加山雄三

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
加山雄三 おすすめDVD 加山雄三 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
The Coca-Cola TVCF Chronicles

(購入者の評価)
初期のCMから80年代後半のCMまで、コカコーラCM黄金期だった頃の作品が映像で観れる機会は絶望的、と思っていたので嬉しいです。ナベサダさんとカシオペアの絶妙なBGMと最後の台詞。早見優のバージョンも欠かせません。年代別に収録されているので世代を問わず楽しめる作品だと思います。

椿三十郎<普及版>

(購入者の評価)
黒澤監督が娯楽に徹して作った痛快無比なチャンバラ時代劇。96分に凝縮された映画のどのカットからも目が離せない。若侍達を助けることになった三船敏郎演じる椿三十郎の腰の座った殺陣は見事。腕だけでなく頭のきれる、口は悪いが人はいい善を助けるヒーローだが、お城勤めなんぞ面倒くさくてできない一匹狼であり続け、城代家老の奥方から、鞘に入っていない抜き身の刀であり、本当によい刀は鞘に入っているもんですよ、とズバリ評される。桁外れの切れ者だが世をすねた本作のヒーローを演じられるのは油ののりきったこの時期の三船敏郎以外には考えられない。

他の俳優では敵役の室戸半兵衛を演じた若き日の仲代達矢が圧倒的にいい。三十郎と同じ抜き身の刀のような存在。ギラギラした悪の切れ者ぶりがかっこよい。黒澤映画における仲代達矢は、「影武者」や「乱」の大仰な演技よりも、本作や「用心棒」の悪役の方が断然いいと思うのは私だけだろうか。この二人が室内で対峙する場面、夜道を並んで歩く場面、そしてラストの雌雄を決する超リアルで超有名な決闘場面の緊張感は並々ならない。

脚本も息つく暇を与えぬ展開でサスペンスフル。1点指摘したいのは、緊張だけでなく緩和も用意されていること。代表的なのは、城代家老の奥方の、三十郎のペースを狂わすが憎めないのんびりぶり。そして小林桂樹演じる敵方の見張りが若侍に捕まって押入れに閉じ込められた後、いつの間にか若侍側の味方をするようになり、貴重な意見を言う時には押入れから勝手に出て、言い終わると自発的に押入れに引っ込む様子。そして城代家老の馬面。ユーモラスこの上ない。黒澤映画に欠かせない花は本作では当然椿だが、白黒映画での見事な使い方は見てのお楽しみ。迫力、サスペンス、ユーモアが融合した超一級の娯楽作品である本作は貴方の期待を決して裏切らないでしょう。


八甲田山 特別愛蔵版

(購入者の評価)
 新田次郎の原作を、力量充分なスタッフが見事に昇華させた作品。
 史実では全く別個に実施された青森5聯隊と弘前31聯隊の雪中行軍に、両聯隊で競合して実施されたというフィクションを加味し、視覚的にわかりやすく対比させたことがテーマを明確にし、重みと深みを与えた。
 (もちろん原作は、権威の維持にこだわる軍の非情さなども丁寧に描かれており、さらにテーマは深いのだが・・・)

 ご承知のごとく、約30人という小隊編成の精鋭31聯隊が、事前に綿密な調査と準備を行ったうえ、専門家の力も借りて10数泊に及ぶ長期行程をほぼパーフェクトに踏破したケースとは好対照に、青森5聯隊は、先行する弘前31聯隊との行軍成果の釣り合いにとらわれ、調査不十分なまま、200人もの中隊編成で八寒地獄に突入する。

 この様子は、例えば日露戦争という国難に際し、大胆なまでに軍の人事改革を断行した明治日本と、対米戦争という、わが国で想定しうる限り最も困難な戦争に際してさえも、年功序列の組織で戦おうとした昭和日本の差を象徴してはいないか?

