川久保拓司

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
川久保拓司 おすすめDVD 川久保拓司 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
風魔の小次郎 Vol.4

風魔の小次郎 Vol.1

(購入者の評価)
小次郎のキャラクターが、熱くても鬱陶しくならず、愛嬌さえ感じさせられるのは、村井君の小次郎だからだろう思います。
この小次郎が中心に居て、風魔(食事シーンは特に和む)、夜叉とのシーンは緩めるところ締めるところがはっきりしていて、見ていてとても楽しかったです。毎週とても楽しみでした。

DVDには映像特典がかなりのボリュームでついていて、撮影前のアクション練習の様子や撮影中の様子を見ることが出来てとても面白かったです。思っていたよりとても長かったですし。
座談会、兜丸劇場もとても興味深いものでした。これだけの内容が入っているなら、このDVDはとてもお得だと思います。


風魔の小次郎 Vol.2

風魔の小次郎 Vol.3

ウルトラマンネクサス Volume 10

(購入者の評価)
このウルトラマンネクサスvol.10は第34話から最終話まで収録されています。この最終巻はすべてにおいて予想を裏切られました。最初は面白くないと思いつつ見ていましたが、見続けて良かったと思える作品です。

最終兵器彼女 アルティメットエディション

(購入者の評価)
原作ファンである私は正直がっかりしました。まず配役がイメージと違いすぎます!テツさんとか…違うでしょ…アケミも、フユミ先輩も。あとサイカノの魅力の一つであり、世界観を構成していると言っても過言ではない?方言が全くないのも残念でした。まるで違う作品を見ているようで全く感情移入できません。もっと原作の設定を大切にしていただきたかったです。

クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンネクサス

(購入者の評価)
視聴率が思ったほど伸びず、ウルトラマン初の打ち切りになってしまったことは皆さんご存知であろうウルトラマンネクサスの総集編DVD。シリーズ史上もっとも複雑なストーリーと決して多くはない戦闘シーン、特にメビウスなんかと比べると子供向けとは言い難い作品である。しかし、それこそがネクサスの魅力であり、異色の名作だとファンに評価される要素に外ならない。ネクサス(というかNプロジェクト)の最大の持ち味は大人の目にも充分堪え得る重厚な物語だと自分は思っている。それを約1時間という尺の中でよくまとめ切っている作品ではないだろうか。物語の要点をきちんと押さえ、CGを多用した迫力のある戦闘シーンを盛り込み、主人公のナレーションで展開されるというこの構成は秀逸である。ネクサスが好きな人は全話をもう1度最初から通しで見たくなるだろうし、これから見る予定の人にも興味を持ってもらえる仕上がりだと思う。特に後者はこの機会に、クールでスタイリッシュなネクサスの世界観にどっぷり浸って頂きたい。だが、個人的に不満な点もある。本来なら憐(ジュネッスブルー)の最後の戦いである、イズマエルとの死闘が完全にカットされているのは正直ショックだった。尺が足りないと言えばそれまでだが、ファンの間でも人気のあるエピソードだけに非常に残念である。そのためマイナス☆ひとつ。

ウルトラマンネクサス Volume 3

(購入者の評価)
 この第3巻はネクサスシリ?ズの中で最も暗い部分だと言えるかもしれません。リコさんが壊れていく描写はものすごいです。
 確かにこの3巻だけを見るとあまりにも暗く、救いようが無いように感じるかもしれませんが、このシリーズ全体を主人公である「孤門」の成長物語という観点から見た場合、3巻におけるこの展開は大変重要です。
 批判は色々とあったみたいですが、僕は安易に妥協せずにハード路線貫き通してくれたスタッフに拍手を送りたいです。


ウルトラマンネクサス Volume 4

(購入者の評価)
 この巻では溝呂木さんが第二の暗黒巨人に変身します。この溝呂木さん変身する前からかなりの悪役!卑劣なやり方で孤門を精神的に追い詰めていきます。
 しかし、そんな孤門を救ったのは死んだリコの愛だったのです。たとえ操られていたとはいえ、孤門に対する愛は本物だったんだなぁと思いホッとしました。
 最後の孤門の台詞も感動的です。「この苦しみはリコと生きた証なんだ。」ネクサスには印象的な台詞が多いですよね。これもネクサスの魅力の1つだと思います。


