加藤嘉

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 
加藤嘉 おすすめDVD 加藤嘉 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
眠狂四郎 勝負

(購入者の評価)
冒頭の少年を助けるシーンから始まって、物語が一気に展開する様は見事であり十分に楽しめたが、私個人としては、子供や老人、女性を明るく助ける眠狂四郎の姿に一抹の物足りなさを感じたのも正直いって事実。加藤嘉や高田美和の演技も、今日的な視点からはやや過剰な印象といっては失礼か。

前略おふくろ様 DVD-BOX

(購入者の評価)
 倉本聰の代表作。「北の国から」でも使われていた主人公のモノローグで進行していくのが当時は印象的だった。ショーケンは「傷だらけの天使」の次がこの作品で、これまでの彼の役柄とはまったく異なる純情な田舎出の若者を好演していました。髪の毛をバッサリ切ったことでも彼の入れ込みようがわかります。坂口良子のかすみちゃんの可愛かったこと。桃井かおりの海ちゃんの強烈なキャラクター。梅宮辰夫の格好よさ。川谷拓三の可笑しさ。その他脇の個性的な出演者たち(小松政夫、大滝秀治、北林谷栄、など)も懐かしい。倉本氏はこの後、「大都会」「あにき」「浮浪雲」「さよならお竜さん」と1980年まで傑作を連発し、1981年に「北の国から」を発表後は傑作を残せず失速していきます。(「優しい時間」が唯一の佳作)いま見ても、会話の面白さは抜群で、古さをまったく感じさせない傑作です。

股旅

(購入者の評価)
オープニングから血湧き肉踊る太鼓の音―と思いきや、三人の薄汚い渡世人がヌボーっとつっ立っており、尾藤イサオと常田富士夫の何を言っているのかわからないほど早口な仁義のやりとりーと、かなりアヴァンギャルドなオープニングが傑出しています。 以前岩井俊二監督がインタビューで、“犬神家の一族”などは本来若い監督が撮るような作品で、そういう監督が円熟していって“おとうと”や“野火”を作ったりするものではないかー?と言っていましたが、まさにこの“股旅”も、58歳のベテラン監督が撮った作品とは思えません。 ひょっとして、草創期のテレビと深い関わりのあった市川監督、まだ若いテレビ界の現場から何か新しい創作のエネルギーを得たのではないでしょうか?

特にストーリーらしいストーリーがあるわけではなく、さすらいの一匹狼を気取っても、ちっともカッコよくなれない三人の駆け出しヤクザのちょっと哀しい青春群像です。 詩人の谷川俊太郎を脚本に起用しているので、内容は散文的というよりは詩的です。 流れ流れて、その場の思いつきで次へ進む―オープニングのナンセンスな仁義のやりとり同様、彼らの人生もつかみ所の無いナンセンスなものであるという、独特のシュールさ漂う佳作なのですが、いかんせん、シュールではあってもゴージャスな画面造りがお得意の市川作品に、この貧しさはちょっと物足りない気がしますし、これに先立って作られた“木枯し紋次郎”シリーズのような独特の哀愁やプロットの面白さに比べれば、やはりもう一つなにかが欠けているーと、私は思いました。 



日本列島

(購入者の評価)
シリアスなストーリーもさることながら 芦川いづみさんの演技が素晴らしいです。芦川いづみさんの演技の巾は広いですが、トラブルに巻き込まれた影のある女性を演じたら、芦川さんの右に出る女優さんはいないと思います。

中央流砂

(購入者の評価)
川の流れの真ん中あたりを流されていく砂。周囲は皆流れに乗って海へ出て行くのに、自分だけが川の中洲になって取り残されてしまった…。
タイトルには、そんな主人公の孤独感が暗示されています。
テンポの早い推理劇ではありません。
最近のテレビドラマに比べれば、わかりにくく歯がゆいかもしれません。
しかし、これは組織の不条理を描いた、地味ながら緊張感のあるドラマです。
組織の中の一個人に過ぎない者には、陰謀の全体像が明確にならず、告発など及びも付きません。取り残され、まさに砂を噛むような思いを抱くのみです。
「プラハ国際テレビ祭金賞」も、社会主義体制の不条理を良く知る人々の共感を得たからに他なりません。
・・・1976年時点の中村玉緒の見事な演技にも、あらためて着目してください。


