川谷拓三

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
川谷拓三 おすすめDVD 川谷拓三 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
資金源強奪

(購入者の評価)
70年代は日本映画史最後のプログラム・ピクチャーの時代であった。特に東映では、この時期短期間で数多くの作品が量産された。今作は、当時の東映の屋台骨を支えていたエース深作欣二が、"ふかさくきんじ"名義で撮った作品。深作としても、「仁義なき戦い」シリーズや「仁義の墓場」、「県警対組織暴力」といった傑作たちを連打していた頃だけに演出も快調、あまり知られていないが、実録路線から離れたコミカルタッチのコン・ゲーム映画として、かなり面白い出来栄えなのだ(脚本は高田宏治)。
暴力団の賭博の水揚げ金を強奪した前科者たちと悪徳刑事、組織の3者三つ巴の5億円を賭けての争い。"昨日の敵は今日の友"(その逆も可)とばかりに、二転三転する展開、スピーディでテンポ良いリズムにいつもながらの冴え渡る深作アクション。
当時ピラニア軍団としてブレーク真近の室田日出男&川谷拓三もコンビで登場、マイケル・J・ポラードみたいな眼鏡をかけた川谷のコミカルな演技が見もの。彼が武器に使うのが、"火炎瓶爆弾"なのが、当時の社会世相を反映している。
ヒロインに太地喜和子、彼女、その色気ときっぷの良さでいかにも東映カラーが似合う女優だと思うが、松竹所属という事もあってか、意外なほど東映での出演作が少ないので貴重か。
今回、今作や「北陸代理戦争」といった陽の目を見なかった映画がDVD化されるのは喜ばしいが、「狂った野獣」とか「暴走パニック・大激突!」とか、まだまだこの時代にはプログラム・ピクチャーの隠れた逸品が少なくない。どうか、今後とも掘り起こしをお願いしたい。
なお、今作の監督名義が何故ひらがな名なのか?それは、この年(75年)1年で5本!も撮らされた事に対する深作の抗議の意図があったからとの事である。


好色 元禄(秘)物語

(購入者の評価)
永遠のマドンナ・ひし美ゆり子さん主演の古典文芸ポルノ。
自分の肉体を武器に玉の輿を目論む姉・お夏にひし美ゆり子。
貞淑な妹・お七役に橘麻紀。どちらも濃厚なエロで男を魅了する。
さらに姉妹に係わる若い坊主。こいつの按配が良い。
エンディングの爽やかさも気持ちよく、感動すら覚えます。
時代劇?なので、若干エロさ加減に違和感があるかもしれませんが、
出し惜しみせず、セックスシーンはバッチリです。


ビルマの竪琴

(購入者の評価)
この映画は、私が小学生の頃見ました。その時、あまりのお互いの思いやりの強さに感動しました。

私が覚えている場面は、ルビーが土の中から出てきて、現地の人から魂だと言われ、涙を流して決心すれシーン。私も小さいながら涙しました。どうしても見てみたいと思って、買ってしまいました。

昔と変わらず映像が綺麗で見やすいです。是非、買うことをオススメします。
俳優さん達が若いですよね。


ドーベルマン刑事

(購入者の評価)
原作と同じなのはタイトルのロゴと主人公の名前だけの、中身が全く異なる映画として高名な作品。
千葉真一主演のわりには、アクションの要素も少なめ。
個性的な人物が入り乱れる猥雑な群像劇という、いかにも深作欣二監督作品らしいテイストになった、というか、監督が強引に自分の土俵で相撲をとった作品。
「原作と全く違うストーリー」で「主人公が同姓同名の別人みたい」という点が気にならない人には、面白く観られると思う。
原作のファン向けではなく、千葉真一ファンや、深作テイストが好きな人向けとして推奨できる。


おろしや国酔夢譚 特別版

(購入者の評価)

 映画を観た感想ですが、かなり原作を端折ってます。もっともそうでもしないと収まらなかったんでしょうが。
 映画を見た後に、ぜひ原作を読んでみてください。ものすごく情景が心に浮かぶこと間違いナシです。
 個人的には行ったことのある、ペテルブルグ(現サンクトペテルブルグ)のエルミタージュ美術館が画面の中ででも見られてうれしかったです。


國語元年 DVD-BOX

必殺!III 裏か表か

(購入者の評価)
裏か表かは必殺シリーズの仕掛人時代から看板監督の一人である工藤栄一の演出による劇場版必殺!第三弾(86公開)である。顔ぶれは激闘篇の面々であるが主役である中村主水の
昔の仲間として飾り職人の秀が出演している。これは工藤監督がパイロットを演出したテレビシリーズ次回作「必殺まっしぐら」のパブリシティもあったのではないかと思われる。

赤貧にあえぐ南町奉行所同心中村主水。昼行灯と笑われる表の顔は「晴らせぬ恨みを晴らし、許せぬ人でなしを消す」闇の仕事人という裏の顔をさらさぬ為であるが、本人いわく「もっとも安全な場所」に身を隠すためであるという。

