木村拓哉

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
木村拓哉 おすすめDVD 木村拓哉 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
ウォン・カーウェイが撮ると
ニューヨークも香港っぽくみえちゃう。
状況は違えど、表現されていることは、よくあることだとおもう。
失恋をして、自分を変えたくて、環境を変えてみる
寂しくて、人に頼っちゃう
いざ失ってみると寂しい
失った恋をひきずっちゃう

どれも、その心情には頷けることがあって
でも、自分ならここで、こうしないなって思うことを
ベスがやってくれていて、
最後ほんわかハッピーエンドで心あったまります。


ハウルの動く城

(購入者の評価)
ジブリがここ数作でちょっと変わったのは、全ジブリファンが認めることだと思う。そして昔からのジブリファンにとってはそれがとても受け入れられないらしい。
私はナウシカやカリオストロからのジブリファンだが、今のジブリも好きだ。
昔の作品は、メッセージがとても分かりやすくストーリーもシンプル。純粋に楽しく、諭される映画だったと思う。
今のジブリは、「考えさせる映画」だと思う。ストーリーもメッセージも、何通りもの解釈が出来るまま受け手にほうりだされる。私はハウルを見た後も色々な謎で頭が混乱してしまった。
しかし、この考えることこそが必要なのだ。ソフィの容姿の変化、ハウルの正体。これらの謎を自分なりに考えていくことで、自分の哲学が増えるのではないか。
最近のアニメのように、作品に全てを説明させるようなものよりも、「考えさせる映画」こそが、これから必要だ。私はそういう点でこの映画を高く評価する。
また、声優は、ソフィの若い頃は難点だったとはいえ、他は見事だ。キムタクだからといって叩くのは気の毒だと思う。映画を見る時くらい心を広く構えて見ようよ。


薔薇のない花屋 ディレクターズ・カット版 DVD-BOX

(購入者の評価)
弱みを握られて復讐の為に利用された女性が、だんだんとそのターゲットに心を惹かれていくというドラマです。

ターゲットの花屋役を香取慎吾さん、利用される女性役を竹内結子さんが演じています。

香取さんはこれまでと違い影のある役柄で、竹内さんも女性らしさに溢れた素敵な芝居を見せてくれます。

竹内さんの設定がかなり特殊なので(ネタバレになるので言えません)それさえ飲み込めれば楽しめるドラマだと思います。

男女に限らず、友人や父子などの「愛」がテーマのラブストーリーといった感じでしょうか。

脇を固めるキャストも個性的で素晴らしい人たちばかりで、香取さんの娘役の八木優希さんの存在感には子役とは思えないほど圧倒されました。

ボックスの仕様もシンプルながら素敵な外箱で、中身はデジパックの豪華バージョンとでもいうんでしょうか、きちんと一枚一枚に台紙が付いていて、一話ずつに簡単なあらすじまで付いています。

ブックレットは写真のみで18ページほどですがファンには嬉しいですし、特典映像も出演者たちの素顔が垣間見れて楽しかったです。

悲しいのはテレビでは無料で高画質で楽しめたのに、2万円近く払ったのにかなり画質の劣るものであるということです。

仮に次世代機で録画していたとしてもファンなら市販のものも欲しいはずなので、ブルーレイという選択肢を早く準備して欲しいです。


ロングバケーション

(購入者の評価)
ロンバケはまだDVDが見れなかった頃に一度だけ全巻VHSをレンタルして夢中で見ていました。どうしてももう一度見たいと思っていた時にこのアマゾンでロンバケのDVDBOXを見た時は迷わず購入しました。評価は間違いなく五つ星!内容はロンバケファンのみなさんが知っている通り!キムタクと山口智子がおりなす最高のラブストーリーです!

