北村一輝

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
北村一輝 おすすめDVD 北村一輝 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ガリレオ DVD-BOX

(購入者の評価)
推理の刑事ドラマは、相棒という高品質なドラマを見慣れたせいか、あまり新鮮でなく、面白みに欠けた。役者は申し分ないタレントを揃えたのに、勿体ない。

医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

(購入者の評価)
寡黙で孤高の医者を演じた坂口憲二は、はまり役だったと思う。
手術のシーンも迫力があり圧倒された。久々に感動したドラマだった。
9話10話最終回と難関手術まで、どう持っていくかの過程には驚いたが、このドラマなら納得できる。
劇中で流れる音楽もそのシーンを盛り上がらせる効果を持ち、また一段と感動する。
恋愛要素がほとんどなく、医療に的を絞ったところが、とても良かったのではないかと思う。


アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX

(購入者の評価)
私は斗真くん目当てで買いましたが、どの出演者のファンの方でも満足できると思います!

メイキングやオフショットなど特典映像も満載。

ストーリーというか、内容は、私はとても面白く見させてもらえましたが、これはファンだからかも…。ここがちょっと判断できないのですが、逆に言い切れるのは、好きな出演者がいるなら絶対楽しめるという事です。

個人的には、斗真くんだけでなく、星野源くんは最高です!北村さんも最高です!
他のどの出演者のファンの方たちにも、絶対おススメ!

ただ、特典映像は各ディスクに入れるのではなく、1?2枚にまとめて欲しかったなというのと、チャプターがなくて不便。

それから斗真くんファンとしては…ボックス(斗真)くん主役の回だけメイキングがない事。これにはかなりガックリきました。何故なの!?


でも、やっぱり特典映像の充実は、ファンには大きいですよね。そんなわけで、全体として星5つに出来るくらい、満足感は得られました。

買って損はないと思いますよ☆



彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


female

(購入者の評価)
てっきり長谷川京子さんの絡みが見られるものだと勘違いして買ってしまいました。当然の事ながら彼女クラスの大物女優は脱ぎません。甘く考えていた僕が馬鹿でした。それに時間制限のある短編のオムニバスドラマでいったい何が出来るのでしょうか?期待するほうが悪いのだと思います。購入する際には一考を!

バンビ~ノ! DVD-BOX

(購入者の評価)
まず、主人公の考えてることが、納得がいきません。東京で、あんなにつらい目にあったけど、地元に戻ってきて、「また東京に行って、あそこで料理を作りたい」という主人公の気持はわかります。しかし、せっかく入学した大学をやめてまで東京に戻ってまた料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりません。大学なんて、たった4年通えば卒業できるし、4年とか、人生に比べたらぜんぜん短いし、大学卒業してから東京に行っても遅くないし、別に、今すぐ東京に行かないと、あそこで料理を作ることができないってわけでもないし、「また東京に行って、あそこで料理したい」とか、そんな理由で大学を辞めるなんて、主人公はアマちょろい人間ですね。大学を辞めてまで東京で料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりませんね。

皆月 ニューマスター・プレミアム・エディション

(購入者の評価)
原作を読んで非常に感銘を受け、映画化されているというので見てみた。
俳優の力演、そしてキャストは申し分ない。(少々奥田さんがふけているかと思ったが原作の40を48に変えていたのでそれは良しとしよう)
北村一輝もこの役にこれ以上ないかという位のはまりようだし、吉本多香美(彼女の演技は見た事がなかったのだが)自然でけなげなそして体当たりの演技に圧倒された、荻野目慶子も鮮烈な印象だった。

しかし、これはおそらく制作者と私の原作に対する解釈の違いかもしれないが、私はここに出てくる不器用な世間からはずれたような人々との係わり合い、そしてどん底でも這い上がっていけるという希望を見出した。
そして主人公の中年男に義弟そしてソープ嬢由美が注ぐ愛は「無償の愛」であり孤独の中から人が人とのつながりを欲し、そこに生まれる愛である。
この映画では、理由のある愛であり、ラストを変更した事により、義弟と主人公そして元妻との関係が小説とは大いに異なってしまった。また由美が中年男に惹かれた理由というのも原作とは異なり、私が原作を読んで、心が暖かくなったような要素をまったく無視してしまった。
それが残念である。

ただ映画としてはそれなりの出来である。
さえない中年男と若いソープ嬢の恋愛物語、心だけでなく体もしっかり結ばれた二人の愛、そういった恋愛はなかなか出来ない。
恋愛映画としてみれば、そこにあるさまざまな愛の形にほだされ、自分のパートナーとの距離を縮められるかもしれない。


タイムリミット

(購入者の評価)
題名見た時は、内容が思い出せませんでしたが、竹野内さんが出てきた所で、「あ?これ見た事ある!」と思い出しました。話の内容を全部知ってても、見ているうちにグイグイ引きこまれ
今では永久保存版です。それにしても、キャストが豪華ですよね。拳さんシブイし、クールじゃない竹野内さんも素敵です。


