風間トオル

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 
風間トオル おすすめDVD 風間トオル おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
砂時計 ツイン・エディション (初回生産限定)

(購入者の評価)
私は昼ドラと原作を見てたので、映画の方もすごく期待して見に行ったんですけど、期待外れでした…それと同時に怖かったです。杏のトラウマを強く描きすぎてて、大悟や藤くん椎香ちゃんのことが薄れてしまってたので残念でした…

映画という限られた時間の中で『砂時計』の世界観、登場人物の成長をもう少し丁寧に作ってもらいたかったです


砂時計 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
恋愛話の裏に重いテーマが潜んでいます。

ストーリーは、島根の農村に引っ越してきた中学生・杏は、母親が
人生に疲れて自殺してしまい孤独になるが、近所に住む大悟に
「ずっと一緒におっちゃる」と力強く宣言されて初恋を実らせるも、
その思いに疲れて別れたことを後悔している、というもの。

出会った幼馴染3人との初恋について、出会いから結婚までの道のり
を丁寧に描いた作品でしたね。特に、中学生から高校生にかけて、
笑ったり泣いたりするところが、本人たちも楽しそうに演じていて
良かったです。

杏も母親も思いつめて…というところがありましたが、その苦悩や
後悔にもっと共感できるような流れだとさらによかった。悩んでる、
でも母親は居ない、彼氏にも相談できない、どうしよう、とネガティブ
ループをもう少し。タイトルの「砂時計」のように、過去はいつか未来
になる(ひっくり返せばまた新たに時を刻む)というメッセージは分かり
やすいだけに、残念でした。

出演した夏帆は、「うた魂♪」でも拝見しました。喜怒哀楽の「喜」
「楽」の演技がとても良いですね。相変わらず「哀」の部分がサッパリ
しすぎてましたが、ひょっとしたら、現代っ子はそういうもんだという
ステレオタイプに填められて演技しているのかも。うーん。
また、成長した杏を演じた松下奈緒もきれいですね。こんなOLさん
が職場に居たら勇んで仕事に励むことでしょう(笑

映画に登場する世界最大の砂時計も実物を見たいな?


スーパーカブ 2/激闘篇 特別版

(購入者の評価)
主人公操るカブとミサイル装備ZZR1100の戦いです。
ZZRからカブ目掛けて発射されるミサイルは笑いますよ、この映画一番の見所です。
特別編は結構楽しめたのでそちらを見て気に入れば激闘編もどうぞ。


スーパーカブ 特別版

(購入者の評価)
最初は主人公操る無敗負け無しZXR250!!と88'NSRのバトルから始まります。
バイク好きからは何で4ストやねんと突っ込みが…、
レースに負けバイクを対戦者に奪われカブに乗り出すと言う始まり方です、色々めちゃくちゃな所もありますが30代には楽しめました。
レプリカ世代にはオススメ出来ます


大誘拐 RAINBOW KIDS

(購入者の評価)
2005年に逝去された岡本喜八監督の晩年の名作です。
晩年といっても1991年作品なので、60代の作品なのですが。

コメディとして、風刺作品として非常に良い出来だと思います。
脚本の面白さと、主演女優北林谷栄さんの個性と演技力が、この作品の面白さを高いレベルに引き上げていると思います。
こんなシニカルで男気のある山林王(山林女王というべきか)がいたらおもしろいなあと思ってしまいました。

北林谷栄さん演じる柳川とし子刀自+誘拐犯v.s.緒形拳率いる警察のだましあい。
本来誘拐の被害者であるはずのばあちゃんがなぜ?

なかなかひねったストーリーなのですが、こねくり回しすぎず、難解でもなく、ほど良い緊張感とハラハラ感を与えてくれます。もちろん適度な笑いも。

娯楽作品監督としての岡本喜八監督の真骨頂を見る思いです。


ドリフト SPECIAL ~Beauty Battle ~ デラックス版

(購入者の評価)
ハチロクが主人後機ということで楽しみに見ました。

結論から言うと…僕は意外とコレ好きです。
ハチロクに女の子が乗って峠を飛び回る…
何かいいなーと思いました。
2ドアのレビンも意外とカッコよかった…

ただ、冷静に見ると現実離れ。
ハチロクの維持ってかなりのお金や労力がかかります。
それをバイト暮らしの高校生があっさりやってる…
いくらメカニックがいるとはいえパーツ代、ガス代どうやって維持してるんでしょう?

