岸田森

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
岸田森 おすすめDVD 岸田森 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
傷だらけの天使 DVD-BOX I

(購入者の評価)
緑 魔子 桃井かおり 関根恵子 中山麻里 高橋洋子 坂口良子 一番好きなセリフ「アキラ?。お前、女 見ると 何の事しか 考えねえのな。」「兄貴だって そうじゃないよ。」「まったく やらしいな?。」

傷だらけの天使 DVD-BOX II

(購入者の評価)
代々木会館。まだ残ってるのがすごいです。最終回の後味の悪さは特筆ものです。ショーケン復帰作のその後の傷だらけの天使ですが一体、このラストからどういった映画になるのでしょうか。想像もつきません。

DVD 怪奇大作戦 Vol.1

(購入者の評価)
死神の子守唄。沈痛、深刻なテーマ、救いのないストーリー、いつまでも後を引くラストのやりきれなさ。このドラマを2人の名優、岸田森と草野大悟が競演しています。こんな暗い、トラウマティックな番組が堂々と子ども向けとして夕食どきのお茶の間で放映されていたのですから、昭和は本当に良い時代でした。子ども番組としては失敗作の烙印を押された(まあ当然だと思う)この怪奇大作戦、現在になって再評価の機運が高まっているのは、当然のことと思いますが、嬉しい驚きでもあります。
傑作です。
この歌、子どものころに聞いて今でもアタマの中で回りだすことがあります。「滝にうたれて1人目が死」ぬわけです。続きはもちろん「9人の娘が旅をした」。CDにならないかなあ。
その他にも「人喰い蛾」、桜井浩子さん出演の「死を呼ぶ電話」などが収録されています。必見の傑作です。


DVD 怪奇大作戦 Vol.2

(購入者の評価)
「円谷プロ」と聞いて真っ先に思いつくのはウルトラマンなどの怪獣ものですが、こんな作品も作ってたんですね。はっきり言って名作です。特撮も使用しながらもこの作品に描かれるのは圧倒的な人間ドラマです。「青い血の女」の親子関係はまさに現代の老人問題を予見したようです。

DVD 怪奇大作戦 Vol.6

(購入者の評価)
何と言っても、巨匠・実相寺昭雄監督が愛したといわれる第24話「京都買います」だろう。
往事の京都の街を見ているだけで、胸が熱くなってくる。

ただ、ラストで、ヒロインが菩薩像に変身するが、これは如何なものだったろうか。
石像になるというのは、ちと、無理があったように思えるのだが・・・。
やはり、ヒロインが黙って去っていくだけかよかったのではないか?
もっとも、当時の目線で言えば(画像の鮮明さなどの点で)、違和感はなかったのかもしれないが。


DVD 怪奇大作戦 Vol.4

(購入者の評価)
 NHK-BSの深夜枠で『怪奇大作戦セカンドファイル』をやっていますがこれがなかなかのもの。原作の持つテイストをかなりの域にまで再現し、しかも科学捜査という面でも考証がしっかりしています。その後の時間枠で旧作を放映するのもNHKとしては大英断。番組のクオリティが公認されたという事でしょう。
【解題】第14話「オヤスミナサイ」:本格ミステリー風味で異色作です。『悪魔のような女』と『悪魔のようなあなた』を彷彿とさせます。佐々木功は「恐怖劇場アンバランス」にも出演していましたがちょっと大根です。
第15話「24年目の復讐」:戦中戦後の重いテーマをストレートに扱っています。米国は姉の千恵子を殺し今また別の千恵子を性的玩具にし、それでも木村に「日本は負けちゃったんですよ」と弱々しくしか語れない牧。その哀しみは水底でもがき苦しみ生きながらえたのにも関わらず、生き続けた意味を失い自爆するしかなかったった木村の無念に通じます。岸田森と天本英世という不世出の名優が真っ向から対峙した記念碑的作品でもあります。
第16話「かまいたち」:これは当時にあっては比類無き衝撃作だったのではないでしょうか。理由なき殺人者、その正体は「イタチのようにおどおどしている」一工員。しかしアロワナが生きた小魚を生飲みする様子には激しく反応する彼。現代の異常心理殺人を遙かに先取りしていました。そしてラスト、彼の顔が牧にオーバーラップします。不気味な殺人者に共鳴し得る存在としての牧史郎。こういう凄いキャラクターを創造し得たのは日本が生んだ畢生のアクター、岸田森故です。
第17話「幻の死神」:良くあるひしゃく幽霊伝説や湖から無数の手という心霊写真譚のバリエーションでしょうか。夏休み子ども向け怪談物かと思っていましたが、本編は冬休み企画だったようですね。上手くストーリーがこなれてないせいか、シリーズ中でも最も印象が薄いものの1つになってしまいました。


