木村剛

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
木村剛 おすすめDVD 木村剛 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
アクエリアンエイジ 劇場版 プレミアム・エディション

アクエリアンエイジ 劇場版

恋におちたら ~ 僕の成功の秘密 ~ DVD-BOX

(購入者の評価)
本作は、プロ野球の新規参入問題などでIT企業が脚光を浴び、その中で「勝ち組」や「負け組」という言葉や概念が生まれ始めた時代に放送されたドラマである。まさに堤真一が演じる高柳徹が「金で買えないものはない」と豪語するように拝金思想が強まっている時代でもあった。しかし、本作はそのIT企業を舞台としてその拝金思想を打ち破っていく物語である。

貧しいながらもネジ工場を経営して幸せに暮らしていた鈴木島男。ひょんなことから福引でハワイ旅行が当たり、そのハワイで島男はIT企業フロンティアの社長である高柳徹と巡り合うことになる。本来なら一生無縁であるはずの出会い。しかし、ここから島男の運命の歯車が大きく動きだす。IT企業を舞台としてビジネスにおける天国と地獄を描き、最終的に「人生にとって本当の成功とは何か」を伝える。

ストーリーは、かなり急激に展開するが、ドラマとしては十分楽しめる内容であった。また音楽も大変素晴らしく、主題歌であるCrystal Kayの「恋におちたら」と「恋におちたら?僕の成功の秘密?オリジナル・サウンドトラック」は、本当にオススメである。是非、これからも本作とともに多くの人々が夢や希望を諦めず、それぞれの「ヒルズの頂点」を目指してほしいと思う。


シュート!

(購入者の評価)
『シュート!』が大好きな私としては本当に残念な作品です。

原作のよさが壊されていて、『シュート!』ではなく『ただの青春映画』のような気がします。

SMAPファンには貴重な映像なので楽しめると思いますが、『シュート!』で見ると無しですかね…。

愛と死をみつめて

(購入者の評価)
物語の良さと広末涼子の好演のため、ドラマとしての欠点が必要以上に目立っている、ある意味で大変不思議な作品。
1,良い点
1-1:
恋の物語であるが、土台になっているのは生を肯定する主人公二人の態度。死に対して決して勝てないのは分かっていても、途中弱音を吐くこともあるが、基本的に最後まで諦めない。
1-2:
広末涼子の好演。魅力的なミコさんを演じてる場面より、嫌味を言ったり手術を後悔する弱さを見せる場面に感心した。
2:悪い点
2-1:
オープンセットを全く「汚し」てない。生活感が皆無。暖簾が新品なのが致命的。なぜこんな単純極まりない失敗を犬童監督は犯したのか?
2-2:
草なぎ剛の演技が拙い。
2-3:
東京と大阪間の隔絶感が弱過ぎる。
2-4:
軟骨肉腫の苦痛と恐怖の描写が弱い。吉永版の様に「写実的」に描写する必要は全くないが暗示するものが必要。ミコさんの人柄の良さを引き立てるためにも必要な演出。
2-5:
吉永版も同じだが、やはりミコさんが主役のためマコさんの描写が弱い。400通近く手紙を交わした情熱と最後まで何とかしようとした剛毅さを暗示するものが欲しい。
3:まとめ
3-1:
『愛と死をみつめて』は実話を元にしているから、実際に人が一人夭折し、泣き崩れた母親が一人いる。この事を考えるとドラマとしては、無条件には楽しみにくい。
3-2:
難病と死を映像化するのは難しい。病気自体と治療の苦しさを描かねば病気の恐怖を表せず、直接的や写実的では趣味が悪過ぎる。
この点で、死を巧みに暗示したTV版『セカチュウ』は成功している。
3-3:
「勇敢な敗者」のミコさんが教えてくれる物は色々あるが、少なくとも「普通に」暮せる事がいかに幸せか実感出来れば十分だろう。
やはり一回は観るべきドラマ。


アクエリアンエイジ 劇場版 ナビゲートDVD ~プリンスたちの競演~

ADAN

日本のアウトサイダーアート5「不思議のカタチ」

シュート!

(購入者の評価)
6人時代のSMAP・・・みんな初々しくてほんとに可愛いです♪
中居君と拓哉君の2ショットシーンもたくさんあって
SMAP好き必見の映画です。
まだ、見たことがない人は是非是非
見てみてくださいね!!


ABシ~ナモン2 えいごではなそう!