Pop Up! SMAP LIVE! 思ったより飛んじゃいました! ツアー

(購入者の評価)
中居君と一緒に『女の子とLOVE SONG』を歌っていた女性の名前を知っている人はいらっしゃいますか?
とても声がきれいでした♪
知っている人がいれば、書き込みお願いします☆


HERO スタンダード・エディション

(購入者の評価)
この映画は 『久利生公平』の生き方 の物語ですよね。

受けとめ方は いろいろあっていいと思います...が、
私は いいと思います。

テミスの「目隠し」と「天秤」、「剣」が なにを語っているのか?
それを考えるだけでも楽しいですよ。

私は、好きな『物語』です。



GOOD LUCK!! DVD-BOX

(購入者の評価)
堤真一、竹中直人、黒木瞳、いかりや長介、かっこいい奴らが脇を固め、キムタク機長が空を駆け巡る。柴俊夫出演の回はよかったです。あくまでもキムタク中心に描かれることもなく、各キャストに光を当てていたのも良い。(いや、キムタク嫌いじゃなくてね)。主題歌は、1980年発表の、山下達郎の最高傑作。長さんに、合掌!

HERO 特別限定版(3枚組)

(購入者の評価)
ドラマのHEROは好きな番組だったので、映画版も気になっていたのですが、映画のロードショウも終わってしまったのでレンタルでもと思っていましたが、Amazonさんで特別限定版が標準仕様の物より安くなっていたときに驚いて思わずクリックしてしまいました。内容はドラマのテイストを生かしつつ、映画になりスケールアップした作りで楽しめました。また、松たか子と松本幸四郎との共演も見物です。特典映像も豊富でメイキングや田中要次のあるよ特集、また背景で流れる通販番組など盛りだくさんです。

ジブリがいっぱいSPECIALショートショート

(購入者の評価)
はっきり言って末尾の、いわゆる三部作を観るためだけに買いました。いやまったく、この3作はすばらしい。三部作だけのためにおカネを払う価値があります。

で、他はどうでもいい。わたしそれほどジブリが好きな訳ではない。OnYourMark…まあ、宮崎駿節全開。食傷。あのふたりはカリオストロのルパン&次元かいな?アラウンド団塊世代の感性て、こんなもんかなぁ。。。


2046

(購入者の評価)
この映画の製作が発表された当時「木村拓哉ついに世界の舞台に!」と大騒ぎだったけど、監督の急病で頓挫し、監督が直っても『2046』の撮影は再開されず、何故か「花様年華」を作って賞を獲り、肝心の『2046』が「花様年華」の続編みたいな映画になってしまい…サブキャラがメインキャラを食った様な感じを受けました。おそらく監督の頭の中にはアバウトながら映画の青写真はあるのでしょうが、撮りたいカットをバーっと取ってしまってから、物語を当てはめていった様な感じを受けました。木村拓哉は当初は「殺し屋」の役とかじゃなかったでしょうか?完成した作品には撮影当初の木村さんの映像は全く使われず、すべてお蔵入りになった…もったいない。そちらを観たかったと思うのは、わがままでしょうか。

武士の一分

(購入者の評価)
キムタクファンと言うわけでも無いのになぜか思い立って劇場に
足を運び、DVDまで購入してしまいました。
内容としては壮大でもなく巻き起こる感動の嵐があるわけでもありません。
ただ素直で、夢を持って生きている男と、それを支える実直な妻に
起こる不運な災いと顛末を描いています。
めったやたらにオーケストラ音楽で場を盛り上げるような過剰な演出も
無く(音楽が挿入されているシーン自体かなり少ないような)、全てが
ささやか、慎ましやかに描かれていきます。

今の日本には涙を流す、泣ける=感動という図式が成り立っている気が
しますが、自分はこの映画、泣けませんでした。何より作り手が露骨な
お涙頂戴映画に仕立てていないのだと思います。しかし、確かに
じんわりと、心の隅に寄り添うような感動がありました。
キムタク起用に関しては賛否両論あるようですが最近良く見る演技も
おぼつかない素人然の若手俳優の起用も無く安心して観られます。
不満としては家周りのセット?の造りが今ひとつ良く無かった事、DVD化に
あたっては邦画としては確かに値段は安めながら特典映像等付加要素に
乏しく、また、パッケージがなんとも安っぽいです。


HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版

(購入者の評価)
出張中の飛行機で映画版を観てその面白さに驚愕し、その後2日間でテレビ版(全11話)を一気に観ました。作劇の巧みさ、出演陣の好演技、素晴らしい音楽、どれをとっても文句なしの出来栄えで、何度も呵呵大笑させられました。(特に、中央に会議スペースを、周辺に各検事の取り調べ室を配した(現実にはあり得ないであろう)城西支部のレイアウトと松たか子の木村拓哉を食ってしまうほどの力演は特筆すべき。)いろいろな観方はあるのでしょうが、刑罰の応報性や被害者視点の重視、確固たるヒューマニズムをはじめとしていわば刑法総論的視点もしっかりしていると思う。

ハウルの動く城 特別収録版

(購入者の評価)
対談も最高でした。識者と識者の対談は、言葉の壁なんてありゃしない。
繋がって行く。外国語を勉強するよりも、人格を磨いたほうが、話せるのか!?とさえおもってしまいました(笑)

 映画の中にはメッセージが沢山こめられているとかんじました。まだ狭小な読み取りの私ですがハッとした言葉がある。

「飛行軍艦だ」「敵?味方?」ときくと、「どっちでも同じことだ」とハウルは答える。
戦争ってそういうことなんだ、敵、味方、どちらも破壊し、人を苦しめるのでは何も違えない。 わたしたちは戦争をもう繰り返すべきではないと、聞こえてきた気がしました。

あとはこの中にでてきた火の悪魔は、大きな力を出すときには誰かの何かを食べなくてはだめでした。火の悪魔はいいます「僕一人じゃできないんだ」って。
大きな力をだすためには、きっと、、、。

さあ、ここから先はまず見てみてください!下手な小さなことにこだわると、大切なことは
見えません。 この映画は説明がすくない。説明できない。あなた次第で
映画がおおきくふわっと膨らんで、そこからはあなたの中で「ハウルの動く城」!!!!

絶対おすすめ!!!!!!


LIVE ウラスマ

(購入者の評価)
訳アリで・・・長年のファンとしては怖くてあまり見たくなかったハズなのに
今となってはいい思い出ですね!吾郎さん♪
ひとり抜けるとこうも違うか!ってゆうくらいに違和感アリアリですが、
おかげで中居さんのソロもいっぱいで、必見です(u.u*)
最後は4人の胸に吾郎ちゃんが・・・(;_;)


華麗なる一族 DVD-BOX

(購入者の評価)
年末再放送をところどころ見て興味を持ち、原作を読んだ。
読者をグイグイと引き込むパワーと迫力に圧倒され「この物語を映像化したものを見たい!」と、改めて思い、見てみたのだが・・・。
始まって数分で「あ・・・あれぇ?こんな話だったけ・・・?」と、少々イヤな予感。
ストーリーも人物設定も結構違う。視聴率目当てとしか思えないようなキャストで、それだけならまだしも、設定の年齢と役者達の実年齢に開きがありすぎの上、演技力も未熟な俳優が多くて、映像的にもストーリーそのものにも重厚さに欠けてしまっている。
同じく山崎豊子さん原作「白い巨塔」もドラマ化されたが、「白い?」と比べると、どうしても俳優も、登場人物のキャラクターもインパクトも、すべてが軽く感じてしまう。
キムタクを始めとする若い俳優さん達は明らかにミスキャストだ。
木村拓哉さんは頑張っているのはよくわかるのだが、セリフの端々に「今どき」な感じが出てしまっている。
あれだけ奥が深く重い内容を、小説に沿って忠実にドラマ化するのは難しい面もあるかもしれないが、小説のインパクトのあるシーンを繋ぎ合わせ、他はテレビの都合のいいように変えてしまっている・・・という印象。もう少しなんとかならなかったのかな?と、思ってしまう。
鈴木京香さんは適役。
それにしてもあの「リモコン将軍(齢50年の鯉)」は・・・。「ウケ狙ってます?」と言いたくなるようなシロモノだ。


プライド DVD-BOX

(購入者の評価)
木村については何も言いません。
相変わらずな演技の仕方、相変わらずな表情、相変わらずな雰囲気。全てがいつも通り、変わらなかったですね。正直、途中で見る気が失せました。
何故この人が人気なのかが理解できません。演技も歌もただ上手いだけで同じような感じでしょう。表現の仕方が乏しいとしか言いようが無い。