 思うに、役所や会社、あるいは町内会でもいいが、組織というものに属する人(ほとんどの人はそのはずだ)は、間違いなく、わかりやすい31聯隊の成功例よりも、苦悩多い5聯隊に感情移入するはずだ。それも、大きく、伝統ある組織に属す人ほど。
 成功が保証された(と思われる)部下の功に食指を動かし、本来予定になかった大隊本部の随行を急に提案したり、行軍隊の指揮命令系統を無視して横から号令を下し、あるいは外部案内人の採用を、独断ではねつけるような、横暴で、指揮能力に欠ける大隊長(上司)は、世間では珍しくない。
 もし自分が北大路扮する神田大尉であれば、どう対処するか?
 これは難しい。

 中途半端な時点で、大隊長の指揮権介入を批判し、自らのリーダーシップで部下の半数を生還させても、絶対に責任問題は免れない。
 私はこの場合、上司ににらまれるのを承知で、隊の編成段階ではねつけるのが最良で、初日のビバークの際、夜半の出発命令で犠牲者が出た機をとらえ、大隊長の指揮権介入に対する非を鳴らすのが、最後のチャンスだったと思うが、いずれにしても、軍という組織での出世は放棄せざるを得ないだろう。無能な上司とは、ある意味天災のようなものだ。

 課長、係長職にある身なら、細君と一緒に観て、「どうすべきか」を語らえば、宮仕えの苦悩も、多少は理解してもらえるかも知れない。


日本のいちばん長い日

(購入者の評価)
 戦争を知らない子供達だった僕も52歳になるのだなぁ、三船敏郎はこのとき未だ47歳とは敵わないね貫禄が(^^;;。
 購入したのが昨秋だったので、雰囲気が味わえず夏が近づくのを待ってようやく鑑賞した。当時は映画館で予告編を観ただけで見逃していた大作の一つでした。ようやく思いが叶った。白黒画面の陰陽対比がもの凄い迫力が迫ってくるし、字幕付きなのでセリフもしっかり理解できたことから大満足の3時間弱でした。しかし昔の俳優達というのは芸達者が多いねぇ。
 民間人が全く描かれていないのが特徴なのか欠点なのかは評価を避けるが、軍部や政府、宮内庁で繰り広げられる終戦を巡る長い1日を重量感を以って見せようとした意図は功を奏していると思う。
 また女性も新珠美千代が端役で出ている以外皆無であるのも、言い方が悪いがモノセックス調で良かったかな?暑い夏の1日を汗臭く泥臭く煙草臭く描いている傑作。


激動の昭和史 沖縄決戦

(購入者の評価)
沖縄戦の追悼式を迎える時は、必ずこの「沖縄決戦」を見ることにしています。毎年やって来る6月頃には、是非この悲惨な出来事を風化させないために、今の人々に見てもらいたいと思います。


赤ひげ <普及版>

(購入者の評価)
人生を体験できる作品。
今の自分が不幸だと思い込んでる人には是非観てもらいたい作品。

保本(加山雄三)が赤ひげ(三船敏郎)の処で
様々な人の人生を垣間見ながら人間として成長していきます。

この作品を観た僕も保本のように
一回り大きな人間になった様な気がします。

おとよ(二木てるみ)たちが井戸に向かって
声が張り裂けんばかりに
「長坊?!、長坊?!」と何度も大声で叫ぶシーン、
目頭が熱くなります。


皆にこの映画を観て欲しい、
そして、皆とこの素晴らしい人間のあり方を共感したい、
そんな作品です。



椿三十郎

(購入者の評価)
用心棒と甲乙つけ難いです。用心棒の続編といわれてますが、正確には同じキャラクターをつかった別物です(時代も用心棒は幕末、椿三十郎は江戸中期あたりとだいぶ開きがある)。三船は基本的に大根役者ですが、あの存在感やオーラを超える役者は数えるほどしかいないでしょう。絶っっっ対に買って損はしません!

