川津祐介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 
川津祐介 おすすめDVD 川津祐介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ガメラ2 レギオン襲来

(購入者の評価)
怪獣映画の歴史を変えた前作のレベルを上回る作品。

客層を選ばずヒットさせなければならなかった前作と比べ、今作にはスタッフのやりたかったことが濃密に(悪く言えばマニアックに)詰めこまれている。

自衛隊の行動をストーリーの主軸に据えており、レギオンの存在に「他国からの侵略」の意味を込めて、憲法9条の問題点、国を守ることの意味を問うている。

怪獣映画としての完成度も高く、前作以上の怪獣プロレスを楽しむことができる。しかし、対決までのシーンが長く子供が見ても、この作品の真価はわからないだろう(私も公開時、劇場に見に行ったが楽しんだ記憶がない)。
だが、ある程度年を重ねてからこの作品を見れば、小林昭二演じる古参自衛隊員の「昔、子供のわしは火の中を逃げ回った。怖くて怖くて、今でも夢に見る。…今度は、絶対に守ろうや」という言葉が深く胸に迫ってくるだろう。


地雷を踏んだらサヨウナラ

(購入者の評価)
中では間違いなく最高クラス。

センショーナルな作品ですがこれこそ映画といえます。
海外が舞台の映画なので、アカデミーノミネートのモンゴルに近しいものを感じるのかもしれませんね。
難解なものが多い、浅野忠信作品を好きになれないという方にこそ、見逃す手はない。


冒険者カミカゼ

(購入者の評価)
としみじみ…この頃の真田クン千葉サンはバリバリでした!スクリーン狭しと動きコンビネーションにファンは酔い…秋吉サンが2人の間で可愛く魅力的なキャラで皆さん楽しそうに演じてるなぁと思いました。当時学生の私が真田クンのパンツ丸見えシーンにかなりショックを受けたのもかわいい思い出…!?主題歌も歌ってましたね。JAC時代の作品好きです。今見るとまだダイヤの原石のよう真田クンのハニカんだ笑顔が好きでしたねぇ?やっとDVDで見れるんですね?!東映サンありがと?!

卍(まんじ)

(購入者の評価)
巻頭いきなり、岸田今日子のクローズアップで始まるこの映画は、
最後まで彼女の独壇場と言っていいくらい、この女優の多様な
表情と声の、いささか気がふれたような魔力に惑わされ続ける。
市川雷蔵の時代劇「忍びの者」でも、愛欲の炎をじっとその大きな
目の奥に光らせる頭目の妻を演じていて印象に残る。
さて、本当の主役であろう若尾文子も、あっけからんとしたお嬢様育ち
ながらもどこか下町風情のちらちらする、自己本位の2枚舌でまわりを
不幸にして、さっさと死んでいく役どころを実に気持ちよく演じている。
だが、この映画成功の最大の鍵は、あくまで岸田今日子という逸材を
配置したことによると思う。
女優たちの特性の最も良いところをうまく引き出し、カメラに収めた
増村監督の力量も相当なもであることは言うまでもない。


ピュア・ラブ II 2

(購入者の評価)
「こんな形の愛があるのか???」と悶々とした気持ちで終わった前作の続編。現代あまり観られない、「気持ちの高まり」をこのドラマでは随所に見ることができる。特に陽春が木里子を追いかけるシーンは3部作の‘名場面‘と言っても過言ではないと思う。まさに必見のパート2です!

ワイルド7 DVD-BOX

(購入者の評価)
これは当時小学生の眼にはかっこよかった。特にはじめに死んでしまうヒバちゃんの兄役の峰岸隆之介(現 峰岸徹)はかっこよかったです。川津祐介も出ていて、子供心にも豪華でした。1972年当時の750ブーム最高でした。

ピュア・ラブ II 3

(購入者の評価)
白血病に侵された小学校の女教師が運命の糸に導かれるように修行中の雲水に出会い、お互いに惹かれあい恋に落ちていく。しかし、仏に仕える修行中の雲水と病魔に侵され絶望の女教師という立場が好きあっていても、お互いに踏み込めない切ないやり取りが本当に心を打ちます。安っぽいロマンスではなく、命の尊さ、家族のあり方、そして人を思いやる心などを嫌味なくタイトル通りピュアで、見ているこちらには何の気負いもなく心にスーッと入り見終わった後、とても爽やかな気持ちになります。平日の昼間のドラマでしたが、是非、家族で見ていただきたいDVDです。