問題なのは、「これが野島作品」と言うこと。
野島伸司といえば、数々の素晴らしい作品を作り上げてきた人物でしょう?
「人間失格」「聖者の行進」など、問題提起なのが彼のスタイルだったはずです。
特に、前者では衝撃を受けました。KinKi Kidsの二人や赤井英和が味を出していたこともありますが、脚本がとにかく惹き込まれます。
当時問題になっていたものをドラマ化するという斬新な面もありますね。
聖者の行進もまた動揺に、問題を提起した作品となっていますよね。

・・・でも、今回は?
何を問題提起しているのですか?問題提起はないですよね、これ。伝えたいことはあっても。
まさか「古き良き時代」だなんて言いませんよね。脚本が悪すぎる。内容が無い。
野島伸司はネタが切れたから恋愛物に逃げたとしか思えない。それほどこれは駄作です。
「メイビー」? 使っている言葉に意味が繋がらないです。

うーん、脚本はいいのかもしれませんが、多分木村を起用して物語り全体が霞んだのかもしれませんね。
『若者よ、熱く生きろ!』と言いたいのでしょうけど、木村単体が出張っちゃって伝わりづらいです。
出演陣の豪華さとQUEENの起用で話題になったみたいですけど・・・何処が良かったのでしょうね。

野島先生には人間失格のような衝撃作品を書いて欲しいです。
そして起用する出演者などは真剣に考えて欲しいです。木村なんかよりももっと居たはず。


LIVE Smap

(購入者の評価)
Smapホントに最高でした!!
特に中居くん・慎吾が楽器を演奏し、吾郎ちゃんが歌う
「夏の風を忘れゆく様に」が大スキです☆★


TV's HIGH

(購入者の評価)
くだらねぇ笑いが詰まっている。15分の短い話の連続なので一気に見ても最後まで飽きない。こんな豪華なメンバーでこんなくだらないことができるのは深夜ならでは。自分のなかで木村拓哉のイメージがかなり変わった、かなり好きになった。他の出演者もイチイチおもしろい。イチイチ自分のツボにはまってくれる。
個人的には音声が届かない(というていの)回が大好き。生瀬さんの散歩に誘われた犬は何度見ても笑える。またやってくれないかなぁ。無理だろうなぁ。この番組が出来ただけで奇跡のようなもんだし。きっと一生見続けると思う。


ビューティフルライフ〜ふたりでいた日々〜 DVD-BOX

(購入者の評価)
短くも濃密な恋。最終回は何度観ても泣けます。はじめから死を予想させるモノローグではじまるので悲劇的なラストにも失望しません。木村拓哉の最初で最後の純愛ドラマですね。また、これまでずっとな無愛想(「若者のすべて」「ラブジェネレーション」)不器用(「あすなろ白書」「ロングバケーション」)な若者を演じていた木村が包容力あふれる大人の男を演じていて新鮮だった。(ボソボソとした一本調子なしゃべり方と鼻すする癖は相変わらずだったが)また、たくましくカッコイイ大人の女も茶目っ気のあるキュートな女の子も演じられる芸達者な常磐貴子は彼女の得意分野でもある「真昼の月」や「最後の恋」のような可憐で傷つきやすい女性を演じていていいようのない色香を漂わせていた。渡部篤郎と水野美紀はこれまでのドラマの脇役にはない存在感で観るものをひきこみその不器用で滑稽な恋の行方が毎回楽しみだった。主人公二人の悲恋とは逆に幸せへと向かうこの恋は視聴者を和ませた。全てが完璧だったためカリスマ美容師木村が切ったハズの常磐の髪型がなぜか格好悪かったのだけが残念だ。

若者のすべて DVD-BOX

(購入者の評価)
1994年、このドラマを観たのが大学3年生のとき。バブルがはじけて、就職難でこの先どうすればいいんだろうという暗い時期だった。6人それぞれに生き方があり、自分には当てはまらないながらも考え方や方向性を見つめ直すきっかけが出来た。
2007年、今見ても心を打たれる名作だと思う。同世代で観ていたから感じるのかもしれないけれど。


