葛山信吾

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
葛山信吾 おすすめDVD 葛山信吾 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
呪怨 2 劇場版 デラックス版

(購入者の評価)
怖いことには怖い・・がストーリーがまったく解らない・・?
まずキャラがどうゆうふうに物語に関わっているのかとゆう部分で悩む・・。
冒頭で意味なくいきなり襲われ、そこを基点に次々襲われるのだが、登場人物と名前がいまいち一致しないので混乱する。
見ていて、「こいつ誰?」っとゆうのがたびたびある。
ってか、あの女子高生のシーンが一番意味が解らない。
時間軸がおかしく表現されているので、一体なにが起きているのか解らん・・。
一番謎なのが、出産シーン。
何故伽耶子を生むのか・・。伽耶子はアホなのか・・?かなり意味が無いシーンだと思った。
子供に生まれ変わった(?)伽耶子に結局殺され、意味が解らないエンディング。
開いた口が塞がらないとはこのことか・・。
1の方が面白かったよ・・。正直駄作といってもいい・・。
唯一、ちょっと感動した殺された母親が娘を助けるシーンがあったので、星二つ。
まあ・・結局意味なかったけど。
伽耶子が何をしたいのか全然解らん。
無駄の多い殺戮ゲームみたいだ・・。


ファイアーボーイズ・め組の大吾 完全版 DVD-BOX

(購入者の評価)
もともと大好きなウォーターボーイズで山田孝之さんに興味を持ち、山田孝之さん主演のドラマと映画はすべて見尽くしましたが、なかでも以外だったのはこちらのファイアーボーイズでした。全く知らないうちにオンエアーされていて、私はネットで初めてこのドラマの存在を知り、DVD?BOXで初めて視聴したのですが、ドラマでここまでする??って位、まじびっくりでした。ドラマでここまでやっちゃうのって(一生懸命なのって)あまりない気がします・・・山田さん好きで内容知らずに購入しちゃいましたが、BOX買ってよかった???火も熱いですがこのドラマも熱いっすよ?永久保存版ですv^^v

Backstage of ウォーターズ

(購入者の評価)
想像どーり!とっちゃん最高!関西のノリがいいねぇ須賀くんも、ウケル! 男7人揃うとアホばっかでいいよっ! イケ面揃いだしね

いつもふたりで DVD-BOX

(購入者の評価)
「夢は信じて強く願えばいつか叶う」主人公の年頃には自分もそう信じていた事を思い出した。
忘れていたものを思い出させてくれる脚本に惚れた。
台詞棒読み気味の坂口君だが、この役ははまってると思う。
微妙な表情の演技はこの作品で結構上手になったと感じる。
もうひとつ素晴らしいのは色彩。主役二人のマンション、仕事場、登場人物の衣装の色合い
全ての画面にアクセントがある。美術さんと衣装さんの素晴らしさにも改めて感動。


真珠夫人 第3部 DVD-BOX

真珠夫人 第1部 DVD-BOX

(購入者の評価)
最近まで放送されていた「麗わしき鬼」で昼ドラの魅力に目覚めてしまいました。そんなところテレビで本作品が再放送されていることを知り、ちょくちょく拝見しております。

いや、これはもう素晴らしい作品だと思います。私が魅力を感じるところは

1.主人公達に全く感情移入できない
ドラマであり、役者さんが台本に従って演じていらっしゃることはわかっています。しかし自分達の愛を貫くために周囲の人間を欺き、混乱をもたらす。結果として死人がでることとなっても「好きだ?!!」と言い張ってしまう・・・ちょっとまってください。それでいいの?と思ってしまいます。

2.つっこみどころがありすぎ
これはもうたくさんあります。ドラマのなかでは「金貸しの罠によって貶められてしまった」ということになっていますが、どうみても主人公・瑠璃子の父親の自爆(犯罪を犯す)がそもそもの原因です。また金貸しとの無理矢理の結婚を避けるために恋人との駆け落ちに成功します。しかし主人公が「わたくし、あの金貸しに復讐してやりますわ」と宣言し、わざわざ駆け落ち先から戻り、金貸しとの偽装結婚に応じてしまう・・・など。

