鑑賞しました。
こちらも、満足です!

本郷猛の人間像が、優柔不断を通り越し、頼りなく見えるのがどうかと思いましたが(苦笑)
誠実で、ビミョーに対人関係に自信をもてないのは元からとして、改造人間になったからこそ「人との接触を怖がっている」という感じの表現でしょうか。
そして弱者を救うヒーローでない、強大な組織からの孤独な逃亡者・・・という位置付けが新鮮でした。
おそらく彼と同じ基本性能を持つホッパー型改造人間達に囲まれ、逃げ回り・・・
そして明らかに彼よりも新型で高性能な改造人間達に追い詰められます。
サイクロン号は、ほぼ逃走用マシンとして使われてますし(笑)

一方、同じ逃亡者である一文字隼人は刹那的に世の中を楽しんでいるのでしょうか?
リジェクションのない本郷は未来を考え、考えるが故に迷い、慎重に行動する。
リジェクションに苦しむ一文字には「今」しかなく、迷いなく一瞬に全てをかけて行動する。
その違いは元の性格が大きそうでもあります。
が、その描き方には非常に好感を持ちました。

そして「改造人間の力」に酔った傲慢な風見志郎。
そのままでいられたら、ショッカーにとっては実に好都合だったんでしょうねぇ。
最後の戦いは、風見から本郷が知らされ、本郷が飛び出しました。
風見は一文字にそれを止めるよう頼みましたが、一文字はともに戦う道を選び・・
そして風見も行動を共にします。
3人ライダーのキメシーンは、オジサンには震えがきます(笑)

が、その最後の戦いの主役は、最後に現れた風見です。
ホラー仕立てでも話は不可解ではなく、論理的に説明がつくSFベースと考えるべきですね。
途中でそれがつながり、風見の改造人間観が揺らぎ始めるという、重要なキーです。
そして最後のシーンで、仮面を脱いだ風見が、再び仮面をかぶる・・・
「仮面ライダー」の名をこう解釈したことに、深い感銘を覚えます。
素晴らしい話の構成だと、私は手放しで絶賛します。

ただ、私はこのコレクターズエディションの価格の点で不満がありまして・・・
本当は星5でなく4.6くらいの評点にしたかったんですけどね(笑)
実質、一文字の最後の言葉が加わっただけの価値ですし。
ただ、その最後の言葉の重みは・・・ン千円の価値があるのか?
人間の散り際における最高のセリフとは思いますけど(苦笑)


Cool-Up (クールアップ) 2008年 06月号 [雑誌]

加藤和樹デビュー1周年記念ブック「BREAK!」

(購入者の評価)
私の大ーっ好きな和樹さんの、
音楽専科社刊行の雑誌に掲載された記事を全部網羅してダイジェストし、
撮り下ろしやライヴレポートも、トレードマークのフライングVのことも、沢山載った本です。

何処開いても和樹さんだらけ!
毎日見てても格好いいです!

テニミュや仮面ライダー、CDなどでファンだけど雑誌は買ってないかも…って人にもいいかも。
2500円以上の価値あり!


加藤和樹フォトブック VOYAGE

(購入者の評価)
まっすぐな目が印象深い表紙から始まって、
色んな表情の和樹くんがギュッと詰まっていて見応えがありました。
タイの建物や町並みの色合いが独特でまた良かったです。
もっと背中のショットがあったら星5つでした!


acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

加藤和樹アーティストブック「SINGER」

(購入者の評価)
LIVE "GIG" 2006 を中心としたこのアーティストブックは単品でも勿論楽しめますが、個人的にはDVDと両方をご覧になることをお勧めします!!
LIVEでの裏話や伏線ちっくな話も出てきますので一段とお楽しみになれるかと。
秋のツアー、LIVE DVD、10月の1stシングル…と出費の忙しい時期には優しいリーズナブルなお値段となっておりますので、お買い得かと(笑)


ARENA 37℃ SPECIAL (アリーナサーティーセブンスペシャル) 2008年 07月号 [雑誌]

Men's PREPPY (メンズ プレッピー) 2007年 10月号 [雑誌]

加藤和樹フォトブック VOYAGE 【Amazon.co.jp 限定・発売記念サイン会参加券付き】

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4