勝地涼

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
勝地涼 おすすめDVD 勝地涼 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
The World of GOLDEN EGGS ""SEASON 1"" DVD-BOX

(購入者の評価)
合いませんでした。 所々クスッという程度で、それも非常に少ないです。 ただ、これを見せたら笑い転げてた友人がいましたので、 合うか合わないかだと思います。 過度な期待はしない方がいいです。

情熱大陸×小栗 旬 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
 小栗旬が、「実力を伸ばしている若手俳優」から「カリギュラ」に変貌するまでの200日間を追ったドキュメンタリー、MBS「情熱大陸」のなかでも良作です。

 彼にとって人生のなかでもっとも忙しかったであろう時期に、役者として一枚大きくなる姿が丁寧に映し出されています。また、蜷川幸雄の「バイプレイヤー(?)」としての役割、そしてその描写は素晴らしいですね。

 私にとって「情熱大陸」がますます欠かせない番組のひとつとなりました。


カリギュラ

(購入者の評価)
3時間にもおよぶ大作。
初めは,言葉が難しく,「うむ」という感じでした。
でも,話が進むにつれ,作品の中に引き込まれている私がいました。

最愛の妹の死から来る絶望感。
それをうまく受け入れられないカリギュラ。
自然の偉大さと,人間の限界。
その限界線を,権力でなんとかしようとするカリギュラに
振り回される周りの貴族達。
カリギュラと貴族達のやりとりの中から,
人間の愚かさ,弱さを感じ,
それを自分に重ね合わせてしまいました。
カリギュラは,暴君だけど,
きっと,とてもピュアで,不器用。

自分では,どうすることもできない現実,やるせない思いを,
小栗さんは,表現されたかったんでしょうか。
いや,もっともっと,深いものがあるんでしょうね。

これから,何度もDVDを観て,感じようと思います。
生で,観て,感じたかったなぁ。



The World of GOLDEN EGGS ""SEASON 1"" Vol.2

The World of GOLDEN EGGS "SEASON 2" Vol.03

(購入者の評価)
DVD観賞後の私見。
ブラの話、吾輩は猫なりぃの話はかなりおもしろかったです。
特にブラの話は爆笑しました。
他の話はたいしたことはなかったのですが、オープニングテーマが、
シーズン1より少し短くなっているところが見づらくなくて良いです。



The World of GOLDEN EGGS ""SEASON 1"" Vol.1

The World of GOLDEN EGGS "SEASON 2" Vol.04

(購入者の評価)
DVD観賞後の私見。
じっちゃんの話、ゾンビ島の話はおもしろかったです。
特にゲームカセットを吹く所はカセットゲーム世代にはニンマリ物でした。
じっちゃん役の小栗旬はすんなりなじんで見られました。(いてもいなくても問題ないという意味で)

有名人を使っても、使わなくても、おもしろい話はおもしろいし、
相変わらずはずれな話も結構はいってますね。
それに同じCMもどきを何度も使い回すって所もシーズン1から変わってませんね。
ひとつのDVDの中におもしろい話が2,3本入っていればアタリですね。



里見八犬伝 DVD-BOX

(購入者の評価)
放送時は内容をあまり知らなかったので面白いと感じたのですが、
もっと八犬伝について知ろうと文庫本やらマンガやら見てみたらビックリ。

内容違くね?(゚∀゚) と。

八房がいないとこの話は成り立たないのではないかと。
玉梓の呪いで伏姫が子を孕んだのはわかるのですが、
なんで犬なのか?ってことになっちゃうんじゃないでしょうか?
化け猫をCGでするぐらいなんだから八房は出すべきだったと思う。
その他にも親兵衛やら浜路やらいろいろと設定が違う人々がちらほら。
詰め込みすぎて少々無理があったのでは・・・。

あと、ワイヤーアクションのところで
いかにもワイヤーを使ってる感じが見え見えだったのが残念でした。

でも、キャストの豪華さで見る人なら十分なほど豪華なドラマなんじゃないでしょうか。


未来講師めぐる DVD BOX

(購入者の評価)
深田恭子という人はやっぱり「リアル」な役はあまりハマらなく、こういった「キャラ」の立った配役の作品に当りが
もの凄く多い気がします。

元々持っている「不思議ちゃん」で「姫」系な天然キャラがお似合いというのを「下妻物語」や「富豪刑事」で体現して
来たのですが、今回の「めぐる」は、深田恭子のキャラクター性を見定めた宮藤官九郎が書き下ろす脚本が今まで以上
に上手くハマった好例かと思います。

脇を固めるキャストも大御所からクドカン馴染みのキャスト、そしてクドカンが所属する「大人計画」等の芸達者な舞台
俳優までバラエティ豊かなキャスティングが光ります。
何といっても驚いたのは、2時間ドラマの「帝王」船越英一郎がめぐるのパパというコメディリリーフを嬉々として演じ
ている所がツボでした。

