小林桂樹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
小林桂樹 おすすめDVD 小林桂樹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
耳をすませば

(購入者の評価)
間違いなく最も好きな映画の一つ。
暖かくやさしい絵と音楽と(この映画のサントラは名盤)人々に包まれてるこの映画は本当に落ち着くし前向きになれる。まあ現実はこんなうまくいかないかもしれないけどやっぱたまにはこういう映画があってもいいと思う。
やっぱ若いうちは自分の才能と好きな人を信じなきゃ駄目!(`・ω・')
自分の小説を見せた後のじーさんとの会話シーンはいつ見ても泣ける。この映画はむしろ雫とじーさんの映画なんじゃないかなーと思う
この映画を見ると図書館行きたくなる。


うーん本当に好きな作品のレビューは難しい・・・・


連合艦隊

(購入者の評価)
小学校の時に映画で涙した映画。
戦後生まれの演じる 最近の戦争映画が薄っぺらく感じられるのは私だけだろうか。
本作品は監督、脚本を旧海軍出身者がつとめ、丹波哲郎、鶴田浩二など軍に籍を置いた往年のスター俳優がいぶし銀の演技をしているが言葉つかいや敬礼など細かい演技に本物がにじみ出ていると思う。
技術面で惜しむらくは版権の関係で真珠湾のシーンがDVDでは『トラ トラ トラ』から『太平洋の嵐』に差し替えられている(つまり本作の20年前の使い回し)と、いささか史実に反する(南太平洋海戦の隼鷹と角田中将の活躍が無視されている。レイテ海戦で栗田中将を悪者にしすぎている。)点不満はあるが東宝海軍映画の最高峰として後世に残したい作品。
壮絶な体験と鎮魂の思いを語る松林監督のコメンタリーも是非聴いて頂きたいと思う。


日本のいちばん長い日

(購入者の評価)
 戦争を知らない子供達だった僕も52歳になるのだなぁ、三船敏郎はこのとき未だ47歳とは敵わないね貫禄が(^^;;。
 購入したのが昨秋だったので、雰囲気が味わえず夏が近づくのを待ってようやく鑑賞した。当時は映画館で予告編を観ただけで見逃していた大作の一つでした。ようやく思いが叶った。白黒画面の陰陽対比がもの凄い迫力が迫ってくるし、字幕付きなのでセリフもしっかり理解できたことから大満足の3時間弱でした。しかし昔の俳優達というのは芸達者が多いねぇ。
 民間人が全く描かれていないのが特徴なのか欠点なのかは評価を避けるが、軍部や政府、宮内庁で繰り広げられる終戦を巡る長い1日を重量感を以って見せようとした意図は功を奏していると思う。
 また女性も新珠美千代が端役で出ている以外皆無であるのも、言い方が悪いがモノセックス調で良かったかな?暑い夏の1日を汗臭く泥臭く煙草臭く描いている傑作。


激動の昭和史 沖縄決戦

(購入者の評価)
沖縄戦の追悼式を迎える時は、必ずこの「沖縄決戦」を見ることにしています。毎年やって来る6月頃には、是非この悲惨な出来事を風化させないために、今の人々に見てもらいたいと思います。


大林宣彦DVDコレクションBOX 第壱集 《新・尾道三部作》

(購入者の評価)
「ふたり」は、デラックス版(1枚組)ではなく、海外版も収録されているプレミアム版(2枚組)にして欲しかった。
できれば編集が違うNHK放送版もDVD化して欲しい。
既発売商品のBOX化なので無理ですが、「とんでろ、じいちゃん」のエンディングの曲が初期版(広島先行上映版?)と現行版では違うので両方収録したものが欲しいですね。


椿三十郎

(購入者の評価)
用心棒と甲乙つけ難いです。用心棒の続編といわれてますが、正確には同じキャラクターをつかった別物です(時代も用心棒は幕末、椿三十郎は江戸中期あたりとだいぶ開きがある)。三船は基本的に大根役者ですが、あの存在感やオーラを超える役者は数えるほどしかいないでしょう。絶っっっ対に買って損はしません!