DVD 怪奇大作戦 Vol.3

(購入者の評価)
現代のドラマには失われてしまったものが詰まった作品だと思います。今のドラマは1時間という枠ですがほとんど恋愛沙汰です。悪く言えば「現実から逃避」的な内容がばかり。しかし「怪奇大作戦」は30分という枠の中に人間の悲哀や社会性といったすべてが詰まっている。現代のドラマも見習ってほしい

黒薔薇昇天

(購入者の評価)
 何を今更日活ロマンポルノなのかと思う人も多いかも知れません。性欲処理の実用品としても、鑑賞すべき作品としても過去の遺物となってしまった訳ですし。しかし70年代ポルノの名作は「今だから発見できる新たな価値」を探せる、映画表現の宝庫なのです。
 この作品も当初の興味は敬愛する名優岸田森の壮絶な演技が見られるという所にありました(ロマンポルノに出ていたというのがそもそも衝撃でした)。そして実際見てみたらこれがまた怪演で作品の規格をぶち破る存在感で本当に見事。最高の被写体を求めて半ば脅迫的なやり口で幾代を責める姿は、我々が岸田氏に期待しているあのファナティックさそのものです。そして「京都買います」や『曼陀羅』で演じた“実際の恋愛・痴態の実行者たり得ないインテリの悲劇と断念の愛”をついに本作では突破しました。カメラのフレームを「覗く」側から性の饗宴の「主体者」へ。実生活では結構な女好きだったという岸田森が本領を発揮します。彼のフィルモグラフィー上重要な作品になっていると思います。
 そして何と言っても谷ナオミが絶品です。「初代SMの女王」の実作品を見たのは初めてでしたがこんなにもいい女だったなんて!! 「おんな」というものを200%感じさせるいやらしい体つき。高貴な身分を演じても十分な説得力を与える顔立ち。そして何と言っても演技力の確かさがあります。肉欲に堕ちていくその恥じらいと恍惚を艶めかしく、しかしノーブルに体現します。それは性=生の悦び。セクシーアイドルは量産されていますが、若さのみの魅力は過ぎ去るのが早くただ消費されてしまうだけです。青い果実は熟成されて味わい深いワインへ。女性の魅力というものを再認識させられる機会にもなりました。
 ポルノも素晴らしいスタッフの手によって最上のエロスを表現し得た時、それは後世に残すべき映像芸術たり得るのだと言うことをまざまざと見せつけます。一級品の映画です。


DVD 怪奇大作戦 Vol.5

(購入者の評価)
昭和43年、ウルトラセブンの後番組として、日曜夜7時からTBS系で放送された特撮番組。
ただし、本作の魅力は特撮ではありません。特撮はあくまでドラマの補助としての味付けであり、本作の魅力はそのドラマ性にあります。

科学捜査研究所(SRI)が物語のベースです。ここでは、警察の力では解明できない科学犯罪を専門的に解明する5人の所員がおり、科学を使った犯罪に日々立ち向かっています…
ご覧になった方はわかるでしょうが、これが日曜7時のいわゆる「お子様枠」で放送されていたとは、信じがたい作品です。

作品を全体的に覆う暗いトーン。それでも己を振り絞り、救い様のない犯罪に立ち向かってゆくSRIの勇姿。(中でも岸田森氏の名演技!!)
現在のドラマが失った社会性が、この作品の中には凝縮されています。

DVDウルトラシリーズで皆その画像の綺麗さに驚愕したデジタルリマスターとの事で、かつてVHSやLDを買われた方、今回初めてこの作品に触れられる方、全てにオススメ。

第5巻は、18話「死者がささやく」19話「こうもり男」20話「殺人回路」 21話「美女と花粉」を収録。

オススメは「殺人回路」 この話は平田昭彦氏がゲスト出演。かつ昭和のゴジラシリーズを手掛けた故福田純氏が監督された数少ない特撮テレビ作品の一つです。

同じ月を見ている

(購入者の評価)
原作は読んでいないんですが,夏目漱石の「こころ」のヴァリエーションですね.この三角関係物語の金字塔が作ったパターンを踏襲するしかないのは,劇作家が,どんな物語を作っても,「シェークスピアのXXXに似ている」と言われてしまう状況とよく似ています.(本人が意識しようとしまいと・・・)

で,この作品ですが「こころ」と違って,ラストは転生を暗示させることでの,明るさを入れたものになります.もちろん,誰も「こころ」そのものを再現してほしいわけでないので,この「転生」のラストは,気に入りました.

物語の展開も,分かりやすくて,ああ次はこうかなと思うと,本当にその通りになるので,安心して見てられました.(ラストシーンにつなげたいだけなのでしょうか)作り手は確信犯だと思います.