ホントに(S)すこ?し(F)不思議なドラマです。あとは次回予告などのアイキャッチに必ずある「フィックション!」と入
る、めぐるのクシャミがナチュラルにバカっぽくて最高です。


少しは、恩返しができたかな

(購入者の評価)
この作品は生きていく事の大切さ、そして大切な人を失う悲しさを教えてくれました。
今生きているこの時間がどんなに大事なのかを痛感し、今までの自分を反省させられました。
見ていて涙が止まらず苦しくなりましたが、しかしそれ以上に得られるものがあります。
是非見てもらいたい。


さとうきび畑の唄 完全版

(購入者の評価)
自分の命がいつ奪われるかわからない。
そんな状況の中で、さんまさんが演じたお父さんのように笑顔を振りまき、冗談を飛ばし、周りの人々を笑わせることができる人がどれだけいたことでしょう。
お父さんは、当たり前のことを強く信じていたのです。
「戦争で殺し合いをするのはおかしい。幸せにみんなが笑っているほうがいい」と。
でもこんな当たり前のことを、忘れてしまった人が大勢いたのかもしれません。

今の平和な日本では、幸せを願い、笑うことの大切さを知っている人は大勢います。
戦争や殺し合いで何かを解決しようとすることが愚かだということも、誰もが理解しているでしょう。
だけどこの時代は、そう信じ行動することが許されなかったのです。
自分や大切な人の命を守ることが許されず、「お国のために」敵兵に突っ込んで行けと教えられました。
相手が銃を持っていて、近づいたら撃たれるのに、無謀だと知りながら向かっていかなければなりませんでした。
そして多くの人がそうしたのです。
もし自分がそんな場所にいたら・・・と考えると恐ろしくなります。
私には絶対できない。怖い。
でも、それってすごく自然な感情じゃないでしょうか?

戦争は、人々に命の尊ささえ忘れさせる、恐ろしいものです。
戦争のない今の日本に生まれた私は、命の危険がほとんどない生活を送っています。
このドラマを見て、そんな当たり前のことが本当に幸せだと感じました。
殺し合いが当たり前になる、そんな戦争は二度と起こしてはいけないと再確認させられました。


幸福な食卓 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
大浦君の男らしさは絶品。
翼をくださいのシーンの感動は秀逸。

ひと様々。
人生は儚い。
感動は永遠。

北乃きいの自然な感性は感動的。
気づかない所で人は、守られ、成長する。

日本映画もなかなか。


ちょっと待って、神様

(購入者の評価)
‥こんなに素晴らしい作品に出会えて本当に良かった。ドラマの中の何もかもが心地よい感動を与えてくれた。オバサン竜子役の泉の涙を流しながらの熱演!「?まだわかんないの?人生がどんなに素晴らしいか‥」。 そして秋日子役の宮崎あおい‥。38歳年上の大ベテラン泉相手に、息の合った絶妙な演技を観せてくれる!この若手女優には本当に驚かされるばかりだ‥! オバサン化した秋日子の「喜怒哀楽」をここまで違和感なく演じきる実力はタダ者ではない!「私‥一生このままでいいよ‥」秋日子本人の傷つきやすくナイーブな表情も素晴らしいの一言だ! 他のキャスト達も印象深い演技でこの珠玉の「名作」に花を添えてくれる。ドラマ後半の大詰め、浜辺での竜子夫妻は涙なくしては観れないでしょう‥。 女子高生、秋日子に「子の親」竜子の魂が乗り移ったおかげで、子の視点、親の視点から「家族とは‥?、人生を生きて行くとは‥?」を観る者の心に優しく、静かに訴えてきます‥。観終わった後に心地よい涙を流すことができるでしょう‥。 最近は仕事、その他で忙しい毎日を送っていますが、なんだかもう少し頑張れる様な気がします‥。だって、この作品を観て、こんなに涙を流すことができるんですから…。

リリイ・シュシュのすべて 通常版

(購入者の評価)
雰囲気づくりや演出はさすが岩井監督。これに関しては最高点をつけたいところですが、やっぱりストーリーがちょっと・・・
話自体は暗い内容。別に暗い話だから★二つということではなく、なんというか、リアリティがなくって感情移入ができなかったからですかね。
「14歳のリアル」ってうたってますけど、そうかなーという感想。

まず、中学生がみんな18か19歳ぐらいにしか見えない。担任の女の先生なんかは、生徒と同い年くらいに見えてしまいます。
かなり大人びいた不良な中学生はいるとは思うけど、現実の中学生はもっと幼いような気がします。少なくても自分の中学時代はそうでしたね。「18歳のリアル」なら多少は納得できるかな。