ウルトラマンネクサス Volume 5

(購入者の評価)
 この巻の前半は溝呂木さんが闇の力を得た経緯が明かされます。全エピソードを見た後、これらのエピソードを見ると溝呂木さんの印象が全然違って見えるので面白いです。
 後半はバトル中心のエピソードになります。3分間のタイムリミットのあるクロスフェーズトラップにはどきどきさせられましたし、新型のδ機も登場してバトルを盛り上げてくれます。ただ、バトル中心と言えど人間描写が疎かにならないのがネクサスの良いところ♪。特にネクサスVSゴルゴレムのバックに流れる潤平さんと七夏ちゃんの会話は、たとえ記憶は消すことができてもその奥にある人の思いはそう簡単には消せないんだなぁと思わせてくれて印象的でした。


ウルトラマンネクサス Volume 8

(購入者の評価)
 Episode29 のディレクターカット版を見れば分かるのですが、バンピーラって結構素早く動き回れるんですよね。なんかどことなく可愛らしいし。一番のお気に入りのビーストです。
 また、Episode30 もすごく面白いです。憐編になってから新たに登場してきた憐、瑞生、尾白のキャラクターがしっかりと描かれていて大変興味深いです。個人的には、尾白のキャラクターがとても好きです。このエピソード以降段々と出番が少なくなっていっているような気がした少し残念ですが、4人の若者が星を眺めるシーンなどは大変印象的で素晴らしいので星5つです。
 こういう登場人物の日常生活を描いて登場人物のキャラクターを掘り下げていくというところが、僕がネクサスを気に入っている理由の1つかなぁと思います。


ウルトラマンネクサス Volume 9

(購入者の評価)
 この巻にはTVでは放映されなかった、詩織さんにスポットを当てたエピソードが収録されています。いつ頃から憐がウルトラマンということがナイトレイダーの隊員たちににバレてたのか不思議だったのですが、このエピソードで憐と詩織さんが接触していたとなると納得です。みなさんが書かれているようにストーリー的にもこのエピソードはすごく良くて、これを見るためだけでも9巻を購入する価値はあると思います。
 また、この9巻には溝呂木さんの最後の戦いになるエピソードも含まれています。光を集めて変身するシーンはすごく印象的です。特に悲しい音楽でもないのに、この時に流れていたBGMを聞くといまだに条件反射的に目の奥が熱くなってきます。ネクサスって本当にすごい・・・。


ウルトラマンネクサス Volume 6

(購入者の評価)
 ついに姫矢編最終章です。24話では姫矢さんがなぜこれまで必死に戦ってきたのかが明らかになります。それがとても悲壮なものなのですが・・・。しかし、最後には手にした光の意味を知りメフィストとの最終決戦に挑みます。今までにここまでウルトラの力を得た者の心理(迷いや苦悩など)を描いたウルトラマンは少なかったと思います。映画「スパイダーマン」の1作目でも力を得た者の責任が描かれていましたが、ネクサスにおいてもこの心理描写は物語に深みを与える点で効果的だったと思います。
 ネクサスとメフィストのバトルも某アニメを彷彿とさせて興味深かったです。(褒め言葉です。)ナイトレイダーもビーストを倒したりとしっかり仕事してるので大満足です!
 ストーリー的には次巻から憐編に突入です。こちらも要チェックです!!


ウルトラマンネクサス Volume 7

(購入者の評価)
 「ネクサス」もとうとう後半戦に入り、第三のデュナミストの憐が登場します。姫矢さんとは対照的な明るいキャラクターですが、何か秘密を持っているようです。
 個人的には憐のようなキャラクターは結構お気に入りです。落ち込んだりしている時に彼の純粋な笑顔なんかを見ていると、癒されたり、元気付けられたりします。今後の憐の活躍に期待です。