大いなる旅路

(購入者の評価)
国鉄マンの生涯をリアルに描くため、主演の三国連太郎は、実際にレールの上を走っている本物の蒸気機関車の罐を焚いている。(このシーンのために国鉄の研修所に通って機関助手の訓練を受けたそうだ。その甲斐あってブルーリボン主演男優賞を受けた)
機関車が雪崩に巻き込まれて脱線する場面は、当時の国鉄総裁の許可を得て、設定年代当時の蒸気機関車の実物を走らせ、実際に脱線転覆させている。
実に真剣に作られた映画で、鉄道ファンならば一度はご覧になった方が良いと思う。
また、10代の研修生から定年間近までを力技で演じきる三国連太郎と加藤嘉、まだ若々しく凛々しい高倉健、そして一瞬誰だかわからないくらいスマートな二枚目の梅宮辰夫と演技陣も素晴らしく、見ごたえがあるので、一般映画ファンにもおすすめできる。


飢餓海峡

(購入者の評価)
戦後の暗い日本を生きる人間描写がすばらしい。伴淳三郎のとぼけた味のある、執念ぶかい刑事。男を思う左時子の演ずる薄幸の女。どのキャラクターもはっきりとそれぞれの俳優が演じており、うまくフィルムにはまっている、としか表現できない。日本映画傑作の一本である。

獣の戯れ

野獣死すべし 復讐のメカニック

(購入者の評価)
野獣と聞けば、一般的には「大藪春彦」や「松田優作」をあげる人が多いですが、人間の哀しみや宿命を内包して、また在り来たりな正義感やかっこよさを最大限に隠して、非情の男を演じている藤岡弘の伊達邦彦は最高です。原作の主人公の描写に最も近いのが、藤岡弘ではないでしょうか?最後は権力に負けたのではなく、復讐が終わってもどの道彼の生きる術は無かったのだと思います。解説書にも記載されてる通り、実銃を扱える唯一の俳優で、稀有な配役だと思います。見終わって暫くは哀愁と伊達邦彦に対する愛おしさがこみ上げてくる作品です。


眠狂四郎勝負

(購入者の評価)
パッケージには「シリーズ屈指の傑作」とあるが、誉め過ぎのような気がする。成る程、物語が一気に展開する様は見事であり十分に楽しめたが、子供や老人、女性を明るく助ける眠狂四郎の姿に一抹の物足りなさを感じたのも正直いって事実。加藤嘉や高田美和の演技も、今日的な視点からはやや過剰といっては失礼か。

純愛物語

(購入者の評価)
 1957年は今井監督にとって「初体験」が続く。すなわち「米」で初のカラー作品をものにし、本作で初めてシネマスコープ作品を製作している。が、演出は少しもぶれることもなく、静かにしかし的確に問題点をつく作品にしている。一見不良少年少女の話で道徳を説くと思いきや原爆の恐ろしさとフォローの不十分な現状をさらけ出すという作品。それが謎解きのように次第に明らかになっていく話運びのうまさには恐れ入る。また不良にも言い分はあり、それを認めない大人たちの無理解なところも合わせて問題点として提示される。
 後に夫婦になる江原真二郎と中原ひとみがコンビとして確定した作品ではないだろうか。


明治天皇と日露大戦争

(購入者の評価)
 敗戦後、占領された我が国においては、天皇制は政治的な判断で温存された。
 生き残った大人たちは子どもたちに天皇制、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争のことを語り伝えていた。
 子どもたちは それを覚えている。ましてや、戦死した家族の子どもたちはよくきかされていた。
この映画は 天皇が初めて映画のタイトルとして登場した作品であったと思う。
 1957年に公開された新東宝制作の映画。明治天皇を演じたのは当時の超巨大スター嵐寛寿郎であった。私は友と一緒に封切りされた映画館に観に行った。
 天皇を映画にするとどうなるのかと思った。しかも、大好きな鞍馬天狗の嵐寛十郎が明治天皇を演じるというのだから。
 天皇は 私たちにとっては神であった。
 人間宣言をされても 天皇の行幸の際には 学校の教師に率いられ沿道に立ち、自動車から手をふる天皇に、担任教師は「天皇陛下万歳!」と叫び、子どもたちは一緒に万歳をした。
 私は天皇の赤子(せきし)として生まれた。父は母に「よくやった。天皇陛下から預かり者として大切に育てよ」と手紙に残した。そして、特攻隊を育て、生き残っている自己を恥じつつけた父は無事に戦死した。私は父のことを思う時、必ず昭和天皇のことを思う。
 子ども時代の感想は、巨大なスクリーンに圧倒され、新東宝の冒険に拍手をおくった。
 昭和天皇の亡くなった時、ある時代が終わったと思った。
 この映画を思い出すたびごとに、天皇を讃え日露戦争に従軍した老人たちを思い出す。