日本海大海戦

連合艦隊司令長官 山本五十六

(購入者の評価)
映像テーマパークのスピルバーグ作「プライベートライアン」以降、戦争映画は描写のリアルさがホラー映画並に増してきている。
本作は古き良き時代の戦争映画であり、戦争シーンを描くというより山本五十六の人となりを描いた良作。
戦争が背景にあるのに全体を流れる空気は非常にお品が良い。
CGなどはなく航空機はセットの中で吊した模型、船もありありと模型で、砲撃は花火?なのは当時はそうした技術しかなかったのだろうが、オモチャっぽさで安心して観られる。
非常に簡単ではあるが海軍と陸軍の対立や太平洋戦争へ踏み切った経緯などが分かりやすく描かれている。
山本五十六の死をもって幕を閉じるが、彼の死自体が日本の敗戦を象徴しているようで何とも感慨深い。(勿論彼の生死に関わらず敗戦でしたが‥)

昨今の映像だけのグロい戦争映画に辟易している方は、本作に新鮮を覚えるだろう。




大追跡 GREAT CHASE DVD-BOX

(購入者の評価)
加山雄三さん史上一番かっこいいドラマじゃないでしょうか?後のあぶない刑事への道筋をつけた作品でしょう。

八甲田山 完全版

(購入者の評価)
大抵の映画は原作を超えられないが、この作品は美談的に仕上げるための脚色があるもののわざとらしさや臭さがまったくなく、ある意味原作を超えたのではと思える。

激動の昭和史 軍閥

(購入者の評価)
「なぜ、誰が戦争を起こしたのか!?」
このキヤッチコピーのように、何故日本は無謀な戦争へと突入せざるを得なかったのでしょうか?。
いくらでも戦争を回避する事は可能だったのでは?。と、豪華俳優が演じる一人一人の熱意のこもった作品にすこぶる堪能しました。ただ、特撮(以前の作品)の場面があるのが意外でした。
エンドテロップに、「特撮ライブラリー 円谷英二」ぐらい欲しかったですね。この公開時期に逝去されていますし。


エスパイ

(購入者の評価)
伊豆の踊り子と2本立てが嫌でしたが日本沈没より面白かったです。やはりヒーロー藤岡弘はエスパイ役映えてました。由美かおるの舌は中学1年には刺激強かったです。

黒澤明 : THE MASTERWORKS 1 DVD BOXSET

(購入者の評価)
〜デジタルリマスターだと言っているが、力を入れてデジタル修復したのは『七人の侍』など数本で、あとの作品は、殆ど手を加えていないのではないか。特に『蜘蛛巣城』は傷が目立ち、京都で観たプリントの方が遙かにきれいだった。『七人の侍』では、確かに音声の復元修復がうまくいっている。劇場やビデオでは聞取れなかった台詞がきちんと聞えているし、当時〜〜としては先進的だった効果音も、効果音としての役割をデジタル化によってやっと果すことが出来たようだ。個人的には、各作品の付録映像も楽しむことが出来た。当時のスタッフの話はみな重みがあって面白い。構成は黒澤明を持上げ過ぎだが、脚本家・橋本忍や撮影の中井、美術の村木など、今日に於いて、黒澤組の侍たちの証言は映像として新鮮である。しかし、〜〜本人たちは新鮮とはほど遠いカラカラのお爺さんになってしまったけれど。〜

CONCERT TOUR’91 “時を越えて”

(購入者の評価)
加山雄三のコンサートとしては初めてのほぼ完全収録となった、1991年文化村オーチャードホールでのライブ映像。「海 その愛」のピアノ弾き語りから始まり、「夜空を仰いで」、「美しいヴィーナス」、「お嫁においで」などの若大将ソングが続き、たっぷり楽しめる。ただ、ライブ独特の曲間のおしゃべりがカットされている点が、ちょっぴり残念。アンコール1曲目「恋は紅いバラ」はデビュー曲だが、アンコール2曲目「時を超えて」は、幻想的な雰囲気の中でグレートエンタテイナーとしての年輪の重みを十分に感じさせる圧巻の1曲。

若大将 サーフ & スノー DVD-BOX

(購入者の評価)
若大将シリーズの代表作品であるエレキの若大将を含むDVD-BOXです。ファンならずとも若大将
シリーズでどれかひとつといえばこのBOXをお奨めします。ストーリーは同じですしね。星由里
子は本当に美しいですね?。
私はこのシリーズではコメンタリーが素晴らしいと思っています。出演者(星由里子も登場)
+若大将好きの有名人(このBOXではホイチョイ馬場監督、ラサール石井、小堺一機、小倉寛)
を脚本家の田能久がホスト役で迎えるというもので、毎回出演者もゲストも異なり話題も楽し
く、本編はもとよりコメンタリーの方を何度も聞いてしまいます。DVDとして優れものといって
よいでしょう。星由里子さん等はコメンタリーで感動のあまり涙ぐんでましたしね。


