岸谷五朗

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
岸谷五朗 おすすめDVD 岸谷五朗 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
祝祭音楽劇 トゥーランドット

タイヨウのうた プレミアム・エディション

(購入者の評価)
YUIが映画に登場した最初で最後の作品になるのかな?
初主演とは思えないYUIの堂々とした演技は、月日を重ねた役者達を呑んでしまう程に
自然で真直ぐでYUIの魅力がイッパイに、イッパイに詰まった傑作だ♪
この”タイヨウのうた”が初監督となった小泉氏にとって生涯の名作となる映画に違いない。
舞台は鎌倉七里ヶ浜、穏やかな海風と優しいメロディが織り成す物語だ♪
僕はサーファーではないが、海が大好きだ♪
そして歌を愛している♪
そして若くして亡くなっていった友人も幾人かいる・・・・。
僅かに残された命の灯火を雨音薫は懸命に唄う♪
何処がカッコイイのか分からないドジな彼は、とても可愛い。
そんな彼を愛している薫もまた、とても愛らしい♪
誰かの夢に生かされ、誰かの夢に寄り添い、夢はやがて現実となる♪
そんな誰も知らないstoryが、きっとアチコチの街に眠っているハズだ。
タイヨウのうたは、そんなささやかで、何気なく、そして優しい風の様に胸を打つ映画だ♪
僕は、この映画に描かれた様な、小さな、そして大いなる奇跡の物語が大好きでたまらない。
僕もまた、雨音薫に負けない様に、小さな奇跡を胸に抱いて、その花を咲かせたいなんて想う♪


タイヨウのうた スタンダード・エディション

(購入者の評価)
YUIの作品だし内容からして見たかった作品なんだけど…ショック。
綺麗にまとまり過ぎてるし内容が薄く感じて途中で止めたくなる作品。
いや…実際に止めた。


北の国から 2002 遺言

(購入者の評価)
このシリーズの中でダントツにつまらなかったんだが、その80%近くは正吉が出ていないことにあるような気が・・・。蛍の結婚相手がワンカットも登場しない(手紙だけで登場してるけど、あれは登場とはいわないだろ)なんて不自然だし、観てる側にとっては消化不良。正吉役の俳優が、本業の方が忙しくて(左官だったけ?)出演辞退したかららしいです。だったら作るなー!

タイヨウのうた×YUIと薫のうた

(購入者の評価)
お父さんにこれ買ってもらった!(自腹だけどね(笑))
YUIめっさスキ♪♪ かなり泣けました。
持っている方は見た後にI remember you を聞くともっと感動!!
2人は両思いだったんだなぁってしみじみおもいますよ。
YUIめっさいいよぉ! サイコーーーー!!


私たちが好きだったこと

(購入者の評価)
宮本輝の原作に岸谷五郎が惚れ込んで実現した映画化だそうだが、どこに惚れ込んだんだか最後までよく分からなかった。

映画は監督のものなので、作品のトーンを決定してるのは岸谷じゃなくて松岡錠司なのかもしれないし、読んでないけど原作のトーンなのかもしれんが、淡々と描くふりをした都会ぶった映画って印象がぬぐえない。

現実感が薄いとかとはまた違って、う??ん、わざわざトレンディドラマレベルのコジャレたインテリアだとか、最近のホラー映画のような希薄な空気感だとか、取り入れすぎ。
画面のシズル感が余計にそう感じさせるのかもしれないが。

そんな中で、与志(岸谷)と愛子(夏川結衣。この女優は大好きなんだ)の別離のシーンだけが生々しくて、その喪失感だけがいつまでもいつまでもいつまでも心に残る。幸せな日々よりも喪失の虚無の方が比べもんにならないくらいデカイのだ。それが狙いなのか?>岸谷。わからん。

唐突なそして最後のセックス(夏川結衣の胸が異常にきれいなのだった。やはり映像は女の裸を美しく撮らねばならない・・・・んだろうなぁ。欲情用の裸体と観賞用の裸体の他の意味づけは存在できないのかな)の後、愛子は、別れもつげずに部屋を出ていく。彼はそうなること承知していたわけで、あわてることもなく、またひとりぼっちの部屋で目覚める。ベランダで明け方の空を眺める。すると、電話ボックスのなかに愛子がしゃがみこんでいるではないか。彼は走る。彼は全力で走り続け、電話ボックスの彼女に到達すると・・・・。