窪塚洋介とエディソン・チャンが,よい演技をしています.また,三角関係の軸となるエミーは,物語にとってある意味どうでもよい存在であるところは「こころ」の場合と同じなので,黒木メイサ程度の演技でも気になりませんでした.


DVD帰ってきたウルトラマン Vol.10

(購入者の評価)
第37話はナックル星人は地球征服の為に新マンの武器データーを取るべくシーゴラス、ベムスターを暴れさせます。更にそれだけでは満足できない星人は郷の一番大切な人の命まで狙います・・この作品はレオの第41話・円盤生物シルバーブルーメの回と並んで、ウルトラ史に残るお子様トラウマ間違いなしの悲劇作品です。実際私も幼少時に見てかなりショックでした。この作品は38話に続きます。登場怪獣はブラックキングです。第38話は地球征服を企むナックル星人はMATから奪った液体爆弾サターンZの利用をほのめかし、12時間以内に無条件降伏する要求をしてきました。MATはナックル星人の秘密基地捜索に乗り出すのですが・・この作品の見所は何度もナックル星人の同じ罠にはまるMAT隊員達の抜けっぷりです。なにやってんだ・・また初代マンとセブン、制服姿のハヤタ隊員とダン隊員が登場します。最後のシーンはジーンとさせられます。第39話は雪男伝説を信じる秀男と洋子は長野県・権現山でそれらしい生き物を発見、秀男は後を追いますが行方不明になります・・この作品は雪男伝説と宇宙人を絡めた作品です。見所はなんといっても特撮です。街が冷凍化していくシーンは凄く手間暇かかっています。登場宇宙人はバルダック星人です。そういえばこの星人、先日破産した英会話スクールのウサギキャラに似てる・・第40話は雪山でアベックの消失事件が頻発。そんな中次郎と次郎の面倒をみているルミ子は岩岳の楓荘に宿泊旅行に向かいました・・この作品は今度は雪女伝説と宇宙人を絡めた作品になっています。また新マンが怪獣スノーゴンにえらい目にあわされます。お子様トラウマかも・・それにしてもMAT隊員の雪山ロケ、寒そう・・あとブラック星人が登場します。所で彼らに連れて行かれた人々はどうなったのでしょうか・・??

DVD帰ってきたウルトラマン Vol.9

(購入者の評価)
■第33話「怪獣使いと少年」
  言わずもがなの問題作。よくこれが当時放送できたなという挑戦的作品。
  部落差別を示唆するような内容。
  そして、隊長がなぜか托鉢僧で登場(なぜだ!)
  ムルチを倒すやるせないジャック


■第35話「残酷!光怪獣プリズ魔」
  これまた言わずもがな、岸田森 作の謎の物体プリズ魔との戦い。
  氷のような怪獣の表現は、放映当時の技術では頑張った。
  何がやりたいか分からない怪獣というのが
  これまた、よくこんなの放送したなと感動。

この2本、今なら、放送前に確実にお蔵入り

これが見られるこのDVDは超お得です。


DVD 帰ってきたウルトラマンコレクターズBOX

(購入者の評価)
名作グドンとツインテール編だけ見てもシリアスこの上なき展開!

防衛軍長官とのMATとの実社会社長と部下のサラリーマンの関係を身につまされる内容!

もはや怪獣とかウルトラマンは主役ではなく郷やアキやMAT隊員達が主役です。!

いままでのセブンまではファンタジーだったのかと思わせるような残酷冷血なナックル星人!

それでも立ち上がる郷!


DVD帰ってきたウルトラマン VOL.1

(購入者の評価)
相次ぐ異常気象や自然破壊により、再び暴れ出した怪獣たちを倒すため、M78星雲から来たウルトラマンが勇敢な青年・郷秀樹と合体し、地球の平和を守って戦う!

そういえば、近年のゲリラ豪雨も怪獣バリケーンのせいではなかろうか?
高度経済成長がもたらした副産物は公害という怪獣だった。一方で花を愛でながら、片方でそれをなぎ払う。そんな矛盾に悩む「人間」ウルトラマンを描こうとした作品だと思います。

そんな郷さんはおはぎが好きなんだよ。

24年目の復讐―上原正三シナリオ傑作集 (宇宙船文庫)




哥(うた)

(購入者の評価)
「無常」と同じく実相寺の関心はここでも「家」である。それも、滅び行く「家」である。日本の封建社会を形作ってきた「家」はそれを構成する「人」によって境界付けられていたが、その境界を越える背徳のエロスはそれを内部から破壊する。森山家とその財産たる山は日本を象徴する存在であり、篠田扮する順はその喪失と崩壊を象徴する死に行く魂である。順が墓碑銘に「永遠の絶対性」を見出そうとするのは、それが纏綿と続く「家」の永続性を表しているかのように見えるからだが、どこからともなく現れた僧はそれをにべもなく否定する。農村の林業家が実家の私にはこの映画の言わんとすることは良くわかるし、これは21世紀の現在においても進行中の話である。谷崎の「細雪」と同じテーマを扱っているが、ずっと暗い。最後のほうで、現世の虚無性などについての大演説があるが、ちょっとしゃべりすぎで、あれはないほうが良いと思う。

