岸部一徳

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
岸部一徳 おすすめDVD 岸部一徳 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 豪華版BOX (数量限定生産)

(購入者の評価)
「わざわざ映画にすることなかったのに…」というのが正直な感想です。 いつもの2人がスクリーンで観られるのはうれしいのですが、2時間SPでやれば十分な内容&アクションな感じがありました。最近、日本のドラマはすぐ映画にしたがりますが、気軽に観られるテレビと違ってお金を払う分、観る側の目が厳しくなることをもっと認識してほしいです。

相棒 season 6 DVD-BOX I 『裏相棒』付仕様 (初回限定生産)

(購入者の評価)
もう100話はとっくに超えたであろう、何しろ6年目だし。それでも飽きさせないのはお見事。水谷、寺脇両氏、キャスト全員、監督、脚本、全てのスタッフの方々に拍手。そして裏相棒。笑わせるツボを押さえた「怪演」に脱帽。

相棒 season 6 DVD-BOX II(6枚組)

(購入者の評価)
二周間に渡って放映された「狙われた女」でのアクションシーンが圧巻。最終回での石橋凌の存在感。ベンガルがいるのも嬉しい。金貯めとこ(^o^)

相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン <通常版>

(購入者の評価)
実際に起こったあの事件、この国のどれだけの人が、真剣に考えたのか、俺も、そうだ。ただ、「何てこった」と思ったにすぎない。さて映画は、相棒のエッセンスを詰め込んだ名作。刑事ドラマの偉大な歴史が2000年代に築かれることに拍手。

クライマーズ・ハイ

(購入者の評価)
7月に映画版を観てから原作を読み、ネットでの評価でこのドラマのDVDを
購入して鑑賞しました。
以下率直な比較となります。

1.ストーリー TV版が原作に近く丁寧。映画版は複線が中途半端で省略し
         た方が分かり易かった。

2.緊迫度   墜落事故の第一報を流す共同配信の場面や現場雑感のくだり
         は映画版が勝ってます。TV版は良くも悪くもNHKっぽく割と
         淡々としている感がある。

3.キャスト  どちらも甲乙つけ難い。私的にはハイエナのような佐山記者
         を演じた映画版堺雅人の凄みに軍配を上げたいですが。

4.演出    緊迫感では映画版ですが、TV版は構成がしっかりしており
         、流れるような演出です。極力無駄を省いて原作のエッセン
         スを巧みに伝えています。また、登山の場面はかなり本格的
         でTVドラマの域を超えた意気込みを感じます。

以上総合的にはTV版を評価したいと思いますが、本作特有の”緊迫感”をより
感じたければ、映画版は期待を裏切る事はありません。
どちらも2時間半の時間を全く苦痛に感じさせないテンポの良さと迫力があります。




相棒 season 2 DVD-BOX 2

(購入者の評価)
右京と薫は、タカとユージ以来の素晴らしいコンビですね。各話のやりきれない結末も、「では、行きましょうか」「はいっ」のセリフに救われる、二人の明るさが、ドラマを支えているのでしょう。面白い。

相棒 season 2 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
結び目に窪みを作る、オシャレな人がやるネクタイの結び方である。右京さんはもちろん、二課の課長は?「今日は、珍しくワイシャツがシワになってますね」という番組中のセリフからも想像できるでしょ?では、どことなく野暮な伊丹刑事は?注目すると見事にキャラクターの一面が垣間見えてくる。ここまで徹底した性格付けも「相棒」が成功した要因のひとつ(かな?)

転々 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
三木監督の中では一番心にぐっとくる作品です。
もちろん今までみたいに小ネタも満載ですが、小ネタがメインになりつつある
前回の作品とは違い、今回は東京を転々としてる男二人を邪魔しないように、
適度にちりばめられています。
だからやっぱり心に残るのはオダギリジョーと三浦友和ふたりのやり取りであり、ふたりの言葉。
切ないけど、あったかくなりました。

何も考えず笑いたいときは『時効警察』、ほっこり浸りたい時は『転々』がオススメです。


相棒 season 1 DVD-BOX

(購入者の評価)
殺す側、殺される側、捜査する側、全てを暖かい目で見る
相棒の根底に流れているテーマだと思います。
特に「電飾さん」を扱った作品は素晴らしい!の一言です。
これも大井監督がメガホンを取った作品ですね。


相棒 season4 DVD-BOXI(5枚組)

(購入者の評価)
長門裕之さん。狂ってます。いや、褒め言葉ですよ。津川雅彦さんとの兄弟の共演。豪華ですね?。二時間、見入ってしまいました。CMで途切れないのがいいですね。

相棒 season 3 DVD-BOX I(5枚組)

(購入者の評価)
途中から相棒の魅力にとりつかれたファンも多い筈。僕もその一人です。シーズン4から再放送でのめり込みましたが、シーズン3はとてもピンポイントな作品です。パッケージで諦めずに純粋な気持ちで購入したら、正解でした。特命係の定着化のくだり…。現在放送中のシーズン6を楽しみたければ、片山雛子、瀬戸内前法務大臣、陣川警部補…。以前出演していた由来が楽しいシーズン3です。単発の誘拐協奏曲もゆかいですしね。
パッケージに左右されずに決めてほしい作品です。
もちろんシーズン3のUを購入したいとおもいます。


相棒 season 3 DVD-BOX II(5枚組)

(購入者の評価)
豊さんがピアノを弾く、そう聞いた時あのドラマを思い出した
赤い激流、まるであしたのジョーのクラシック版とも言えるドラマでした
あのドラマで弾いたのが『英雄ポロネーゼ』
そして、この回で豊さんが弾いたのも・・・(。-ω-)ニヒ♪
思わずニンマリしてしまいました^^


