清春

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 
清春 おすすめDVD 清春 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
清春 5.21 PERFORMANCE AT 九段会館 RH & PERSPECTIVE LIVE『光と影』

CLIPS

(購入者の評価)
清春のレーベルを超えてのPV集です。

内容は、デビュー曲「オーロラ」から「カーネーション」までのシングル曲のPVと、
DVDアルバムとして発売された「MELLOW」のPV全曲(SEは除く)
そして、VINNYBEACH収録の「cold rain」です。

千部既発曲ですが、どのPVもクオリティが高く、
今まで見たことがない方には、まとめて見れる良いDVDになっています。
特に、価格が高価で、あまり日の目を浴びていない「MELLOW」のPVと、
非常にクオリティの高い「君の事が」のPVは、
一度見ていただきたいです。

価格もこの収録内容として、安いと思います。

最近清春に興味を持ち始めた方にオススメです。


TOUR 2007 天使のリボルバー

(購入者の評価)
今回は楽しみにしていた天使のリボルバーツアーに事情があって行けなくなり、このライブDVDを心待ちにしていました。まず言えるのは、BUCK-TICKはライブバンドである、ということを改めて思いました。そして常に衰えることなく深化しています。あっちゃんは年をとるたびかっこよくなり、表現力が増し、何よりうまくなったとつくづく思います。また、大好きな今井さんのソロや軽いMCも入っていて感激でした。びっくりするぐらい古い曲も何曲かやってましたね。このアンコールはおいしいですね。とにかくいいライブで、買ってから続けて三回も観てしまいました(笑)。ラストのスピードはテンション高くかっこよすぎます。2タイプの編集が入っていますが、私は2のほうがライブ感が味わえて好きです、1は少し見辛かったです。去年のBUCK-TICKは20周年ということもあり、いつになく精力的に活動していましたね。心からありがとう、これからも期待してます!

黒夢 COMPLETE SINGLE CLIPS

(購入者の評価)
黒夢のシングル・クリップ集でかなりカッコイイです。
個人的には『for dear』『Miss MOONLIGHT』あたりのヴィジュアル感たっぷりの清春にとても魅了されました。後半でも髪型もよく変わっていて見ていてとても楽しめる作品だと思います!


清春ツアードキュメント「天使の詩」

(購入者の評価)
 SADS時代のドキュメンタリーDVDを持っているのですが、そこに映っていた人と本当に同じ人なの?と思わず言いたくなるぐらいに(いい意味で)くだけた内容になってます。清春さんのコミカルな一面が随所で出てきていて、このツアーにおける「楽しさ」が見ていて本当に伝わってきますね。ライブでのパフォーマンスでも、元来持つ天才的な「魅せる力」に加えて「伝える力」がひしひしと感じられました。もう他の誰でもない、ファンのために歌っているんだというのがここには溢れんばかりに詰まってます。
 ソロのアルバムを聞いて得た感動もありましたが、このDVDを見終えた後のなんともいえぬ幸福感は彼の作品至上、初めてのものでした。


MELLOW DVDアルバム

(購入者の評価)
本作は清春のセカンドアルバムの全曲を映像化したものですが、単にそれだけにとどまらない作品です。本作の曲順はCDとは全く異なります。「蝶」で始まって、「FAIDIA」で終ります。最初に本作の曲順をみたとき、「「光」で始まって「SLIDER」で終ってこそ『MELLOW』だろう、あれ以外の曲順はありえない」と、不満をもらした僕ですが、本作を観てその不満が間違ったものであることに気付かされました。これはこれでアリなのです。4曲目の「ALSTOROEMERIA」、9曲目の「光」等、CDとは全く異なる位置に配されたこれらの曲たちは全く違って聴こえます。これはもはや、CDの『MELLOW』とは異なる、もうひとつの『MELLOW』だと解釈すべきであり、『MELLOW』を大好きなひとなら本作を観る事でもっと好きになれるでしょう。

