河村隆一

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 
河村隆一 おすすめDVD 河村隆一 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
LUNA SEA GOD BLESS YOU~One Night Dejavu~2007.12.24 TOKYO DOME

(購入者の評価)
今頃になってこのDVDを見ましたが凄いですね、なんというかロックバンドとして、ライブバンドとして、LUNA SEAとしての最終形態の様な感じです
メンバー全員が真矢の発言してた通り演奏力も上がり色んな意味で一番心配だったRYUICHIも当時を思い出させる、それでいて歌唱力は確実に上がっているという素晴らしい出来だったと思う(ライブ終了直前でも声が全然落ちてないのが凄かった)
選曲は人それぞれ納得したり納得いかなかったりだと思いますが一応BESTな選曲だったかと思います。

後メンバー紹介の時RYUICHIに対して「宇宙一のナルシー」と発言したSUGIZOに感動というか微笑ましかった
RYUICHIにとってナルシストは褒め言葉らしいので(笑)



真冬の野外

(購入者の評価)
1996年12月23日、横浜スタジアム。活動休止前最後のライブ『真冬の野外』、DVD化。

この値段なら、買わない理由は何もありません!タイトル通り前人未到の真冬に野外で行われたライブ。この時、確実にバンドとして頂点にのぼりつめたのだと思います。

「WITH LOVE」、RYUの声で幕が開き、2曲目「G.」で早くも最高に熱いです!前半「Ray」「RA‐SE‐N」「SELVES」と続く、深くコアな印象な楽曲では勢いだけでないバンドの力を見せつけています。
真矢の印象的なドラムソロ(回転します!)の後は特に激しい曲が。「TIME IS DEAD」から「ROSIER」への流れ、息もつかせません。「HURT」でのメンバーのパフォーマンスも激しいです!

そして一番の見所だと思う「MOON」。冬の夜空に輝く月の下、果てしなく響く音…。圧巻です!メンバーの白い衣装にブルーのライトが幻想的で、神々しくもあり。スタジアムにいた全員が、魂奪われたに違いありません(笑)!最高。必見です。
その流れで続く「IN SILENCE」も寒空にRYUの声が広がっていくのが凄く気持ち良いです。
ラストを飾るのは「FOREVER & EVER」。歌詞が胸に突き刺さります。

最高のボーカリスト、最高のギタリスト、最高のベーシスト、最高のドラマーが運命的に出逢ったのが、LUNASEAという最高のバンドです。それはけしてSLAVEの贔屓目では無い、と確信してます。是非一度見てみて下さい☆

個人的にはRYUのステージ衣装も見所です。どれもスゴく好きです♪


真夏の野外

(購入者の評価)
ファン倶楽部限定版を視聴したことがあるのですが、そちらでボーナストラックとして収録されていたG.が収録されていなかったので☆1つ減点

画質・音質は収録時期が10年前ということでこの程度なのは仕方ないでしょう


とはいえやはり記念すべきLIVEがこの価格で入手できるのは大変ありがたいことですね(LUNASEAに無駄なLIVEなんてありませんが)


引き続きや『CAPACITY ∞』や『START UP GIG 2000』もDVD化されることを願いたいですね


LUNATIC TOKYO 1995.12.23 TOKYO DOME

(購入者の評価)
第一期LUNA SEAの究極のLIVE(個人的にこのLIVEがベストパフォーマンス!) 「メンバー5人の一体感」「SLAVE(観客)の結束」この2つがぶつかり合って凄まじいエナジーが生まれています。圧倒的な演奏力とRYUの神がかったボーカルには度肝を抜かれましたよ…日本にこんな凄いライブバンドがいたのかと。

ECLIPSE I+II

(購入者の評価)
1stシングル「BELIEVE」からラストシングル「LOVE SONG」までの全シングルに、「Dejavu」を加えたPV集。

今ではライブバンドとして有名な彼等ですが、やっぱり“ヴィジュアル系”としても先駆け的存在。『Dejave』でのメイクやヘアスタイルに初めての方は驚くと思います。
より凝った作りの『BELIEVE』。
曲の世界観を表した幻想的な『IN MY DREAM』。
PVとして高く評価された『ROSIER』。
RYUICHIのアップが印象的な『TRUE BLUE』。
アイルランドで撮影され、曲と風景が溶け合い悲しい程美しいと感じる『MOTHER』。
モノクロの中に熱い色や大人ッぽさ感じる『DESIER』。
ライブシーンを取り込んだ『END OF SORROW』。
5人が異様に艶っぽい、海と少年(ウエンツ瑛士)が印象的な『IN SILENCE』。
シンプルながら、新しい始まりを予感させた『STORM』。
ストーリー仕立てで面白く、謎とINORANが頭に残る『SHINE』。
街を越え、海を越え、壮大さを感じる『I for You』。
全てが綺麗で儚くて…見事に曲を表現した『gravity』。
少年はJの少年時代がモデル。衝動が伝わる『TONIGHT』。
生身のLUNASEA、鼓動さえ聞こえてきそうな『LOVE SONG』。

