風間杜夫

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
風間杜夫 おすすめDVD 風間杜夫 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
白虎隊

(購入者の評価)
前後編ともに最初に森繁さんが少年の闘いを謡った後で主題歌「愛しき日々」が流れるのですが、観光名所となっている現代の鶴ヶ城と周辺が映し出されます。短く激しく命の火を燃やして散っていった幕末の人たちの姿が、時代が移って景色がすっかり変わっても、はっきりと浮かび上がります。今の平和に辿り着くまでに日本という国がどれだけの変遷を経てきたか…。そこには涙なくして語れない深い人間のドラマが綿々と続いているのですね。誰もかれもが都会に憧れ、2世、3世と東京に便利さだけで住む人が増えましたが、生まれ育った国を愛することの凛とした美しさ、素晴らしいと思います。新撰組土方役の近藤正臣さんは、二度と現れない適役です。剣道をたしなむ近藤さんらしく、相手との間合いのとり方や、片手で相手の胴を抜く型など、美しいの一言です。この作品に登場する全ての役者さんが、決して代替できるような人がいないほど、キャスティングは歴代最高傑作といえます。このDVDをご覧になられたら、是非会津若松の鶴ヶ城及びその周辺をお訪ねください。現世のつらさも哀しみも深く包み込んでくれるような母なる水湖、猪苗代、理想高く輝く雄大な会津磐梯山。そしてイタリアの人々も深く感動し、その慰霊にモニュメントを贈った少年戦士、白虎隊。資料館では油彩で描かれた彼らの肖像画が並んでいます。澄んだ瞳と血潮鮮やかな幼い頬を見ては、「やりたいこともたくさんあっただろう。この時代に生れ落ちた宿命をどう思ったか」と自問し、涙が流れてとまりませんでした。最近不勉強で怠惰なTBSのテレビ制作スタッフが作った会津鶴ヶ城の落城理由に会津若松の市長が激怒したのは、同感ですよ。お前たちにこの少年たちの、絶望的な将来に命を賭けた勇気と純粋な理想がわかるのか!と思いました。とても素晴らしいDVDです。いつまでも大切にご家族でお楽しみください。

椿三十郎 通常盤

(購入者の評価)
音声:
 ドルビーデジタル2.0chと5.1ch、さらにdts5.1chを収録。dtsで再生しましたが、中低域が厚く聞こえて良好です。サラウンドは自然で、敵に囲まれた時など要所で効果があります。

内容:
 細かい演出の変更以外は黒澤版と同じで、楽しめました。オリジナルを知らない妻は「面白かった!」と言っています。
 ただ他の方も指摘されているように、織田裕二の演技には違和感を感じます。三船敏郎の物真似を見ているようで、笑いそうになりました。同じ役だから似るのは仕方ないのかもしれませんが、残念です。
 好感を持てたのは、ラストの対決シーン。黒澤版と同じにしなかったのは成功ですね。三十郎のセリフ「こいつは…」を表して、良い演出だと思います。


忠臣蔵

(購入者の評価)
最後の吉良様の出てくるシーンは史実ファンとしては作りすぎの感がありますが、他の所ではかなり上位の作品です。
作りすぎる脚色も少なく、フィクションだか感動ところではずせない所は入っています。

出演者も今では考えられないほどの豪華さで、これほど役を整えたものは今からの時代ではなかなか出来ないでしょう。

昔にもまだ良いものがたくさんありますが昔過ぎて役者さんがわからない、殺陣のシーンが違和感がある場合、現代にみやすいのはこちらだと思います。



椿三十郎 初回限定豪華版

(購入者の評価)
旧作のリメイクです。
旧作の話をすれば脚本はスタッフによるオリジナルので箱根に籠もって何日も激論を繰り返し練り上げたそうです。また、ラストの流血シーンは流血の仕掛けをキャストにも知らされていなかったので出演者は誤って本当に斬られたのかと思ったそうです。斬られた本人もあまりのショックで演技ではなく倒れたとのこと…(驚き顔の凄いこと!!!!)

旧作はあまりに完璧!それをリメイクするのは困難だったでしょうが、これは「モナリザ」を模写するようなもの…。
旧作を超えることは不可能です。

完璧過ぎる旧作に果敢に挑んだスタッフやキャストに星3のエールを送ります。
織田版の新作にビビットときたなら是非旧作も観て下さい。

黒沢作品は映画界の世界の頂点です。(トラトラトラも作って欲しかった…)


24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ’97 勇気ということ

(購入者の評価)
現在もトップアイドルとして走りつづけるKinKiKids堂本光一くんが「硝子の少年」でCDデビューした直後に主演したドラマです。突然の事故で車椅子での生活を余儀なくされた主人公和夫を当時18歳だった堂本光一くんが等身大の、そしてとても瑞々しい演技で熱演しています。ドラマは下半身付随という絶望の淵から家族や親友、そして障害者バスケットチームでの仲間達に支えれらながら、もう一度生きる希望を取り戻してゆく様を描いています。ラストシーンでは「本当の勇気とは何か?」ということに対する主人公の答えが明らかにされるのですが、とても感動的で少し切ない結末となっています。堂本光一くんのファンなら必見!ですよ。