零戦燃ゆ

(購入者の評価)
十数年振りに『トラトラトラ!』を見て
太平洋戦争を描いた映画に興味を持ち、
その流れで本作も拝見しましたが
正直、最後まで見るのがかなり辛い映画でした。

深みの無いシナリオ、
感動の‘か’の字も感じられない演出、
ミニチュア丸出しの戦闘機、
高揚感も重厚感も無く不似合いな音楽・・・

唯一良かったのは、
若かりし頃の早見優さんを見られたことでしたが、
彼女の顔立ちは太平洋戦争の映画には向かないと思いました。

特撮を駆使した映画には、
かなり寛大なつもりでしたが
この作品に関しては全くダメでした。

この作品のファンの方々には本当に申し訳ないのですが
これが私の正直な感想です。


赤ひげ

(購入者の評価)
自分を不幸だと思っている人、いっぱいいるんじゃないかな?私もそうです。でもこの映画を観ると頑張んなきゃいけないって思えます。一本の映画で一体何回泣いたことか。こんなに泣いた映画がありません。最初FTVのリメイク版を観て大泣きしたんですが、本作と比べると絵が綺麗過ぎます。それにやっぱり三船さんの方が”赤ひげ”って感じですよね。
(でもFTV版の方がいいところもありますから・・・結局作品がいいんですね!)
羅生門、生きる、そして本作が私のお気に入り黒澤作品です。


エレキの若大将

(購入者の評価)
殆どのシリーズを見ましたが、本作が内容的にも良く出来た仕上がりになっています。 日本のエレキブームに火をつけたともいえるエレキ合戦のシーンは見ものです。司会者には、あのシェケナベイベェ?のロック馬鹿・内田裕也が演じてますし、対抗バンドのジェリー藤尾が、ロン毛のゴリラみたいで笑わせてくれます。

太平洋の翼

(購入者の評価)
 当時7歳だったが父に連れられて観に行ったような記憶があります。三船や加山関連の映画を極めたいので今回改めて購入して観ました。今この時代だから言えるのでしょうけれど大まかなストーリーは反戦の思想があって判るのですが、作りはあくまでも娯楽という感じ。敵に撃たれて死んでいく戦友や部下の直後に無駄死にのようなセリフや多少の犠牲は当然だのようなせリフを言っている場面もあったりで、当時(昭和30年代)の時代性を感じた。未だ禁止用語や差別語のような規制も無かった時代ではあったでしょうが、もう少し真摯に戦争を受け止めてもらいたかった。少し違和感を感じてしまいました。
 特撮場面は一生懸命に作っているという印象があって、CGが一切無い時代の特撮こそ「作る」ことの大切さを実感できる貴重な画像だと思いました。


>> つづきをみる

ウクレレで弾く 加山雄三ベスト

PIANO SOLO やさしく弾ける 加山雄三ピアノソロアルバム (PIANO SOLO)

バンドスコア 加山雄三 BEST SCORE

加山雄三 (地球音楽ライブラリー)

(購入者の評価)
 若大将サポーターズクラブ著、加瀬邦彦監修ということで、思い入れたっぷりの内容。レコード、CDはもちろん、レーザーディスクの一覧も収録曲とともに掲載されている。LDの終息は決定しているので、今後は貴重な資料となるであろう。

 「加山雄三の仲間たち」のコーナーでの、ザ・ワイルドワンズ、ザ・ランチャーズなどのディスコグラフィー付き解説は読んでいて大変おもしろい。また、関係者リストである「加山雄三フーズ・フー」では、かなりのファンでも加山氏との関係を知らなかった人物の名前を目にするであろう。「若大将」のファンとして、とても楽しめた一冊。

この夢をこころに―ぼくの青春讃歌 (講談社文庫)