ピュア・ラブ II 4

(購入者の評価)
買おうか、買うまいか悩みました。1はすでに購入したのでそれに続き2まではと金額のこともあり迷っていたことは確かです。
 でもすこしづつ貯めてようやく手にします。
 出演者の演技もそうですが、京都大好きなわたしは鮮やかな映像で
ロケ地の大法院の庭の素晴らしさに見入ります。
 京都の風情を併せて楽しめるのもうれしいですね。

 京都を離れたわたしが言うのもなんですが、素敵な庭のたたずまいです。

ピュア・ラブ III 3

赤い天使

(購入者の評価)
野戦病院の女の記憶。
恋愛や人間関係に、よくも悪くも、日本人くささがうまく表現されている。それが現実だったといえばそれまでだろうけど、見てられないシーンがたくさんある。
極限だから、あんな恋愛になるのかな。
どこかに日本人らしい美しさを感じた。
胸が詰まって苦しくて鑑賞をホウキしそうになった。
戦争に正悪はないと思うが、戦争に組み込まれた登場人物達を見ると、とてもそう思う。したたかで、かつしなやかなヒロイン、綺麗!
とても心に残る作品だった。
ただ消費されるポップな映画とは一味も二味も違うと思った。
こんな作品なかなか生まれないとおもう。


Gメン’75 FOREVER VOL.3

ピュア・ラブ II 1

(購入者の評価)
パート1では納得のいかない形で終わった二人の離別。こういう形の愛もあるのかと考えさせられたが、パート2ではより激しい・強い2人の想いを観ることができる。特に陽春が木里子を追いかけるシーンは名場面で、押さえきれない想いをいうものをこれ以上ないくらい上手く表現していると思う。是非是非おすすめ!

ピュア・ラブ III 4

(購入者の評価)
特典映像で陽春と木里子のその後を描いた絵を見れます。ファンの方が描いた作品で、感動しました。小田さん、篠田さんも感動してました。

「ピュア・ラブ」のDVD全てを揃えるのは大変ですけど、とりあえず本作、つまりパート3の第4巻だけ入手しては?

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.1

(購入者の評価)
第1話「木乃伊の恋」は、川津祐介と大和屋あつしが出演するコミカルな時代劇パートと、渡辺美佐子と浜村純が出演するミステリアスな現代劇パートが入れ子になっていて、一話で二話分のドラマが楽しめるお得な作品です。深夜の墓地で物語が頂点に達するかと思いきや唐突にエンディングという作り方には賛否があるでしょうが、いかにも鈴木清順らしい作品です。なお、この作品には、音楽とナレーションが同一で映像だけが異なる別ヴァージョンの30秒予告編が存在し、1993年にKSSから発売されたLDボックスにはそちらも収録されていましたが、残念ながら、このDVDには未収録です。第2話「死を予告する女」は、ホラーサスペンスとしての物語性よりも、不条理な死の予告に脅える蜷川幸雄を何とか救おうとする財津一郎と名古屋章の友情のドラマとして見る方が、期待を裏切られなくていいかもしれません。また円谷特撮ファンには、『ウルトラQ』の「ゴーガの像」と『ウルトラマン』の『人間標本5・6」でサングラスをかけた謎めいたヒロイン役が似合っていた田原久子が、本話では荒砂(あれさ)ゆきの芸名でバーのママ・冴子を演じているのが、楽しい拾い物となるでしょう。

太陽の墓場

ピュア・ラブ III 1

(購入者の評価)
まるで七夕の織姫と彦星の様です。

もうちょっとで
手が届きそうになったかと思うと
離れ離れになり・・
相手への思いやりが
互いにすれ違ったり・・

星の瞬きの如く
月の輝きの如く

悲しい、優しい心の琴線に触れるお話です。

ピュア・ラブ III 2

(購入者の評価)
テレビでは見ていましたが、購入に関してはずーっと悩んでいました。でも手元に置いておきたくて決断しました!心と心は結びついているのに、会いたいときになかなか会えない二人。ふとしたことで不安になったり、自信を失ったり・・・。切ないけれど、これぞ純愛!あ〜これでいつでも見ることが出来ます。