手紙 スタンダード版

(購入者の評価)
真の贖罪とはなんなのか。この映画はそれを突きつける。そしてその解答がこの映画にはある。世間の冷たさ、現実と我々は闘っていかなければならない。しかし、光明もあるのかもしれない。ラストシーンは切なく、小田和正さんの「言葉にできない」が優しく流れる。「あなたに会えて本当によかった」。重い言葉だ。本当に切ない映画だが、真の救いがこの映画にはある。

蒲田行進曲

蒲田行進曲

熱海殺人事件

(購入者の評価)
人を殺したからって犯人になれるわけじゃない。犯人にふさわしい人間でなければ犯人にもなれない。事件は犯人と被害者だけのものじゃない。刑事、警察、弁護士、裁判官、新聞記者、国民―みんなのものだ。がんばって、みんなに満足してもらえる立派な事件、立派な犯人にならなければならない。そのためには犯人も刑事も取調べではすべてをさらけ出し助け合う――
世間という「オカミ」にどう見られるかを何よりも重んじる日本人の性質を逆手に取ってひっくり返す。「熱海殺人事件」は真実なんてなんの価値もないという世界を作り出している。ところが捜査の末、誰もが納得してしまう素朴な動機―幼馴染の恋人に踏みにじられた男の怒り―が明らかになる。真実なんてなんの価値もない世界で、何よりも人間の心が一番重んじられるという不思議を味わえる。


必要のない人 BOX

1998年10月〜12月、NHK水曜シリーズドラマとして放映された、森光子主演の辛口ホームドラマ。共演は、風間杜夫、南野陽子、松本潤(ジャニーズJr./現・嵐)、岡本健一(元・男闘呼組)ほか。老舗の蕎麦屋を細腕で守り続ける女将と、リストラに会い職を失った甥の一家が衝突しながらも“再生”をめざしてゆく物語で、放映当時大きな反響を呼んだ。“必要とされる”とはどういうことなのか、また、自分のアイデンティティーとはなんなのかなど、普段“肩書き”だけにまどわされがちな見方を考えさせられる。観るほどに、自分の生きる道や存在意義は、自分自身で決めればいいのではないかと思えてくる作品。――老舗蕎麦屋の女将・かほる(森)の甥で、エリート新聞記者の彰(風間)は、ある日突然系列カルチャースクールへの出向を命じられ……。(みきーる)

ザ・レイプ

(購入者の評価)
レイプ告訴によって、女性は二度傷つくというテーマで、
中々にいいテーマなのだ。「それでもボクはやっていない」の
後にみたので、「それでもボクはやってない」の被害者の女の子が
ついたてありで証言台に立った理由がよくわかった。

ただ、営業の都合上、田中裕子のヌードを前面に出さなければならなかったのは
わかるが、それによって、田中裕子の心情の描き方が弱くなったり、
被告についての描き方が弱くなったりと、いまいち監督の主張が弱くなってしまっている。

いいかえれば、ジャーナリスト性が弱くなり、
セクシードラマ性、人間ドラマ性が強くなってしまっている。
いいテーマなのにちょっともったいない

ただ、退屈せず、一気にみせるので、とりあえずみておけばいいと思います。
「それでもボクはやっていない」と対比しながら見ると楽しいと思います。


序の舞

(購入者の評価)
女流日本画家・島村松翠の波乱の半生を描いた本作。まだまだ女性が社会進出していない時代、ただひたすらに好きな絵を描くことに、没頭する松翠。しかし、画家の世界も男性主体の色が濃く、彼女は自分の師匠に男女の関係を迫られる。
妊娠、出産、未婚の母、どん底に落とされながらも再び師匠と関係を結んでしまう松翠。わかっていながら深みにハマっていく彼女、割り切れない心理を繊細かつ、力強く描いている。お子様な僕には到底理解できない女のさが、業を垣間見れた様な気がする。


炎の如く 吉田松陰

大映テレビ ドラマシリーズ スチュワーデス物語 DVD-BOX 前編

(購入者の評価)
80年代のかなり古ーいドラマです。今では考えられない2クールも
ある放送回数の多いドラマ。

いやあ、DVD化が決まった時は喜びましたよ。
残念ながらリアル世代ではないので、再再放送を子供の頃に見た程度なのですが
面白かったのでDVD化にならないかな?と思い署名運動などにも協力した程です☆

さて、感想は。。
風間杜夫が若い!!若い頃の風間さんを見るだけでも価値のあるドラマです。
純愛ドラマなんだけど、限りなくストイックな感じがいいんですよね。
時代が古いゆえに笑える箇所も見所満載です。
古いドラマなんだけど構成は今のドラマよりしっかりしてると思います。
特に、女性の方なら必ず気に入るドラマだと思いますよ☆






ロッカーのハナコさん-全集-

(購入者の評価)
まえからともさかりえさんは可愛いと思ってましたが、このハナコは彼女のハマり役中のハマり役だと思います。ファッションも部屋もすっごく可愛くて、私は似たような眼鏡買ってしまいました!