さらに、乗り始めて数日?でドリフト…
ハチロク乗りこなすには腕が必要です。
拓海くんでも1年くらいかかってんのに、どれだけの天才ですか?

バトルシーンの撮影手法に問題があるのはいつものことですが、ここんとこ設定のおかしさが目立ちますねこの作品。

ということでストーリー的にはシンプルで好きですが、ハチロクに乗る者として受け入れ難いとこが多いのも事実です。


特命係長 只野仁 スペシャル'06 高級レストランとおふくろの味

(購入者の評価)
この巻では、ドラマの製作過程の映像がまとめられて、付録映像として見る事が出来る。
これは大変おもしろい。
撮影合間の高橋克典と永井大の会話では、ドラマではケンカが弱い森脇だが、実際の永井大は大変なアスリートらしい。
話のほうは少々マンネリの傾向がないでもないが、ドラマの骨格とキャスティングが良いために劣化が少なく、十分楽しめる。


安藤昇自伝 渋谷物語

(購入者の評価)
安藤昇の自伝を基に作られた映画で、主観が強いものとも思えましたが、愉しんだと思います。

 戦後日本の渋谷を一時期支配した安藤氏は極道の新星でした。

 私は極道というよりは、明石屋万吉のような任侠さんには興味ありますし、現在で言う、暴力団とは一線を画す、渡世人には実に愛着がありますな。

 堅気の衆には迷惑を掛けないという姿勢がいいですね。

 世の中、どうしても体制には組み込まれない人間がいます。気はいいのですが、不器用だし何をやりたいのかわからない。そんな人間が、街をウロウロしていては困りますから、こういう人間をまとめて、彼らなりの掟の中で生きてもらうことは、一つの必要性とも考えるのです。

 いまは、法律によって彼らの行動を厳しく取り締まるようになっていますが、それが帰って、善良なる市民社会に潜伏させ、素人でも売春を行ったり、麻薬を嗜んだりするようになっています。

 或いは、この区画は極道さんが仕切っていると、はっきりレッテルを貼れるような土地があったほうが、一般人としては、近づかないし、近づくなら近づく覚悟をしてその街に出入りできるのです。

 法律というのは諸刃である場合が多いなと、そう感じるわけです。


新しい風~若き日の依田勉三~

(購入者の評価)
私の町で依田勉三が生まれ、ロケした関係から映画を2度見ました。
映画は暗い画面が多く、期待はずれでしたが、DVDは明るい部屋で見るためか説得力があって良かったと思います。
欲を言えば、開拓へ行くまでの説明が不足しています。福沢諭吉やケプロンの言葉、勉三が虚弱体質にもかかわらず十勝の開拓を目指した説明があれば感動が倍加されたと思います。
でも草分けとしての苦難が表現されていたと思います。


パパはニュースキャスター 帰ってきた鏡竜太郎スペシャル ~あれから7年、愛たちがハタチになった!失恋、不倫、男性恐怖症、花嫁の父となるか竜太郎~

(購入者の評価)
 この作品の伴一彦さんは大変優れた脚本を書いてる人である。私が何時も面白いと思った作品の脚本家は大抵この人だと言ってもイイ。この人が書いたものは大抵面白い。しかも「コミカルなものからシリアスなものまで面白い」のであるから大したものだと思う。コミカルなものとしては他に「子供が寝たあとで」や、シリアスなものは「ストレートニュース」「サイコドクター」などがある。
 80年台のに本には優れたテレビドラマが多数存在しているが、この「パパは・・・」はその中でも最も優れた作品の中の一つだ。田村正和の三枚目役は超が付くハマリ役。それに浅野温子演じる米崎美幸は彼女の演技人生の中で最もハマリ役なのではないだろうか。妙に違和感無く、やたら自然に映るのである。これに出ている彼女を見ていると何だか心和むのである。三人の娘達に加えて四人目の娘みたいで。


角川ホラービデオ館~危険な香りの女たち~

(購入者の評価)
高橋克彦の原作を読んでからこれを見ましたが
キャストがイメージ通りでノスタルジックな映像がよかった。
原田龍ニが繊細な演技を見せていて素敵でした。
他2作とも半端ではない恐ろしさと映像美、とても満足しています