あと、本作を観ていて僕が個人的に思ったのは「本当にひとりになったんだな」ということ。本作では土屋公平が参加している「BUNNY SMILE」以外、バックバンドが登場しません。しかも、半分以上の曲ではエキストラすら登場せず、清春のみの映像です。すべての作品において「孤高のカリスマ・清春」を全面に出すことに演出の中心が置かれ、ほとんどの作品がむだな演出のないシンプルなものになっています。狭い部屋でギターを持って歌う清春のみを映した「ROOM」、ギターすら持たずにしっとりと歌う清春のみを追いかけた「影絵」など、シンプルな映像であるにも関わらず圧倒されてしまいます。これとは対照的に、サッズの「ストロベリー」「PORNO STAR」にも通ずる派手な演出がほどこされた「COME HOME」もあり、さまざまな清春を楽しむ事が出来ます。

第三の扉

(購入者の評価)
 ギターを持って堂々と自分のソロの曲を歌い上げる彼の姿からは、もうバンドを結成してその時ごとの自分を打ち出そうというよりは、あるがままの姿をさらしてパフォーマンスをしようという覚悟が見られました。セットリストのほとんどはファーストアルバムからの演奏で、そこで歌われた歌からは観客を暴れさせるのではなく、しっかりと引き込んで聴き込ませるといった内容。オーバーなアクションを掲げるのではなく、曲の持つ世界観を余すことなく伝えようとする繊細で妖艶な動きが特徴的でした。渋谷公会堂のセットもシンプルながら、照明等で「poetry」のダークな世界を見事に演出してたと思います。そんな中披露された、自分が最も好きな黒夢時代の名曲「優しい悲劇」にはもう涙が出てしまいましたよ。(笑)
 いろいろな意味で今だからこそ味わえる感動の詰まったDVDだと思うので、ぜひお勧めしたいですね。


BUCK-TICK FEST 2007 ON PARADE (完全予約限定盤)

(購入者の評価)
価格はまずまずってとこですね。ピクプロ2とかに比べたらはるかに買い!です♪付属の写真集もいい感じです。
DISC2も中々。いいメンバーの雰囲気かもしだしています。
ライブ自体はホントに貴重なメンバーで進行されていて、おもしろかった。
でもそろそろ、BUCK-TICKの曲目にマンネリを感じでいます…新曲もありますが、ちょっと思いました。
なのですいませんが星四つです。


Many Merry Days Complete Box

ツアードキュメントDVD:天使の詩’06「travel」

(購入者の評価)
2007年に発売された、LIVEツアードキュメンタリーと
そのツアー中の、あるLIVEの模様を収録した3枚組み。

まずDisc1、Disc2は、
12th anniversary?天使の詩'06 官能ブギー?台湾WALL?REPLAY?架空の海岸
06年の怒涛のLIVEツアーを時間軸上に記録したドキュメンタリー。
まだ未完成の「君の事が」や、貴重な曲が多く聴けます。
清春さんが、作品とどう向き合い、ファンとどう向き合い、歌とどう向き合ってきたのかが、
感じられます。
同時に収録されている映像監督・今井氏との副音声は、
ゆるい感じながら、興味深い話も聴けて大満足。

Disc.3は、架空の海岸ツアーでの富山と長野のLIVEを収録。
過去に発売されたLIVE DVDの美意識を追求した映像とはことなり、
よりネイキッドで生々しい映像が、非常に刺激的です。
特に、ラスト2曲の歌声・映像・空気感は圧巻。

3枚通して、清春さんがいかに今、音楽に没頭し、正直に向き合い、
真摯に歌っているのかが非常に分かります。
そして、LIVEチームがいかに清春さんに信頼を寄せ、好いているかも。
ソロになってから「愛」というキーワードをよく口になさいますが、
軽々しい「愛」ではなく、真摯な「愛」を、このDVDを見て感じます。
キャリアを積んだ人間が、若者以上に全速力で走り続ける姿は、
感銘を受けずにいられません。

