木下ほうか

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
木下ほうか おすすめDVD 木下ほうか おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
仮面ライダーキバ VOL.2

(購入者の評価)
この巻から仮面ライダーキバは面白くなります。
まず現代編の名護さん。
丁寧言葉(神父さんみたいw)で困っている子供達の為に賞金を寄付する正義の人。
しかしその実態は自分の正義を基準に常に上から目線。
しかも自分の正義が絶対正しいと思っている困った奴w
歪んだ正義感(実は対抗心もあるが本人気付かず)で目的そっちのけでキバに戦いを挑んだりします。
ああ、どうしょうもない、近くにいる渡がキバだというのにw
あまりにも歪んでいる彼の暴走振りはうっとうしいを通り越して爽快ですw
そして過去編の次狼さん。
ウルフェン族の彼は人間の命を食らう事を隠してゆりに近づきます。
頼もしい不良中年の協力者と見せかけて・・・実は??

ぶっ飛んでいて時に話を停滞させるキャラ二人ですが
嫌悪する程の狂信者の名護さんを見て渡は自分を持ち始めるし
次狼を怪しんだ音也はゆりを守る為にちゃらんぽらんな男の仮面を外すことになります。
他人との出会いがきっかけで運命が変わる男二人。
個人的に次狼さんを見て石ノ森先生のコミックスに出てきそうなキャラだと思いました。
名護さんは完全に井上さんのキャラ(しかも今までのキャラの中で一番性質が悪い)なんですが。
何となく善悪の定義も色々で完全に大人向けのドラマです。

戦闘シーンもガルル&バッシャーフォームなど見どころ満載。
仲間思いのファンガイアも面白い。
でも一番度肝を抜くのはキャッスルドランです。ドラゴンの姿は伊達じゃなかった!!


仮面ライダーキバ VOL.5

仮面ライダーキバ VOL.6

仮面ライダーキバ VOL.3

仮面ライダーキバ VOL.1

(購入者の評価)
まず最初に・・・。
このドラマは過去と現在の二重構造でなりたっているドラマです。
主人公でキバに変身する紅渡とその父、音也の時代を交互に流している構成で
このドラマ展開に慣れるまで少々時間がかかります。
キバに変身してファンガイアと戦う事を宿命付けられた渡。
その渡の因縁を作ってしまった(推測)らしい音也。
この二つのドラマがどこで交わるのか?
過去編が決着つかないとまず評価できません。
逆に言えばこれからどうなるんだろう、どこで繋がるんだろうという興味が沸いてきます。
とにかく第一巻は様子見な展開で時間軸交代の違和感に戸惑うでしょうが
10話くらい過ぎますと音也、渡それぞれのドラマが動き出します。
父子に同時に関わる人物(間の時間20年)の係わり合いの違いも面白いです。
純然たるヒーローものじゃないことと構成の複雑さで
小学生以下の子供さんには難しいお話かもしれません。


劇場版 仮面ライダーキバ メイキング

パコダテ人~スペシャル・エディション~

(購入者の評価)
本作は基本的におとぎ話である。おとぎ話は観客を乗せるのが難しいジャンルだと思う。そもそも映画というものは100%フィクションなのに、ハナから内容も「ありえない」現象を描いているから、観る側が感情移入できないと、その時点で「終了」になってしまう。でも、本作は「しっぽ」というかわいさを前面に押し出すことによって、観客も容易にその中へ入っていける、見事なファンタジー作品となっている。宮崎あおいの演技力はこのころから安定してきたようだ。まだ「頭抜けた」感じはないが、「害虫」に比べると格段の進歩が見て取れる。大泉洋もしっぽが生えてきたことを娘にしかいえず、右往左往している様が本当っぽくてよい。製薬会社のミスで生まれたしっぽならば、函館以外にも広がっていてもよさそうなものだが、まあそこはおとぎ話である。パコダテ人というネーミングにも爆笑だが、あらゆる函館名所に「○」がつけられて、「パコダテ」読みになるシーンなどは特に傑作だ。途中、パコダテ人排斥のための焼き打ちなど気持ちの良くないシーンもあるが、全体的には上手くまとめられた佳作となっている。前田監督にはこういうポワーンとした作品が似合う。ヘタにアクションなどに色気を示さず、この路線で行ってください。

寝ずの番

(購入者の評価)
ちょっと待ってこのレビューの少なさ。現時点で十数件って。
知名度の低さは21時からテレビ放映できないあたりがネックですか。

生き死にを笑える名作、踊る屍に笑った泣いた、ってとこですか。
生きることは恥ずかしいことだ。直視するかどうか、そんだけ。


GROW 愚郎

(購入者の評価)
俳優の榊英雄初監督作品です。伝説の不良3人組が寺島進・菅田俊・木下ほうかとなれば3人の演技を見ているだけで楽しめそうか。そう気軽に思って見ました。始まりのイジメのシーンはコメディタッチな部分を控えめにしているだけあって、リアルに気分が悪くなり最後にイジメグループをギタギタにしてくれないかと真剣に思いました。すぐに伝説の不良の正体がわかって先が読めてきましたが、それでも最後まで飽きさせない。競争競技に出る前に足を怪我するパターンなんてありきたりだけど、そのベタなとこも演出でしっかりカバーしてくれているところが非常にGOODです。得点映像の榊英雄監督のコメンタリーはいいですね。明るく軽い調子で説明してくれて、助監督のフォローを包み隠さずしっかり語るとこなんて好感もてます。期待の新人監督です。