名もなく貧しく美しく

(購入者の評価)
この作品を観てから、高峰秀子・小林桂樹といったらこれがすぐに頭に浮かぶ。2人とも聴覚障害者を演じており、手話での対話を含め、互いに表情豊かで真摯なその演技にはひたすら圧倒され、感動した。劇中で度々出てくる「普通の人に負けないように」という台詞が強烈に印象に残る。自戒の意味を込めて、一度は観て欲しい愛に溢れた名作。それにしても、1930年代?1960年代だけでも物凄い名画があるな?と感嘆。日本の映画は、すごい。

あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版

(購入者の評価)
正面から映ったときにそう思いました。
ストーリーなんてあってないようなものだけど、鑑賞後胸の中にぬくもりが生まれます。


日本沈没

(購入者の評価)
 この映画は、僕が高校生の時に劇場公開されたものです。もう30数年前になりますが、この構想は生きていますね。最近リニューアルされた「日本沈没」が劇場公開されましたが、僕にとっては1作目がとても懐かしい。
 有史以来、日本列島から離れることがなかった日本民族が、日本から離れていく構想は「滅亡」から「再生」への、日本の将来を予見しているのかもしれません。
 科学的には、日本沈没はありえないということですが、関東沈没は現代的には可能性が指摘されているとか。地球温暖化と地層の変化は、現代の人類の課題であり、地震大国日本にとっては、現実性がありますね。


八甲田山 完全版

(購入者の評価)
大抵の映画は原作を超えられないが、この作品は美談的に仕上げるための脚色があるもののわざとらしさや臭さがまったくなく、ある意味原作を超えたのではと思える。

激動の昭和史 軍閥

(購入者の評価)
「なぜ、誰が戦争を起こしたのか!?」
このキヤッチコピーのように、何故日本は無謀な戦争へと突入せざるを得なかったのでしょうか?。
いくらでも戦争を回避する事は可能だったのでは?。と、豪華俳優が演じる一人一人の熱意のこもった作品にすこぶる堪能しました。ただ、特撮(以前の作品)の場面があるのが意外でした。
エンドテロップに、「特撮ライブラリー 円谷英二」ぐらい欲しかったですね。この公開時期に逝去されていますし。


マライの虎

(購入者の評価)
音声、画質ともひどい。
私が所持している昭和のVHSのほうが数段いい。

ダビングを繰り返したものからDVDに焼いたとしか思えない。
いくら廉価版DVDとはいえ、製作側の良心を疑う。

金返せ!!!




(購入者の評価)
脚本は“七人の侍”や“切腹”の超一流ライター橋本忍。 桜田門外の変に材をとった群像劇で、当時の東宝を代表する名優達の競演を堪能することが出来ます。 ストーリーの面白さ、セットの見事さ、役者さんたちのレベルの高さが渾然一体となっていて見ごたえは充分です。 例えば、初代水戸黄門の東野英治郎が三船の過去を新珠三千代に語って聞かせる場面は、脚本がやや説明的で長々としているのですが、落ち着いてはっきりした口調の東野が、その弱点を芝居のうまさで巧みにカバーしているのが分かります。 下手な役者さんがやればこうはいかないと思います。 また暗殺団の首領伊藤雄之介(相変わらずすごい存在感!)が裏切り者を抹殺した後で三船に言う名セリフも、正直言ってこんな芝居じみた台詞を実際に言う人がいるとは思えないのですが、これも役者の名演技によってお芝居としての楽しさを堪能させる名場面になっています。 紅一点の新珠三千代の落ち着いた中年女性の艶っぽさも必見です。 

ラストの桜田門外の場面は阿鼻叫喚のようなものすごさ。 あの激しく舞い散る雪は小道具なのでしょうか? 白黒横長の画面に見事なアクセントを付けています。 主人公三船が、ストーリー全体を見ればむしろ歴史の狂言廻しになっているこの悲劇、公開当時それほど評価が高かった作品ではないようですが、隠れた名作と言っていいのではないでしょうか。 廉価版での再発が望まれます。


NHK大河ドラマ 風と雲と虹と 完全版 第壱集

(購入者の評価)
源平の‘平’というと、平清盛のイメージが強いせいか、
どちらかといえば、関西かともおもい勝ちですが、清盛も元は
‘桓武平氏’正確にいえば、常平太こと平貞盛の子孫なのです。

加藤剛と山口崇のコンビはそう、大岡越前のコンビですよね。(他局ですが)
何しろ大河の中では最も古い時代なので、考証的にはかなりムリも
あったような気もしますが、そこはキャストが今とは比較にならない
実力派ぞろい、全編飽きることなく観ていました。

 肖像でみる平将門はお世辞にも好男子とは言い難く、加藤剛
のイメージでトクをしてるなぁという感じ。
これは純友にもいえる事なんだけど、両者ともかなり進んだ
発想と行動力の持ち主です。藤原秀郷役の露口茂もいい味出してます。

確かに撮影技術は今と比較になりませんが、演技陣の熱演が
それを補って余りあると思います。


太平洋の鷲

(購入者の評価)
昭和28年製作、芸術祭参加の本作です。
連合艦隊司令長官・山本五十六の
在りようを軸に三国同盟からブインで
航空機事故で急逝するまでを、
当時の記録フィルムを交えながら
むしろ淡々と物語は進行してゆきます。

