木村了

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
木村了 おすすめDVD 木村了 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
パズルDVD-BOX

(購入者の評価)
ぷふう・・・トリックと同じ制作スタッフだから楽しみだったけど・・・まさに
「この劣化レプリカが!!」
とだれかが言いそうな作品なのです!
トリックとは違った良さがもっと出ていれば良かったんじゃないかぬ、皆しゃん?
決してツマラナイわけじゃありません・・・よ!
もっと味のある俳優様がいれば面白かったはずですよーっ!
君たちもぜひ買うに値するかどうか見キワめてから激買してくれ!!!!

後だ!後にするんだよ?っトリックをまだみてない人は先にパズルをみるんだ―――っ!!


ヒート アイランド

(購入者の評価)
城田優演じる渋谷を仕切る若者たちが、ヤクザと強盗のお金を手にしてしまった事から始まる話(≧∇≦)テンポもよく、しかも一番初めのシーンからすべて繋がりがあったりと?なかなか面白かった♪うちのお母さんも面白かったと?年齢層関係なく楽しめる作品☆
しかも伴ちゃんが出てるし?最後の伊原剛志と細川茂樹と城田優、かっこよすぎ!!


Dear Friends ディア フレンズ

(購入者の評価)
最初は北川景子が好きで見てみたんですが、見てる内にとても引き込まれていく作品でした。
とにかく主演二人の演技が素晴らしすぎます。
心理状態、リナの無愛想で勝手な態度など徐々に角が取れて優しくなってゆく過程などが的確に描写されてて、ほんと演技に関してはなにもいうことありません。
友情とはなにかというのがすごくわかった作品です。
純粋に涙が出ました。オススメです。


シュガー&スパイス 風味絶佳

(購入者の評価)
10代の恋の傷みって、日本国民ほぼ全員が体感する大事な「思い出」である。そこをテーマに狙うのだったら、よほどの覚悟がないと観客を納得させることはできない。本作は感傷ばかりが表現されている気がして、恋愛の「苦い経験の醍醐味」が不足だったかな、と思う。横田ベースを舞台にしているのに、アメリカ感が夏木マリ以外全く感じられないのもマイナス。チョイ役ではなく、もっとアメリカ人を登場させないと。これなら舞台が静岡でも茨城でも、渋谷でもよくなってしまう。役者陣は夏木マリのダイナミックな演技(地?)に圧倒され、沢尻エリカのキュートさに感心し、柳楽優弥のオクテさに共感し、濱田岳の金髪に驚き、みな見事であった。全編に漂う中途半端さは脚本の力の無さが要因だろう。またせっかく大泉洋という才能を起用しているのに、まったく生かされなかったのも惜しい。せっかくの「Gas Station」所長役なのだから、大泉を軸にすればもっと締まったのに、と思う。ちょっと消化不良の感じで星3つ。

ワルボロ

(購入者の評価)
暴力物は好きじゃないんですけど、これは暴力シーンが多いにも関わらず、楽しくみることが出来ました。仲間、絆、男同士の友情が根底にあったからでしょうか。
松田翔太の演技が光ってました。
鏡を相手に自画自賛しちゃう所や、女の子に格好よくなったねとほめられて、妄想にひたってしまう所とか面白かったです!!
仲村トオルやこうちゃんのお母さんも良い味だしてました?。


ムーンライト・ジェリーフィッシュ 通常版

(購入者の評価)
障害を持った弟と弟を守るために裏社会で生きる兄。この映画、兄弟愛に感動 します。
主演の藤原竜也と木村了の演技力も高く安心してみていられます。


ムーンライト・ジェリーフィッシュ 完全版

(購入者の評価)
「キレイ」な脚本なのですが、観終わったあとに心に残るものがあります。

セイジがケイコを抱く展開には「ん?」と思いますが、
あたたかい兄弟愛を描いている部分や作品全体の雰囲気など素敵なところは沢山あります。
邦画の持つ雰囲気、イメージと作品の色遣いや展開がマッチしていたと感じました。

セイジ役の藤原さんの演技はもちろん素晴らしく、
ミチオ役の木村さんは難しい役をしっかり演じられていましたし、
ケイコ役の岡本さんは特別うまいというわけではありませんでしたが、透明感のある演技でした。

私が最近観た映画の中では一押しです。
邦画好きの方なら観て損はないと思います。

藤原さん好きの方にはたまらないシーンもありますよ!