曲だけ聴くのも良いですが、映像が付いてくるとリアルタイムで聞いていた人は「あの頃」を思い出したり、初めて見た人は又違う印象が持てると思います!LUNASEAは特に時代事のビジュアルの変化が大きいので、楽しいです♪いや?ホントにみんなカッコいい!特にオススメは「IN SILENCE」「gravity」「TONIGHT」のPVです!超永久保存版・コレを見るといつでも「あの頃」の彼らに逢えます!!


[REW]

(購入者の評価)
間奏で絡むSUGIZOとRYUICHIがかわいいですね!観ていない人は損してますよ♪

IMAGE or REAL

(購入者の評価)
曲勢いがハンパないです!
そして、RYUICHIのルックスがはDead endのMorrieそのまんまです。(笑)

でも最高の名ライブですよ!!!


LUNA SEA THE FINAL ACT TOKYO DOME

(購入者の評価)
再結成ライブよりも、ずっといい。選曲もいいし。俺にとってルナシーはここで終わっている。いやもっといえば、「真冬の野外」が最高到達点ではないだろうか?ぜひご覧いただくことをおすすめする。


Sin After Sin

(購入者の評価)
Ryuichiの髪の毛がワンレンのボブで、Sugizoの髪の毛が長くて赤くてメチャメチャ綺麗でメチャメチャかっこよくて、Jのメイクがなんかかわいくて、真矢とInoranの髪の毛も長くて二人ともきれいで、本当にメンバーみんなにほれぼれしてしまういます!彼らの楽曲の良さ、演奏のレベルの高さ、ヴィジュアルの良さに目が離せない最高のDVDです!

Time of Legent 1997〜2001

(購入者の評価)
97年から01年までのライブが収録されているので、隆ちゃんの成長日記?を見るようで、本当に何回見ても飽きません!顔も雰囲気も随分変わったんだなあって。。でも、何時の隆もかっこいいんですけど!!
歌もとても上手だし、うっとりです。特に『tomorrow』の隆が最高です!


九龍で会いましょう ― スペシャル・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
DVDは本当に画像が綺麗で眩しい〜ほどです!放送されていない映像も
あり、特典がいっぱ〜いで新鮮な気持ちで見ることが出来ました!
やっぱり秀太郎を見ていると癒されますね!見終わった時には気持ちが暖かくなっていました。まだ見られていない皆さんにお勧めいたします。


ピカレスク

(購入者の評価)
「走れメロス」「斜陽」そして最後の作品「人間失格」などで知られる作家・太宰治の半生を映画化した作品。

「書く」事への思い、出会う女性と重ねる心中…楽しい娯楽作品ではありませんが、生と死・葛藤…必死に生きた一人の人間、太宰治が身近に感じられました。
太宰を演じた河村隆一も、プロの役者にはない初々しさと独自の繊細な雰囲気で良かったです。特にエンディング曲の「Stop the time forever」も作品に合っていて良かったです。興味があったら是非☆


ナンバーワン

(購入者の評価)
出演者が皆、少し若くて楽しいです。
特につんつんにとがった危ない十馬(坂口憲二)が最高!!
一押しは、挿入曲の「深愛」。朝、主人公の竜之介が出勤する人の流れに立ち止まって、一瞬見せる寂しさに、深愛のインストゥメンタルが、マッチしていて、大好きなシーンです。


TIME OF LEGEND 1997~2001

(購入者の評価)
バンド、ソロ活動を重ね深みが増した彼の姿はとても魅力的でした。 思わず口ずさむこともありました。 買って良かったと思います。

TOUR 2007 Determine

>> つづきをみる

Zy.[zi:] No.22

君の泪は銀色の風

(購入者の評価)
カバーの傷が予想より大きかったですが、中は期待通りに素敵でした。ありがとうございました。

出逢い―この熱が冷めてしまう前に

(購入者の評価)
今から10年ほど前に読みました。ガラスのメロディと一緒に読んだのですが、私はこっちの方が好きです。家族のこととか、恋愛のこととか、隆一の実体験を元に書かれていると思われます。当時理解できない箇所もありましたが、感情移入してしまい泣いた記憶があります。ファンの方には絶対お薦めです。

