小橋賢児

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
小橋賢児 おすすめDVD 小橋賢児 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
新選組!! 土方歳三最期の一日

(購入者の評価)
新選組!この自己中の大河ドラマは、いったい何なんだろう?比較的若い女性に好感度の高い、香取慎吾、山本耕史、藤原竜也、山口智さんなどが出演しているが、香取慎吾だけは頂けない。そして三谷幸喜さんの総合演出は、今までの新選組の暗い雰囲気を払拭する為、青年の明るい青春群像を描きたいということで終始、緊迫感、緊張感もなく物語が進む。大事な脇を固める玄人の役者さんの存在も薄い。魂が揺さ振られないドラマである。それにひきかえ司馬遼太郎先生が絶賛した、新撰組血風録は、演出、殺陣、土方役の栗塚旭さんなどの適材適所の配役、幕末から五稜郭までの戦いの描写、本当の新撰組の姿である最後の武士道を持つ武装集団を描き、鉄の隊規の為粛清された隊士達の悲哀、時代の波が己に不利でも士道を貫いた土方歳三らの姿など新撰組は、血と剣と死と悲哀と士道に生き抜いた集団である。故に皆その生き方に感動する。三谷版は新撰組の物語ではない。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

(購入者の評価)
この映画を見ているとなぜか「あーそんなことあったあった」と懐かしい気持ちになります。もちろん主人公とまったく同じ体験をしたわけではないけど放課後にプールではしゃぐシーンや花火大会のシーンなんかは誰もが通ってきた道なんではないでしょうか。そして何よりもなずなとの恋。誰もが思いを寄せてるなずなのような存在がいたと思います。そして小学生の恋なんてたいてい叶うことはなくはかなく消えていって青春の1ページに刻まれます。この映画での夜のプールでの主人公となずなとのシーンは必見です。自分のエピソードを思い出しながら見てみてください。タイミングよく流れる「Forever Friends」が切なさを増してくれます。

ちゅらさん 完全版 DVD-BOX

(購入者の評価)
ちゅらさん完全版 近所のレンタルビデオ屋に無くて数年間悶々としてましたが、とうとうアマゾンで購入してしまいました。
値段が値段なのでちょっと躊躇してしまいましたが、DVD13枚組 156話(26週分)は中身が詰まっていて、見応えはじゅうぶん元を取った感じがします。一緒に観ていて、家族で笑ったり泣いたりする長い時間を共有できた事はとても良い収穫だったと思ってます。

という事で。
完全版を観終わったので、早速"ちゅらさん2?4"を大人買い注文してしまいました。


青の時代 DVD-BOX

(購入者の評価)
当時見たのは高校生だった頃で、もう一度見てみたら結構良かったです!!最初はリュウ・トシ・マサシととんでもない不良でしたが、最初の場面でどんどん変わっていきます!!最初はトシも横柄な態度でリュウと衝突してましたが、リュウに影響され、どんどん変わっていきます!!

二重人格の要素・守るべき人・茜とリュウの図書館の出会い・朱里とリュウのシーン・後にリュウと茜を助太刀するトシ&マサシ等、結構良く出来てる作品だと思います。「若葉のころ」より面白かったです!!特に堂本剛・奥菜恵・小橋賢児は「若葉のころ」では共演しておりましたので、当時、ドラマの開始前は、期待しておりました。評価は文句なしの5!!
同じ脚本になりますが、「to heart?恋して死にたい?」もお勧め!!


ちゅらさん3 DVD-BOX

(購入者の評価)
毎回「ちゅらさん」のさわやかな物語にはいつも心を打たれます。
今回のテーマは「親子愛」ということなのですが、実はある出来事によって恵達が家を飛び出してしまいます。普通それくらいで家を飛び出すかなとも思うのですが、背景には山田孝之の撮影スケジュールの都合があったようです。いずれにせよ無理のある脚本だと思いました。
しかし、それを補って余りあるのが、恵里の訪問看護を通じて知り合う辻内親子のエピソードです。子役の寉岡萌希さん演じるところの母親を想う演技も自然で良いのですが、奥貫薫が病身である可憐な母親役を見事に演じます。この二人によって母子の愛情がひしひしとこちらに伝わってくる思いがしました。このエピソードは本当に胸を打ちます。できれば、次のシリーズ4で奇跡的に病気が治った姿をワンシーンでも見せてほしかったのですが・・・(どうも無理みたい)。
あと難をいえば、村田雄浩が演じる劇中のドタバタシーンが長い割には、やや空回りしているかなという感じがしました。シリーズ4でも同じことがありそうなのですが、果たして大丈夫かな。
そうそう、国仲涼子が歌うエンディングがまたいいですよ。