コンセント

(購入者の評価)
原作は読んでいないので、映画のみの感想だが、エロティックな匂いや死臭が満載の良作だと思う。エロティックだが日活ロマンポルノのそれではなく、女性も観れるいやらしさというべきか。中原監督は日活出身だが、さすがに女性の感度・感性を捉えることが上手い。「櫻の園」も同様にエロティックだった。今回の主題はコンセントである。人間をPCのOSに例えて話を進めているので、電源=コンセントが必要だ、ということ。人間は本来、電気コードがなくても生きていける。しかし現代では誰かとコンセントでつながっていないと、人間そのものが壊れる。中原監督はこれをシャーマニズムなども引用して見事に映像化した。主演の市川実和子は本当に脆くて壊れそうな演技がいい。男は電源代わりだが、ないとスイッチが入らないカラダ、というものを綺麗に、また卑猥に演じてみせた。本作を観ると、自立心など本人が思っているだけで、実は人間誰もがコンセントを必要としていることに気がつく。ちょっとカルトだが、観ておいて損はない一作である。

寝ずの番 特別番

(購入者の評価)
10年後に見ても全く古さがない映画でしょう。また、きっと観る年齢で面白さが違うでしょ
う。そういう意味でも大人の映画といえます。商品としてDVDで保有するのに向いていると思い
ます。津川雅彦の初監督作品ですが、さすが超ベテラン俳優、余裕の演出だと思います。もう
少しスピーディーでも良かったのではないかと思わないでもないですが、そこは大きな傷には
なっていません。劇場でもし観ていたら、泣いたのではないかと思ってしまいました。そうい
う良い空気感が出ていると思います。
私は、このDVDを観て自分の死について実に色々考えました。こんな寝ずの番をしてくれる人
がいてくれる幸福な人たちにあやかりたくなりますね。


熱血ゴルフ倶楽部

逃亡くそたわけ 21歳の夏

(購入者の評価)
精神疾患患者ふたりが主人公なのだが、なぜ精神を病んだのかの経緯がまったく明かされていないので観る側としては(特に健常者は)共感を抱きにくいのではないか。
人間の関係性についてのメッセージ性は多少あるものの、ヘーゲルだのなんだのの引用の域に留まっており、独自性はまったく打ち出されていない。
引用以上のものがなにもないなら、この作品は作られる意味がまったくなかったのではないか。

ただ、主演の美波さんの演技に関しては非常に面白かった。
うつろな表情のつけかたとか、メンヘラっぽさをわきまえてる感じ。
ボーダーラインっぽい言動も巧い。経験からきているような凄み。
はかない美しさと伸び伸びした明るさの危ういバランス感覚。巧いなあ。きっと将来もっと名が売れるんだろうなあ。


仮面ライダーキバVOL.1 宿命の変身!! (ヒーロークラブ)

(購入者の評価)
去年もさんざんモメている方がいらしたので、
今年も書いておこうと思います。

キバで初めて東映ビデオ作品をお求めになる方、
「HERO CLUB」の存在を覚えておかれた方がよろしいかと思います。
今年は商品タイトルの後にカッコ書きしてありますね。

「HERO CLUB」は東映ビデオの廉価版のレーベルで、
ドラマ本編を再編集、ダイジェストにしたものです。
キバに限らず、東映ビデオのさまざまな特撮やアニメで企画、販売されています。
テレビで流れたものをそのまま収録したものではありませんので、
お求めの際はご注意ください。

また、「HERO CLUB」のタイトルだけ買い揃えていっても
最終回にはたどり着けませんので合わせてご注意ください。
通常、ドラマの前半から中盤にかけてのエピソードのうち、
2?3話をまとめて1本のソフトにし、
それを2?3本発売します。

とりあえずお値打ち品でいいので子供に一本買ってあげたい、
という親御さんにはよろしいかと思います。
テレビ本編と同じものをご覧になりたい方は
8月からリリースされる方をお求めください。


恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション

スイングマン

(購入者の評価)
映画自体を見ても、事件の真相をつなぐ点は繋がらず、だけど、見た後で少し考えると事件の被害者を支配する見えない恐怖、それに侵食されるかのように狂気を帯びていく被害者の人格。現代の犯罪被害者を包むであろう憎悪の感情や、やるせない心境を描いていると思います。

男の生活

(購入者の評価)
サラリーマンのコント集みたいな作品。
ストレートではなくひねくれた笑いが満載。
でも、一般のサラリーマンがあんな日常だったら少しひくかも。


突然炎のごとく

red letters  

(購入者の評価)
この作品、かなり地味ですが、手が込んでいて、もう少し脚本を練れば、面白くなったかもしれません。あと、肝心のラストシーンに近いカットで編集ミス?(もしくは撮影ミス?)があります。谷村美月のさるぐつわ…。惜しい…。なにか意図的なものがあるのでしょうか?…たぶん、ミスだと思います。

金粉蝶 羽ばたいてご開帳

>> つづきをみる

放火犯が笑ってる―放火の手口と消防・警察の終わりなき戦い (イカロスMOOK)

(購入者の評価)
放火とは何か、消防から見た放火について初めてわかりやすく解説された一冊といえる。日明恩の「埋み火」にも内容の多くが引用されており、ドラマ化もされている「紅蓮次郎」シリーズの世界観を知るのにも最適。

松川事件と広津和郎―裁判批判の論理と思想

(購入者の評価)
題名にある「松川事件」「広津和郎」のどちらもまったくわからない状態でこの本を読みましたが、第2次大戦直後、アメリカ占領下において起こった松川事件の概要や、事件を取り巻くさまざまな議論や活動が当時の世論を大きく動かしていく過程と手法が非常によくわかって、「こんな日本があったんだ」と驚くとともに、感動しました。また、運動の中心的人物であった広津和郎については、本人の膨大な著作を丁寧に分析し、その人となりをわかりやすく解説してあるので、まったく知らなくても読みやすかったです。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4