非常に大満足。
ファンの方はさらに清春さんを好きになる、そのほかのひとは、何かしらのショックを受ける
そんなDVDです。


影踏み

(購入者の評価)
 「poetry」の作風を音楽的にもビジュアル的にも妥協なしに表現した完全無欠の作品ですね。彼をビジュアル系と評する方はたくさんいるけど、単に見た目がということだけでなく、音楽世界をどう観客に表現していくかというジャンルにおいての「ビジュアル」を最高峰にまで高めてプロデュースしたことの結果だということが、この作品を見れば分ると思います。アルバムのダウナーな世界についていけなかった方も、このDVDを見ればまた違った見解が生まれるのではないでしょうか。ドキュメンタリーにおける彼の心情吐露もバンド時代からして少しずつ変化しているのが読み取れますし、とにかくこのDVDのカッコ良すぎるパフォーマンスを一人でも多くの方に見ていただきたい!!!
 黒夢時代の「少年」も演奏されてますが、別に前のバンドの曲だからという違和感など一切なく、むしろソロにおけるアレンジ力にまた新たなファンが増えていきそうな感じです。


黒夢 : DVD Pictures Vol.2

(購入者の評価)
ビデオ版(pictures2)にない「少年」「MARIA」「後遺症」が入っており、ビデオ版にある作品でも少し違いあり。ちなみに、ビデオ版にある「SEE-YOU」は含まれておりません。感想としては、黒夢が内面的に大きく変わっていった時期をうまく出している、と感じた。要するに、たんまり良い味出してますヨってことです。ビデオ版を持ってる人は、ビデオ版に無い3曲のために買って、おまけに他の曲の違いが見れると考えれば、値段的に丁度良いと思えます。

黒夢 : DVD Pictures Vol.1

(購入者の評価)
初期の黒夢は、ヴォーカル清治、ベース人時、ギター臣の3人で構成。後期(解散前)の黒夢が好きな人は、どうかな?て感じだと思うけど、個人的には(臣が抜けたけど)、ヴィジュアルしてた頃の黒夢が好きでした。後期のハードな曲調の黒夢と比べると、ソフト調の曲ばかりで、後期ファンには受け入れられないかもしれないけど、フェミニストしてた頃の黒夢も、私的には素敵だと思う。

LIVE OR DIE〜CORKSCREW A GO GO〜

(購入者の評価)
コークスクリューツアーから事実上の解散に至るまでを追ったドキュメント映像です。ライブ映像も迫力満点でかっこいいです。地方のライブ映像も沢山収録されています。

飾りがないです。特に人時さんのインタビューは見ていて胸が痛いです。
黒夢がなぜ解散を選んだのかを赤裸々に綴っています。発言がありのままなので痛々しいですが、黒夢というグループに興味を持たれた方は是非 見ていただきたい。

最後の地元(実際は岐阜ですが)名古屋での最終日のLIKE A ANGELは本当に泣けます。

黒夢に興味がない方にもドキュメンタリーという意味でも見ていただきたいです。

余談ですが自分は黒夢の再結成は望みません。
自分としてはこのDVDが残してくれたように伝説のユニットとして語り継がれて行ってほしいから。
黒夢万歳!!清春万歳!!人時万歳!!


rulez

LIVE AT 新宿LOFT

(購入者の評価)
LIVE映像としては最高です!
sickの曲中にライブハウスのブレーカーが落ちてしまって中断するハプニングもあり、黒夢のライブの激しさが良く解ります。

しかし、CD版にはあった少年が収録されていない事や、100本以上のライブで喉を酷使したために、全く声が出ていない!