ここで与志と一緒に走らない観客がいるだろうか。一緒に走り、一緒に失う。このつらさを共有しろって言うのか>岸谷。
ぜひ、問いただしたいところだ。


リターナー ― デラックス・エディション

(購入者の評価)
パクリと言ってしまえばそれまでですが、色んな作品のカッコイイ所、面白い所を集約した作品です。
オマージュが嫌いな人は見ない方が良いかも。
ストーリーはありがちでありながら、やっぱり最後は泣かせてくれます。


龍が如く 劇場版 通常版

(購入者の評価)
真島さんは激似
それ以外はほぼノーコメント
桐生はもっとゴツいとは思いましたが…
伊達さんは不満でした
サンドイッチマンの富澤のほうが似てます
がゲームではそれほどでもなかった真島さんがいい味だしてまして
真島さんが好きになりました
評価3は全部真島票です


実写映画 テニスの王子様 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
テニミュ青学二代のファンの方なら話のタネ程度に楽しめるかも知れません。リョーマ役は別として。(取り敢えずリョーマは他の俳優の方が良かったでしょう…)氷帝はかなり雑なキャスティングです。酷過ぎて観ていられません。ちょこまかワンシーンにだけミュキャスを多用するなら、寧ろガッツリ出して欲しかったです。主要キャストのファンの方以外は楽しめないと思います。漫画を実写にする為に生じる強引な特撮がどうのとかもありますが、それを語る以前の問題が満載…。

リターナー〈スタンダード・エディション〉

(購入者の評価)
日本のSFは世間的に見たら時代遅れで、まさかここまでやってくれるとは思いませんでした。金城武のファン、邦楽ファン、アクションファンの人達は是非みた方が良いです。ただ、ストーリーがよくSF映画にあるパターンなのでストーリー重視の人は少し不満が残るかもしれません。

テニスの王子様 180日間の熱き青春

(購入者の評価)
本編DVDを観た後で買いました。
本編の特典DVDに収録されていない映像も色々収録されていました。

内容は、映画化が決定し、気になるキャストや監督の舞台裏に迫る!って感じの内容。
厳しい撮影の裏側とか、出演陣の映画本編では見られない素の表情。
合宿の様子もチラっと見れました。

ナビゲーターに手塚役:城田優さん。
けど、映画本編の特典の方が素って感じで聴いてて楽しかったかな。

一応氷帝キャストの舞台裏映像もありますが、青学に比べたら少ないですねえ。
氷帝ファンの方はその辺注意しつつ、購入を検討して下さい。

おまけ映像もっと観たい!って人・キャストに大好きな役者さんが居る!って人は買っても良いと思うんですが、
映画本編が気になる方は、これよりも先に本編観ちゃった方が良いかもしれません。

もうちょっと見せてくれーと思う所ですが、
まあこのお値段ならこんなモンかな。

お財布に余裕があれば、って感じですね。


実写映画 テニスの王子様

(購入者の評価)
原作やアニメを知ってる方には、あまりお薦めできない。
理由は、内容を詰め込みすぎであること、
アニメの良さである脇役たちのキャラがたっていないことにある。
これはこれで楽しめるのだろうが、
やっぱりアニメには敵わない。


愛の流刑地

(購入者の評価)
意味わかんないって人は瀬戸朝香の理性愛しかないのかな?高岡早紀の本能愛を経験してたらすぐに入れるはず。というより本能愛がわかってる人からしたら普通の作品やって思う人はいっぱいおると思う。殺すまで行けへんけど。高岡早紀と岸谷五朗の演技すごくよかったと思います。入り込めましたもん。不倫を肯定してるとかしてないとかは別の話しや。そんなん言ったらあかん映画いっぱいあるし、制限したら何にも面白くないよ。私は映画より良かったと思います。

恋人よ

(購入者の評価)
決してハッピーな話じゃないのに、私の大好きなドラマなのです。

言うまでもなく、主役4人の演技がとても上手いのですぐに話の世界に引き込まれてゆく。

多くのドラマに出演している鈴木保奈美さんが一番美しく思えるドラマでもあります。

光りを上手く効果的に取り入れているシーンがたくさんあって、そこも魅力的。

このドラマの神秘的な部分が光りを上手く使うことによって一層引き立てられる感じです。

セリーヌディオンの曲とこのドラマは切っても切れないくらい
私の中でセットになっています。

ラストは涙が止まりません。


バッテリー

BIRTHDAY PRESENT

(購入者の評価)
キャストが凄い。

1995年位の映画ですが当時のフジテレビではお馴染みの役者さんがズラリです。
『妹よ』のコンビが主演ですが、他に鈴木歩奈美、飯島直子、唐沢寿明、深津絵里といった面々。