ジュニアヘビー級列伝(1)

世にも奇妙な物語 SMAPの特別編

>> つづきをみる

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

(購入者の評価)
投資と聞くと、ギャンブルや金持ちの副業みたいなイメージがあったが、
本書を読んでだいぶイメージが変わった。(無くなったわけではない)
銀行に預けていれば減ることは無く安全だというイメージを持っていたが、
預金金額が大きくなるにつれて、安全だが超低金利の状態で寝かしておくのと、
リスクを取っても投資に回すのでは大きく差が出るというのを実際の金額で示されると驚いてしまう。
ただ、現在の経済情勢をみると、この本に書いてある程度の知識で投資をしようというのは危険である気もするし、
あくまでこの本は入門書であるということは忘れないようにしたい。


SMAPクロニクル

(購入者の評価)
SMAPとの20年… 自分がなぜSMAPファンなのかを確認できる本です。 SMAPの絆の強さが伝わって、所々グッときます。あの時のSMAP×あの時の自分の思い出…。 ただSMAPと現代社会とを絡めていたりするので多少?難しいかもしれないです。

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理

(購入者の評価)
昔、熟読しました。
10年くらい前でしょうか。当時はすごい本だと思っていました。
ちょうど証券アナリスト試験のための勉強をしていて、「おぉ」と思いましたね。
平均分散アプローチ、効率的フロンティア、正規分布、ベータ、CAPM、APT、BS式、おぉ、素晴らしい、こうやって分析するのか! そんな風に思って感動しました。
で、当時のウインドウズ95でエクセルで計算してみたり楽しかったです。それなりに。
あれから10年以上経って、どうにもこうにもモダンポートフォリオ理論では儲からないなと現在では確信しています。
金融工学の雄、マートンとショールズの参画したLTCMが98年に破綻したときは驚きました。
天才グルのファンドがやらかしてFRBに救済された!
なんでやねん?
ですが、今では当然と思いますね。理論どうりにはいきませんな?。
あのレバレッジは異常です。
残存期間が超長期間のボラティリティ売ったり、怖いですねー。
グルでなきゃできないディールです。
でも、そもそも世界中の不特定多数の人間が参加する市場を、自然科学として扱ってるのが変じゃないですか?人間はロボットじゃないんだし。社会科学として扱ったほうがいいんじゃないですかね。応用社会心理学とか群集心理学とか。
この本が今でも版を重ねて売れていることに驚きを隠せません。
効率的市場仮説の信者たちも布教活動に熱心なようです。
BS式が本当は通用しないとバレるとその改良版のARCH とかGARCHでごまかしています。
効率的市場仮説って、まさに宗教みたいですよね。
私は洗脳がとけて脱会できました。


黄金の扉を開ける賢者の海外投資術

(購入者の評価)
金融機関に勤める人間なら、買っても損はないでしょう。一般庶民で金が無くても、知識と時間を注ぎ込めば、プライベートバンクでのサービスと同じようなことができるみたいなことが書かれていた。特に面白い発想は私のようなサラリーマンは会社に勤めているだけで、毎月給与が支払われる。これは人的資本であるという考え方。当たり前すぎて、考えなかった。

投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方

(購入者の評価)
↑ほんとうにそう思う。

なぜ、多くの人が大切なお金の行く末を人任せにしてしまうのだろうか?

ぜひ、銀行に行く前にご一読いただきたい。


貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

(購入者の評価)
日本人がこれから
日本で豊かな資産を形成していくための
叡智がいっぱいつまっております。

専門的な理論もとてもわかりやすく
説明されています。
特に「ポートフォリオ理論」の解説が
抜群にうまい。

何冊か投資関連の本は読みましたが、
その中でも特に専門的な理論や数式を理解させるのが
上手な部類に入ると思います。
本書を読むことにより、
今までモヤモヤしていた
知識の理解が深まるのは間違いありません。

何冊か投資関連の本を読まれた方に特にオススメ致します。
1発目に本書は少々難しいかもです。
私ならきっとそう感じました。



【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法

(購入者の評価)
旧版もそうでしたが、新版もお勧めです。
初心者の最初の一冊に最適ですが、
長期投資を長らくやってきた人にも役に立つ情報が一杯です。

特に、漫然とした投資になりがちな読者に対して、
計画を立て、それに向かって数値目標を設定して投資する手法は
初心者のみならずある程度投資を既に始めている人にも「はっ」と気付くものがあるかもしれません。

類書で漏れがちな外国債券、FX、海外ETF、コモディティなどの記述もしっかりしていますし、
「米国債券」「欧州株」「金」など、細かいアセットクラス別の過去データも充実しています。
(他の本ではよく「海外株式」「海外債券」など一まとめにされていたので使いづらい)