今回の劇場版ではその銭が主水を追い詰めることになる。真砂屋の仕掛けた罠にじわじわと真綿で締め上げられるように追い詰められていく主水。りつ、離縁か?良く練られた脚本と演出。必殺仕置人主題歌「いつか愛の日が」をエンディングに起用。本編も前期必殺で馴染み深い楽曲が使用されている。金を巡る業の深い物語を縦糸に、本当は誰が仕置きに掛けられるのか意外な結末がやるせない。

はぐれ仕事人として激闘篇で組んだ壱(柴俊夫)の好演や、おこうとのからみから事件に関わる秀の心持が切なさにさざなみ立つ。真砂屋が少女の命を殺めてまで自分を罠に嵌めたことを知ると、主水の怒りは頂点に達し、男の意地をかけた主水と真砂屋の私闘は、仕事人たちを巻き込みながら、想わぬ結末へと向かっていく。

ならば、許せぬ悪を何とする。



必殺仕置人 VOL.1


北緯15°のデュオ~日本初の神風特別攻撃隊の軌跡~

國語元年 第一巻

薄化粧

(購入者の評価)
そういうコピーだったと思いますが、まさにそういう感じです。

ギラつきそうな緒方さん、デビュー間もない竹中さん、の好演が印象的でした。


オレゴンから愛’87

黄金の日日 完全版 第壱集 第1回~第28回収録

(購入者の評価)
私にとって最も古い大河ドラマの記憶は、「黄金の日日」における本能寺での織田信長切腹の場面でした。残念なことに以前視た総集編にはこの部分はカットされておりましたが、今回購入したこのDVDを視て、当時の記憶が鮮明に思い出されました。私にとっての織田信長のイメージは赤い炎の中で背中を向けて遠ざかっていく、高橋幸治さんの華麗な信長です。そして、本BOXにおける川谷拓三さん演じる善住坊処刑のシーン。仲間の最期の締めくくる当事者とならなければならない助左とお仙、そして最期の一手を頼み微笑んで死を待つ善住坊は正に壮絶の一語。その熱演ぶりはとにかくもの凄いです。

第36作 男はつらいよ 柴又より愛をこめて HDリマスター版

黄金の日日 完全版 第四巻

黄金の日日 完全版 第五巻

黄金の日日 完全版 第七巻

黄金の日日 完全版 第一巻

警視-K VOL.4

警視-K VOL.2

前略おふくろ様II VOL.2

>> つづきをみる

人と契らば濃く契れ―川谷拓三と僕

(購入者の評価)
 本書は勝新太郎主演の異色の刑事ドラマ『警視-K』(1980)や池上季実子のデビュー作である当時絶大な人気を博した純愛山河(劇画) のドラマ『純愛山河 愛と誠』(1974)を手掛けた演出家・根本順善氏{他にも日本ロック界のスーパースター・矢沢永吉のドキュメンタリー『矢沢永吉 RUN&RUN』(1980)や当時絶大な人気アイドル・光GENJI主演映画『ふ・し・ぎ・なBABY』(1988)など}が個性派俳優、故・川谷拓三氏(1995・12・22逝去、享年54歳)との交流が綴られた思い出の書である。
 著者と川谷氏は仕事上での短い付き合い(映画1本、ドラマ4本)の間柄ながらも題名に偽りなく内容も川谷氏との思い出が濃く契られている。

 刑事ドラマ『あいつと俺』(1980)での著者と川谷氏が初めて出会った野付半島(北海道)ロケの思い出や『警視-K』でのゲスト出演の挿話(著者と勝新太郎氏との出会いの挿話が面白く、勝新の粋さが感じられる)、
 第二次世界大戦の太平洋戦線において過酷を極めたフィリピン戦線の傷跡をドキュメンタリー形式で辿るドラマ『北緯15°のデュオ?日本初の神風特別攻撃隊の軌跡?』(1991・日本映画復興会議奨励賞受賞)やテレビ東京の年末特別企画番組『チャイナ・オリエント急行、中国横断3700キロ?川谷拓三心の旅?』(1991)での主演で撮った二本の過酷なロケでの思い出から川谷氏の役者魂や人に対しての腰の低さや謙虚さなど川谷氏の人柄がよく感じられました。

 最後に比叡山延暦寺で二度の千日回峰行を達成した大阿闍梨(酒井雄哉氏)の半生の物語『道』(シナリオ掲載) をもう一度川谷氏主演で撮る予定にしていたが、川谷氏が永眠された事により、実現出来なかった事が残念でならない。私自身も『絶望に効くクスリ 12』(山田玲司)で大阿闍梨に関心を抱いていたので是非とも見てみたかった。


3000回殺された男―拓ボンの体当たり映画人生

かんにんな…―ガン死の夫へ 妻の弔辞

ひらがな人生―川谷拓三・ファースト・エッセイ集 (1981年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4