わが愛の譜 滝廉太郎物語

怨喰

(購入者の評価)
狂ったように飯を食べ、或いは泥を食べ……、巻き沿いになった連中の死に方が悲惨。だがそれでも“怨霊の復讐”はたいして怖くない。社会人の男性という立場から観れば、こんな怨霊より、むしろいつか迎えに行くはずだった妻子が餓死していたという事実の方が、遥かに恐怖なのではないか。その点から言えば、男が前妻と過ごした至福の時間、赤ん坊の可愛らしさなどをもっと描き、罪悪感を高めるべきだったと思う。(子役は寝顔も可愛かったけど、チラッとしか出ず)

ところで東原亜希は、某消費者金融のイメージキャラクターをしていたのに、こんな役(借金に追いつめられて餓死)なんか演じて問題なかったのだろうか。笑


娘道成寺 蛇炎の恋【特別版】

(購入者の評価)
歌舞伎の世界を舞台に女の情念を描く一本。
福助さんの美しい舞いは素晴らしく、ラストの高野山でのシーンは感動もの。
ただ、メインテーマが上手く描かれたかというと疑問が残ります。
いかにもなCG処理も興ざめでしたし、全体に消化不良を覚えました。
その中で白眉だったのが歌舞伎の世界を飛び出して大衆演劇で名を成した花丸の存在。彼が居るシーンには説得力があり、彼を主役に一本映画を撮っても面白い作品になるのではないかと思いました。
風間トオルってこんなに色気がある役者になったんだなぁと驚きました。


きけ、わだつみの声

助太刀屋助六

(購入者の評価)
なんて言うんでしょ
市川崑が時代劇を作ったら「あ、市川崑だ!」って思うように
「あ、岡本喜八だ!」って感じの時代劇です
B級の面白さがにじみ出た独特の間合いの
娯楽的アクション活劇満載の現代的な時代劇です

僕は「イースト・ミーツ・ザ・ウエスト」も面白かったし、この作品もけっこう好きですけど
独特のテイストなので古典とか王道の時代劇を好む人など
合わない人はあるかもしれませんね


きけ、わだつみの声

(購入者の評価)
まず、主演俳優の中で織田裕二のみが頭を丸めて坊主にしているが、他の俳優達が入隊後もふさふさした髪なのに違和感を覚えた。この時代では軍隊はもちろん、学生もみな丸坊主だったはずだ。
しかも、丸坊主の織田裕二が主役なのを差し置いても一番イケメンで、坊主頭が凛々しく似合っていて、いい意味で戦前の香りがする日本男児に見事なりきっていたので、他の俳優達も演技は良かったものの、織田に比べると色あせて見えた。
最近の戦争映画は「YAMATO」も「俺は、君のためにこそ死ににいく」もイケメン俳優達がクリクリの坊主頭にしており(わだつみでは髪を伸ばしていた的場浩司も、俺きみでは青々とするくらいの五厘刈りだった)、これらに比べるとリアリティがないし、話も群像劇が裏目に出て散漫な感じだった。時間的制約を考えれば、織田裕二だけの話にして作り込んでいった方が良かったと思う。

但し、それを差し置いても織田裕二の演技は素晴らしく、悲劇的な最期には涙が止まらなかった。頭の形がとても綺麗なのもあって、坊主頭もむしろ長髪の時以上に美形に見えた織田裕二の美しい肉体と、祖国の家族達のために自己を犠牲にする魂の高貴さがあったからこそ、あの最期の場面の悲劇が一層切なく感じられた。

個人的には、これはまた織田裕二と、あとは的場がやった役を坂口憲二あたりで、シンプルな構成で深く作り込んでリメイクしてほしい。現代の人気俳優の中では織田と坂口の二人が、丸坊主が似合う、戦前の正統派の日本男児の顔立ちなので、例えばジャ○ーズがやると激しく合わなさそうだし、この二人で戦争ものを作ってほしいなあ...。


月の子供

(購入者の評価)
一度見たら、よく分らずにただただダンスやめまぐるしい展開に
面白さが分かりずらかったのですが、二度目で個々のセリフの深さにハマり、
三度目でこの作品の裏のメッセージに気が付き舞台の面白さを改めて知った。
ストーリーは最近じゃ珍しいアングラ時代のようなメッセージ性重視の
一見分かりずらい抽象性が強いですが、所々に観客を飽きさせないような
工夫がしてあります。最近の舞台の様な分かりやすく笑わせ、泣かせる、エンターテイメント舞台では無いです。あまり舞台をご覧になったことのない方はよした方がいいかも。
でも、自分個人としては面白かったです。