ただ、日本を重視しすぎる(※)、アクティブファンドの評価が良すぎる、
紹介している商品がマネックスのものが多い、
など問題点もあるので、その点は注意しましょう。

※日本在住の人は、年金・給料などで放っておいても日本重視になってしまうので、
 投資で日本を重視してしまうと日本がコケた時のリスクが高まります。
 星が5つではなく4つの理由はコレです。


投資戦略の発想法 2008 (2008)

(購入者の評価)
 投資の考え方の基本を概略的に理解するための本だと思います。
付録などをつけて投資がらみの情報の字引的に使えるようにして
いるということで、「2008」と銘打っているのだと思いますが、
「2008」とあえて言わなくても良い気はします。平成21年になっ
たらとたんに売れなくなると思いますので(その分平成20年には
よく売れるからいいのかな?)。


敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか

(購入者の評価)
洋書特有の鼻につく周りくどい説明と、!マークの多様が気になり非常に読みづらかった。投資方針の遵守や投資期間とリスク幅の関係など、内容は資産運用にあたり非常にためになりますが、勝間さんの本などで本書を知ったのであれば既にご存知の内容かと思うのであえて読む必要はないと思います。

U.W.F.変態新書 (kamipro books)

(購入者の評価)
寿章とまやの木原兄妹の変態プレイはグロい。吐き気がする。普通うんこは食わん。うまくはないだろう。脚本の江本雅義(あだ名えもりん)は元小学の教師だったらしいが、こんな奴を教師にするのか?ハレンチ行為でえもりんは馘になったらしいが逮捕はされなかった。この三人を収容してほしい。

大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」

(購入者の評価)
 基本的にはこれもありだと思う。アホくさい「爆騰銘柄」「大儲け」(→大損にもなる)本と比較すれば本書のアプローチは極めてまっとうでまとも。

 が、個人的には年金制度なんてどうなるかわかったもんじゃないと考えているため、自分自身のポートフォリオは債券も含めたディフェンシブな形を取り、その中で株式の短期売買なども含めた運用を行う形を取っている。

 本書の方法論は、ちっとも楽しくない。別に中長期の「私的年金」の資産運用に「たのしさ」など必要ないと言われればそれまでだが、どうせなら楽しく行えるにこしたことはない。リスクを認識した上で許容範囲でハフォーマンスの向上をめざす「楽しみ」としての投資を組み入れた方法論も提案してもらいたいものだと思う、というのが率直な感想。


八田進二・木村剛のこれが「内部統制」だ!

(購入者の評価)
帯にもやもや解消にこの1冊とあります。
確かに内部統制の本質はこの本でよくわかります。
言ってください。金融庁の担当者や会計士など利害関係者に公の場で。
実務担当者としてはモチベーションが下がります。
やりきれないです。



なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

(購入者の評価)
本業を他に持っていて、資産運用したい人におすすめ。資産運用として株式投資をするならまず最初に読んでいただきたい本の一つである。株式投資をインデックス派、ファンダメンタル派、テクニカル派に分けるなら、インデックス派の本である。とかく株式投資は「俺だけは儲けられる」という考えになりがちで、それを諌めてくれる本。

この本の内容はすばらしいが、それは巻末の参考文献の内容がすばらしいからである。どちらかと言うと巻末の参考文献の方がおすすめ。しかし、この本は元がブログを書籍化したものなので気楽に読めるのがいい。少々中身が薄い気もするが、解説はわかりやすい。記載されたリスクとリターンの関係の図は理解しやすい。内容を以下にまとめる。

1.株式のプロが、市場平均に勝てないのは、戦っている相手が、おなじプロ同士であり、自分自身の給料など諸経費を差し引けば、その分、プロの運用するファンドは市場平均に負けることになる。
2.(資産がたいしてなければ)投資などせず、本業でがんばったほうがよっぽど金になる。
3.投資はギャンブル。確実に儲ける方法はない(フリーランチはない)。
4.リターンが期待されるものには必ず相応のリスクがある。
5.それでも投資するならインデックスファンド。

著者が金と女のことばかり考えているようで、本文中に散見される「女は金で集まる」みたいな女性行動学?は好きになれない。


内藤忍の資産設計手帳のすすめ

(購入者の評価)
いろいろな商品に投資しているけれど、なかなか一元管理できず、ストレスがたまっていました。
たまたま書店で見つけて手にとって、「これだ!」と思いました。アセットアロケーションを定期的にチェックするために、Excelで簡単に資産を一元管理する方法が紹介されています。