>> つづきをみる

SMAPクロニクル

(購入者の評価)
SMAPとの20年… 自分がなぜSMAPファンなのかを確認できる本です。 SMAPの絆の強さが伝わって、所々グッときます。あの時のSMAP×あの時の自分の思い出…。 ただSMAPと現代社会とを絡めていたりするので多少?難しいかもしれないです。

POPEYE (ポパイ) 2008年 10月号 [雑誌]

SMAP二十歳 永久保存版

CHANGE チェンジ

(購入者の評価)
 本書はフジテレビのドラマ「チェンジ」のノベラゼーションですが、脚本とは微妙にずれる部分があり、そこにニュアンス・雰囲気がチラリと変化していき、それが何ともいえず、面白いです。
 ラストシーンも少し違っていて、それも「あり」だなぁと思って読んでしまいました。良い出来だと思います。


SMAP お宝フォトBOOK Festivo! [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

acteur(アクチュール) No.7 (2007 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

開放区

(購入者の評価)
とにかく、マジメな人というのが印象。正直タレントさんの本なので、徹頭徹尾リアルを語るわけにはいかないはずですが、それでもなおこの方の誠実さは伝わってきます。
おちゃらけた本でも、能天気に幸福を語る本でもないです。とても内省的で、自分に厳しくて、そんな中で、大切なものを見つけようとしている、そういった姿勢に見えました。この方が支持されるのは当たり前です。


CM NOW (シーエム・ナウ) 2008年 03月号 [雑誌]

%(パーセンテージ) 木村拓哉写真集 -武士の一分-

(購入者の評価)
最近めっきり、色っぽく、大人っぽくなってきたキムタク。今まで興味なかったんですが、最近、いいなあって思っていました。その大人のキムタクを期待して購入しましたが、子供っぽいあどけないキムタクばかりで、ちょっとがっかりしました。

木村拓哉―純愛物語 (RECO BOOKS)

木村拓哉語録―努力するのもカッコイイなと思えてくる (COSMO BOOKS)

なぜ、工藤静香がキムタクと結婚できたのか―男を魅惑するチーママ論

(購入者の評価)
工藤静香さんに特化しただけでなく、「いい女とは」という面で楽しく読みました。
購入時に、内容に異常に期待していた部分もあったからか、
工藤静香さんという方、木村拓哉さんという方についてのお話に関しては
少し内容が少ないイメージもありました。


励ましのバイブル!木村拓哉語録

(購入者の評価)
最近の木村拓哉さんは、更に魅力アップしてますが、この本をよんで、ただカッコイイだけのキムタクじゃないってこと、プライドもって努力している姿を感じ、魅力の理由はこの本を読んで、ますますわかりました。

Cut (カット) 2007年 09月号 [雑誌]

GOOD LUCK!!

(購入者の評価)
ドラマだけでは分からなかった裏のエピソードが楽しかったです。
読んでいる間中「え?」の連続でした。
ドラマとは微妙にセリフなどが違うのもいいですね。
ひとつアドバイスをさせて頂くと、これはドラマを見てから
読まれることをオススメします。
先に読むと楽しみが半減しますので要注意。

欲を言えばオリジナルのエピソードも一寸欲しかったかな〜という所です。

木村拓哉is―「素顔の木村拓哉」レポート

acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

KAT-TUN Dramatic Tune [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

acteur(アクチュール) No.4 (2007 JANUARY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

HERO OFFICIAL BOOK (ぴあMOOK)

(購入者の評価)
劇場版のハイライトをメインに構成していますが、
テレビ版・スペシャル版も、しっかり押さえています!
キャストのインタビューは勿論、木村拓哉と松たか子の対談などなど
巻末には大辞典も収録されていますので、
未見の方には親切な内容だと思います…
テレビ版はDVDで視聴可能ですが
現時点でスペシャル版はDVDでリリースされていないので、
内容を知りたい方には、数少ない確認方法だと思います?
これからファンになられる方、いままでもこれからもファンの方、
作品を、より深く理解できるバイブルだと思いますので、
興味がある方は是非…損はしません!

……余談ですが、劇場版公開前に何故、
スペシャル版のDVDをリリースしてくれなかったのか?
テレビ版と劇場版を繋ぐストーリーなのに?……


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4