ドラマのなかでは金貸しのことを散々に批判していますが、いち視聴者としては「瑠璃子、むしろお前達のほうが悪人だろう・・」と感じてしまいます。

誤解していただきたくないのですが、私は本作品のこうした「え!!それはアリ?」と感じてしまうところが非常に好きです。評価しているつもりです。しかし、先に挙げた「麗わしき鬼」の神憑り的なストーリー展開、演出、セリフ、挿入歌などの項目を比べてしまうとどうしても評価が下がってしまいます。よって星3つです。


真珠夫人 第2部 DVD-BOX

(購入者の評価)
有名なタワシコロッケのシーンがあるのが、この BOX になります。
森下涼子さんのキレた演技が炸裂するこの BOX をみれば、もう真珠夫人フリークになるのも間違いありません。


ウォーターズ 通常盤

(購入者の評価)
経歴が様々な若者7人がすんなり面接に合格し、面接を担当する店長がうまく言いくるめて集めた保証金を持ち逃げしてしまう。元々はバーだった店を乗っ取って営業していた店長がいなくなると、残されたのは保証金を騙された若者7人に改装費と称して金を盗られた元のバーのオーナーとその娘だけ。オーナーの提案で全くの素人がホストになり、自分たちのホストクラブを開店させることになります。想像の中のホストのイメージで、見よう見真似でホストクラブを始めただけに、前途多難のドタバタ劇。イケメン小栗旬でもお客さんの前ではダメ出しされまくり。7人それぞれの苦い過去や前職の体験を思い出したり、ホストクラブで働きはじめたことによって過去のトラウマを克服し始めます。そしてオーナーの娘が高額な手術代が必要な重病だと知った7人。協力してどうやって手術代を工面するのか。複雑な人間模様と展開の早さで退屈することがありませんでした。想像もできなかった最後のどんでん返しもね。

呪怨2 劇場版 デラックス版

(購入者の評価)
例の家に取材に来たテレビレポーター・クルーの一行に、またもや襲い掛かる呪いの恐怖。
酒井法子がホラークイーンという配役が面白いです。
新山千春はレポーター、葛山信吾(仮面ライダークウガ)はディレクターという設定。
一番怖いと思ったのは、新山千春のエピソード。
毎日、決まった時刻にアパートの壁をたたく音が…。角部屋で隣はいないのに。その正体は…。あー怖い!

今回も、時間と場所が錯綜していて、ああ、このエピソードは、ここにつながるのか・・・という構成は面白い。
終盤はさすがに強引かな、酒井法子がかわいそう過ぎるかな、と思います。
全体としては、やはり弱い。
やはり「・・・2」という感じで、オリジナル・ビデオ版1作目、2作目、劇場版1作目と徐々にグレードダウンしてます。
シリーズ続けて観ているファンには、おすすめです。


月のあかり

(購入者の評価)
沖縄を舞台にした椎名へきる初主演映画のこの作品。
この作品は、地方の映画館では上映されなかったので、
観たくても観られずにいたへきるファンの方も多いのでは?
(私もその中の1人です。(T_T))

このDVDを心待ちにしていた私ですが、
私には本編のストーリーがちょっとわかりにくく、
理解するのに時間がかかり、

思い浮かべていたのものとは少し違うものでした。

けれど、特典映像の出演者インタビューや、
メイキング映像などが結構面白かったので、
買って良かったと思っています。

あっ!あと特典のパンフレットに『山羊汁』の
作り方が載っています。
あまりおいしそうには見えませんでしたが、
興味のある方は、作ってみては・・・?