バイブルサイズの手帳に入れて管理するためのメインシートには、資産の目標額、現在の資産、前四半期との比較、そして資産を6分割(流動性資産、日本株、日本債券、世界株、世界債券、その他)して金額と割合を一覧にしたもの。
そのメインシートを作る基になるページは、MRFや預貯金から、ファンド、個別株など、金融商品別の一覧です。この一覧の各行に「分類番号」を割り当てることで、ExcelのSUMIF関数を使って、自動的にメインページで割合や合計金額が集計できます。


そして、お金を貯めるには目標が大切。
どういう目標を持って生きていくか、家、資産、仕事、趣味などに分けて具体的に期限を付けて目標を管理するページなどが紹介されています。
資産というのは、生き方そのものにかかわることですから、「時間管理」「目標管理」のサンプルもすごく役立ちました。

この本を参考にして薄手の8mmリングの手帳を買い(Davinciというブランドで4000円程度のものがありますが上質でおすすめです)、6穴パンチも買って、自分でリフィルを作りました。
目標も立てました。
資産のリバランスも始めました。
人生変えてくれたかもしれません。この一冊。


ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド

(購入者の評価)
FPとして顧客へのアドバイスの参考にするため、ETF関連の書籍を数冊読み比べてみた。
その中で、最も記述が表層的と感じたのが本書である。
初期のころの本書のレビューに好意的なものが多かったので、
本書も購入してみたが、期待はずれであった。
具体的な投資法に関しては、素人の域を出ていないのではないか。
一方で読者には参考になりそうにない米国の投信会社の歴史などが長々と書かれているのは、
書くべきものを多くもたないが故の、
分量のカサあげのためのようにも感じた。



内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法

(購入者の評価)
前作と被る部分がかなり多く、表の数値も殆ど同じで
本書のオリジナリティが少ない。
前作が良書であっただけに、非常に残念。
これも投資の基本である「レバレッジ・著作術」とでも
評すれば良いのだろうか。

2007年発行だが、昨今のめまぐるしく変る経済情勢を考えると
ちょっと記述が古く感じる点もある。

前作は4★にしましたが、そういう意味から本書の評価は2★。
しかし、買うならばこちらの方がベターか。



内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

(購入者の評価)
巷に多くの投資本が溢れる中で、堅実な長期投資を指南する良書。
投資の考え方や商品についての基本を丁寧に解説している。

氏の投資哲学は投資が目的ではなく、人生の目標を実現させるための
手段であると捉えていること。

従って単なる「金儲け」ではなく、自分の目標に合った資産設計を
行い、必要以上のリスク、時間を取り過ぎないことを強調している。
あくまでも最終目標は、自分のやりたいことを実現させるために
お金を増やすのだということ。

チャートによる商品の売り買いのタイミングという話しは
殆どなく、人生と資産のアロケーションの重要性が強調される。


内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法

(購入者の評価)
内藤さんはマネックス・ユニバーシティの代表なのでマネックス証券の商品ばかりを推奨するのかと思ったけれど
楽天証券をはじめ他のネット証券会社を紹介するあたりはしがらみもあるだろうし勇気のある事だったのではないでしょうか?この部分は素晴らしいです。
ただこの本はわりと最新刊であるのに既に古さを感じます。
海外では金ETFが上場されていて機関投資家を中心に買われているくだりがあるが(P.198)
発刊されてから半年もしないうちに国内でも金ETFの取り扱いが始まっているのである。
さらには一部だけど(上海50指数)海外ETFも国内の取引所で売買できるようになった・・・。
そんな意味では古さを感じますし外貨投資もFXに偏っているのが気掛かりです。
マネックス証券はネット専業証券会社では唯一の外貨MMF3通貨をラインナップさせている
その強みを全面に押し出した内容にしてもよかったとも思える。
だからといって無駄な本ではなく各国の通貨の特徴(強みや弱み)など外貨投資について良くまとめられた一冊です。


SMAP お宝フォトBOOK Festivo! [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

竹中先生、経済ってなんですか?

(購入者の評価)
中学校で本当にこんな授業がうけれたらどんなに楽しい事だろう。
これまで誰も教えてくれなかった経済のことを勉強してから、
将来の進路を考え、社会に出られたらどんなに幸せだろう。
我々はもう一度あのころに戻って叫びたい。
「竹中先生、経済ってなんですか!!」

…格差の議論の前に一読をお勧めします。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4