DVD帰ってきたウルトラマン VOL.2

(購入者の評価)
マットは脆弱です
すぐに長官から「解散だ!」といって脅されます
グドンとツインテールは別々に登場する予定でした
それで色が間に合いませんでした
通常、二匹の怪獣が出るときは色を変えます
赤いバニラと青いアボラスのように区別します
グドンとツインテールの色が同じであったことは失敗です


傷だらけの天使 Vol.2

歌麿・夢と知りせば

(購入者の評価)
実に不思議な作品だ。
奇抜な映像、トリッキーなアングル、光と闇のコントラスト、強烈なドアップ。
映像に取り付かれ、夢うつつの世界に飲み込まれそうだ。

特に、僕的には敬愛する成田三樹夫が実に素晴らしい。
なんだろうあの圧倒的存在感は。
僕は彼の出演作を観る度に彼に釘付けになり、グイグイと魅せられていく。
ファンだからと言われればそれまでだけど、いいしれぬ魅力が彼にはある。
この作品は特にそうで、出番は決して多くはないが、その節回し、声音、表情、どれを取っても申し分なく、しかもかなり美味しい役だ。
それだけとっても僕的に買ってよかった作品だった。

ただ、この作品は劇場公開版ではなく、成人指定されたオリジナルバージョン。
結構キツい表現があったりして、女性には辛い映像もあるかなと思いますが、その辺も踏まえて、興味のある方はぜひ。


傷だらけの天使 Vol.8

(購入者の評価)
ショーケンの「ごめんなさい」に惚れます。絶対に!!

傷だらけの天使 Vol.1

(購入者の評価)
私見になりますが中学1年のときに放映されクラスの男ほとんどが観てました。(どういうわけか女受けは悪かったですな)中学校が修ちゃんの代々木駅前のビルに近かったのでよく遊びにいってはそばのポストホビーでプラモ観ながら遊んでました。松尾和子さんの息子役で同級生の子役だった熊谷俊哉君が出たときは大事件でした。そんな与太話はともかくショーケンのださかっこよさが最高でした。岸田森サンもいうことなしの素晴らしさです。

>> つづきをみる

不死蝶 岸田森

妄想の森

(購入者の評価)
しばらく増刷する予定はないのでしょうか。雑誌「一枚の繪」に連載されていたものをまとめたものだそうです。表紙の絵はマグリットの白紙委任という題名の絵だそうで、本当なのか幻想なのかそのどちらでもない、これから読者を妄想の世界に誘う女性としてぴったりだと思います。エッセイも絵や工芸品など、岸田今日子さんが日々の生活でちょくちょく触れていたのであろう作品がたくさん出てきて興味が湧きます。グルジアのピロスマニの絵は特にすてきだと思いました。エッセイとしてもなかなか読み応えがあります。私が特に好きなのは、今日子さんの頭のなかで語り合う京都の架空の夫婦の会話。口に出して読んでみたくなります。なんともいえない味があります。こういう本はいつまでも読まれてほしいなあ。

自由の森で大学ごっこ

(購入者の評価)
大学浪人時代この本を読んで大学ってこんなおもしろい授業をやるんだと感動したんだが入学した大学の授業にはガッカリでした。

筑紫哲也が著名人を講師に招いて授業をやってもらうというスタイル。

宮本亜門の授業と宮崎駿の授業がよかった。

宮崎駿は戦争や環境問題などといった大人の責任でムチャクチャになっている状態を明るい未来の子供たちに当たり前のように小学生ぐらいのうちから教えて教育して若い世代に責任を押し付けるのは間違っていると主張。
若かった僕はソウダ!と納得した。
しかしじゃあ「蛍の墓」は子供のための映画「となりのトトロ」となぜ同時に放映したのでしょうか?
矛盾しまくりですが世界のHAYAYAO MIYAZAKI先生なら許されるのであります。

森のはるなつあきふゆ―オシギッパのもりでみつけた (えほんはともだち)

中国からきたよくわかることわざ事典

あの季この季 (知恵の森文庫)

ハリエモンのくすりはおいしいか?―ハリネズミの名医さん大活躍

森鴎外小論 (1947年)

21世紀日本の選択―エネルギー、エコロジー、エコノミーの調和を求めて

おかしな時代

岸田国士長篇小説集〈第7巻〉幸福の森 (1948年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4