 

うさぎのもちつき

(購入者の評価)
ホリエモンの作った(作らせた)映画ということで、「からかい半分」でみたのだが、予想以上にできていた。

小さな広告会社が舞台で、「カンピュータ」砂山企画運営課長(葛山信吾)と、親会社から飛ばされてきた間島直子(大谷みつほ)を中心に、ドタバタ劇がまきおこる。
この映画が単なる「アホな映画」で終わってないのは、登場人物の描写のうまさだろう。砂山課長は部下の前では決して激昂しないが、生意気な間島には思わず感情が出てしまう。間島は中途半端にできるOLの典型的な例。一見、砂山とは「犬猿の仲」。実際は心のどこかに「砂山に対する好意=甘え」があるから、かえって感情を表に出してしまう。

脇を固める部長(秋本奈緒美)、営業課長(市川しんべー)の少々オーバーな演技も笑える。
おそらく35±5才ぐらいをターゲットにしたのだろう。この独特の「空気感」になじめるなら、多少年齢が外れても楽しめるだろう。


ファイアーボーイズ・め組の大吾 完全版 2

横浜ばっくれ隊

ウォーターズ 初回限定盤

(購入者の評価)
ラストのドンデン返しは内容的にあまりいい後味をしない筈ですが、小栗旬をはじめとする主人公たちのひたむきさ、前向きさが全体に良くあらわれ、さわやかさが全体を包んでいるので、巧く調和され、本来あるべき最悪のどん底感は低減している気がします。全体には、結構感じのいい映画に仕上がっているだけに、邦画では珍しいラストの展開は印象的でした。

いつもふたりで Vol.1

いつもふたりで Vol.3

うさぎのもちつき

いつもふたりで Vol.1

???松たか子、坂口憲二のコンビで送る王道ラブストーリー。雪深い北海道の田舎町で小説家になることを夢見ていた瑞穂(松たか子)は、新人文学賞を受賞したという口車に乗せられて上京するも、その支度金として支払った300万円をだましとられてしまう。大口をたたいて故郷を出てきた手前、帰るに帰れなくなった瑞穂は、売れっ子の放送作家になった幼馴染の健太(坂口憲二)のマンションに転がり込むのだった…。
???何につけても傲慢にふるまう瑞穂と、煮え切らない態度ばかりとる健太との、迂回系のスウィートかつ切ない恋の行方が当然メインストーリーなのだが、幻の小説家・山崎翔(黒沢年雄)と瑞穂の関係性を描いたサブストーリーにこそ、ドラマの味わいはある。(麻生結一)


いつもふたりで Vol.3

いつもふたりで Vol.2

>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.6 (2007 MAY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

うさぎのもちつき

(購入者の評価)
ホリエモンの作った(作らせた)映画ということで、「からかい半分」でみたのだが、予想以上にできていた。

小さな広告会社が舞台で、「カンピュータ」砂山企画運営課長(葛山信吾)と、親会社から飛ばされてきた間島直子(大谷みつほ)を中心に、ドタバタ劇がまきおこる。
この映画が単なる「アホな映画」で終わってないのは、登場人物の描写のうまさだろう。砂山課長は部下の前では決して激昂しないが、生意気な間島には思わず感情が出てしまう。間島は中途半端にできるOLの典型的な例。一見、砂山とは「犬猿の仲」。実際は心のどこかに「砂山に対する好意=甘え」があるから、かえって感情を表に出してしまう。

脇を固める部長(秋本奈緒美)、営業課長(市川しんべー)の少々オーバーな演技も笑える。
おそらく35±5才ぐらいをターゲットにしたのだろう。この独特の「空気感」になじめるなら、多少年齢が外れても楽しめるだろう。


葛山信吾 写真集 「W」

(購入者の評価)
葛山さんの写真集ということで、とても楽しみにしていたのですが
ピンボケ写真ばかりで残念でした。パジャマ姿や、ビシッと決めた
スーツ姿、ちょっとワルそうな兄ちゃん風といろいろな葛山さんを
見ることが出来るのは良かったと思います。

それだけに、葛山さんの顔がハッキリと写っていない写真が
多かったのが残念でなりません。せっかくの美形なのに、
なんともったいないことをしてくれたのでしょうか…。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4