ちゅらさん 4

(購入者の評価)
ちゅらさんもとうとう4を迎えました。久しぶりにこの「4」を見て思ったのは「えりぃたち、しっかり大地に足がついた歩みをしているなあ」と言う事です。この「4」は二回だけなのですが、内容がぎゅっと詰っていて好きです。柴田さんと容子さんファミリーが小浜島に引越しするところから始まりますが、いきなり前編で「恵文さん」演じる堺正章さんと「おばあ」を演じる平良とみさんに泣かされます。恵文さんが内緒で謎の美女に大事なお金を貸した理由が語られます。「お金が無いとおばあと一緒に暮らせないって聞いて・・・オレはおばあがいばっていられないなんて嫌さぁ!一番長く生きてきた人が小さくなって暮らさなくちゃいけないなんて、嫌なわけよ」と来ます。この言葉を真実味を込めて言える堺正章さんは、さすがだなあと思います。

また、後編の「ゆんたく姉妹」。真理亜さんの作品が賞にはいるか?で盛りあがりますが、結果として賞を逃がしてしまった真理亜さんにおばあが「良かったさあ。今年が駄目だって事は、来年があるってことさぁ。そして来年は、ここに来れなかったみんなと一緒にお祝いできるさぁ」このおばあの言葉には参りました。どんな時でも八重山のてぃだ(太陽)のように明るいのはえりぃとおばあだったんだなあと思います。

ちゅらさんは脇役がしっかり固めてあるので、ロングランになってもストーリーがだれることが無い事、そして登場人物の成長がしっかり見られるのがとても魅力的だなあと思います。


ちゅらさん総集編 BOXセット

(購入者の評価)
本当は、ちゅらさん完全版が欲しかったのですが値段が安い総集編を購入!!
約4時間(3本トータル)連続で見るくらい、感激しました。
えりぃの素直なところ、そしてえりぃを取り囲む人達の優しさ。心にしみました。
映画の中で、「人のために涙を流せるえりぃはすごい」と言ってたことば。心から離れません。なんだか、人を大切にするという本当の行動が分かった気がします。


日本以外全部沈没

(購入者の評価)
最初から台詞が聞き取れなくてストレス。
笑いは中途半端、内容はテキトーすぎる。

学芸会みたいな素人芸が延々と続くので
心は冷めたまま。映画の世界に入れなかった。

私とは相性が悪く、時間をムダにした気分・・。
「日本以外全部沈没」という題名が1番面白かった。

作り手の底の浅さが見え過ぎてしまい、
何が面白いのか分からない地雷映画だった。


ちゅらさん2 DVD-BOX

(購入者の評価)
ちゅらさん2では恵達と祥子ちゃんが軽くデブった。
みんな多少の見た目の変化があっていいね


ドリフト デラックス版

(購入者の評価)
皆さんはほとんど星一つですが、個人的には限りなく★★に近いけど、★★★で大丈夫でしょう。

まぁ、不満は挙げたらキリがないほどありますけどね。
一番は、タイトルの割に、バトルシーンに意気込みが全く感じられないところでしょうか…
画面は暗いし、カメラアングルとかもイマイチ迫力不足。
さらには同じコーナリングの使い回しなど、クルマ好きをバカにしたような演出は否めません。

しかし、ストーリーは全くダメというわけでもないですね。ストーリーで★★★にしました。
とはいえ、多少分かりづらいですが…

この作品の惜しいところは、もっとストーリーが煮詰められるところでしょうか!?
少ない予算の中で、無理して続編を出すよりも、79分という尺を110分程度に伸ばし、ドリフト2の載寧龍二さんや相澤仁美さんとのバトルを1でやってしまう。
少なくとも、尺が2時間あれば、ドリフト2までの内容を集約出来たはずです。
せっかく、豪華な俳優さんや女優さんを使ってるんだし、もう少しマジに作り込めていれば、ある程度名前が知れたかも…

とりあえず、集約することで、おのずとバトルシーンの迫力ももう少し出せたのでは?
日本では公道を封鎖しての撮影があまり出来ないため、峠バトルはどう撮影したかは知りませんが…

もしリメイクするなら、私が監督したいくらいです。
もちろん、上で書いたような修正を加えて…


ちゅらさん 完全版 9

ちゅらさん総集編 第1回

Days Vol.2

ちゅらさん総集編 第2回

青の時代 Vol.1

(購入者の評価)
このドラマの第1話が好きです。不良少年リュウが榛名や茜と運命的な出会いをします。一匹狼だったリュウが凍りついた心を溶かしていく過程が好きです。前半は非常によくできていたのに後半はいまいちかな。榛名の二重人格などひねりすぎて、焦点がぼけた気がします。
剛の演技力を改めて知った作品です。


Days Vol.1

Nail[ネイル] ツインパック

モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ

(購入者の評価)
三話のオムニバスになっているのですが、お気に入りは石川梨華主演の『はいからさんが通る』です。
彼女の演技力には前から注目していましたが、見事に主人公の花村紅緒を演じきっていました。大正ロマン溢れる作品であり、時代風景にマッチした梨華ちゃんがいとおしく想えました。
余談ですが、後藤真紀主演の『伊豆の踊り子』で、保田圭が叩かれるシーンで笑ってしまったのは私だけでしょうか?


ちゅらさん 完全版 8

ちゅらさん2 VOL.3

>> つづきをみる

小橋賢児が着る彼のセーター (レディブティックシリーズ (1058))

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4