大誘拐〜RAINBOW KID

(購入者の評価)
 鬱蒼としつつも、山々の生命力が陰鬱さを吹き払っている様な、紀州の山並み。木目も美しい座敷から丹精の「おやま」を見遣る、刀自の遠い眼差し。そして、余命幾ばくも無いと早合点してしまった刀自の、余りにリアルな大東亞戦争の悲しみについての、独白……。肺腑を鷲掴みにされた一場面である。
 ものの本によれば、「税」の古典的な形の中に、兵役がある。大東亞戦争が終わる迄、日本人男性には原則として、兵役の義務があった。選択の余地無く課せられる兵役は、何と過重な「税」負担であったことか。いわんや、実の息子が「護国の鬼」になってまった母においてをや…。その「税」の何と、苛斂誅求だったことか。
 最近、高齢者と若年層との間で、「税」負担の不平等が存在するかのように、実しやかに説く人が居る。私は、少なくとも、大正一桁より上の世代の方々に関する限り、不平等は全然存在しないと考える。むしろ、兵役による負担と、帰還し得なかった人々の命の重さ、家族の悲しみを考えると、今まさに地上から退場せられんとする世代の方々には、言わば、還付しきれないほどの負担を、国は課してきたと思えてならないのである。
 岡本監督は、特攻隊の生き残りでいらっしゃったと、仄聞した。本作品は、その根底に、大東亞戦争に最も多く動員され、多くの犠牲を払われた大正生まれの日本人の、やり場の無い怒りと悲しみとを沈潜させながらも、決してイデオロギッシュにならず、時代の苦難を諧謔精神で乗り切って来た大正世代の、熱い熱いメッセージなのだと思う。
 研究者によれば「税の歴史は、戦の歴史」だという。「税」にも「戦」にも、共に大義名分はある。しかし、現場の納税者や兵・下士官・学卒の士官にとって、それらの大義名分は、時に絶望的な状況をもたらす元凶にもなり得る。監督は、大義名分というものの危うさに、警鐘を鳴らされていると感じた。
 本作品は、娯楽作品の中に、極めて本質的テーマが自然な形で包含された、第一級の秀作と言えよう。(了)


オーバーヒート 輝きの先に

(購入者の評価)
ドゥカティの活躍は次の次のまた次、大体こういうストーリー展開になるだろうな...と思ってたらその予想通りすぎて逆に観るのが辛くなってしまいました。
本当に今の映画とは思えない時代錯誤甚だしいストーリーで、しかも肝心の演出もめちゃくちゃ甘く、全く力が入ってない。これではヒロイン前田亜季さんの魅力も活かしきれず本当に悲しくなります。
前田亜季さん!めげずにがんばって!!


>> つづきをみる

風間トオル―TOHRU KAZAMA PHOTOGRAPHS

(購入者の評価)
かなり前の写真集ですが、若い風間トオルが見られます。 彼の写真集の中では露出度が一番高いように思います。 彼のファンの方にはたまらない1点です。

よくわかる 擁壁・カルバート設計のポイント

社会科授業に関する体系枠の構築と事例研究―知識獲得過程の視点に基づいて

風間トオル セーターアイランド

よくわかる擁壁・カルバートの設計

風間トオルと仲間たち―僕らのセーターアイランド

風間トオルセーターコレクション〈’91〉

よくわかる擁壁・カルバート設計のポイント (1984年)

税務工作人

(購入者の評価)
税理士が主人公の小説は珍しい為、購入したが最悪の本であった。
@誤字が非常に多い。
A内容が幼稚過ぎる。
B主人公等のキャラ立ちがされていない為、感情移入出来ない。
C会話が話言葉になっておらず古臭い。
D税理士が主人公の為、多少は税務等の知識を得られるかと期待したが
皆無であった。

E著者を主人公に見立てている様だが、自画自賛も甚だしい。

近代日本経済史―近代日本経済の展開 (1956年)

スラタン―風間トオル

ダウン症児の言語発達における共通性と個人差

税務工作人―税理士ブラックジャック

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4