きょうから弾ける!ウクレレレッスン―加山雄三からサザンまで (セレクトBOOKS) (セレクトBOOKS)

コード・ダイヤグラム付き お父さんのギター弾き語り 加山雄三

I AM MUSIC 音楽的人生論

(購入者の評価)
加山は前著で「音楽は、あくまでも趣味の範囲」と記していたが「音」に関しては、彼は間違いなく天才である。本書には、凡人には理解し難い、彼の「音」に関する数々の天才的エピソードが記されているが、それに加えて、日本初のシンガーソングライター、日本初の多重録音など、加山が日本のポピュラー音楽に革命を起こした先駆者であるという事実も確認できる。


だが、若大将のイメージが先行し、正当な評価を受けていないという点は、ロック界のカリスマ、矢沢永吉と同様だろう。加山は、世界中のどこに出しても恥ずかしくない、日本が誇るスーパーアーティストだ。その事に、日本の音楽関係者は未だに気付いていない。


彼の音楽才能、功績が、正当な評価を受ける日を待ちたい。



加山雄三アート&ライフ

愛があるから―加山雄三画集10

(購入者の評価)
本当にたまたま書店で手にとりました。

す、凄いじゃないですか加山雄三!
ただの俳優だと思っていたら、なんと多彩な才能。

海の絵は特に素晴しいです。
墨で書いた言葉も良いし、陶器もなかなか。

正直、どの作品をとってもすぐに「プロじゃない」と分かってしまうのですが、
その圧倒的なアマチュアとしての仕上がりのレベルの高さが凄い。

こんな風に年老いたいな、と思えた本でした。


加山雄三画集「愛をありがとう」 加山雄三画集 (9)

愛につつまれて―加山雄三画集〈8〉 (加山雄三画集 (8))

101通りの思いやり―僕たちの「セプテンバー・フォース」

加山雄三全仕事

(購入者の評価)
我らが若大将の45年間が各年ごとに写真・データ・コラムでまとめられている。年季の入ったファンでも初めて知るようなエピソードも盛り込まれ、ファンにはなくてなならない1冊。こんな凄い本をよくぞ作ってくれたと感謝に堪えません。値段は少し高めですが、その分の価値は充分にあります。

加山雄三画集〈5〉この愛いつまでも (加山雄三画集 (5))

(購入者の評価)
 「天は二物を与えず」というが、加山雄三に関しては、この格言は正鵠を射ていない。

 名曲「君といつまでも」ほか、弾厚作(加山のペンネーム)が約半世紀にわたって作り出して来た多くの音楽作品群を再評価し、日本の芸能界のみならず、小生を含む多くの人々に多大な影響を与えてきたことを考えるとき、彼の天才的ともいえる音楽的才能に今さらながら脱帽せざるを得ない。

 その加山が、美術という分野でも多大の活躍をしている。本書を含め、彼の画集は7冊を数えるに至っているが、どの画集にも一貫して流れるモチーフは「海」であり「愛」である。
 
 第1集から目を通してみれば、小生のような美術の素人にさえ、加山の偉大な美術的才能が大きく開花していることを容易に理解できうる。

 星6つを与えたいほどの素晴しい作品集であり、天は二物を加山に与えていることを示す名画集でもある。加山ファンのみならず、美術ファン必見の画集として強力に推薦する。

永遠の若大将―加山雄三写真集

(購入者の評価)
 この写真集は、リアルタイムで「若大将シリーズ」を映画館で観たり、当時の音楽シーンを体験した世代にとっては、あの頃の興奮を一気に思い起こさせてくれる。懐かしいのみでなく、眺めているうちに若大将のキャラクターから今でも元気づけられるような気になってくる。
 資料としてはテレビ出演作品リストが、珍しい資料として楽しむことができた。


Guitar songbook 加山雄三 ベスト曲集 加山雄三の代表作品を多数収録。 (Guitar songbook)

ギター弾き語り 加山雄三ギターソングブック (ギター弾き語り)

Guitar songbnook 加山雄三 ベスト曲集 加山雄三の代表作品を多数収録。

女声 加山雄三作品集 君といつまでも

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4