大島渚 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
 60年代?70年代に駆け、時代を疾走した大島渚のBOX集、いよいよ登場。特に、今作に収録されているのは、大島が松竹時代に撮った初期の傑作で、松竹ヌーベル・ヴァーグと呼ばれる契機となった「愛と希望の街」、「青春残酷物語」、松竹と訣別後、立ち上げた創造社の第一作であり、武田泰淳の名作を映画化した「悦楽」、いずれも初DVD化という貴重な作品集だ。中でも、生きていく為に鳩を使って"詐欺"を繰り返す極貧な母子家庭の小学生と、その鳩を買った裕福な少女の、そして、それを見守る女教師と兄との、交流と断絶を通じ、プロレタリアート層とブルジョワ層の間には、決して乗り越える事など出来ない"壁"があるのだと言う命題を、冷徹かつ明確に提示し、その後の新左翼系知識人と映画ジャーナリズムに多大な影響を与えた「愛と希望の街」は、当初の「鳩を売る少年」とのタイトルとその内容から、小市民的メロドラマとヒューマンドラマが主流だった松竹にとっては、暗い、救いがないとの理由でタイトル変更を余儀なくされ、結局原題名で公開、大島をして、この映画には希望などないのに、と慨嘆させた、その後の大島映画の原点とも言える傑作だ。時代は移り変わり、今ではその作品自体が、"時代"を感じてしまうのは否めないが、60年代、高度経済成長に湧く「日本」の翳と歪みを照射し、アバンギャルドで刺激的に「国家」を撃ち続けた"闘う映画作家"の軌跡を、今一度振り返って見たい。ただ残念なのは、今回のラインナップに、初期の大島映画を語る際、絶対に避けて通れない「日本の夜と霧」が収録されなかった事。WHY?

恋する女たち

(購入者の評価)
 自伝的な「ヒポクラテスたち」を除くと、大森一樹の映画ではもっとも面白かった記憶があります。この後、斉藤由貴で似たような作品が続いた後、ゴジラシリーズを撮りながら、次第に映画作家としてのボルテージがダウンしてしまったのは残念です。ひょっとしたら今の人たちは大森一樹という名前も知らないのではないでしょうか。(なにせ相楽晴子、小林聡美、柳葉敏郎が高校生を演じていた時代ですから)
 主人公たちの個性的な言動に魅力を感じ、漫画の吹き出しの使用などのアイディアもさえていました。いま観ると斉藤由貴の服装(体型が判らない極端なロングスカート)は異様ですが。この頃の相楽晴子はきれいで、役者としても個性的で、後年「どついたるねん」で助演女優賞を総なめして実力を開花させました。


けんかえれじい

(購入者の評価)
いったい、この映画を何度見たことだろう。そしてまた、これからも何度も何度も見ていくことだろう。そのとき、やはり清順映画の最高傑作は「けんかえれじい」なのだと確認することだろう。清順映画は、どんな映画でも、何度見ても新たな発見と感動がある。発見と感動の対象は、物語であってもいいし、役者の演技であってもいいし、カットや構図、絵の美しさであってもいいだろう。
「らぶれたあ」のピアノと十字架、「刺青一代」の群集や襖、「悪太郎」の純愛と横移動のカットの繰り返し、「河内カルメン」の土手−−などなど、ありとあらゆる清順映画の宝石が、「けんかえれじい」にちりばめられ、それはまた、未来の清順映画にも投げかけられるのだ。


>> つづきをみる

神様ありがとう。今日も元気! (TL人間学実践シリーズ)

(購入者の評価)
3度の臨死体験が印象的でした。
スピリチャルに興味のある方は一度読んでみてもいいと思います。
死を怖がる必要はないんだと思います。


こんなにヤセていいかしら―不思議な面白減量法 1回30秒だけで1日1キロ落ちる (プレイブックス)

(購入者の評価)
ビックリ人間川津祐介。
出版当時、週刊文春が「いくらなんでもそれはないだろー」と取材したときもノレンに腕押し。記者が試しに本人の前でソレをやったら「あっ、そんなにやったら痩せ過ぎてしまう!」だって。


超能力健康法 (川津祐介の超能力入門シリーズ 1)

わが子に語る 星と宇宙のはなし

うちゅうとこころがひびきあうとき (愛の絵本)

見てヤセる体験版 こんなにヤセていいかしら〈パート2〉1回30秒のおもしろ効果 (プレイブックス)

三回死んでわかったこと (小学館文庫)

(購入者の評価)
臨死体験に近い体験をしたことがあってから、色々な臨死体験本を読んでいますがこの本はシンプルで分かりやすく最後まで気持ち良く読めました。文章も丁寧でまっすくで暖かい人柄が伝わってくるようです。人は純粋に求めてしまうと思いがけなく得てしまうことがあるのですよね・・・。とても共感出来る本です。

わが子に語る星と宇宙のはなし

18歳、女優をめざす娘に

ジョリ・フリュイ―フルーツの本 (1984年)

天使よはばたけ―いじめになんかまけるな

(購入者の評価)
私はいじめにあったことはないのですが、この本はいじめだけでなく人生において挫折をしたときに読んでもいい本だと思います。どんな人の心にも潜む「弱さ」というものについて考えさせられることが多くありました。自分を受け入れて生きることの大切さを教えられました。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4