キャッチ ア ウェーブ

(購入者の評価)
海好きの俺には最高の傑作。

16歳の3人の少年が夏休みを使って湘南でサーフィンを習う。
サーファーの掟、海をなめるな前乗りするな
ゴミは捨てるな。このマナーを守らない悪ガキと
台風の波に乗れるか勝負をする

結果は・・・。

自然をリスペクトすることの大事さ

ほのぼのした青春夏物語とでも言えるかな



サーフィンしたくなりました


最終兵器彼女 アルティメットエディション

(購入者の評価)
原作ファンである私は正直がっかりしました。まず配役がイメージと違いすぎます!テツさんとか…違うでしょ…アケミも、フユミ先輩も。あとサイカノの魅力の一つであり、世界観を構成していると言っても過言ではない?方言が全くないのも残念でした。まるで違う作品を見ているようで全く感情移入できません。もっと原作の設定を大切にしていただきたかったです。

キャッチ ア ウェーブ プレミアム・ボックス (初回限定生産)

(購入者の評価)
CMのイメージしか知らずにこの映画を見ると、
ストーリーには「本当に」驚愕するだろう。

レンタルなどで映画の出来を確認してから、
このプレミアム・ボックス購入でも遅くはないだろう。

飽きれるほどのご都合主義の序盤も、
ベタな展開の後半もかなりツッコミ所が多い。
状況の説明的なセリフが多いのは仕方がないとしても、
わかりやすい悪役といろいろあって最後に勝負とか どうなんでしょう?
原作・脚本が現役高校生と知って「ああなるほど」とだれもが思うだろう。

プレミアム・ボックスとしてのコストパフォーマンスは悪くはない。
「竹中直人の世界」は10分と短いが、インタビュー、ロケ地紹介など
「撮影は9月から11月に行った」などのエピソードも興味深い。

ただし、音楽シーン集はどうなんでしょう。
DefTech、Depapepeの音楽が使われたシーンを本編から抜粋したものだが、
これを見る全員が本編Discを持っているわけで「時間稼ぎ」に感じる。

個人的に良い特典と思うのは、本編Discの副音声。
メインキャスト3人と監督が撮影裏話を披露するのだが、
特典Discと重複するエピソードもあり
特典Disc自体があまり必要ないとも思えてくる…。


Yoshi原作『翼の折れた天使たちII』DVD-BOX

(購入者の評価)
石原さとみ主演の衝動が一番感動する作品でした。後の作品は平凡でした。
それにしても、役でのさめた目の石原さとみの美しさはため息がでるほどでした。


チェケラッチョ!! in TOKYO

キャッチ ア ウェーブ

メイキング・オブ・最終兵器彼女

(購入者の評価)

メイキングならアルティメットエディションで充分じゃん、なんて思わないで下さい!
これはもちろん映画のメイキングDVDなんですが、前田亜季さんのイメージDVDとも言えます。
撮影合間の和やかな映像や、写真集に併せて撮られた映像など、単なるおまけ映像の寄せ集めではなく、構成がしっかりとなされているので本編とアルティメットエディションの特典映像を観た後でもなおこのDVDは新鮮な感覚で観る事ができます。
なんといっても映画本編にはない、前田亜季さんのナレーションが最高にいいです!
また、彼女のオフ時があまりにほんわかしてるので、役者としてスイッチが入ったときの眼のチカラ、そのモードの切り替えの速さにすごく感心させられます。
前田亜季さんの魅力を知っていただくのに絶対おススメのDVDですね!!!


無花果の顔

(購入者の評価)
桃井姉さんらしく所々にセンスが光ります。
彼女が監督すると何気ない普通のホームドラマが1ランクも2ランクも上がりますね。
まあ出演している彼女は桃井以外の何ものでも無いけれど古い家のお風ろ場や(今どき薪)
食器などに洋風の香りがしてホントにステキです。(外人が農家に住んでいる感じ)
帰ってきたと思ったらポックリ逝ってしまった旦那を口では文句を言いながら心底愛していて、
何時までも現実を見つめられずに段々壊れていきます。
それに無口な娘が(花子)琴線に触れるようにかかわってきますが、と言って桃井さんは変わらずにバイト先の店主のプロポーズを受け、昔住んでたような古い家に引っ越してきます。
愛した旦那と暮らした時の庭に生えていた無花果の木を担いで…。
そしてその根元に旦那の使っていた箸やドカ靴を埋め、その土の山を抱きしめるのでした。
淡々としたドラマですが見る価値はあります。