龍が如く 劇場版デラックスBOX【初回限定生産】

(購入者の評価)
いつもメイキングが観たくて特典つきのDVDを購入して楽しんでいます。

一輝さんのファンとして本編とメイキングを何回も見ました。そして改めて感心した事が一輝さんの表情です。
普段の温和でちょっと人なっこそうな表情が桐生を演じている時はガラッと顔が変わって北村一輝ではなく桐生一馬がそこにいました。いつもとは違う感情を抑えた演技が新しい一面を見せてくれています。

また、桐生を執拗に追い掛け廻し、バトルを繰り越す真島をクレイジーに演じきった岸谷さんも役に成り切っていて最高。本当に楽しみながら演じているのが伝わってきます。

本筋ではないサイドストーリーにも哀川翔さん遠藤憲一さん田口トモロヲさん等映画好きにとってとてもオイシイ配役でした。

このキャスティングで作ってくれた三池監督に感謝します。



新・仁義の墓場

(購入者の評価)
岸谷五朗も有森也実も皆はまり役です。一番悲惨でおもろいやくざ映画だとおもいます。ご覧ください。

妹よ〔1〕

(購入者の評価)
田舎から上京した女性が御曹司に恋をし、兄に支えられながら恋を成就させるまさにシンデレラストーリー。ヒロインの性格や舞台は全然違うものの「プリティウーマン」をどこか彷彿させます。
和久井映見と岸谷五郎が仲のいい兄妹を演じており、コミカルな場面でも息がピッタリです。兄も切ない恋も見所です。ヒロインと御曹司のあまりにも世界の違う二人が少しずつ心を通わせていく過程にドキドキします。


オー・ド・ヴィ

(購入者の評価)
初期の篠原監督ファンにとってはちょっとついていけない作品です。次々、女の人が海岸で全裸で死んでいくミステリーですが、そのキャッチーなシチュエーションに負けてDVD購入してしまいました。ミステリーの部分よりも、後半の函館の市電を使った幻想シーンが見物です。主演の小山田サユリはがんばっています。鰐淵晴子は、全盛期のヌード写真と比べるのが酷な話なのですが、どうしてもあのシャープさが目に焼き付いた人にとっては辛い。あがた森魚の音楽が、日本映画には珍しくヨーロピアンなテイストを醸し出していて快い。

>> つづきをみる

北の国から 2002 遺言

(購入者の評価)
このシリーズの中でダントツにつまらなかったんだが、その80%近くは正吉が出ていないことにあるような気が・・・。蛍の結婚相手がワンカットも登場しない(手紙だけで登場してるけど、あれは登場とはいわないだろ)なんて不自然だし、観てる側にとっては消化不良。正吉役の俳優が、本業の方が忙しくて(左官だったけ?)出演辞退したかららしいです。だったら作るなー!

レプリークBis (Vol.1(2005.July)) (Hankyu mook) (Hankyu mook)

(購入者の評価)
今、輝いている舞台俳優の写真とインタビュー記事が満載です。
舞台俳優はあまりテレビでは見られないので、こういう雑誌は
ファンにとってはとてもありがたいです。
とくに、山口祐一郎さんのファンの方、必見だと思いますよ。


北の国から 2002遺言 前編

北の国から 2002遺言 後編

ボンビーくん〈2〉

MOON (岸谷五朗の東京RADIO CLUB NAI NAI ’91そりゃなしだろ!)

そりゃなしだろ!!―岸谷五朗の東京RADIO CLUB NAI NAI’91

(購入者の評価)
あら、まだ商品が掲載されている。ちょっとびっくり。
色々な企画コーナーが楽しい「東京レディオクラブ」から出た、コーナー本。
リスナーのそりゃなしだろ!な出来事を放送されたものから紹介する。

本として面白いのは、広告チラシ等でおかしいもの変なものを載せている。異常に高い(安い)商品、どうしようもない偽物、ありえない商品が写真付きなので、夜中にラジオで楽しんでいたものが、見える!わけで、われわれレディクラリスナーは大喜びだった。
五朗ちゃんの葉書読みで、笑えたのだから、凄いことだよね。
懐かしい番組の、懐かしい本です。

岸谷五朗・恵俊彰の長嶋家の謎―爆笑おもしろクイズ! (二見WAi WAi文庫)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4