やさしく弾ける 河村隆一 ピアノソロアルバム (Kmpピアノ・ソロ・シリーズ)

河村隆一・レコーディング… (バンド・スコア)

出逢い―この熱が冷めてしまう前に (角川文庫)

(購入者の評価)
河村隆一・・・現在では男性ソロヴォーカリストとして有名であるが、元々は'89年に結成されたバンド「LUNACY」のヴォーカリストで、'92年に「LUNA SEA」としてメジャーデビューした。その彼が'94年に執筆したのがこの作品です。
何よりも'94年に執筆したということが重要なのです。
当時、またはそれ以前の彼を知っている人なら共感していただけると思いますが、彼がこのような作品を書くなんて意外や意外という感じでした。
'98年以降に書かれたものであるとしたらそれほど驚かないですけどね。

展開としては、ミライがミチに「ある少年」の昔話を少しずつ語っていくというものです。(その少年とはミライのことですが)
テーマとしてはやはり「愛」でしょうなぁ。
しかし、男女の愛だけではなく、家族愛も含まれています。むしろそっちの方の比重が高いでしょうか。
けっこう考えさせられるものがあります。
「おっ!」と唸ってしまうくらいの非凡な表現力も垣間見ることができます。

少年の両親にある問題が起こった時に、心に傷を負った少年が残酷な行動に出てしまうのですが、それは純粋であるがゆえにやってしまったこと、ととることができ、そのシーンでは胸を打たれます。

私の紹介で少しでもこの作品に興味をもたれた方は、今すぐ買いましょう。

そう、この熱が冷めてしまう前に・・・

ガラスのメロディ

(購入者の評価)
この作品は送られた写真などを見て、そこにあるストーリーを想像して作られたものです。
動かない写真に物語を与え、生命が吹き込まれていく、、、二十四の生命を吹き込められた物語達の中には、あなたが写真を見て想像した物語と同じものや、違うものもあるでしょう。
それは問題ではありません。
同じモチーフから様々な世界が広がる、、、そして、どの世界もそのモチーフに出逢わなければ生まれなかったでしょう。
そこに何かを感じてほしいと思います。
それがあなたにとっての何かのきっかけになれたら、そう私は望みますし、そう作者も願っていることでしょう。

私にとっては、いろんな人間のドラマ、世界を自然と考えてしまう、そんなきっかけを作ってくれた一冊になりました。

SOUND DESIGNER (サウンドデザイナー) 2007年 07月号 [雑誌]

Wave―河村隆一

石ころとダイアモンド

Wave―河村隆一

空を見上げたブルー [We love children アーティストによる絵本シリーズ1] (We love childrenアーティストによる絵本シリーズ 1)

(購入者の評価)
マイクを持ったり、
ハンドルを操ったり、
波を上手く漕いだり、
ビリヤードではキューを巧みに操ったり、
 と 器用な手 の持ち主が
今度は鉛筆を操る。

最初から最後まで、鉛筆画。
絵は、かなり独特で好き嫌いありそう。
なんだけど、ほのぼの とした感じ。
暖かめの絵。

空が落ちてくるのを待っている話で、

絵本見てると、
Tourbillon の「杞憂」って曲が頭に浮かぶ。
「空に、今 手を伸ばし 僕は待ってる?」 なんてあたり
歌詞と絵本の内容が重なる。

子供にはさらっと、大人にはじっくり内容を見てほしい暖かい絵本。


河村隆一/ラブ イズ ・・・ (ピアノ・ピース)

ピアノ 河村隆一/LOVE (ピアノ弾き語り)

ガラスのメロディ ― the melody of glass (角川文庫)

(購入者の評価)
河村隆一だから書ける小説。
ひとつのモチーフから膨らませて書いたという24の短編小説は
どれも心に残る作品ばかりです。
愛に満ちた作品もあれば喪失や哀しみなどを軸とした作品もあります。
著者を知らない人でも楽しめます。


ピアノピース 河村隆一/Ne(ネェ)

河村隆一 対談集

(購入者の評価)
さまざまな分野で活躍されている方々との対談は、
音楽の話だけに片寄らず、対談相手と共通の趣味の話などが聞けて、
とても楽しく読ませていただきました。
まだ掲載されていないゲストとの対談も読みたいので、
第2弾が出ればいいなぁ〜と期待しています。


ピアノミニアルバム3 BEAT 河村隆一

ピアノピース 河村隆一/BEAT

ピアノピース 河村隆一/Love is (Piano piece)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4