風間俊介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
風間俊介 おすすめDVD 風間俊介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX

(購入者の評価)
私は斗真くん目当てで買いましたが、どの出演者のファンの方でも満足できると思います!

メイキングやオフショットなど特典映像も満載。

ストーリーというか、内容は、私はとても面白く見させてもらえましたが、これはファンだからかも…。ここがちょっと判断できないのですが、逆に言い切れるのは、好きな出演者がいるなら絶対楽しめるという事です。

個人的には、斗真くんだけでなく、星野源くんは最高です!北村さんも最高です!
他のどの出演者のファンの方たちにも、絶対おススメ!

ただ、特典映像は各ディスクに入れるのではなく、1?2枚にまとめて欲しかったなというのと、チャプターがなくて不便。

それから斗真くんファンとしては…ボックス(斗真)くん主役の回だけメイキングがない事。これにはかなりガックリきました。何故なの!?


でも、やっぱり特典映像の充実は、ファンには大きいですよね。そんなわけで、全体として星5つに出来るくらい、満足感は得られました。

買って損はないと思いますよ☆



遊戯王 デュエルモンスターズ DVD-BOX 1

(購入者の評価)
今でも人気の衰えない遊戯王!そのなかでもバトルシップ編が一番内容が濃いです!
ボスキャラの悲しい過去、そしてそこにまつわる闇遊戯の秘められたる秘密、
あいかわらずあぶない社長・・・・
シリーズボスであるマリクは、いままでの遊戯王の中の敵キャラで、
人間のもつ危うさ、光と影を内包した、少年と大人の間に存在する、
思春期そのものの葛藤のような気がします。
長い戦いの末、いろんな思いが交錯し、
遊戯は、海馬は、マリクは・・・!・・・これはみないと!!



遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.21

(購入者の評価)
今まで隠れていた闇バクラがついに闇遊戯とデュエルを!
しかも闇バクラは、今回のシリーズボスであるマリクと手を組んでいます!
凶悪なデッキを使うバクラとえげつない戦法を授けるマリクに、
闇遊戯は!!!?


遊☆戯☆王デュエルモンスターズ劇場版「光のピラミッド」

(購入者の評価)
少し前、ジャニーズファンの方に聞かれました。
「風間さんの声が聞きたいから遊戯王を見たいけど、どの辺りがおすすめ?」

遊戯王ファンとしては全話見て欲しいけど、それじゃぁ答えになっていないので、私はこの映画を勧めました。
理由は
101分で完結すること。(映画ですから)
遊戯が二人とも活躍すること。(TVでも二人同時の活躍はあるけど、そこにたどり着くまでが大変)
そして、ラストで二人の遊戯がハモること。(同じ声がハモるのでとても綺麗)

内容も、起承転結がはっきりしているし、カードゲームもテンポが良くてとても見やすいので、初めての人でも楽しめると思います。
ただし、海馬は別。
初めて見る人には「なんだこいつ?」と思いたくなるシーンがたくさん有ります。(人の話を聞かなかったり、遊戯の好意を無にしたり…他色々…)
しかし、それこそが彼の魅力なのです。(本当ですよ)

それに、「レンタルにしても購入にしても、遊戯王をレジまで持ってゆく勇気がない」という人でも、通信販売ならこの問題も見事にクリアします。この機会に一度、試してみてはいかがでしょうか?(テレフォンショッピングのセールストークみたいだ……汗)

遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.26

(購入者の評価)
今回はちょっと上級ファン向けレビューです。

テレ東版遊戯王アニメは作画監督によって絵が変わりやすいため、
ある程度のファンになるとキャラクターの顔で作画監督が判別できると言われ、
また、その作監鑑賞がコアなファンの楽しみになっているフシがあります。

さて、乃亜編はアニメスタッフの意気込みか、オリジナルストーリーの中でも
作画が安定しているシリーズとして一部ファンの間で有名なのですが、
今回収録されている話は…
平山→原→加々美&高橋→小澤(この回は演出が武藤)(敬称略)
という安定した動きを見せています。
さらに、やはり一部で有名な台詞「真崎杏子16歳」と「パンダの方がマシ」発言も飛び出し、
なかなか楽しい一本になっています。