最終兵器彼女

(購入者の評価)
深作健太と本作の須賀大観は、大雑把演出の両巨頭である。大雑把そのものが全て間違いとはいえず、作品によっては思わぬ効果を生み出すこともあるが、本作はダメである。何よりもウソっぽい。今般同じようなシチュエーションを綾瀬はるかが演じるようだが、サイボーグの演技そのものよりも、演出と脚本がつらいのだ。全部説明をセリフでしようとするから、恋心の表現なども観れるレベルではない。前田亜季や窪塚俊介が悪いのではなく、スクリプトがダメな典型。札幌空襲のシーンなどは迫力があるのに、逃げ惑うエキストラの中には笑ってるのもいるし。昔の白黒ゴジラの時代じゃないんだから。貫地谷しほりや伊武雅刀らはこんな脚本でもさすがに落ち着いた演技を見せるが、主演の前田は最後まで作品の意図が掴めなかったのではないか。ロケ地の小樽は岩井俊二の最高峰「Love Letter」や篠原哲雄の傑作「天国の本屋」が撮られた場所である。須賀監督もこのノスタルジー感を出そうと思ったのかもしれないが、足もとの小指の先にも及ばない。ひとつだけ、スタジオ収録で現地入りはしていないと思うが、酒井美紀が小樽の映画に出ていたのはうれしかった。藤井樹は結婚してレンタルビデオ店を起業していた、と(笑)。まあ、前田亜季ファンは観て損はないかもしれないが、須賀監督、もう少しきちんと映画を撮ってください。 

Yoshi原作『翼の折れた天使たちII』第三夜 時

キャッチ ア ウェーブ

メイキング・ワルボロ

(購入者の評価)
映画を見てから購入しましたが、まさにメイキング・ワルボロです。
錦組のメンバーの役へのアプローチや熱意がよく伝わってきます。新垣結衣さんの熱演の様子もよくわかりました。
翔太君ファンはもちろん必見ですが、きっと他の俳優さんの良さも十分伝わると思います。
各シーンの撮影風景も翔太君のクランクアップも必見!


ワルボロ 特別版

(購入者の評価)
私は昔(?)テレビでビーバップの喧嘩シーンを見て気分が悪くなったのですが、ワルボロは陰湿さがなくてスカッとします。

がり勉だったコーちゃんがある日幼馴染のヤッコとのチョーパン(頭突き)合戦から不良に転身。格好はリーゼントに短ランボンタン、カバンには鉄板をしこみ錦組の一員になり、他校の生徒と喧嘩の日々。
でもヤッコみたいに強くないし、憧れの山田も気になるし、お母さんは倒れちゃうし、「俺何やってんだろ」迷ってばかりのコーちゃん。山田になぜ不良になったのか聞かれても答えられない。。。
しかし、コーちゃんはちゃんと答えを見つけ「もう1ミリだって迷わない!」
立川最大の不良連合150人相手に錦組6人で立ち向かいます。

ちょっと中坊に見えない面々ですが(せめて高校生なら、、、)見てるうちにぜんぜん気にならなくなり、見終わった後スカーッとして、思わず「ギリギリガガンガーン、今日は最高?」って歌いたくなります。テンション上がりますよおおお(^0^)
ガッキーの山田も良かったし、中村トオルや他校のリーダーなど脇役も個性的で良かったです。
特典DVDも必見です!!!錦組の6人が刺激しあって作り上げたことがこれでもかってくらい伝わります。また翔太君がかっこいい!!!公開当時の雑誌などのインタビューの内容がそのまま映像(演技)で伝わってきて、ブレのない役者魂を感じました!!!


>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.12 (2008 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

ハリウッドへ行っちゃった! 北川景子STYLISH STREET BOOK (Angel Works)

(購入者の評価)
セブンティーンにこの本の紹介が載ってすぐにこれだ!って思って購入しました。 北川景子ちゃんが好きな人は持っててOkだと思います^^ 普段あんまり見れない北川景子ちゃんの素顔?が見れたので嬉しかったです! 写真集が出たらいいのにな?って最近思ってます。

今度は、間宮兄弟をチェックしたいと思ってます。 


ユリイカ―詩と批評 (第34巻第11号) ― 特集 ブロンテ姉妹荒野の文学

(購入者の評価)
大学のスクーリングの副教材として指定があったので
購入したのですが、そうでなければ買うことがなかったと思います。
「ブロンテ姉妹」とありますが、主に『ジェーン・エア』と
『嵐が丘』について、さまざまな方の批評が掲載されています。
映画化された『嵐が丘』についてもいくつか取り上げられていますが

私の好きな、ジュリエット・ビノシュ主演の作品についての言及が
なかったのが残念でした。個人的には、あの作品が一番原作の雰囲気を
伝えているような気がしたので。

わかりやすい造園実務ポケットブック

人類のいちばん美しい物語―自然・文明・進歩

制度簿記論

図解でよくわかる1級造園施工管理技術検定試験〈平成18年版〉

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4