完全なる飼育 愛の40日 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
正直、今はやりのAV未満的な内容で、胸揉まれて、乳首なめられて、ここまでやってくれるなら、いっそそのままAVに路線変更してほしかったな。

フリーズ・ミー

(購入者の評価)
白眉は北村一輝の非道ぶり!
ものすごく生理的な不快感!
それぞれ役者が非道演技をしますんですが、最初に出てくる北村インパクトが強すぎて、さすがに太刀打ちできませんんでしたって感じで。
竹中直人に至ってはちょっとギャグっぽくなってしまってテンション下がったのを覚えています。
6年前に観た感想なので星3つは当時の評価です。


完全なる飼育 愛の40日 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
正直、今はやりのAV未満的な内容で、胸揉まれて、乳首なめられて、ここまでやってくれるなら、いっそそのままAVに路線変更してほしかったな。

千の風になってドラマスペシャル 「ゾウのはな子」

(購入者の評価)
昨年放送されいつDVD化されるか待ってましたこの話しは2頭の像花子・はな子の話しです。反町隆史が初め花子の世話をしその後北村一輝がバトンをうけて育てていく内容です。最初は何故反町隆史がそんなにまで花子の世話に真剣なのか北村一輝は理解できずにいました、ある理由でバトンを引き継ぎ自分が花子(像・生き物)と接するうち家族よりはな子の世話に真剣に取り組みだしていきます。人間と像(生き物)対等に接する大事さを物語っています。北村一輝さんの演技も心にのこりました。生き物はみな平等改めて考えらせられました。

龍が如く 劇場版 通常版

(購入者の評価)
真島さんは激似
それ以外はほぼノーコメント
桐生はもっとゴツいとは思いましたが…
伊達さんは不満でした
サンドイッチマンの富澤のほうが似てます
がゲームではそれほどでもなかった真島さんがいい味だしてまして
真島さんが好きになりました
評価3は全部真島票です


濡れた赫い糸

(購入者の評価)
冒頭のカズミ(高岡早紀)登場と、終盤の面会室のシーンはかなり引き込まれた。茂(北村一輝)を瞬く間に籠絡するシーンも、最後の台詞も、この人でなければ何の説得力もない。
監督の腕なのか、役者陣の腕なのか、主演はもとより脇役・チョイ役の人達にもそれぞれの「人生の端々」を感じられる、映画の中でちゃんと人が生きてる、なかなか味わい深い映画でした。


完全なる飼育 女理髪師の恋

(購入者の評価)
昨年からこの作品は気になっていましたが、やっと見る機会が訪れました。話の流れは、良いとも悪いとも言えませんでした。観察力の肥えた人と一緒に見ると、北村一輝さんと竹中直人さんの行動や台詞を別の視点から見ると二人で笑ってしまいました(?_?)(。_。)一人で見ていたら、別の視点から見て笑うことは無かったと思います(・・;)

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
特撮やスケールにコダわる必要なんてなかったと思う。(実際は大した事なかったけど…)
皆さんも、日本映画にそんなの期待してないでしょ?
要は脚本よ!
この映画、テーマは「より良い未来にしよう」らしいんだけど、
それを押しまくってるのがよくない。
皆の演技を臭くさせてた。
特に嶋大輔!
彼のナヨナヨした演技が、この映画を失墜させたと言っても過言ではない。
「オリジナルを越えよう!」と、気負い漲る駄作です。





風の外側

(購入者の評価)
主演はモデル出身の新人、佐々木崇雄と奥田監督の次女、安藤サクラ。山口県の下関を舞台に、お嬢様の女子高生とヤクザな青年が繰り広げるビターな純愛ストーリー。

ベタで強引な展開があったり、突っ込み所もありますが、序盤はけっこう面白かった。
ただ中盤以降、在日問題が出てきてからはなんだかストーリーが散漫になってしまった印象でした。単純に、ヤクザの青年とお嬢様女子高生の恋を描いた方が面白かったような気がします。

下関(人口の5%以上が在日の方)が舞台ということで、監督のインタビューによれば在日の問題はハズセなかったようですが、なんだか無理やり在日問題を入れたような感じで少々違和感がありました。

安藤サクラは、オペラの歌唱法に果敢に挑戦していて好感。お母さんの安藤和津にソックリだけど美人じゃないだよなぁ。(苦笑) でも、なかなか演技はうまくて良かったです。大竹しのぶや寺島しのぶみたいな路線でいけばいい、この先楽しみな女優の誕生ですね。
チンピラ役の佐々木崇雄は、いい雰囲気を持っているけど今回の役には合ってない感じ。「殺気」がどうも感じられない。
北村一輝や夏木マリはさすがの存在感で、彼ら登場すると画面が引き締まります。