相棒 season5 DVD-BOXI(5枚組)

(購入者の評価)
最近の刑事ドラマもキャスティングで派手さをアピールして、視聴率を獲ろうとするものが多くなってきたように思うのですが、
この「相棒」だけは純粋にドラマの脚本・出演者の演技力で勝負をし、素晴らしいものを作り上げていると思います。

派手とは、全くいえませんが、とにかく刑事ドラマとして最高の完成度。

刑事ドラマとしての核であるサスペンスの部分。
薫×伊丹をはじめとする、大爆笑はないもののププッと笑えるコメディーの部分。

色んな要素を均等に散りばめ、終わった後に最高の完成度だなぁとしみじみ思います。

それが、今年公開された劇場版でも200万人以上を呼べるほどの魅力を持っているのだと思います。

パッケージに関して、私は一個にまとまっているのはいいと思うのですが…パッケージを覆っているビニールがピチっとしていなく、ポコポコと波打っていたのが残念でした。

でも…ようは内容がいいわけですから…そこまで気にはなりませんでした。


相棒 season 4 DVD-BOX II(6枚組)

(購入者の評価)
プレ→season1→season2と来て、いまかいまかと待っていた奴らが帰ってきますよ♪
9月にseason3が発売され、12月にはseason4、年が開けて3月にはseason5までも…
評価は当然ですが、★5です!これ以外の評価はあるんですかねぇ…


相棒 season 5 DVD-BOX II(6枚組)

(購入者の評価)
当然の如くの星5つです。
2時間ドラマから現在シーズン6まで続く連続ドラマとなり、映画化までされ、
どんどん出世していく本作品ですが、はまり役の水谷豊、寺脇康文御両人の他は、
今が旬の派手な名のある役者を使うことをせずに、地味なキャスト(失礼)で
ありながら、一人ひとりのキャラクターの性格が丁寧に描かれていて、愛着を感じます。
長く続くシリーズ物ならではということもできますが、謎解きの面白さはもちろんのこと
こういった魅力あるキャラがこの作品の生命線であると思います。
冒頭の「バベルの塔」は私が一番好きな作品です。”こと”が起こってから最後の最後まで
息をつかせぬ展開、見応えがあります。



フラガール メモリアルBOX

(購入者の評価)
もう1週間も、毎晩寝る前に繰り返し観てます。

それなのに今日もまた、ポロポロ涙が出て止まりませんでした。

家族も呆れてます(笑)

そういう映画なんだろうと思います。


フラガール(スマイルBEST)

(購入者の評価)
【娯楽映画 or 実録映画】
 表面上の創りや外観は、「エンターテインメント」に仕上がっている。しかし、その内容を詳細に観察してみると、昭和40年(1965年)という時代考証から始まって、エネルギー源が石炭から石油に転換してゆく変動期の東北地方・福島県の常磐炭田(1976年・全面閉山)が舞台であり、歴史的背景からみても登場人物群は、ほぼ実在した人々で成り立っている。鑑賞を重ねるたびに、私には、この映画が「ドキュメンタリー」に思えてならなくなった。中核にある部分は「人間の生き様」であるが、李相日監督は、それを上手に「ハワイアンセンター創設」というオブラートに包んで、芯のある骨太の作品に仕上げ、堂々と真正面から、我々に提示してみせた。その心意気、「見事!」の一語に尽きる。
2008年6月5日20時14分[最終稿]


フラガールスタンダード・エディション

(購入者の評価)
知り合いが、「この映画を見て、ハワイアンセンターに行きたくなった」と言っていた。僕も同感です。人は涙を流した数だけ、強くそして優しくなれる、ということを面白く伝えてくれました。頑張っている人を見ると、応援したくなりますよね。本当の熱意は伝搬します。
元気の出る映画です。だらだら生きるより、夢に向かって走っている人の方がすばらしいです。当然ですね。


時をかける少女

D坂の殺人事件

(購入者の評価)
諸兄ご指摘のとおり、真田がイイ。
押さえ気味の演技とセリフがむしろ彼の内面世界を大きく押し出して映像に出ちゃってます。
しかしそれは彼のポテンシャルあってこそ。一般にはこれを指して『迫真の演技』と云うかと・・。
それと小林少年の三輪ひとみ。大女優ですからウィキペディアで検索くださいって知ったかですが
姑獲鳥の夏を観るまで知りませんでした。完璧な死体姿に惚れました。あの映画で一番印象深かったです。
あのシーンだけで他の作品も観たいと、それも本作を買った大きな理由です。そして完璧な美少年姿に
二度惚れました。
亡き実相時監督。最近の映画の中で『日本家屋撮ったらピカイチ』ではないでしょうか。セットを
作れる予算があるのも大きいですが。
作品自体は『屋根裏?』のストーリ/豪華キャストにやや軍配ですが、本作とセットでBOX化すべきです。

素人の勝手な感想で恐縮ですが近年、日本男優(しかも演技派と名高い)はハリウッドだかオスカー
だか存じませんが『演技が大きい』とみえます。日本の男っていつからそんなに泣いたりわめいたり
一点を凝視したり表情豊かになったの?カッコわる。『欧米かっ』て突っ込んでしまいたいです。
TVドラマのキ○タクさん(ファンの方スイマセン)も、いちいちどっか見すぎですよ。そんなに
つくらないでもいいです。新宿コマの舞台見てるみたいです(新宿コマの舞台が駄目だなんて事
ではありませんので)。批判は極力しない様に努めてますがつい云いたくなりました。


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4