ハナコさん以外の女子社員たちもみんな可愛くて、明るい雰囲気が楽しいドラマです。若い社員たちがそれぞれの悩みを抱えて、それぞれ成長していく、それを温かく見守るハナコさん。そしてハナコさんを取り巻く数々の男たち・・・(?)ハナコさんが見えるクラブのみんなが仲良くなっていく姿も、見ていて面白いです。

気軽に見られる、隠れた秀作です。オススメ。今回数ヶ月ぶりに取り出してみたのですが、面白さがまったく薄れないので、レビューを書き込むことにしました。

ちなみに私は原作の漫画の方も読んでみましたが、ドラマの方が好きです。漫画のアイデアをうまく取り込み、映像のよさを最大限生かして面白さを倍増していると思います。中だるみすることもなく、とても質の高いコメディです。

手紙

(購入者の評価)
WOWOWで録画して見ました。

嫁さんが東野圭吾が好きなんで、自分は本は読んでないものの
見入ってしまいました。

玉鉄と山田孝之が兄弟役やったけど、めちゃ似てた。

それはともかく、『手紙』を書くことによっての自分の気持ち、
相手の気持ちってすごい色んな意味で効果のあるものやなぁって思いました。

ちなみにうちの家族は誕生日に欠かさず誕生日カードを書き合います。

この映画、最後が一番グッときます。兄弟愛、家族愛、大事です。


大映テレビ ドラマシリーズ 少女に何が起ったか

(購入者の評価)
数ある大映ドラマの中でも、これでもかといわんばかりに様々な要素が取り入れられた作品。
はっきりいって、このオーバーリアクションには、当時みんなが洗脳されたかのように魅せられていたはず。
大映ドラマには必ず毎回出てくる決め台詞のようなものがあるが、
この作品では、石立鉄夫さんの「薄汚ねえシンデレラ!」。

小泉今日子さんが猛特訓する課題曲の、ショパンの練習曲第12番ハ短調Op.10-12「革命」。
この曲を聴くと、ショパンではなく、ピアノを演奏する小泉さんの映像が出てくるほど、強烈な印象を残している。
エンディングテーマは東京JAPの摩天楼ブルースだった。



異人たちとの夏

(購入者の評価)
最後でB級ホラーになってしまいました。
本当に残念です。
しかし、それ以外は片岡鶴太郎さん、風間杜夫さんはじめ出演者の好演技で一見の価値のある作品です。
アー最後がなかったら。
監督あんたはあほか。




もっとしなやかに もっとしたたかに

(購入者の評価)
「ニューファミリー」の崩壊を描いた、という評が多いようだが、違うのではないだろうか。藤田はそれを否定も肯定もしていない。ただ風俗として、そういう現実として描いているだけである。

この映画に出てくるのは、主人公の姉夫婦以外は、親や大人になりきれない人間か、でなければ子供ばかりである。蒸発はするわ、売春はするわ、ボンクラもいいところである。しかし、そんな彼らでも、やることはいつの時代とも変わらない。男と女は惹かれあい、ともに暮らし、人は生まれ、そして死ぬ。藤田が描きたいのはその普遍的な事実である。その厳粛、その不可解、その倦怠、そのかけがえのなさ、である。

それは日本映画の伝統的なホームドラマが描いてきたものである。一見すると、崩壊した景色のように見えても、その底には、伝統的な家族像から受け継がれてきた何かが地下水のように流れている。だから、これは、正統的ではないにせよ、歴としたホームドラマなのだ。


人形歴史スペクタクル 平家物語 完全版 DVD SPECIAL BOX

(購入者の評価)
本当にこれは人形劇の枠を超えたすばらしい作品だと思います!人形の動きもさることながら、声優人が少ないながらも、あまりそれを感じさせないほど、それぞれのキャラクターを豊かに演じ分けていると思います!歴史作品に疎い私としては、今までで一番源平物語がよく分かり、また、同じ人形、声優を使って、源義経主人公の作品を作って欲しいと思いました!

>> つづきをみる

僕が愛しく恥かしい?風間杜夫写真集 (1983年)

ひとり―風間杜夫写真集

(購入者の評価)
子役時代からのファンから、つか氏の舞台時代からのファンから、銀ちゃんからのファンから、
はたまたスチュワーデス物語からのファンも、そして最近ちょっと気になった人まで、魅了します。
最近の楽屋を覗いたような楽しみがあります。
若き日の思い出に浸るもよし、近頃風間杜夫氏が気になったという方にも、その人柄がわかるような文章があり、
風間杜夫さんが気になる方にはオススメの一冊です。


激しくて優しくて―風間杜夫making of ZENIGATA

本当のことを言おうか (角川文庫 (5886))

風間杜夫舞台写真集

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4