奥田監督の前作「長い散歩」ほど心に響くものが無かったですが、秀作と言っていいと思います。
本作では敢えて大団円を用意せず、爽やかな青春映画路線を生真面目に狙った風で、それも良し。小説や特に漫画を原作にした映画ばかりの中、オリジナル脚本で勝負している奥田監督の姿勢、心意気に頭が下がるし今後も応援したいですね。


man-hole

(購入者の評価)
「どうでしょう」もすっかり全国区となり,ミスターも有名になった。大泉さんも絶好調だ。勢いに乗って映画を作ったが…私の感想は,「いまいち」です。
なんと言ってもストーリーがありふれている。それをカバーする演技とか,映像とか,音楽とかあれば良いのだが,ありふれたストーリーをありふれた演技で,当たり前につくっている。正直退屈以外の何ものでもなかった。
しかし,「映画」としての体裁は立派だ。随所に資金力を窺わせる。資金に見合う映画ではなかったようだ。
「どうでしょう」ファン以外にはちょっと…訴えるものがないだろう。


14才の母 愛するために 生まれてきた DVD-BOX

(購入者の評価)
 このドラマに関しては意見がはっきり分かれていますね。
 まあ、僕も少し抵抗があるなぁと感じている一人ですが。

 テーマに関してですが、おそらく日テレをはじめとする制作側はある程度の批判は覚悟の上だったのでしょう。まあ、安易な数字目当てと批判する側の意見もわかりますが、基本的にテーマは自由ですから。明らかに反社会的な場合は別ですが。

 この手のドラマはどうしても最終的には主人公に共感するように他の登場人物を描かないといけないんですね。このことに関してはあらかた予想できることだと思います。

 では何故批判が集まるのか。
 原因の1つに、「育てる」という点にスポットが当てられていないことでしょう。本編で、自分の年で子供を産むということの意味(親、学校、相手に与える影響)は主人公は理解したと思います。
 
 ただ、まだ「育てる」ということの大変さは描かれていません。
 彼女は口では「死ぬまで別れない」と言っていますが、まだよく理解できていないかと思います。
 「子供を産むこと」についても、実際に経験してみてやっと理解できたと思います。

 続編を作るべきです。
 「育てることの厳しさ」を知った彼女を描いてもらいたいと思います。

 このドラマの最終評価はそこまで見た上で、でしょうね。


完全なる飼育

(購入者の評価)
AVだと思って見たけどそうじゃなかった…確にエロ要素もあるけどそうゆう類の映画ではないのであしからず。
話のテンポが良くあまり時間を感じない作りになっている。
捕まった時のヒロイン・クニコの演技は中々見応えがあり後半のエッチ三昧の展開とのギャップもなかなか…
旅館での手錠遊びのシーンで見せた冷たい目がマジ怖かった(笑

最後に面会室での竹中の演技(何言ってるか)はよかったと思う…あーゆうのがあるからしばらく忘れられない映画になるんだな?と思った。

個人的には2作目のヒロインが一番好きだが…


>> つづきをみる

彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


バンビ~ノ! DVD-BOX

(購入者の評価)
まず、主人公の考えてることが、納得がいきません。東京で、あんなにつらい目にあったけど、地元に戻ってきて、「また東京に行って、あそこで料理を作りたい」という主人公の気持はわかります。しかし、せっかく入学した大学をやめてまで東京に戻ってまた料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりません。大学なんて、たった4年通えば卒業できるし、4年とか、人生に比べたらぜんぜん短いし、大学卒業してから東京に行っても遅くないし、別に、今すぐ東京に行かないと、あそこで料理を作ることができないってわけでもないし、「また東京に行って、あそこで料理したい」とか、そんな理由で大学を辞めるなんて、主人公はアマちょろい人間ですね。大学を辞めてまで東京で料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりませんね。

acteur(アクチュール) No.7 (2007 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

N/S EYES ON 〔ベストムックシリーズ42〕 (BEST MOOK SERIES 42)

(購入者の評価)
グラビアは、モノクロとカラーで半分ずつ。Gacktは、とても冴えた表情をしていて、
どのショットも美しく芸術的。Gacktの左手に釘を刺したような一葉もあり、遊び心も。

インタビューは、Gackt自身、緒形拳さん、大河ドラマ「風林火山」チーフ・プロデューサー
若泉久朗氏。ちょうど「風林火山」を撮り終えたころのタイミングのもので、インタビューの
内容は「龍の化身」のものとだぶるところもあるが、ファンなら必携。

ファンでなくても、Gacktに興味を持ち「龍の化身」を手にして魅せられたかたには、
こちらもお勧めです。


acteur(アクチュール) No.5 (2007 MARCH) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

アクターズ・スタイル SPRING 2006 Bamboo Mook

(購入者の評価)
龍が如く映画版よかったですねー。北村一輝ベストパフォーマンスです。日本で一番かっこいい俳優でしょう。ハリウッド進出一番期待できます。それも日本の監督でお願い!!

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4