ゼロの焦点

(購入者の評価)
白黒フィルムが冬の北陸をリアルに活写して、荒涼たる寒々しさや寂寥感を表現。
そこにドラマティックな音楽が被さり、重厚感を演出。
前半では、久我美子の抑えた芝居が不安を高めて、後半では、高千穂ひづるの鬼気迫る演技で一気に盛り上げる。
全編ムードある画面作りで、常に一定の緊張感が漂う。

ただ、内縁の妻と社長夫人の関係や、夫の過去を何も知らない禎子など、やや設定に難あり。
謎解きよりも、娼婦から上流階級へのし上がった、女の凄みや哀しさに重点を置いてるので、ミステリーとしては物足りないかも。
それでも、全体に雰囲気があるので、つい引き込まれてしまう。

手間ヒマ掛けて作った2時間ドラマ、という感じか。
実際、素人の推理に追い込まれた犯人の自白、ラストシーンの断崖絶壁といった、2時間ドラマの定石がこの映画で完成。
『土ワイ』や『火サス』が好きな人なら、満足できるはず。




(購入者の評価)
 この作品は今井監督が語っているのを直接聞いたことがあります。上映会のゲストで監督が出席され、自作についていろいろ語った中でです。まず、企画としては戦前の名作、内田吐夢監督の「土」に匹敵するものをという意気込みだったとか。
 霞ヶ浦の帆掛け舟のシーンは息を呑むほど美しいです。キャストの中には不満があったと監督は仰っていましたが、あまりそんなことは感じさせないところは流石だと思いました。


親鸞 白い道

昭和残侠伝 死んで貰います

(購入者の評価)
止めはしない・・でも次は私の義理にだけ生きて・・と死地にむかう高倉健に縋る藤純子。
断固意地に死す行為への羨望とあきらめきれない惚れた男への愛着を、匂うほどの艶かしさで演じた藤純子の演技が際立った残侠伝です。恥ずかしながらこのシーンは何度見ても思わず貰い泣きをしてしまいます。
でも健さんは殴りこみから生還してしまいます。
残侠伝シリーズでたった一本、居心地の悪さを感じるラスト・シーンです。
惚れた女への義理だけで生きていく秀次郎は惚れた女にとって何の魅力があるのでしょうか。
藤純子が本当に望んだのは健さんの生還ではなく義理に死す秀次郎ではなかったのか「死んで貰います」は藤純子のセリフではなかったのかと35年間疑問に思っています。

この映画の公開は大阪万博の開催、三島由紀夫が割腹、学生運動が終息した年でした。
この時代背景とともにオトコの論理が崩壊し日本人の義理が国際化の激流に埋没し始めて
仁侠映画の終焉を予感させる名画でした。


大忠臣蔵 中巻

人間魚雷 回天

(購入者の評価)
護国の鬼となる日のため、帰投することのない人間魚雷「回天」での特訓を続ける若き予備士官たち。
訓練中の事故で落命してしまう同僚もいる。

「貴様ら、怖くないのか? 臆病なのは俺だけか?」

玉井少尉が悲痛に叫ぶ。怖いのは皆同じだ。
予備士官達は出身大学も境遇も皆違う。
出撃を命ぜられた前日、彼らはどのように過ごしたのか。

偶然居合わせた先輩と、哲学書を挟んで死生観を静かに語りあう朝倉少尉。
酒に溺れ、芸者と騒いで浮世と別れようとする村瀬少尉。
わざわざ訪ねてくれた恋人、早智子との別れを惜しむ玉井少尉。

敵艦隊に遭遇し、彼らはどのようにそれぞれの死を迎えたのか。

派手な戦闘シーンも、涙腺を刺激する過剰な演出もない、抑制の効いた、それでも余韻の残る歴史的名作です。


独立プロ名画特選 DVD-BOX 6 家族編

朱唇いまだ消えず

>> つづきをみる

精神医学事典

(購入者の評価)
学問やるのに手元に辞書がないと具合悪いです。
ましてや精神医学。言葉をあつかう学問です。
言葉の定義をひと通り確認するのは礼儀作法と言えるでしょう。

この辞書、コンパクトで持ち運びにも便利。何かと活躍します。
内容も第一線の先生方が執筆してるから読み応えある。
関連語をリレーしながら読むってのもオツなもんです。


学級担任が自信をもって行う道徳教育

講座源氏物語研究 第8巻 (8)

わが父の愛と修羅

トランクいっぱいの恋文

新版 精神医学事典

「躓き」の効用『オニキス』成功物語

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4