綺麗な清春の声で歌を聴きたい人にはお勧め出来ません。


オーロラ

(購入者の評価)
「オーロラ」はとても暗い曲です。そして好き嫌いが分かれるでしょう。
SADSのような激しいものではないし、かと言って黒夢とも雰囲気が違いますのでこれはある意味清春の新境地って感じですね。
自分は別に特別好きってわけでもなければ嫌いってわけでもないので(中途半端でスミマセン)星三つ。


>> つづきをみる

ROCK AND READ 16―読むロックマガジン (16)

ROCK AND READ 006

水彩で描くやわらかな光の風景

(購入者の評価)
以前から、ならざき氏の絵のファンだったので、
待望の画集が出ると知り、喜んで注文しました。
手元に届いてからは、繰り返し見ています。
何度見ても、飽きることがない。
絵と文のバランスも見事で、素晴らしい画集だと思います。


清春―憂鬱という名の夢

(購入者の評価)
値段を見たら高いと思うかもしれません。
でも清春ファンなら絶対満足するはずです。

黒夢デビューから活動停止、
SADSデビューから活動停止までが
赤裸々に語られています。
ソロについてはまだ活動期間があまり長くないので
少ししか書かれていません。

黒夢絶頂期の頃、活動停止という道を選んだときの心境は
ファンなら是非読んでみて欲しいです。

FOOL'S MATEに連載していた「清春の詞」を読むと
本当に清春さんは音楽もさることながら人間性も素晴らしい人なんだと
ますますスキになりました。


清春 NUDE-BOX

(購入者の評価)
清春さんが、この本のタイトルになっている人物を演じている、という設定のようです。街中でスーツ姿で写っている写真から、室内での写真に移り・・・と、ちょっとストーリー性も感じます。清春さん、綺麗でとてもセクシーでドキドキさせられます。タトゥーも綺麗で印象的です。

ナイフ―清春写真集

(購入者の評価)
ライブ感が伝わってくる写真で迫力満点です。モノクロなのも味があって良いかもしれません。ただ、清春の魅力を120%引き出せているかというとそうではない気がしましたので星4つとさせていただきました。実際の清春のライブを見たことがある人にならわかってもらえるかもしれません。ですが、ファンの方でまだ見たことがない人なら見る価値はおおいにあります。

FOOL'S MATE (フールズメイト) 2006年 08月号 (No.298)

SEXLESS―清春写真集

清春35X (2004-11-12)

(購入者の評価)
「真のぶっちゃけの領域」まで踏みこんでいる今号。はっきり言って日本のミュージシャンでここまであからさまかつ面白くインタビューに答えている人は他に知りません。話題は「金」「ロック」「オリコン1位」から「チェッカーズ問題」まで。邦楽界の権威(?)『ロッキング・オン・ジャパン』の歪んだ音楽観に対する苦言も痛快です。
清春という人間がいかに深く、カッコよく、お茶目かがよくわかる。是非一読を。


消えゆく茅葺き民家―日本のかたち (ワールド・ムック―Living spheres (347))

(購入者の評価)
全国に残された茅葺き民家の写真集。
他の同種の写真集と比べてイマイチでした。写真をとり始めたのが90年代以降ですから仕方がないのかもしれません。
また、巻末に取材記があるのですが、掲載されている民家の写真と必ずしも対応しているわけではなく、単なる旅行日記という印象を持ちました。


月刊清春35X 2004-9-10

メインバンク関係と企業救済―バブル崩壊後の救済機能への評価

清春35X (2004-7-8)

Rock and read (002)

(購入者の評価)
どのページも隅から隅まで本当に良い!!特に2万字インタビューでは、今まで知らなかった各グループのメンバーさんの過去やこれからについてが語られていてめちゃくちゃ読み応えあります。製本も思っていた以上に立派だし、これは永久保存ものです☆ずっと大事にしようと思ってます。

清春35X No.013

FOOL'S MATE I.S. No.002

清春35X No.012

(購入者の評価)
清春さんのTALKがたっぷりCD2枚分楽しめてこのお値段は決して高くないと思います。わたしはMP3プレイヤーに入れて電車の中などで聞く事が多いのですが、本を持って歩くより軽いし、かさばらないし、なにより持ち歩くことで本がぼろぼろになったりしないのがいい!ヘッドホンで聴くと清春さんの声がよりリアルに感じられるのでおすすめですよ。

KIYOHARU35X No.15 (15)

清春35X NO.014

清春35X (2005-5-6)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4