内容としては、乃亜編は原作に無い展開をBC中に無理やりねじ込んだ感があるので、
そこで評価が分かれるとは思います。
個人的には結構好きなんですが、嫌な人も居るでしょう。

他に特徴を挙げるとすれば、作中デュエルは(デッキマスター能力を除いて)
かなり現実寄りの内容になっていると感じます。
それはアニメですから、オリジナルカードも多く、
効果修正前や、OCG化時の効果矯正でテキストの違うカードも多いですが、
実物そのままのカードも出てくるので、知っている人はより面白いかと…
そういえば昔は注目されてたな…マハー・ヴァイロ……(懐かしすぎる)

DUEL BOX以前の作品なので欲しい方は早めにどうぞ。


遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.31

(購入者の評価)
声優の演技力の低さ、作画のショボさ、どこをとっても後味の悪いアニメです!!!!10チャンネルでやってたころのほうが面白かったです。

遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.24

遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ DVDシリーズ DUEL BOX 4

(購入者の評価)
内容はKCグランプリ最終盤から記憶編、闘いの儀がごっそりつまっています。
収録時の手直しは無いので作画が惜しい回は多いですが、
最終回を含めたこのボックスはファンとして押さえておきたいところかと思います。

放送開始当時はその演技力で視聴者を不安にさせた主役声優・風間君も、遊戯と一緒に成長しました。
この成長は本当に感動モノで、彼がもう声優業をやっていないのが惜しいくらいです。

ボックスとしての特典は、ポストカード8種、ストーリーガイドと設定資料のブックレット一冊、
そしてCM集とノンテロップOP・ED集(全種)を収めたDVDです。
設定資料は、ドーマ編とエジプト編の主要キャラとジーク兄弟の基本デザイン(但し色指定なし)
を見ることが出来てなかなか面白い。
個人的な注目は、海馬愛用の「ブルーアイズジェット(アニメ版)」の指定の細かさですかね…(笑)
また、あらすじ等はブックレットにまとめられているので、
DVDケースは両面イラストになっています。
(最終巻のみ裏面はコンテンツ表示)

DVD枚数52枚という長い物語が光の中に完結します。
エジプト編のアニメオリジナル展開にビックリさせられたりもしましたが、
やはり、5つ星以外を付ける気になりません。
特に最終回は「感慨深い」では片付かない何かがあります。
機会があれば、是非。


遊戯王 デュエルモンスターズ DVDシリーズ DUEL DVD-BOX3

遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.30

(購入者の評価)
遊戯王デュエルモンスターズのDVD
この巻に収録されているのはこのアニメシリーズオリジナル部分の核心。

決闘シティ編の決勝トーナメント目前。主人公遊戯のライバルであり今大会を主催する海馬のお家騒動に遊戯達も巻き込まれ、電脳世界へと引き込まれます。BIG5、そして乃亜。彼らとデュエルモンスターズで戦います。
謎の少年、乃亜の正体が明らかに…

遊戯王デュエルモンスターズのDVDは2003年3月現在、一度買い逃すとかなり入手困難な品だと思います。欲しいと思った時に買っておくのがオススメ。このDVDは日本の規格なので米国の方は米国版の発売を待つか、日本の規格のDVDが再生できる機械を使えばいいのかな?
自分は逆に米国の遊戯王グッズが欲しい〜!!

遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.27

(購入者の評価)
これもいいです。

ペンギン VS 杏子も良かったですが、機械軍曹と静香ちゃんの戦いもいいです。

静香ちゃんのやられ方がすごい。ひっくり返り方もすばらしい。

あ、危ない人になりそうだ。違います。

城之内君との兄妹愛も良いです。こんな妹いたらなあ、とまた危ない人になりそうだ。

サルのロボットになってしまった本田が、静香ちゃんに呼ばれて抱きつくシーンは、ちょっとエロかったですね。


遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.18

(購入者の評価)
少年ジャンプで連載されているものをアニメ化したもの。モンスターカードや魔法カードなどさまざまな効果を持つカードを使い相手のライフポイントを減らしていくというゲーム。最後まで油断できず、何が起こるかわからないところがいい。カードゲームが好きな人にいいかも。