万引き、レイプ、カツアゲのシーンは、なんかドタバタな感じでリアリティがなく、安っぽいtvドラマを見ているようでした。沖縄のエピソードも全体のストーリーからはずれて浮いている。映画全体のバランスをくずしていると思います。

などなど、突っ込みどころ満載の映画ですね。岩井監督は遺作にしたいとおっしゃってますが、自己満足映画の良い例だと思いました。



亡国のイージス プレミアム・エディション

(購入者の評価)
映画本編は、原作のテーマ部分を思い切って大胆に端折って、
『ザ・ロック』に『ダイ・ハード』をまぶして舞台を日本に移したような作りになっています。
アクション・戦闘シーンは相当に見ごたえあり。
ただ、少々大胆すぎて説明不足になっている部分も幾つかあります。
原作を読んでないと全部理解するのはちょっと難しいかも。
上映時間がもう一時間長ければ傑作になりえたでしょうね。
原作を読んでからイメージを補完するために見るのが一番良いですね。

特典ディスクに収録されているメイキングは凄いです。
とりわけ本物の護衛艦での撮影や、
実物大の巨大な護衛艦セットでの撮影は圧巻。
邦画にもこれだけのパワーがあるのだということを実感できるメイキング。
必見です。
ただ、キャストとスタッフのインタビューはちょっと…
質問の内容が映画のパンフレットを中心に映画公開前後にさまざまな媒体に掲載された数多くのインタビューとまったく同じ凡庸なものばかり。
質問が同じなら回答も当然同じ。
そのため、それらのインタビューに一度でも目を通したことがある人にとっては「そんなの前に聞いたよ」という感じでちょっと興ざめ。
その点を考えるともう少し安くても良いような気がしますが、
それにしてもこれだけ充実したメイキングさえあれば、この映画本編が好きになれた人にとっては悪い買い物ではないでしょう。


夢追いかけて

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版

(購入者の評価)
父親の方が監督だったらもっと良い出来だと思います。だけどシナリオは素晴らしい。これ程テロやア◯リカを批判する映画をつくるなんて相当怖かったでしょう。

子供達は大人や政府の指示に従って武器を持ち戦ってる…あれは本当だ。
ロシアは小学生くらいの子供が軍事訓練を行ってるのです。 国を守るという愛国心を持ち訓練してるのです。

この映画は父親を超える事は出来ないが良作である。こんな映画を好きだという人は頭おかしい」と言われるが、…

だったら私はそう思われても構わない。


銀色の髪のアギト Blu-ray

「それは、突然、嵐のように…」 DVD-BOX

(購入者の評価)
ストーリーはとても良かったです。
ありえない・・・と想う反面、本当にこんな男の子と出会えたら自分はどうなるのだろう?とドキドキさせてくれます。
山Pはとっても素敵です。今とは少し違う、若さと強引さが魅力。ダンスも上手だし、病気の部分も上手に演じています。
ただ、この作品で最大の間違いは、江角マキコさんを起用したことだと思います。江角さんが嫌いなわけではありません。でも、この役は江角さんじゃない!と思いました。
じゃ、だれが適役なのか。例えば天海祐希さんだったらもっと素敵な作品になったかなーなんて思っています。


バトル・ロワイアル II 特別篇 REVENGE

(購入者の評価)
前作から何年かたって続編が出たが、また藤原竜也だった。悪い意味でだ。この間に演技とか台詞回しの勉強とかしなかったんだろうか?同時に生き残った男性生徒役の人の方が表情とか喋り方とか凄く真に迫る。藤原の大根ぶりに拍車がかかった形だ。ここまで成長しないのもどうかと思う。さらに今回はストーリーが陳腐になった。大人を敵に回すとか子供達の笑顔をとかそんなのどうでもよかった。またあれだけの兵を少数のワイルドセブン側が簡単に撃ちまくっていくのはあまりにも、、、って感じだ、自分らは撃たれずにだ。映画なんだから、、って言えるがそれを思う前にそれはさすがに、、っていう気持ちが出てきてしまう。

>> つづきをみる

アルベール・カミュ (1) カリギュラ (ハヤカワ演劇文庫 18)

The World of GOLDEN EGGS の NORI NORI ENGLISH

(購入者の評価)
内容は、もっと単語帳みたいになってるのかと思ったら
アニメがそのままコミックになったような感じです。

意外と内容が薄くて☆3つで・・・
全カラーだし、しょうがないか。。。


あぁ、こんな言い方があるのか・・・
って勉強できる本です。


まぁ学校の英語の教科書よりは、とっつきやすいよ思います!!
DVDも持ってるとノリで英語の勉強が出来るかもwww


もうひとつの 「亡国のイージス」

(購入者の評価)
レビューを読んで購入しましたが、勝地くんファンの私は大満足でした☆
写真もあり、映画とは違った感じでも楽しめると思います。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4