ウルトラマンネクサス 2

(購入者の評価)
今回は5話のVSバグバズン、6話のVSガルベロス、7?8話のVSダークファウスト(&ナイトレイダーVSバグバズン)戦を収録。
映像特典のメイキングは特撮美術・特撮効果編。
特撮セットの作成風景や火薬撮影時の現場の様子と美術スタッフのインタビューが収録されていますが、今回は未公開映像は収録されておりません。
合成前のコアインパルス直撃時のアングルは正直本編よりカッコいいんじゃないかと(苦笑
作品解説書にはエピソードガイドの他、δ機以外のチェスター各機とジュネッス、ガルベロス、バグバズンのデザインワークスが収録。機体解説だけでなくこれまたデザイナーのインタビューが収録されています。

今回収録分は以降のエピソードに比べると若干ウリが弱い感があり、まだCGでの空中戦等も行われていませんが、アクションの切れはかなりの物で、
ネクサス独自の特徴的なビジュアルと相俟って全話に見所があります。
ストーリー面では未だ「溜め」の段階であるためカタルシスは薄いものの、後の展開への布石がこつこつと積み重ねられた重い(汗)話となっており、この先に続く大事な種蒔きの段階だと言えるでしょう。

しかしネクサス・・・弱いなあ(苦笑


ウルトラマンネクサス Volume 1

(購入者の評価)
テレビでウルトラシリーズを見るのを止めたのは、「ウルトラマンA」にダン少年が出てきた頃だったと思います。
初代マンにも、あのセブンでも子供が主になる話はあるし、帰マンにはレギュラーで次郎くんが出ていたのに、なんでこのタイミングだったのか...
昔子供だった者の意見ですが、子供の時は「子供だましの番組は見たくない、少し背伸びをしてでも難しいオトナの番組をみたい」のではないのかなと..「オトナごっこ」をしてみたいんです。
ちなみに「ウルトラマンタロウ」の良さが判ったのは成人してからでした。

話が横道に逸れてしまいましたので戻します。
コスモスは悪くなかったけれどなんか消化不良でして、久方ぶりのウルトラシリーズ復活に期待していましたが、その放映時間のせいかリアルタイムでの視聴は飛び々々になり、途中見逃すと話が分からなくなって面白くなくなって...結局断念。なんか暗くてつまらないシリーズというのが初見の印象でした。

ある日、HDレコーダーの肥やしを整理をする際、続けて見てハマりました。面白い!オンエア時なんであんな感想を持ったんだろうというぐらい。

DVDで続けてみれば印象も変わりますよ。

そこに問題があるんでしょうね。

画面が暗いのは低予算のせいだろうし


最終兵器彼女

(購入者の評価)
深作健太と本作の須賀大観は、大雑把演出の両巨頭である。大雑把そのものが全て間違いとはいえず、作品によっては思わぬ効果を生み出すこともあるが、本作はダメである。何よりもウソっぽい。今般同じようなシチュエーションを綾瀬はるかが演じるようだが、サイボーグの演技そのものよりも、演出と脚本がつらいのだ。全部説明をセリフでしようとするから、恋心の表現なども観れるレベルではない。前田亜季や窪塚俊介が悪いのではなく、スクリプトがダメな典型。札幌空襲のシーンなどは迫力があるのに、逃げ惑うエキストラの中には笑ってるのもいるし。昔の白黒ゴジラの時代じゃないんだから。貫地谷しほりや伊武雅刀らはこんな脚本でもさすがに落ち着いた演技を見せるが、主演の前田は最後まで作品の意図が掴めなかったのではないか。ロケ地の小樽は岩井俊二の最高峰「Love Letter」や篠原哲雄の傑作「天国の本屋」が撮られた場所である。須賀監督もこのノスタルジー感を出そうと思ったのかもしれないが、足もとの小指の先にも及ばない。ひとつだけ、スタジオ収録で現地入りはしていないと思うが、酒井美紀が小樽の映画に出ていたのはうれしかった。藤井樹は結婚してレンタルビデオ店を起業していた、と(笑)。まあ、前田亜季ファンは観て損はないかもしれないが、須賀監督、もう少しきちんと映画を撮ってください。 

僕等がいた スペシャル・エディション8 (初回限定特別版)

僕等がいた スペシャル・エディション9 (初回限定特別版)

僕等がいた スペシャル・エディション7 (初回限定特別版)

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4