少年は鳥になった

(購入者の評価)
山Pの最近のドラマを見て、過去の作品を見たいと思い色々見た中のひとつです。
「少年たち」の幼い天使のような山Pでもなく、
「stand up!」の成長した素敵な青年の山Pでもなく、
丁度その間の、成長途中の山Pが見られます。
ストーリーは、もちろん涙・涙・・・・・なのですが、
素直な演技で感動を与えてくれます。
家族の中の山Pという設定のドラマが割と少ない中で、
あたたかい家族に囲まれた姿が見られます。
絶対おススメです。


遊戯王デュエルモンスターズ TURN2

(購入者の評価)
映像と言うことで、コミックで描かれなかったキャラクターの細かい描写や物語が出てきてより深みがでていると思います

遊戯王デュエルモンスターズ TURN3

(購入者の評価)
以前の色々なゲームで勝負するのではなく、デュエルモンスターという一つのカードゲームが主体となっていますが、それでも面白いです。
声優さんも大幅に変更してしまい、最初は抵抗ありましたが、この頃になると声優さんも慣れてきたのか、キャラにハマっている感じです。

見ているだけでなく自分でもトレーディグカードを買って、プレイしてみたくなりました。

遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.14

(購入者の評価)
王国編が終了して、ホッとしたのも束の間。すぐに新しい敵が現れた。それに対抗すべくデュエルゲーム会社社長の海馬瀬人が敵を誘い出す為に町全体を舞台に、大かがりなデュエル大会を開く。
サバイバル形式の闘いに、遊戯や仲間達は果たして最後まで残る事ができるのか?
遊戯の裏人格である遊戯の正体や、謎。因縁などが次々と露になる話です。


遊戯王 デュエルモンスターズ Vol.22

遊戯王 デュエルモンスターズ DVDシリーズ DUEL DVD-BOX2

(購入者の評価)
遊戯王はどの戦いもおもしろいです。
もちろん、このBOXの戦いもおもしろいです。
カードに過信した者たちの果てがわかると思います。
ただ、この結末があまりにもあっけないです。
そこまで引っ張っておいて、そうなるか、と。
リアルタイムで見てましたが、何を言いたかったストーリーか分かりませんでした。
それまではキャラの背景がしっかりしていていいのですが。
だから、これはBOXとして買うのではなく、レンタルでも十分だと思います。


アキハバラ@DEEP

(購入者の評価)
本当に原作を読んで、作ったんでしょうか?
すごく好きな話なのに、映像にしやすい話なのに・・・
まず、愕然としたのがラストです。なんですか?あのあっさりした終わりかたは・・・
それから、成宮くんのどもりの演技はダメすぎ!
普通に、話してのセリフで良かったんじゃないかな?
ワザとらしくて苦しいです。
そして、極めつけが敵のボスを演じたあの人です・・・
どうみても間宮兄弟です!顔がカマキリでガリガリで、迫力なさすぎです!


演技者。 1stシリーズ Vol.3 (初回限定版)

(購入者の評価)
とてもよかったです!
通常版と悩んだけどこっちで正解!!
ただ、「演技者。」自体に言えることだけど、放送される地域が少ないので、どうしてもDVDに頼らずにはいられない・・・そうすると、3つもいるのかなあ?って


>> つづきをみる

村落共有空間の観光的利用

風の通り道―風間俊介診療録 (新風舎文庫)

(購入者の評価)
一研修医が指導医風間俊介の下、医師として人間として成長する姿を描く6編。
6編すべてが、臨床医が実際に陥り易い問題点を抱えた重症の症例であり、それらに、どのように対処し、解決していったかが迫力満点に描かれている。この点では、医師必読書と位置づけられる。一方で、人生訓あり、恋愛ありで全編を通して強く印象づけられる著者のユーモアを交えた平易な文章は、一般の方々をひきつけてやまなく一気に読み進んでしまう。


面接の戦略―キミのような“大学生”が嫌われる!!

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4