三国同盟に徹底して反対した
海軍次官当時の山本五十六。
丁寧に決してオーバーにならず、
威厳もあって・・・・。
そんな当時の全日本人の救世主を
演じたのが、大河内傳次郎。
サイレント時代からの
日本映画界の大御所です。

三船敏郎、三国連太郎も
シャープな青年将校を演じています。
モノクロの映像が、当時の緊張や
困窮や混乱をよく伝えています。

終戦を経た作り手の真摯な姿勢や
戦争に対する反省とその思いは
派手なCG処理に勝るとも劣らないものでした。



ゴジラ(昭和59年度作品) トールケース版

(購入者の評価)
この映画の特筆すべきは、重量感と迫力の映像美です。
ラストの首都攻防戦の迫力は尋常ではないです。光、火薬、フォグの使い方が非常に上手くて
リアルです。残念ながら川北特技になってからはこの迫力は無くなってしまいました。なので
最初で最後の大迫力ゴジラ映画だと思います。
ストーリーは残念ながら後半から面白くありません。前半は船内のミイラ、米ソ対立や全面核
戦争、首相の苦悩など非常にサスペンスの効いたものでなかなか。まあ、後半は迫力の映像に
浸るので問題なしです。DVD買います!


めし

(購入者の評価)
1951年公開作品、主演は原節子、上原謙(息子は加山雄三)、皆さん、書いていらっしゃいますが、日本の聖女とまでいわれた女優、原節子の変貌ぶりにとても驚きました、どこが違うかと言われても困るのですが、それまでも小津安二郎監督作品の清らかな偶像の様な美しさとは異なり、生身の生きた美女というか、妙に生々しい女の色気が充満している様に感じられるのです、不思議な事ですが、本当です、周囲の反対を押し切って激愛の末に結ばれた美男美女、けれど慣れない大阪での転勤生活、5年の月日の間に愛は薄れ、虚しい風を感じ始める妻、東京へ里帰りをするが、終戦間もない時期、苦労をする友人などを見る中、女の本当の幸福とは果たしてどの様なものなのかを考える様になる、題材がとても面白い作品でした。

忠臣蔵 花の巻・雪の巻

(購入者の評価)
私は忠臣蔵では「大映」と「東宝」の作品が好きですが、大映の作品は、まさに娯楽としての映画で、面白おかしく、艶やかにまとまっているのに対して、東宝の作品は討ち入りの場面までのストーリー展開を重視して、一本の物語における大きな柱を崩さないで進行していくような感じがいたします。
ともに、まさにオールスターキャストでどちらもまったく引けを取らない豪華なものです。
しかし、大石が敵の目を欺くために遊び呆けるシーン1つみても、大映は華やかで(大道具、小道具の裏方の充実ぶりはすごい)長い時間割いているのに対して、東宝は意外とあっさり。逆に、殿の殿中での「ご乱心?」までの過程は東宝の方が、まったく持ってわかりやすいほどの説得性を持っております。意外と加山雄三さんの「殿様ぶり」も似合っていると言う面もあるのですが。
このように、少しまじめな感じがしますが、「忠臣蔵」を観る分には、このくらいの時間は長くはないと思いますし、この作品は充分それだけの価値のある作品となっていると思います。そして観客も一緒に討ち入りのシーンに感情移入できるのは、こちらの作品だと思います。しかしこの2社の作品はともに優れている「役者」を見るには最適な、本当に豪華な配役陣の贅沢な映画と言えるでしょう。


幕末

(購入者の評価)
時代劇の巨匠伊藤大輔監督の最後の作品と
なった映画です。

司馬遼太郎『竜馬がゆく』の映画化として
考えられた企画ですが、伊藤監督はご自身
の主張が強く入ったので、司馬氏の小説
を「原案」とする映画、とされました。

初代中村錦之助(初代萬屋錦之介)が坂本
龍馬を大熱演しています。
仲代達矢の中岡慎太郎も迫力があります。
平和国家日本を願う龍馬と慎太郎が激論を
戦わせ、議題が「天皇制」にまで及ぶクラ
イマックスにはビックリしました。

1968年NHK大河ドラマ『竜馬がゆく』で西郷
隆盛を演じた小林桂樹がこの映画でも西郷を
演じています。

吉永小百合のおりょうが可愛くてカッコいい
です。

短い出番ですが、渋い存在感を見せる野坂
昭如も印象的です。


江分利満氏の優雅な生活

(購入者の評価)
<元気コメント>
 この生活をこわさせやしない。
 サラリーマンだって、一生懸命生きているのです。 


>> つづきをみる

演技者―小林桂樹の全仕事

役者六十年

(購入者の評価)
普段何気なく見ているテレビに何気なく出演されている小林さん。
しかしここまで昔から映画を愛し戦中から活躍しているということを今回はじめて知りました。これからも長生きして私たちに素晴らしい演技をみせていただきたいとおもいます。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4